さすが売国奴小沢、言う事が違う(爆)

外国人参政権に意欲示す 民主・小沢氏、韓国特使と会談(朝日)

 民主党の小沢代表は18日、韓国の李明博(イ・ミョンバク)次期大統領の特使として来日した李相得(イ・サンドゥク)国会副議長と党本部で会談した。李相得氏は在日韓国人への地方選挙権付与について「民主党と公明党が積極的に活動しているが、自民党はちゅうちょしている。民主党がリードしてほしい」と要請。小沢氏は「個人的にも昔から賛成で、早くやるべきだ。我々がまとめれば公明党を追い込んでいける。そうしたら自民党はどうしようもない」と応じ、党内で通常国会への提出が検討されている「永住外国人選挙権付与法案」の実現に意欲をみせた。

 民主党は同法案を通常国会に提出するため、月内にも党内に議員連盟を立ち上げる。一方、公明党はかねて同趣旨の法案の必要性を主張しており、99年の自自公連立合意に3党の議員立法として成立させることが盛り込まれたが、自民党内に反対意見があり、継続審議になっている。

Ozawa  オジャーワ・・・・やっぱりお前は真の売国奴だよ。非国民だよ。どんだけ特亜から利益供与してもらってるんだよ。

 現在、韓国では在外国民への参政権を整備しつつあります。当然、韓国国籍を持つ在日もそれにならう訳です。という事は、このまま行くと在日は韓国と日本の双方に参政権を持つという世にも希な存在になる、という事です。それが地方参政権に留まろうと、です。

 で、そうやって参政権を整備しつつある韓国の次期政権特使が在日韓国人への地方選挙権付与について言及してくる。本来なら「内政干渉だ!」の一言で追い返すべきセリフ。それを「個人的にも昔から賛成で、早くやるべきだ」だと?自民党にいた時代にそんな事言った事あったか?!嘘つくな!

 そして、当然この要求は「明確な憲法違反」。これは最高裁も明確な「判例」として判決を出しています。それでもまだ憲法違反の法を成立させようとする「護憲政党」ども。そして特亜に阿る自民党内部の売国奴たち。

 そろそろ、「日本の為に働く政治家」を選択出来るシステムを作れないか、それを国民は真剣に要求する時では無いでしょうか?

| | コメント (806) | トラックバック (0)

これはミンス工作員の仕業か?(爆)

返信はがき偽造?2000枚以上 自民・恵庭市議団がアンケート

 【恵庭】恵庭市議会の会派「自民党市議会議員団・清和会」が発行した市民アンケートはがきで、返信されたはがきのうち約二千枚に偽造された可能性があり、そのほとんどが同会の政治姿勢と反する回答内容であることが二十九日、分かった。はがきは「料金受取人払」の設定がされており、日本郵政公社札幌監査室は、切手類の偽造を禁止する郵便法違反の疑いで捜査を始めた。

 はがきは、「マニフェスト検証」と題したB4判、四ページの冊子の一部に、切り取り方式で添付。約二万九千部を印刷し、七月に市内の約二万七千五百世帯に配布した。「JR恵み野駅西口開発」など三項目について、それぞれ選択肢を設け、市民の考えを聞いている。

 清和会によると、はがきは二千四百七十七枚が返信され、うち二千二十三枚が偽造された可能性が高いという。担当した恵庭市内の印刷会社によると、レイアウトや文面は全く同じだが、住所やあて先名などの字体が本物とは微妙に違い、全体的に字が薄い。また数枚を除き、三項目すべての回答が同じで、現市政を支持する内容になっている。清和会は二○○五年に当選した中島興世市長と対立する野党会派。

 同会は公費の政務調査費を使って「マニフェスト検証」を発行。偽造の可能性が高いはがきの受け取りに、すでに約十三万七千円を支払った。同会の宮忠志会長は「正当な活動に対する悪質な妨害行為」として、千歳署にも近く被害届を提出する方針だ。

 何と言うか、実際に業務を担当した経験を持つ者としてこれは初めて見た嫌がらせですね。正直、1枚2枚の偽造なら本物が多くある中に混じってくるので結構「あれ?おかしいぞ」と分かるものなのですが、2477枚中の2023枚が偽造品じゃ逆に真正品の方が偽造と思われかねない話。結構一気に出された可能性が高いと思います。

 今まで真正品をコピーして出しまくるというパターンは見た事あるのですが(これはこれでダメ。受取人が予想した負担額を上回る可能性が出てくる為)、さすがに偽造受取人払ハガキは初めて聞きましたよ。どうせやるなら一枚入手してスキャンして原版作っちゃえば字体のおかしさとかもフォロー出来たのに。(爆)紙も出来るだけ似たものを探してくればさらに完璧ヾ(^^;オヒオヒ

 しかし、これの捜査ってどこから始めるんだろうか?本格的な印刷ならそういう業者を中心に当たっていく事も出来ますが、もしコピーとかパソコン用プリンタで印刷出来るレベルの物だとかなり大変な感じがしますね。組織的なのか個人的なものなのか良く分かりませんが、せこい妨害活動したもんだと思います。(郵便局の仕事、増やすなよ~(涙))

 それにしても、この記事の題名「返信はがき偽造?2000枚以上 自民・恵庭市議団がアンケート」を読むとまるで「自民党がハガキを偽造して出した」様に読めませんか?どうせなら「返信はがき偽造?2000枚以上 自民・恵庭市議団アンケートが被害」とか書けば良いのに。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

安倍首相よ初心を思い出そう

全閣僚が終戦記念日に靖国参拝せず、首相も行わない方向

 安倍内閣の全閣僚が8月15日の終戦記念日に靖国神社を参拝しないことが、10日の閣議後の記者会見などで明らかになった。

 安倍首相は参拝について「するともしないとも言わない」として明言を避けているが、終戦記念日の参拝は行わない方向だ。

 終戦記念日に閣僚が一人も靖国神社を参拝しなかった年は少なくとも過去20年間例がなく、極めて異例だ。

 塩崎官房長官は10日午前の閣議後の記者会見で、参拝しない理由について「私の信条だ」と述べた。小泉前首相の靖国神社参拝を積極的に支持してきた高市沖縄相は「安倍首相が参拝をこらえていると思うので、閣僚として(参拝を)控えようと思う」と説明した。

 他の閣僚も閣議後の記者会見などで、参拝しない意向を表明。昨年の自民党総裁選の際に靖国神社問題に関する私案をまとめた麻生外相は、終戦記念日は外国出張中のため参拝しない。

 なんか、訳のわからん援護射撃?まで飛び出してきた観のある終戦記念日の靖国神社参拝です。高市氏、首相からはっきりと参拝しない旨を聞いたんでしょうか?「こらえていると思うので」って、勝手に決めつけて足引っ張るのは贔屓の引き倒しって言うんですよ?

 ちなみに、現状では安倍首相はこう言っております。

8月15日の靖国参拝 「申し上げない」と安倍首相

 安倍晋三首相は7日夜、15日の終戦記念日に靖国神社に参拝するかに関して「参拝する、しないということについては申し上げないことにしている」と述べ、これまで通り明言を避けた。

 ただ、首相は「外国から言われて、参拝すべきでないと言うべきではない」とも語った。中国や韓国が反発することを理由に、参拝見送りを求める意見に不快感を示したものとみられる。

 安倍首相は一応、今までの態度を変更してはいない様です。

 しかし、このまま報道通り参拝を避けてしまうのは「安倍首相は周りの圧力に負けた」という印象を一層強く印象付けてしまう事になるでしょう。それは参院選での負けイメージをさらに増幅し党内の反安倍勢力を勢い付かせる事に他なりません。

 安倍首相は今こそ再度小泉前首相のこの言葉を聞いておくべきでしょう。そして、自分に果たしてこの言葉が吐けるのか、それを自問自答していただきたいと思います。死中に活を見いだす。それが今安倍首相に一番必要な事ではないでしょうか?雑音に惑わされる事無く、我が道を進んで行って欲しいものです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

これも安倍ちゃんの責任か・・・・え?

社保庁職員:年金着服1億3千万円 24人が12年間で

 社会保険庁職員らが年金保険料などを着服・不正受給した事案が、95~06年に少なくとも24件発覚し、総額約1億3291万円に上ることが分かった。預かった国民年金保険料を着服する手口が目立つが、納付記録の水増しなどオンラインシステムを悪用したものもあった。公表や刑事告発をしなかったケースも多く、表面化しなかった事案もあるとみられる。総務省の年金記録問題検証委員会は、着服事案の全容解明のため調査を進める。

 社保庁や各社会保険事務局などによると、着服額は計約3184万円、不正受給額は計1億107万円に上る。不正行為をした24人のうち、課長や次長ら管理職、専門官らが18人と4分の3を占めた。21人は懲戒免職、2人は依願退職、1人は退職後に着服が発覚した(その後刑事告発)。

 窓口で預かったり集金した国民年金保険料の着服は13件約2587万円で、8件が02年以降に集中。同年に徴収業務が市町村から移管されたためとみられる。03年には八代(熊本)、新庄(山形)の両社会保険事務所で、国民年金業務課長が着服し、借金返済や遊興費に充てていた。06年には小倉南(福岡)▽長野南(長野)▽松山東(愛媛)の各社保事務所の国民年金担当係長による着服が相次いで発覚した。

 オンライン端末の不正操作では、半田社保事務所(愛知)の年金給付係長が97~99年、両親が未納だった厚生年金保険料を支払ったように偽装したり、架空の人物の記録40年分を偽造して申請し、計4443万円を不正受給していた。蒲田社保事務所(東京)の年金専門官は94~98年、国民年金保険料1266万円を着服。さらに受給資格のない保険加入者など19人の記録を改ざんし、2644万円を不正受給させて還流を受けていた。発覚後に自殺した。

 同庁は、一部の着服が国会で問題化した99年までは、会計検査院への報告や刑事告発をほとんどしていなかった。このため、表面化していない事案もあるとみられる。同庁の三枝寛・職員課長は「被害額がほぼ返納されており、職員の将来への配慮もあったかもしれない。99年以降、表面化していない着服などがあったとは考えたくない」と話している。

 ◇「消えた記録」の一因か

 年金問題には、5000万件に上る「宙に浮いた年金」に加えて「消えた年金」がある。前者は記録はあるが被保険者が特定できないものだが、後者は、年金保険料の納付データがオンライン上も台帳にも残っていないという、最も深刻な記録漏れだ。今回明らかになった社会保険庁職員による着服・不正受給は「消えた年金」の一因とみられ、実態解明は急務だ。

 24件約1億3000万円の着服・不正受給は、社保庁や全国の社会保険事務局などに毎日新聞に取材し、明らかになったものを積み上げたものだ。このため「氷山の一角」(元社保庁職員)で、実際の件数、金額がさらに膨らむ可能性が高い。重大な不正が国会で問題視された99年ごろまで、同庁は、着服による懲戒処分も人事院に件数しか報告しなかった。それ以前の実態は「内部の人間もよく分からない闇」(同)との指摘もある。

 こうした不正がオンラインの操作で行われた場合、必要な要素がそろっていれば気づかれないケースもある。社保庁には不正が起き得ないシステムを構築する責任もある。

 えーと、こういうのって、一言で言えば「犯罪」ですよね?システムがどうのって言う以前に「モラルハザード」って事ですよね?

 他の官庁でここまでの事態が出てきていない以上、社会保険庁特有の状況と言わざるを得ません。この恐るべきモラルハザードは一体誰が起こしたのか?

 安倍首相ですか?(苦笑)

 自覚して行われた犯罪には総理大臣からのお達しも全く意味はありません。そんな事承知の上で犯罪を犯しているんですから。それは現場がそういう事を見逃し、助長する雰囲気を持っていたからに過ぎません。「職員の将来への配慮もあったかもしれない」って、そんな事はあんたらが配慮してやる必要なんか無い。犯罪は犯罪だ。そんな考え方がはびこる事自体がスポイルされた証拠。

 ならば、そういう雰囲気を作ったのは誰か?

 紛れもなく「職員」でしょう。管理職も含めた職員です。そして、職員のやる気を削ぎまくったのはこれまた紛れもない「自治労」です。社保庁との「まるで遊び感覚」の覚書を交わす事によって職員のモラルをとろけさせ、スポイルしてしまった。それが元々あった親方日の丸意識の上にトッピングされて激甘な職場倫理になってしまったとしか考えられません。

 それに対して「政府が悪い」の一言で切って捨てたマスゴミとミンス。今回ばかりはあまりにタイミングがうまかった。まるでミンスじゃないみたいに(爆)これでは安倍総理もかわいそうな気がします。該当時期にはあのブーメラン代表代行も厚生労働相やってたのにw そして、自治労の幹部を比例区でトップ当選させてしまった民意。これまた何考えていたのか・・・・大いなる神の御意思なのでしょうか?(自爆)

 本当の戦犯は誰なのか?今後我々はもっとしっかりとプロパガンダを排した真の理由を知る必要があります。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

最悪のラインナップ

参院:青木氏、民主議長を容認 江田、輿石氏の名挙がる

 自民党の青木幹雄参院議員会長は30日午前の党役員会で、次期参院議長について「慣例に従って第1党から選出することになる」と述べ、民主党の議長を容認する考えを示した。同日午後に開く自民、公明両党の衆参国対委員長らの会合でこうした方針を確認し、青木氏が同日中に民主党の輿石東参院議員会長に伝える。

 一方、民主党は次期臨時国会に向け議長ポストを要求する方針で、江田五月・前参院議員会長や輿石氏の名が挙がっている。

 衆議院議長・・・・・河野洋平(言わずと知れた媚中派。加藤、山崎と並ぶ党内左派。特亜外交に於ける諸悪の根元)

 参議院議長・・・・・もしかしたら輿石東?(元山梨県教組委員長、元社会党代議士。公職の教師を選挙活動や資金集めに動員するも自分に関係ないと言い張る)

 こんなラインナップは考えたくありません_| ̄|○ 北朝鮮や中国は喜ぶでしょうけどね(爆)

 特亜にへつらう国会議員が両院のツートップなんて、一体日本という国はどういう国なのかと思われてしまいそう。せめて江田五月の方がマシな気がする・・・・・お願いだから、その辺突っ込んでくれ>マスゴミ まだ参院2期目に議長なんて早過ぎるって言ってくれー!

| | コメント (21) | トラックバック (1)

存在意味の無い組織

社保庁「年金精査進めず」、監視委が早急着手を具申

 総務省の「年金業務・社会保険庁監視等委員会」(委員長・葛西敬之JR東海会長)は27日、該当者不明の年金記録約5000万件について、記録を持ち主の状態ごとに分類する「精査」を社保庁が進めていないとし、作業予定を明らかにして早急に着手するよう菅総務相に意見具申した。

 菅総務相は同日、柳沢厚生労働相に同じ内容を勧告した。

 委員会は「5000万件の内容の精査は、年金記録問題の名寄せを始めとした作業の大前提となるものだ」とし、年金記録の持ち主を探す「名寄せ」作業に先立ち、死亡者や受給資格を満たしていない人の数など、5000万件の内訳を示す精査を優先するよう求めている。

 委員会がこうした意見を具申したのは、社保庁が25日の同委員会初会合や26日の社会保険業務センター視察の際に、「約5000万件の記録の精査は行っていない」と回答したためだ。委員会発足からわずか3日で初めての意見具申に踏み切ったのも、「社保庁の対応への不満が委員から強く出たためだ」(総務省幹部)という。

 ただ、政府が7月にまとめた記録漏れ問題対応策では、まず年金記録の持ち主を探す名寄せを優先し、死亡者数などの内訳は名寄せと並行して随時、明らかにするとしている。社保庁は5000万件の記録について、年代や国民年金、厚生年金の区別は明らかにしているが、より詳細な内訳を示すことは現在のシステムではできず、それを優先して実現するには膨大な時間とコストがかかるためだ。

 社保庁は「政府の方針に沿って名寄せのためのソフト開発などを進めている。委員会の意見には誤解があるのではないか」としている。

>委員会の意見には誤解があるのではないか」としている。

 だからと言って「何もしない」という選択肢があると思ってる事自体がこの問題に対して如何に甘い考えを持っているか、という証明です。

 確かに今使っているデータ&システムが使い物にならない欠陥品である事は承知しています。今後データ修正を請け負う民間業者も今までのデータを修正するよりも最初から入れ直す方が手間がかからない、と判断したそうですから。 しかし、今までのデータに対して「どう問題だったのか」「どうすれば今後の対応に寄与できそうか」など話し合いをした上で準備作業に協力するなど出来そうなものです。作業が始まるまで何もせず、いきなり業者に丸投げして自分達は知らぬ存ぜぬを決め込むつもりだったのでしょうか?だとしたら、それはただのふて腐れです。仕事の放棄です。

 もはや社会保険庁は上から下まで「最後の責任を取ろう」という意識が無いご様子。それだから解体される、という事を理解出来ていないんでしょうか?もうちょっとまともな仕事さえしていればここまで問題を拡大しなかっただろうし、職場の解体という最悪の道筋をたどる事も無かったでしょうに。自業自得の最たる物、にしか見えません。社保庁上層部と労組、労使双方の責任に尽きます。職員の8割は再任用しなくて良いです。単純事務だけならバイトで充分。郵政だってそうしてますから(自爆)

10003355975  こうやって政府の足引っ張ってやれば連合が支援するミンスの勝利に繋がる、という政治的な嫌がらせなのか、とも邪推してしまう私。どっちにしてもこの問題、ミンスも労組の責任をしっかりと問わなければ「同じ穴のムジナ」となる事を覚悟するべきでしょう。(まぁ、出来るとは思えないけどね・・・・)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

差別と区別は違いますよね?

軽傷事故で「定住者」更新不許可、日系家族が差別と提訴

 神奈川県内で、日系人の妻と暮らすボリビア人男性(30)が、軽傷交通事故を理由に、制限なく就労できる「定住者」としての在留期間更新を認められなかったのは不当だとして、国を相手取り、不許可処分の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こした。

 法務省が昨年4月から、日系人とその家族に対する「定住者」ビザ発給の基準を厳しくしたことによるもので、男性は「日系人狙い撃ちの厳格化は納得できない」と話している。

 訴状などによると、男性は2005年7月に日系3世のボリビア人の妻と来日し、同年12月に定住者資格を取得。その後、無免許で乗用車を運転してバイクと接触し、男性に2週間のけがをさせ、業務上過失傷害などで罰金刑を受けた。

 昨年8月、東京入国管理局に、定住者としての在留期間更新を申請したが、罰金刑を受けたことを理由に不許可に。出国を前提とする「特定活動」ビザを受けたものの、期限が今年1月で切れ、現在は不法滞在の状態となっている。

 日系人を名乗り定住者資格で入国したペルー人が広島市で女児を殺害したとして起訴された事件を受け、法務省は昨年4月以降、日系人への「定住者」ビザ発給について、懲役、禁固、罰金刑(道路交通法違反を除く)を受けていないことを要件とした。原告側は、この措置が日系人を差別的に扱ったもので、法の下の平等を定めた憲法14条に反すると主張。代理人の山口元一弁護士は「まじめに働いている日系人が、軽傷交通事故を理由に定住者資格を失う事例が各地で起きている」と指摘している。

 法務省入国管理局総務課は「訴状を見ておらず、何も申し上げられない」としている。

 定住者資格・・・・ビザの中でもかなり特殊な扱いだそうで、難民の滞在など特殊なケースに対する特例的ビザがこれに含まれるそうな。

 で、上記にもある様に南米系日系人による犯罪が増えてきているケースを鑑み、法務省は日系人だからOK、とはせずに母国や日本国内での犯罪歴などをチェックした上で定住ビザの発行を行う事にした訳です。まぁ、ある意味当然の判断ではあります。犯罪者や犯罪を犯す可能性の高い者を日本に定住させる事は好ましくないのは当たり前です。社会防衛の一環ですね。日本に住みたかったら身辺きれいにしてから来なさい、という事です。元は日本人だからきっと大丈夫だろう、とはしなくなったという事ですね。

 今回の案件の場合、訴えを起こしているのは日系人の配偶者。それも「無免許で自動車運転」そして「バイクにぶつけてケガさせた」訳で、当然道交法以前に刑法犯になる訳です。それ自体で国外退去にさせられないのをありがたがっていただきたいと思う私。(無免許運転なんて法律違反を分かってやってる訳ですから日本の法を順守しようと思っていない事は明白ですし・・・)

 それを事も有ろうに定住ビザが継続されないのは日本側の責任だと吼えるアホウなボリビア人と反日弁護士。訴える前に取り消される種を蒔いた自分を反省しろと言いたい。差別差別と言う前に日系人や日系人配偶者が「やっぱり危ないんじゃん」と言われない様にしてから言うべき。危ないまんまで差別とか言っても説得力無し。まじめに働くとかは当たり前。そんな盾にもならん物を盾にするのは愚かなだけ。これは日本の治安を維持するための「区別」です。

 こないだのパスポート発行でもめた戸籍無し女生徒の件もそうですが、人権人権言う前にまずは自分達がしっかり身を清めてから政府に文句付けて欲しい物です。でなければ単なるわがまま、因縁付けに終始してしまうのでは?それ位理解して欲しいですね。

| | コメント (706) | トラックバック (0)

メッキが剥がれた「平和団体」

普天間移設、海自支援で調査機器設置…名護沿岸海域
 
 沖縄県の米海兵隊普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)への移設問題で、那覇防衛施設局は18日、シュワブ沿岸部で海域の現況調査に使用する機器の設置作業を始め、本格的な調査に着手した。反対派の抗議行動に備え、調査支援のため派遣された海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」(基準排水量5700トン)の潜水員も参加。海上では移設に反対する市民団体のメンバーらが、カヌーなどで抗議行動を展開した。

 調査機器はサンゴの産卵状況を調べる着床板や、ジュゴンやカメなど海洋生物の生息状況を調べるビデオカメラなどで、海底の112か所に設置する。

 県は、日米両政府が合意した2本の滑走路をV字形に配置する政府案が修正されなければ環境影響評価を認めない方針。

 これに対し、防衛施設庁はサンゴの産卵時期(6月)を逃せば移設計画が遅れるため、環境影響評価に先立ち、民間業者に委託して現況調査を実施することにした。

 普天間移設を巡っては、かつての辺野古沖案のボーリング調査を反対派の阻止行動で断念した経緯がある。このため国は今回、一部作業に自衛隊を関与させる異例の対応を取った。

 しかし、同県では沖縄戦の歴史から、自衛隊には県民の厳しい目が向けられており、仲井真弘多知事は「海上自衛隊が参加するような状況にあるとは考えられない。反自衛隊感情を助長するようなことは避けるべきだ」とのコメントを発表し、防衛省の対応を批判した。

     ◇

 この日午後、海中で作業をしていたダイバーが、タンクからの空気を吸うため口にくわえたレギュレーターを反対派とみられるダイバーから外されたことが分かり、第11管区海上保安本部(那覇)が捜査している。けがはなかった。

 ほかにも機器にしがみつき作業を妨害するなどの行為があったとの情報もあり、確認を急いでいる。

 こうやって自称「平和団体」が実際には人の命を何とも思っていない連中の集まりだという事が分かってくる訳で。

 潜水中のダイバーのレギュレーターを外しに来る、そして現実にもぎ取っていくと言うのは果たしてまともな抗議行動なんでしょうか?幸いケガなど無かったそうですが、ある意味「人殺し」寸前の行為ではないのでしょうか?もし水中でダイバーがパニック状態になったりしたら?と考えるとこの問題は彼ら「平和団体」が「自分達の主張を通す為にはどんな抵抗をしても構わない。それが人殺しであったとしても」という事がはっきりしてきます。同じダイバーならその行為がどれだけ危険な事であるか承知しているでしょうから。

 そして、機器へのしがみつきなど危険行為を行う事によってとても「平和」とは無縁な行動ばかりしている「平和団体」。彼らは一体何のための平和を求めているのでしょうか?まさか「我々に同調しない連中の平和は平和でない」とか言い出すのではないでしょうね?もしそうなら、それはまるで特亜の意見そのものです。

 政府が不当な行動を押しつけてくる、と仮定して、それに対する抗議はあくまで合法的な物に限られます。そして、自ら「平和団体」を名乗るのなら、抗議手段もあくまで平和的に行われなくてはいけません。例えばガンジーの如く。そうでなければ自らを「平和主義者と名乗りながら平和的な手段以外の攻撃的な手段に訴える」嘘つきと名乗っているのと同じですから。でも、沖縄で抗議している「平和団体」はその嘘つきそのものだった様です。

 平和団体。とっても聞こえが良い言葉です。正面切って文句を言おうものなら「戦争愛好家だ」と言われて自身を否定されてしまいかねない。でも、それを隠れ蓑にしている「似非平和団体」が確実に存在している事。それを我々は忘れるべきではありません。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

良く言った仙台市長w

都知事選で浅野氏敗戦 宮城県知事と仙台市長がコメント 

 宮城県の村井嘉浩知事と、仙台市の梅原克彦市長はそれぞれ9日の会見で、東京都知事選での前同県知事、浅野史郎氏の落選についてふれた。

 村井知事は「都民の出した結果であり、宮城県知事としてコメントすべきでない」とし、「浅野氏は大変能力のある人。これからいろんなフィールドで活躍することを期待する」と述べるにとどまった。

 梅原市長は、「浅野氏擁立グループの顔ぶれをみると、『北朝鮮による日本人拉致(らち)はあり得ない』と公言する学者がいたり、学校の卒業式での、国旗、国歌に反対する人が多数いた。多くの都民はそういう人に担ぎ出された浅野氏に首都・東京を委ねるわけにはいかないと直観的に判断した」と述べた。

 さらに「宮城県民は先見の明があったと思う。1昨年の県知事選で浅野氏の後継者が敗れたが、ある意味、今回の都知事選を予告するできごとだった」と持論を展開した。

 最近、色々と叩かれる事もしているらしい「独自色の強い」市長さんですが、さすがは仙台中華街構想を葬った方だけはありますw 全く、市長の言う内容そのもので私は浅野氏への投票をやめた様なものですから。(それ以前に東京都の治安や安全保障への取り組み方に天と地の差がある石原閣下にアドバンテージがあり過ぎるんですけどね)

 さすがに後任知事がこれだけの事を言ってしまうと舌禍になってしまいます。それゆえに知事さんのコメントは「華麗にスルー」になってますね。これ位ご自分の立場を理解されていると安心出来ますねw(最近、自治体首長や政治家の舌禍が甚だしいからなぁ・・・・一部はマスゴミの意図的な物だけど)

 ま、あまりに見え見えの反日日本人に担ぎ上げられた事に気付いていなかった事が浅野氏の失敗だったのでしょうね。次回はもっとまともな対立候補をキボンヌ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

今頃「秀吉は悪人だ」と騒ぐ日本人

日本の市民団体、韓国で「壬辰倭乱」反省集会を開催 

 日本の市民団体「No More! 倭乱 in 鎮海」実行委員会(犬養光博委員長)の会員36人が26日午後、慶尚南道鎮海市熊川洞「文化の家」で壬辰倭乱(文禄・慶長の役)での日本軍の蛮行を反省する集会を開き、注目を集めた。

 この日の集会で、歴史学者の川本良明氏(63)は「もしも当時、豊臣秀吉の朝鮮侵略を反省していたならば、近代日本の侵略史はなかっただろう。(日本が反省をしなかった結果)1910年に朝鮮を併合した後、武断政治で膨大な土地を略奪し、非暴力かつ正当な行動である3・1運動に対しても民族抹殺を目的とした恥ずべき弾圧を強行した」と主張した。

 また、川本氏は「隣国と正常な関係を築くためには、こうした歴史の事実を探り出し、それを認め、その根本までさかのぼって謝罪すること以外に方法がない。亡国は外国の侵略以前に、国内の道義の崩壊によってもたらされることを歴史は証明している」と強調した。

 この「No More! 倭乱」実行委員会は、豊臣秀吉の朝鮮侵略400年目に当たる1992年に発足し、日本で初めて壬辰倭乱での朝鮮侵略に対する抗議と反省の集会を開催した団体。現在も九州・佐賀県の名護屋城で毎年集会を開いている。

 2000年からは400年前の侵略はもちろん、近代の侵略をも心から謝罪し、正しい歴史認識を求めるため、韓国の釜山、晋州、宜寧、蔚山、麗水、大邱などで集会を行っている。

 特に今年は、日露戦争後、日本がアジアの戦略要衝地として開発し、日本軍の要塞(ようさい)司令部が置かれた鎮海を集会の開催地に選び、日本の侵略戦争を謙虚に反省する姿を見せ、注目を集めた。

 ほうほう。この「歴史学者の川本」さんとやらは一体どこの歴史学者なのかな?またいつもの「自称歴史学者」なのかな?w

 大体、「民族抹殺」なんていうレベルの虐殺をもし日本政府もしくは日本軍がやりたいと本当に計画していたのなら、わざわざハングルの教科書作ってそれまでまともに教えてなかったハングルを教え出したり、人口が二倍になったりするはずが無いんですけどねぇ。一度この「歴史学者」サマとNEVAR総督府のメンバーとの討論会をやっていただきたいものだ(爆笑)

 それに、秀吉の朝鮮出兵が今でも悪であり続けるのなら、韓国人が「対馬は我が領土」と妄言を吐きまくる原因の室町時代の「応永の外寇」(李氏朝鮮軍による対馬国侵略)に対しても韓国からの「心からの真摯な謝罪と反省」が必要でしょうね?しかし、現在の韓国は反省どころか逆に侵略軍出発の日を「対馬の日」として対馬領有を言い出す始末。更には韓国軍は仮想敵国を北朝鮮ではなく日本をターゲットにしている事は明白であり、それも知らずに過去を勝手に捏造しては韓国にベタベタすり寄る日本人。言ってる事は一見まともそうに見えて実はとんでもない捏造屋。

 もはや、こういう日本人を「売国奴」「非国民」と呼ぶべきでしょう。もう日本に帰ってくるな売国奴ども。「やっていい事と悪い事がある」事を日本人として知るべきだ。でなきゃ朝鮮半島に住んで思い切り反日運動やっててくれ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)