順法精神無き韓国漁民

日本の経済水域海底から大量の韓国密漁漁具を回収

 日韓漁業協定で定めた日本海の暫定水域に隣接する排他的経済水域(EEZ)で、韓国密漁船が投棄したとみられる大量の漁具が回収されていたことが分かった。全国底びき網漁業連合会などが行っている海底清掃の状況を水産庁がまとめた。カニの好漁場の同水域では暫定水域を越え密漁をする韓国漁船が後を絶たず同庁や海上保安庁の取り締まりを逃れた密漁の実態が浮き彫りになった。

 水産庁によると、暫定水域に隣接する日本のEEZの海底清掃で回収された投棄物は平成12~19年の8年間で計約5228トンにのぼった。うちズワイガニ漁などに使う刺し網が2015トン、バイ貝やカニを捕獲するバイかごが902トン。日本の漁船は刺し網漁をせず、バイかごも日本で使われている規格とは異なっており韓国漁船が使っているものだという。

 いずれも密漁中に逃走し、漁具を海底に不法投棄したとみられ、回収した刺し網は、長さにすると東京~福岡の2・5往復分に当たる4535キロメートル、バイかごは30万796個で積み上げた高さは富士山約20個分という。

 水産庁では12~19年の8年間に違法操業などにより123隻の韓国漁船を摘発している。また暫定水域周辺の山陰沖で韓国密漁漁具を年間30件程度押収しており、12~19年の8年間の漁具の押収件数は計183件にのぼった。

 しかし、海底から密漁船が残した大量の韓国漁具が回収されたことで、摘発は氷山の一角だったことが明らかになった。水産庁では「韓国政府に違法操業に対する措置を求めていくとともに、海上保安庁との連携をさらに強めて取り締まり強化を図っていきたい」としている。

 ■暫定水域 竹島の領有権問題が解決し日韓の排他的経済水域(EEZ)が画定するまでの間、漁業について両国の民間漁業者が協議しながら共同利用する水域。平成11年に日韓漁業協定が新たに締結された際に取り決められたが、同水域は事実上、韓国漁船が独占している状態。さらに水域を越えて日本のEEZ内での違法操業もひんぱんに行われおり問題になっている。

 上記の通り、韓国漁民の「海を殺す」所行によって韓国側漁場は荒れ、魚やカニがいなくなった自国側水域から「海を育てる」日本側漁場へ「密漁」「違法操業」という脱法行為で侵入し、せっかく日本漁民が整備・育成した漁場を荒らしに来るのです。

 彼ら韓国漁民はアナゴ漁においても管状のワナを沈めるやり方で密漁するのですが、密漁なので印を付けて沈められず、最悪摘発されて回収出来なくなるとそのワナが延々と漁を「し続ける」という悪循環を起こし、そうやって無駄に殺されたアナゴは漁獲量に匹敵すると言われています。つまり違法行為の結果「本来の漁獲量の倍殺してしまっている」という事です。それだけ残せばまた増えると言うのに・・・・・

 韓国の漁民はまるで未開の種族の如く「焼き畑農業的漁業」を未だし続けています。ほとんど「育てる」「保護する」という思想がありません。そうして日本の主権を侵しまくって「泥棒」しまくっているのです。

 韓国側の取り締まり機関「海上警察」はこういう状況に対してどう対応しているのか?ご存じの通り「逃げる密漁船をかばい、海上保安庁の取り締まり権をよこせと言い出す」始末。もはや「泥棒の元締め」と言っても過言では無い位。彼らに取り締まりが出来ないのなら、これは日本側が独自に強力な取り締まりを行っても構わない、という事ではないでしょうか?

 日本側が公式なステートメントで「今後EEZに不法侵入する韓国漁船は実力を以て排除する。韓国側に取り締まりを期待出来ない以上、日本は独自に権利を行使する」と言えばOK。少しは韓国海上警察も必死になるでしょうよ。

 それにしても、陸の上でも海上でも韓国人に「法を守らせる」事は無理なのでしょうか?とことん法治国家に向いていない民族の様です・・・・・_| ̄|○

| | コメント (29) | トラックバック (0)

なんだ、分かってるんじゃん(皮肉)

【社説】西海交戦から6年目、やっと届いた殉死者の叫び(朝鮮日報)

 政権引き継ぎ委員会と国防部・報勲処は2002年の西海交戦で死亡した海軍兵士らの追悼式を今年から国家行事に格上げする方針を固めた。西海交戦の追悼式はこれまで、少将級の海軍第2艦隊司令官が主管してきた。国のために命をささげた英雄たちを追悼する式典が、これまでは単なる所属部隊の行事として行われてきたのだ。

 2002年6月29日に起きた西海交戦は、北方限界線(NLL)を侵犯した北朝鮮軍の警備艇が韓国の警備艇に奇襲砲撃を浴びせたことが発端となった。韓国の高速艇の艦長だった尹永夏(ユン・ヨンハ)少領(少佐に相当)と韓相国(ハン・サングク)、チョ・チョンヒョン、ファン・ドヒョン、ソ・フウォン中士(上等兵曹)、パク・ドンヒョク兵長の6人もの前途ある若者が、祖国のために命を落とした。

 だが大韓民国政府は、この英雄たちに報いるどころか、ひどい仕打ちで臨んだ。まず国防長官と合同参謀議長は、犠牲者の告別式に出席すらしなかった。その後3回忌になってやっと国防長官が追悼式に出席し、昨年初めて首相が出席したほどだ。また昨年は李在禎(イ・ジェジョン)統一部長官が西海交戦について「われわれが今一度反省すべき課題」と論評した。政府関係者は、国のために命を落とした英霊を前に遺族を慰労し、犠牲者に感謝するどころか、北朝鮮の顔色ばかりうかがっていた。

 こうした中、韓相国中士の妻は2005年に「こんな国のために命をかけて戦う兵士がいるだろうか」とし、移民してしまった。また韓明淑(ハン・ミョンスク)首相(当時)が2006年、国家防衛の最前線で亡くなった軍・警察関係者の遺族を招待したが、西海交戦の遺族らは誰一人として参加しなかった。国を守るために犠牲となった殉国者たちをないがしろにしてきた政府の姿勢に、強い不満を抱いていたからこそだろう。

 政治史をひもといてみても、多くの国々が国家のために犠牲となった人々を記憶し、その遺族に報いるために努力してきたことがわかる。国が存続していくためには、国民に対し、国のために命をささげたすべての人々を国は決してないがしろにしないという信頼を与えなければならない。古代のアテネはスパルタに対抗して命を落とした兵士たちのため、盛大な国葬を執り行い、「戦死者を最後まで礼遇する国はアテネだけであり、それがアテネを強くする」と宣言した。

 戦没者の追悼行事は近代国家にとって、もっとも重要な国の祭儀だ。第1次世界大戦の際、戦死者数十万人を出して最大の戦場となったフランスのベルダンには、「ここに国家のために亡くなったある兵士が眠る」と刻まれた追悼碑が建っている。なぜ「兵士ら」ではなく「ある兵士」なのか。それは国家が戦死者一人一人に呼びかけ、その名を記憶してこそ、国民も国を信じ、兵士も国のために命をかけて戦い続けるという真理を示したかったからだ。だがこの国には、そうした明白な真理に気づくまでに、6年もの歳月が必要だったのだ。

国が存続していくためには、国民に対し、国のために命をささげたすべての人々を国は決してないがしろにしないという信頼を与えなければならない。

戦没者の追悼行事は近代国家にとって、もっとも重要な国の祭儀だ。

 いや全くその通り。さすがは韓国でも右派系新聞とされる朝鮮日報さん、良く分かっていらっしゃる。

 でね、日本でも同じ様に重要な国の祭儀として「靖国神社での戦没者慰霊」を行っている訳ですよ。戦後も首相が度々お参りしていますし、以前は天皇陛下やご名代がお参りした事もあるんですよ。

 で、何で韓国は日本の戦没者の追悼行事にケチつけるんですか?(爆)

 侵略戦争?そんなの太平洋戦争と朝鮮はリンクしませんって。日帝36年?それは日本の戦没者慰霊と何ら関係ありませんって。逆に日本軍に高倍率の中志願しまくった朝鮮人がいた事を指摘させていただきたい我々でして。

 韓国を含めた世界各国の戦没者追悼は良い。けど日本だけはいけないなんてそんな理不尽な事は言うはず無いですよねぇ?( ̄ー ̄)

 そろそろ自分達がどれだけ恥ずかしい事を言ってきたかをそろそろ気付いて欲しいと思っていますが、いかがでしょうか?(苦笑)>韓国国民の皆様

| | コメント (16) | トラックバック (0)

また金払いケチる韓国

3位浦和、全額支払われず A3チャンピオンズ杯で賞金未払い

 昨年6月に中国で行われたサッカーの日中韓リーグ王者などによるA3チャンピオンズカップで、参加チームへの賞金未払いの問題が起きていることが5日、分かった。Jリーグ関係者によれば、大会運営にかかわった韓国の広告代理店から中国サッカー協会に収益金が支払われていないため。

 参加した4チームすべてが賞金の対象。金額は優勝の上海申花(中国)が40万ドル(約4360万円)で、3位の浦和には15万ドル(約1635万円)が支払われることになっている。

 各チームへの未払い額は不明だが、浦和については昨年末の時点で賞金全額が支払われていないという。

 何と言うか、「あぁまた韓国か」と思わされるネタですね。以前も四国で映画撮りに来た韓国の映画会社が飲み食いしまくった挙げ句に金払わず企画潰して逃げた事もありましたっけ(爆)今回はとうとう宗主国様トコに直接迷惑かけているんですねぇ。

 韓国の興行関係はどうも問題ばかり聞こえてくるんですが、そういう慣行でもある業界なんですかねぇ?外国の常識が通用しないってのは。

 日本とは違って交渉能力はある中国様ですから、韓国からきっちり払う物は払わせて下さいね、中国サッカー協会。それ位しか日本にとって存在意義が無いんですから(更爆)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ここまで予想通りだとなぁ(爆)

【写真】日本のミサイル防衛網構築に反対

200712261726571_2

  「平和と統一を開く人々」「平和憲法市民連帯」「挺身隊問題対策協議会」(挺対協)など反戦市民社会団体に所属する会員が26日午前、日本大使館の前で、韓半島と北東アジアの平和を阻害する日本のMD(ミサイル防衛網)構築に反対するデモを行っている。

 なんか書き込みのメインがmixiの日記になっちゃったんで、こっちがお留守になってしまいました。読んでる方いましたらご心配おかけしました<(_ _)>

 で、今回の歳末ウリナラ漫才ですが・・・・・

 結局言いたいのは「ウリナラがチョッパリに核撃ち込むのに邪魔だからMD配備はやめろニダ!」って事なんでしょうか?それとも「ウリナラが未だ完成させていないMDを先に完成させるのはおかしいニダ!」って事なんでしょうか?

 大体、北はノドン、テポドンなどのIRBM、南は射程1500キロの巡航ミサイルの配備を進めている中でどの面下げてこんな事言えるのかと。大体、日本のMDに韓国を初めとしたアジア諸国は全く関係無いじゃないかと。MDはどこを取っても完全な「防衛システム」。それ自体に攻撃能力は全くと言って良い程ありません。それがどうして平和を阻害するって言うんでしょうか?どうせなら中央日報もそこまで伝えて欲しかったなぁ。もっと笑えたかも知れないのに(もっと呆れられた、かな?)

 まずは半島から攻撃的兵器の全廃をしてからこういう主張はして欲しいもんですね。相変わらず脊髄反射で反日する半島ミンジョクは何とかして欲しい物です。(我が国にもそういう脊髄反射するなすりつけ謝罪サヨクが大勢おりますけどね・・・・・・orz)

| | コメント (65) | トラックバック (0)

ウェルカム トゥ トンマクゴル

いやー、さっき「rx178の最近気になる朝鮮半島」という韓国情報系ブログを覗いたんですが、いやはや、まさかの記事を読ませていただいたんで当方でも紹介させていただくニダ(゜O゜)☆\(^^;)

『トンマクゴル』観客動員700万人突破 『シュリ』抜き歴代4位

『ウェル・カム・トゥ・トンマクゴル』が全国観客動員数710万人(ソウル219万人)を記録した。

20050919000024110
 今年上半期最高のヒット作『マラソン』(観客動員数518万人)を、先月27日にまでに観客動員数526万6549人で追い抜いた映画『ウェル・カム・トゥ・トンマクゴル』が、今月5日には観客動員数が630万人を突破し、歴代興行順位4位の『シュリ』(621万人)を抜いていたことがわかった。

 韓国映画の歴代興行記録は、1位が姜帝圭(カン・ジェギュ)監督の『ブラザーフッド』(2004年、1174万人)、2位が康祐碩(カン・ウソク)監督の『シルミド/SILMIDO』(2003年、1108万人)、3位が郭○澤(クァン・ギョンテク)監督の『友へ/チング』(2001年、818万人)の順。

 韓国人がそんなに見たがる映画、どういう映画なのかと思ったら・・・(以下、ネタバレあります。事前情報無しで日本公開を待つ、という方は読まずにスルーして下さい)


時は朝鮮戦争のまっただ中。北と南の兵士、それに米兵(仮に米兵Aとする)が偶然桃源郷に迷い込む。

いろいろあって北と南の兵士が和解。米兵Aも含めて桃源郷の住人と仲良く暮らす。

そこへ米兵Aを探しに米軍が来る。

北と南の兵士が米兵Aを探しに来た米軍兵士数人を杭などで殺害。

1人だけ生かしてやった米軍兵士(韓国系アメリカ人)から、米軍が桃源郷を爆撃しようとしているという衝撃的な情報を得る。

北と南の兵士が力を合わせて米軍の桃源郷爆撃阻止へ。

こんな感じです。

米兵Aは、生かしてもらった米軍兵士1名と共に最終決戦前に帰投する。はっきりいって、いてもいなくてもいい存在。
メインは南北力を合わせてB29やグラマンと戦うラストシーン。

 さらには、

遭難した米兵Aを探しに来た米軍落下傘部隊が村の長老に殴る蹴るの暴行。 おまけに北の少年兵が淡い恋心を抱いていた知恵遅れの少女を撃ち殺すという悪逆非道ぶり。 その報いとして韓国系アメリカ人兵1名を除き南北兵士に皆殺しにされますたとさ。

 と、在韓米軍兵士の志気がた落ち必至な内容。またもや米軍高官から韓国撤退の話が出てもおかしくない位。で、それを韓国人はどうやらただのコメディとして楽しんでいる様子なのですが・・・・・今も北朝鮮とは戦争状態で(休戦しているのは当時の国連軍であり、韓国は入っていません)事実上国連軍は米軍しかいない状況。そして後方基地の日本とは感情最悪状態で反米ど真ん中の映画に喜ぶ韓国国民。

 以前、アメリカのローレス国防次官補が「韓米同盟変えたい時はいつでも言ってくれ」と言って物議を醸した事がありましたが、なんだか時間の問題の様な気がするのは私だけでしょうか? 最早6カ国協議の前提自体を間違えている気がする。韓国はあくまで特定アジアとして別扱いし、日米はロシアを引き込む方向に進んだ方が良さそうな気がする今日この頃です。

 あ、それからこの話にはオチがありまして・・・・・

アカデミー外国語映画賞・韓国出品作に『ウェルカム・トゥ・トンマクゴル』

 映画『ウェルカム・トゥ・トンマクゴル』が来年2月に開かれる第78回アカデミー外国語映画賞・韓国出品作に選ばれた。

 映画振興委員会は15日ホームページを通じてこのように伝え、「審査委員一同はアカデミー外国語映画賞の特性を綿密に分析し、候補作に最も適した作品を選定するという目標に合意し、審査運営細則にそって評価した結果、出品作にウェルカム・トゥ・トンマクゴル」を選定した」と明らかにした。

 あの、アカデミー賞ってアメリカの映画賞ですよね? アメリカ人に「アメリカ兵はこんなに悪辣非道なんだよー」という映画を見せようって言うんですか?ベトナム戦争は別として、少なくとも朝鮮戦争に対してアメリカは負い目など持ってはいません。それでもこの映画を持って行こうとするその斜め上な発想、我々日本人にはマネ出来ませんなぁ。
 ま、アカデミー賞に出典した段階でのアメリカ映画界の反応が楽しみです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ゾンビ村?

という訳でネタ振り完了(挨拶)

朝鮮時代の街並みをそのまま再現・・・慶北・栄州「ソンビ村」(朝鮮日報)

 慶尚(キョンサン)北道・栄州(ヨンジュ)市・順興(スンフン)面・青丘(チョング)里・紹修書院(ソスソウォン)の隣にある「ソンビ村」は朝鮮時代の両班(ヤンバン、昔の特権階級)と平民の生活を体験できる場所。  ソンビ村は1万7400坪余の敷地に、栄州地域に散在していた古い家や寺、城隍堂(ソンファンダン)などをそのまま移し、7年あまりかけて朝鮮時代の部落を原型通りに再現した。  大きな瓦ぶきの家や小ぢんまりした藁ぶきの家など12の家、講学堂(カンハクダン)という朝鮮家屋、寺、楼閣、番小屋、市場など40余の昔の建物があちこちに散在している。 200509150000691yonju

 観光客が泊まる家は、栄州の代表的な旧家屋を考証と実測によって全く同じに再現した建物だ。家の内外には実際に人が住んでいるかのように、本物の昔の家具や陶磁器をはじめ、農機具などが置かれており、昔の人々の生活の様子がひと目で分かるようになっている。
 本を読むソンビ(学識のある人々)、カヤグム(弦楽器の一種)を演奏するソンビ、刺繍をする女性など、両班家庭の生活の様子が人形で再現されている。
 ソンビ村の旅の一番の魅力は、様々な伝統体験ができること。古い家屋の中で一晩泊まり、農業を体験し、伝統の礼節やソンビの精神、漢文など、ソンビたちの当時の日常を丸ごと体験できることだ。
 また、常設プログラムとして昔の民俗遊びを楽しめることをはじめ、昔の文化体験にも挑戦出来る。
 昔の市場の様子を再現したチョジャッ通りでは、実際に並んだ露店で買い物をすることができ、伝統料理を楽しめる飲食店、お土産屋などがある。

 いやー、最初読んだ時は「なに?とうとう韓国にゾンビが村作った?!」などとバカげた事を思い浮かべてしまいました。両班、白丁がキョンシーみたいにワラワラと・・・・・考えて気持ち悪くなってきたorz ベトナムに「ソンミ村」という米軍による虐殺で有名な村もありましたが、まさか韓国軍のベトナム人虐殺に対する反省・・・・するわけ無いか(爆)

 いわゆる日本に於ける「明治村」みたいなもんでしょうね、これ。明治村の場合、存在している本物を移設して保存公開してますので、少なくとも捏造は出来ない訳ですが、ちょっとここで参考画像を。0006
これは併合前のソウルの町並みなんですが、どうも朝鮮は地方の方が裕福だった様ですね(wもしかして両班の家しか公開してないんじゃないのか?(オイ) 誇らしい歴史でホルホルする前に「本当に大丈夫なのか?」と自問自答した方が良い様な気がします。まぁ、昔の写真だから余計みすぼらしく見えていてくれれば私の目の錯覚で済みますけど・・・・・そうであって欲しい(棒読み)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

「杉並親の会」のバカさ加減は半端じゃない

 いやはや、最近教科書採択問題で一躍有名になりました中核派ズブズブ隠れ蓑団体『「つくる会」の教科書採択に反対する杉並親の会』ですが、最近の行動で更にバカさ加減の酷さをさらけ出しているので未だ知らない方々の為に晒し上げ(w

『「つくる会」の教科書採択に反対する杉並親の会』HPより

 9月12日(月)は、近代史の年表について。(内容は9月10日の日記に詳しく載せています)。今日の話題はぐっとさかのぼって古代史。年表では中国の歴史が隋から始まっており、それ以前は全くの空白であることに驚きます。推古天皇が33代天皇とし聖徳大使の系図に載っています。これもおかしな事です。神話上の神武天皇を1代と数えて推古天皇は33代。事実として数えると4代目になるはずで、神話と事実の混同を否定できない。 また、この教科書は以前から皇国史観に貫かれていると指摘してきたが、その通りで、大多数を占める庶民の歴史、私たちの先祖にあたる庶民の歴史については扱おうとしていないのです。万葉集の紹介では、歌人として柿ノ本人麻呂、山上憶良、大友家持を挙げているにもかかわらず、歌の紹介は天皇の歌だけで、かの有名な「貧窮問答歌」は載っていません。この歌こそ、当時の人々の言葉で、当時の人がどう考えたか(「つくる会」がよく言っています)を理解するのにとてもいい材料だと思うのですが・・。

 街宣のあとは、教育委員会への申し入れ。職員は、「教育長は、教科書採択の件ではどなたにもお会いしない。すべては、教育委員会の審議で話したので、公開された議事録を見てほしい」の一点張り。「あのねぇ、あなたこの教科書読んだことあるの?こんなこと杉並の子どもに教えていいの?どこにいいところがあるのか、教育長に説明していただきたい」と教科書を広げて、やりとり。
 あまりの内容に職員も聞き入っていたが、「卑弥呼の時代に国際関係という言葉が出てくるけど、国際関係って20世紀の言葉よ」に一堂大笑い。知れば知るほど、この教科書をこどもたちにぜったい渡したくないと思う。

 いきなり「聖徳太子」を「聖徳大使」とする所で歴史の「知識」が無い事が分かっちゃいますけど、今回はそれに留まらず、「国際関係って20世紀の言葉よ」にもはや壊滅的。少なくとも大笑いされたのは内容ではなくあなた達の言ってる内容だという事に気付け。
 「国際関係」という言葉はすでに19世紀にはある。まぁ、それはどうでも良いとして、20世紀の日本語で中学生に歴史を教えちゃいけないって言いたいんでしょうか?それ言い出したら扶桑社の教科書含めて全てが全滅しちゃうんですが。自爆まっしぐらですね。自分達の主張と矛盾しまくっても構わなくなってきてますね。コミュニストの得意技「手段の為には目的を選ばない」が実践されている訳です。なるほど、リアルタイムで左翼運動を確認出来るとは。 まぁ、「あなたこの教科書読んだことあるの?」は採択時にさんざんあなた達が言われたセリフではありましたが(w

 で、ここでもリンクしている有名ブログ「mumurブログ」のmumurさんがなんと「親の会」に電話突撃をかけたそうなんですが、そこでも「親の会」、すでに支持者以外にはコミュニケートをあきらめたご様子。以下、抜粋。

mu じゃ、国際関係も事実としてあったんじゃないですか

親 いえ、国際関係はないですね。

mu あなたのいう国際関係の定義を教えてください

親 じゃ、まずあなたから

mu 「外国との関係」は国際関係になりますね

親 でもね、それは事実じゃないでしょ

mu あなたの定義を教えてください

親 国際関係はなかったでしょ

 実は用語だけじゃなくて、実際に卑弥呼の時代に「日本は他国との国際関係が無かった」と断言しちゃってます。なんせ、「事実じゃない」とまで言い切ってますから。とうとう新説発表ですよ「親の会」さん。
 一体、「国際関係が無かった」のなら、中国に現存し、今も「正史」として歴史検証の一次資料とされる「漢書」「後漢書」「三国史」は全てウソですか。いやはや、こんなトンデモな説は初めて聞きましたよ。どうか歴史学会の皆さん、今回の説に対して存分に検証を行ってやって下さい(w

 もうね、私ゃ疲れましたよ。彼らが一体何のためにこんな事やってるのか理解出来ませんから。そんなに日本が嫌いならさっさと特定アジアにでも移住しなさいって。その方がよっぽど老後精神的に幸せになれるって。

 そして、杉並区教育委員会職員&採択派委員の皆さん、毎度こんなのの相手していてご苦労様です。民間会社のクレーマー対策部署以上に大変でしょうに。お体労って、精神的に何かリフレッシュ出来る事、見つけて下さいね。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

歴史を冒涜する民族

もう何か、隣の国には夢も希望も無くなりましたよ(まだ持ってたのかよ、というツッコミは想定内ニダ)

「親日人物名簿」3090人を発表

民族問題研究所(所長:任軒永)と親日人名辞典編さん委員会(以下編さん委、委員長:ユン・ギョンノ)は、庚戌国恥日(韓日併合条約を締結した日)の29日「親日人名辞典に収録される予定者」の1回目の名簿3090人を発表した。

名簿には、朴正煕(パク・ジョンヒ)元大統領、小説家・李光洙(イ・クァンス)、金活蘭(キム・ファルラン)元梨花(イファ)女子大学総長、方応謨(バン・ウンモ)元朝鮮(チョソン)日報社長などすでに議論を呼び起こした著名人だけではく、日本の植民支配を非難したコロム「是日也放聲大哭」で有名なジャーナリスト・張志淵(チャン・ジヨン)、盧基南(ノ・ギナム)元天主教大主教、兪鎮午(ユ・ジノ)元高麗(コリョ)大総長、北朝鮮へ渡った俳優・文芸峰(ムン・イェボン)など意外な人物も多数含まれた。

編さん委によると▽植民支配時代(1910~45)の国権侵奪に協力した者▽日本の植民統治機関に参加した者▽抗日運動を妨げた者▽日本の「皇民化」政策・侵略戦争に協力した者--などが選定の理由。これによって、売国行為者(133人)、中枢院(326人)、「日本帝国議会」の議員(11人)、高等文官以上の官僚(1166人)、警察(521人)、尉官以上の将校(216人)、判事・検事(201人)、親日組織の幹部(467人)、宗教・文化芸術・教育学術界(393人)、マスコミ・出版界(59人)、戦争協力者(207人)など13の分野で3700人が選ばれた。

分野間の重複を除けば3090人だ。しかし、この名簿は、実際に親日行為を行ったのではなく、単に植民支配時代に公職にいたとの理由だけで、親日派と定義付けていて、批判と反発をもたらしている。ユン・ギョンノ委員長は「今回の発表は1回目の収録予定者であるため、今後、新しい資料が出たり、誤った選定がある場合、追加または削除が可能だ」と伝えた。

 ちなみに、名簿の内容ですが、上位の一部として

 ▲将軍級 =
金應善 魚 潭 王瑜植 李熙斗 洪思翊

▲領官級 =
姜錫佑 康弼祐 高良弼 高永均 權承祿 金基元 金錫源 金亨燮 南宇鉉
朴斗榮 朴範集 朴勝薰 朴在興 白洪錫 申應均 申泰英 安秉範 元容德 柳冀聖
劉升烈 柳元孝 尹相弼 李大永 李秉規 李龍文 李應九 李應俊 李鍾贊 李學來
李炯錫 李浩鎭 林 業 林在德 張然昌 全永憲 鄭觀秀 鄭斗源 鄭 炫 蔡秉德

▲尉官級 =
姜琪泰 姜東烈 姜在浩 桂炳輅 高起範 高俊峰 高俊烈 具東旭 權寧漢
權泰翰 金東元 金東河 金明德 金白一 金思錫 金錫嵐 金錫範 金聲雲 金成勳
金純善 金信道 金躍先 金 瑛 金永珏 金永祿 金泳秀 金永新 金玉琪 金龍紀
金龍虎 金潤根 金應祚 金仁旭 金一煥 金貞烈 金正晧 金貞熙 金鍾碩 金鍾植
金周贊 金埈元 金重圭 金振吉 金振武 金昌圭 金昌宇 金鐵男 金忠男 金忠助
金鎬樑 金洪俊 都一平 明勇銀 文履禎 文容彩 閔德鎬 朴東均 朴東俊 朴奉祚
朴元錫 朴林恒 朴正熙 朴昌夏 朴泰熙 方圓哲 方泰旭 白慶春 白善燁 白仁俊
徐英哲 徐日寶 徐廷弼 石主岩 石希峰 孫炳日 宋錫夏 申尚澈 申鶴鎭 申鉉俊
安光銖 安永吉 安永恥 安益祚 安洪濤 楊國鎭 楊大鎭 楊振東 嚴柱明 廉昌燮
呉俊杰 呉璡泳 禹鍾鉉 元容國 柳寬熙 劉光烈 兪原植 劉載興 柳喜章 尹悳炳
尹士新 尹春根 李 珏 李絳宇 李圭一 李根默 李奇建 李德振 李東岩 李東俊
李東勛 李丙胄 李逢春 李尚振 李成林 李升寧 李英杰 李永山 李英春 李 龍
李龍星 李元衡 李宜豊 李濟禎 李鍾馨 李周一 李春城 李翰林 李亨根 李興權
李喜謙 林秉圭 張光烈 張箕春 張璣衡 張錫倫 張星熄 張星煥 張永錫 張裕根
全南奎 田源上 丁來赫 鄭祥秀 鄭雲鴻 鄭殷鎔 丁一權 鄭一平 鄭 勳 趙大鎬
趙秉權 趙性根 池麟泰 池章華 池振國 池治龍 車萬載 車 榮 車淸一 崔慶萬
崔鳴夏 崔福洙 崔鵬俊 崔世昌 崔承業 崔貞根 崔周鍾 崔昌植 崔昌彦 崔學珍
韓鏞顯 洪 濤 洪文杰

 一部、太字で紹介した人ですが、「まさかこの人まで?!」と言うべき人。それは、あの「6.25」朝鮮戦争に於いて韓国を守り抜いた韓国軍人達なのです。

白善燁韓国陸軍大将

開戦当時、第一師団長。
1950年6月25日の朝鮮戦争勃発時には、北朝鮮の奇襲攻撃の中で巧みに後退しつつも勇敢に戦い、特に大韓民国が釜山一帯に追い詰められた釜山橋頭堡防衛戦線(洛東江防衛戦線)の一部である多富洞の戦いでは、敗走する将兵を引きとめ「2日間も補給が絶えたのに、よく頑張ってくれた、感謝の言葉もない、だがもう我々には下がる所はない。大韓民国を滅ぼしてはならない気持ちは皆同じである。今から突撃に行こう、俺が先頭だ、もし俺が気後れを見せたら躊躇せず俺を打て、支援射撃の最終弾と供に突撃だ 俺に続け!」自分自らが先陣を切って突撃し北朝鮮人民軍を撃破した。(1950年8月21日) 1950年9月の仁川上陸作戦(クロマイト作戦)の成功とそれに続くソウル奪還後は一転して反撃に転じ、10月には平壌に一番乗りを果たした。
戦後、韓国軍参謀総長、よど号事件当時の交通部長官を歴任。

 かような経歴を持つ偉大な軍人をただ「満州国軍中尉」だった、という経歴だけで非国民扱いする国、それが韓国なのです。(ちなみに、丁一權少将は開戦直後韓国軍総司令官として韓国軍の立て直しに尽力した軍人です)

 実は、こういう意見も韓国メディアの中にはあります。

【社説】親日名簿の発表に問題ある(中央日報)

民族問題研究所と親日人名辞典編さん委員会という組織が「親日人名辞典に収録される予定者」とし、1回目の名簿3090人を発表した。過去史問題で国が揺るがされている時点に、親日派というレッテルをつけて、新たに数千人の名簿を発表し、議論が広がっている。その名簿に含まれた大半の人々はすでに死去し、自ら釈明さえする機会を失っている。

そのうえ、この組織が公正だと認めうる根拠もない。だから、正否をめぐる攻防だけが広がるに決まっている。今年2月、国会が親日真相究明法を可決させたから、その結果を待つのが妥当だった。かつての歴史を正しく評価しようとのことに異義を申す人はいないだろう。だが、その歴史というものは、見方次第で評価が異ならざるを得ない。その時代に不可抗力的かつ不可避だったことにまで現在の定規を適用する場合、当事者は悔しい思いをするだろう。
真相を究明するというのは、それだけむずかしい作業だ。もちろん、日本の爵位を受けたり、売国行為をしたという明白な親日行為があるはずで、当時やむを得ない、またはそれが現実だと思って対応した場合もあるはずだ。前者の場合については、あれこれ言うまでもない。しかし、後者については「歴史の審判」という基準よりは「歴史の理解」との観点から判断するのが妥当だ。

議論のポイントは、親日人物を選定した基準だ。日本の帝国主義による植民支配時代の36年(1910~45)は、詩人・徐廷柱(ソ・ジョンジュ)氏が回顧したように「あの空がわれわれの空だと思った」ほど長い歳月だった。一時独立闘士だった人が、抗日の鋭い筆ぽうを振るっていた有識者が日本の協力者に転じたたわけを、その時代を生きていない状態では理解しがたいのだ。

とりわけ、発表された人物の中には、大韓民国を建国する過程で、それ以降、国を発展させる過程で、功績があった方々が多い。それら全員に親日の烙印を押すとしたら、大韓民国のアイデンティティーはどう維持していくのか。ゆえに、それが学問的な研究だったならば、名簿の発表には慎重を期すべきだった。こうした発表の行為自体が、政治的なイベントに誤解されざるを得ないからだ。

 まぁ、あまりに妥当な意見なだけに「ダブルスタンダードかよ!」とツッコミ放題な社説なんですが。それが分かっていて、それでも「イルボンになら言っても、やっても構わないニダ」とする韓国政界、マスコミ、学会の腹黒さに腹が立ちます。

 同時に、こんな事件もあります。

親日作家が敗訴 9600万ウォン賠償命令 (朝鮮日報)

ソウル中央地裁・民事81単独のキム・チャンボ部長判事は旧韓末、義親王の息子である歌手イ・ソク氏らが『親日派のための弁明』などを著し、親日作家として知られるキム・ワンソプ(42)氏を相手取って起こした訴訟で、キム氏に敗訴判決を下したと2日明らかにした。

 裁判所は判決文で、「キム氏は日本軍慰安婦被害者6人にそれぞれ600万ウォン、徴用遺族5人と義兵大将ミン・ジョンシク氏の孫にそれぞれ500万ウォン、イ・ソク氏および明成皇后遺族ミン・ビョンホ氏らにそれぞれ1000万ウォンなど、計9600万ウォンを賠償せよ」と命令した。

 イ・ソク氏ら15人は、キム氏が『親日派のための弁明』とインターネットコラムなどで日本の植民地支配を歪曲して著述、名誉を傷つけられたとし、2003年5月に訴訟を起こしていた。

 すでに、韓国は司法まで歴史解釈の多様性を認めない、歴史の国家統制を容認する全体主義国家となってしまった様です。日本で「天皇家の先祖は百済系朝鮮人だ!」と言ったからといって裁判を起こされ、あまつさえ有罪判決が出る事などあるでしょうか?

 最早、韓国は歴史をまともに検証する事をやめた訳です。そして、「歴史の立て直し」という美名の元に歴史の捏造を行っている最中なのです。我々日本人が彼らの「妄言」につき合う必要はありません。彼らの都合通りに出来ている「脳内資料」など認める必要はありません。(これが韓国の歴史学会の常識でもありますが)

 いつか、韓国人が一切の前提無く自国の歴史を直視出来る時代が来るのでしょうか?今現在、私には非常に絶望的な気持ちしかありません・・・・・

| | コメント (16) | トラックバック (0)

余計なお世話だ

中国、ネットゲームに3時間の制限

中国は3時間の時間制限を2006年にMMOゲームに導入したい考え。制限時間を超えたプレイヤーはキャラクターの能力などを失う。(IDG)

 中国はオンラインゲームの習慣に新たな規制を加える計画だとInterfaxが報じている。この新たな規制では、MMOゲームセッションを3時間に制限する。この制限時間を超えたプレイヤーは、キャラクターの能力や、アイテム獲得能力を失うようになる。

 中国はこのシステムを2006年に実装したい考えだ。

 これは、急拡大するオンラインゲームコミュニティーを統制するための中国の最新の対策だ。同国は既に、未成年者がプレイヤーキルを認めるゲーム(World of Warcraftなど多くの人気MMOが含まれる)に参加しないよう、新たに年齢確認を行うと発表している。

 この規制は確かに奇妙なニュースだが、もっと奇妙なのは、中国自身が国家主義的なオンラインゲームを国民に推奨していることだ。

 Interfaxは、中国のゲームパブリッシャーPowerNet Technologyが中国共産主義青年団(CCYL)の支援を受けて新しいMMOゲームを開発すると伝えている。

 このゲームは「Anti-Japan War Online」と呼ばれ、以前から2国間の関係の特徴となっている政治的不和を利用している。同ゲームは今年開始される予定で、1937~1945年の日本の中国侵略を再現し、プレイヤーに「侵略者から母国を守るために戦う時の愛国感情」を与えると、PowerNetのプロジェクトマネジャー、リウ氏は語る。

 プレイヤーは協力して日本軍に対抗するが、中国の味方をしなくてはならない。日本軍の兵士としてプレイするオプションはない。[IDG Japan]

 前半はまぁ、日本でも問題になっている長時間の連続ゲームに対する対処としてそれなりに理解はします。ただ、個人の問題を政府がいちいち口出しする所がやはり社会主義政権。自由主義の我が国から言わせれば「余計なお世話だ(#゚Д゚)ゴルァ!!」って所でしょうか。大体、始まる前から規制かけるって何だかなぁ、って感じ。

 そして、もっと余計なお世話なのが後半。何ですか「中国政府が国家主義的なオンラインゲームを国民に推奨」って。そこまでして日本と仲悪くなりたいですか、中国様は。正直、民主党の岡田党首に感想を聞いてみたいものです。まぁ、韓国も似た様な「小泉首相もぐら叩きゲーム」をネットでやらせていた位なので、やっぱり中韓はバカさ加減も大小中華コンビって所なんでしょうか。あきれるばかりですね。

 ホリエモン辺りが「中国を悪者にしたネットゲーム」でもライブドアで出したら今までの事は水に流して神扱いしてあげてもいいかな、って思うワタシは甘いでしょうか?(w

| | コメント (1) | トラックバック (1)

来る所まで来たか対北融和

北朝鮮公館訪ねふるさと訪問を申請した脱北者(朝鮮日報 社説)

 韓国に住んでいる脱北者のキム・ヒョンドクさんが、中国・北京の北朝鮮領事部を訪問し、「ふるさと訪問」を申請した。  脱北者自らが北朝鮮公館に入ることはよほどでなければ、考えられないことだ。最悪の場合、抑留されたり、北朝鮮に送還される覚悟もしなければならない。  幸い、北朝鮮領事部の職員はキムさんに暴言を吐いた後、住所と電話番号を聞いてから帰したという。北朝鮮も現在のような南北のムードでは、新しい問題を引き起こすことは望ましくないと考えたためであろう。  韓国に落ち着いたおよそ6000人の脱北者も間違いなく離散家族だ。しかし、南北どちらもこの人たちを南北離散家族の再会行事に参加させてはくれない。  しかも、本人自ら公然と乗り出したら、北朝鮮に残っている家族に被害を及ぼしかねないという心配のため、軽率に行動することはできない。そのため、中国で北朝鮮を行き来する人を通じて、家族の安否と尋ねたり、生活必需品を伝えることで満足するほかない。  珍しいケースではあるが、中国の携帯電話を北朝鮮の家族に渡して、密かに通話をするケースもなくはない。  北朝鮮がいくら閉鎖的な世界だとしても、また、北朝鮮当局の取り締まりと処罰がいくら厳しいとしても、この世の流れは北朝鮮に残した家族とどうしてでも連絡を取ろうとする「新離散家族」の夢を阻むことができない方向へと流れている。  北朝鮮当局がキムさんのふるさと訪問を許可する可能性は薄い。仮に許可するとしても宣伝の効果を狙った一時的なイベントに止まるだろう。  とはいえ、今や脱北者が危険を冒してでも自ら北朝鮮の海外公館に入って、堂々と「ふるさとへ行きたい」と要求する状況に至った。  北朝鮮政権にとっては当惑を覚えることだろうが、決断次第では、韓国と国際社会に向け、自分たちの破格の変化ぶりを見せつける機会になるかもしれない。  今や北朝鮮政権が脱北者を「裏切り者」と決め付けるよりは、考え方を切り替える時期になったのではないかと思われる。

 相変わらずお花畑なコメントが韓国マスコミらしいですが、今回驚かずにはいられないのが「脱北者」が北へ里帰りを申請した、という事。もはや脱北者すら元いた地獄の記憶を失う方向に進んできているのかと。

 あの国はあくまで金政権の維持、延命を最優先にしていると考えざるを得ない以上、対外イメージの向上なんて言う腹もふくれない様な物の為に体制を崩壊させかねない自由主義の情報侵入を許す訳がありません。それだけに、今回の事件はあまりに北をなめ始めた南の緊張感喪失を脱北者すら共有しちゃって来ている、という事です。遠からず南が北に吸収合併を食らうんじゃないかという最近の日本ネチズンの意見、当たらずとも遠からずという感じがますますしてきましたよ・・・・・ もう多国籍軍の空爆を受けて下さい韓国_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)