« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

護衛艦「たちかぜ」退役

 1月15日、30年の任務を終えて海上自衛隊護衛艦隊旗艦を務めていたミサイル護衛艦「たちかぜ」が横須賀・船越基地にて退役しました。横須賀地方隊の記事はこちら

 ささいな事ではありますが、個人的にこの艦には思い入れがあったりします。

 かなり昔・・・・まだピットロード東名が「たちかぜ」級のキットを出していなかった頃ですが、割と改造を苦にせずこなしていた若き日のワタクシ、一度「たちかぜ」の1/700フルスクラッチをやってみようと思い立った事があり、丸グラフィックスなどを用意した上でホウ材を切り出してえっちらおっちら削った訳で。昔から削るのは大好きなので、艦首のナックル部分などは必死にエッジを立てようと削った覚えがあります。

 が、残念ながらそれだけやっていれば良し、という程模型製作に飢えていた訳では無かった私は他に浮気(爆)途中まで進んだ船体は残念ながらそのまま放棄されていまいましたとさ・・・・・_| ̄|○

Dsc_0094_2    その後、ピットからキットが出たのに合わせてキットは買ったものの、どうしても製作に着手出来なかったんですよね・・・・・海自のイベントでは一番写真を撮りまくった艦だったかも知れません。去年の観艦式では退役のウワサが出ていたからでしょうか、やっぱりカメラを向ける頻度が高かった気がします。最近就役の護衛艦は構造物へ上がりにくい艦ばかりなのですが、「たちかぜ」の様に露天艦橋に上がれる艦の減少はイベント参加者としてはちょっと残念で仕方がありません。

 「世界の艦船」誌によりますと、今度の護衛艦隊旗艦は「たちかぜ」級最終艦の「さわかぜ」だそうですが、未だ62護衛隊から異動したという話は聞いていませんので、しばらくは空白のままにして「あたご」級イージス護衛艦が就役し始めてから改造工事を行うのではないかと愚考したり。今後はミサイル護衛艦の移動が激しくなりそうですね。多分、イージス護衛艦だけで護衛隊を編成する護衛隊群も出現するでしょうし。第一、第二護衛隊群はそうなる可能性大ですね。61護衛隊に「きりしま」+「あたご」、62護衛隊が「こんごう」+「あしがら」、63護衛隊&64護衛隊には「みょうこう」「ちょうかい」に「はたかぜ」級のコンビという感じを想定しています。

 何はともあれ、30年もの間ご苦労様でした(゜д゜)ゝ>たちかぜDsc_0090_1

| | コメント (581) | トラックバック (0)

韓国に見る日本の国防意識の低さ

【社説】酷寒の中、野戦軍部隊を訪問した盧大統領

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は29日、陸軍の某軍団司令部と某機械化師団を訪問し、兵士たちを激励した。盧大統領は「軍部隊を訪問すると気分が良く、大統領としてのやりがいを感じ、韓国の現在や将来に対する確信のようなものを感じる」と語った。

 盧大統領が訪問した両部隊は首都圏の防衛にあたる陸軍の核心部隊だ。しかし大統領を迎えたこれらの部隊だけでなく、軍全体の士気が上がったのではなかろうか。軍に服務する息子や兄弟を持つ数百万の家庭も、兵士たちと大統領が一緒にいる姿を見て、感慨深かったはずだ。

 現在、駐屯地では金属を触る手がくっついてしまうほどに厳しい寒さが続いている。しかしこの苛酷な時期も、軍にとっては通常の作戦の範囲内のことだ。今この瞬間にも、多くの部隊が機動訓練を行っている。国民の意識にのぼることはなくとも、軍のこうした苦労があってこそ国と国民が守られている。それゆえ、盧大統領の軍訪問がもっと頻繁に行われてほしいものだと思う。

 盧大統領が鶏龍台(大田に位置する軍事司令部)や士官学校の行事以外で軍を訪問するのは、2005年7月12日に海兵隊新兵教育大を訪問して以来1年6カ月ぶりのことだ。盧大統領が第一線といえる陸軍野戦部隊を訪問したのは、就任して以来の4年間のあいだに、今回を入れて2回しかなく、海軍・空軍部隊の各1回ずつにとどまっている。

 一方、同期間に北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記は224回も軍を訪問している。国全体を兵営に作り上げた金総書記と盧大統領を単純に比較することはできないとしても、その差はあまりにも大きい。

 盧大統領はこの日、「わたしも、万が一の事態に韓国軍が本当に適切に対応できるかどうか心配だ」と語った。国民の代表として、一時もそうした心配から自由になれないのが大統領という職位だ。

 政治上の過ちも損害を生み、経済上の過ちは経済的に大きな損失を生むが、何よりも安全保障上に失策があれば国と国民はすべてを失うことになる。現在、韓国の安保情勢は決して楽観できるものではない。北朝鮮の核問題に加え、大統領選挙も控えている。

 今回盧大統領が見せた軍に対する関心と激励が、任期の最後まで続くことを願うばかりだ。

 韓国の保守系最大紙、朝鮮日報の社説です。韓国ではこの様に大統領が国軍の駐屯地を視察し、兵士を激励する事を奨励しています。アメリカでもブッシュ大統領がイラクへ飛び、最前線の兵士を直接激励する事もしばしばです。(北の将軍様はどうでもいいですが)

 それに引き替え、我が日本の首相はせいぜい観閲式に出向くのが関の山。こっちから日常勤務をこなす自衛隊員を激励しに行く、などという話はほとんど聞いた事がありません。

 民主主義国家の国防は基本的に市民の自発的な国防意識によって成立するものであり、市民が兵士となって自国を守ろうとしなければ有事の際にはどれだけ立派な軍事組織を作ろうと一瞬のうちに瓦解してしまうでしょう。それだけに、陸海空自衛隊員の国防への志気高揚は非常に大事な事だと言って過言ではないはず。それなのに、未だ日本政府の意識は憲法9条に縛られて国防任務に就く自衛隊員への日常的な激励もままならない状態のまま。民主主義国家としてはあまりに異常な状況と言っても良いのではないでしょうか?

 地方自治体に所属する警察消防と違い、自衛隊は防衛省が直接所管する国の機関です。首相が激励して何の問題がありましょうか。今後、安倍総理の三自衛隊に対する士気高揚の為の激励視察が始まる事を願って止みません。(この点に関してだけは韓国が羨ましいです・・・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「あなたを忘れない」疑惑についての決定的考察

朝鮮|д゚)カンサツ日記様より

■戯言■

■日韓合作映画「あなたを忘れない」の監督 花堂純次さん
http://www.mindan.org/comm/douhou_view.php?bbsid=5761&page=1&subpage=41&sselect=&skey=
民団新聞)

>【すばらしき同胞・この人この顔】

>すばらしき同胞

すばらしき同胞

         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \             謎は全て解けたお
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |       ____

 おぉ、何という考察。そうか、それであそこまで韓国人マンセー映画に出来たのか。

 それを頭に入れていけば理由は氷解するね。

 ただ、こんな韓国人製作、韓国人マンセー映画に文化庁が3000万円も血税を投入した事があまりに悲しい。韓国映画として作られたんならここまで腹は立たないのに。

追記:

 特定アジアニュース様によりますと、公式HP上にありましたキャスト表の中から日本人側の当事者関根さん役の名前が消えてしまったそうです(私も確認しました)。

 何で今更になってそんな事するんでしょうか?・・・・・もう、彼らの思考が理解出来ません・・・・・_| ̄|○ カンコクニ カカワルンジャ ナカッタ

| | コメント (116) | トラックバック (1)

哀号!稼ぎの半分以上をチョパーリに取られてしまうニダ!

「韓国、世界で稼いだ金の半分以上が日本に流出」LG経済研

  韓国は過去3年間に世界市場で稼いだ金の半分以上を日本に貢いでいる、という指摘が出てきた。特に、最近のウォン高円安のため対日商品貿易だけでなく、旅行などサービス部門の収支までが赤字を出しており、対日経常収支赤字の固着が懸念されている。

  LG経済研究院は28日、報告書「ウォン高円安が‘日流’を拡散させる」で、「韓国の貿易収支の推移を見ると、韓国がこの3年間、世界市場で記録した貿易黒字の半分以上を対日貿易赤字が打ち消していることが分かった」とし、「その間、韓国が世界市場で稼いだ金の半分以上を日本に貢いでいる格好だ」と明らかにした。

  研究院によると、過去3年間の対日貿易収支赤字は04年244億ドル、05年244億ドル、06年253億ドルだった半面、世界貿易黒字は04年294億ドル、05年232億ドル、06年164億ドルだった。

  研究院は「また、商品貿易だけでなく、旅行などサービス部門までが赤字を出す対日経常収支赤字の固着化が憂慮されている」とし、「世界市場で苦労して稼いだものを、素材・部品・技術など日本からの仕入れのためそのまま出ていく構造から一日も早く抜け出さなければならない」と強調した。

  研究院は、韓国が商品貿易だけでなくサービス部門でも赤字を出している理由に、継続するウォン高円安を挙げた。研究院は「24日のソウル外国為替市場は昨年末に比べて11.78ウォンのウォン高円安となる100円=770.05ウォン」とし「韓国ウォンが日本円に対して30%以上も値上がりしたことで、日本旅行や日本大衆文化商品を楽しんだりする国内人口が増え、05年から対日サービス収支までも赤字に転換した」と分析した。

 「結局、韓国は日本無しには生きられない」って事ですよね。

 でも、韓国は反日せずにはいられない・・・・・

∧_∧         ミ ギャハッハッ 韓国ズレてる!ズレてる!
     o/⌒(. ;´∀`)つ
     と_)__つノ  ☆ バンバン

∧_∧
     o/⌒(゜Д゜ )つ
     と_)__つノ

∧_∧
     o/⌒( ゚д゚ )つ
     と_)__つノ

(AAに特に意味はありません(オイ))

 それにしても、日本に来て勝手に遭難して助けてもらっても感謝しないヤツとか、犯罪出稼ぎしに来る朝鮮人はわざわざ日本に来なくていいです(キッパリ)

| | コメント (465) | トラックバック (0)

ウリ達は革命家だけど親日派ニダ

【社説】革命家気取りで懲戒委員会に臨む全教組教師

 全国の教育庁が24日から違法な「年次有給休暇闘争(参加者が同時に有給休暇を申請して行うストライキ)」に参加した全国教職員労働組合(全教組)所属教師の処分を決める懲戒委員会を開いたものの、予想外の困難に直面している。

 懲戒の対象は年間4回以上年次休暇闘争に参加した教師435人だ。対象の教師がそれぞれ数十枚に及ぶ書類を持参して読み上げているため、1人当たり30分の予定だった手続きに3時間以上かかるケースが相次いでいるという。ソウル江西教育庁では懲戒委員らが制止するのにもかかわらず陳述時間を長引かせた教師が退室処分を受け、江南・東部教育庁では耐えかねた懲戒委員が退室する事態まで起きた。

 全教組は当初懲戒委員会への欠席を求めていたが、今月21日に方針の変更を発表し、「懲戒委員会に出席し、抵抗するように」との指針を示すとともに、ホームページにA4用紙22枚分に相当する「陳述闘争参考資料」を掲載した。

 この資料には「懲戒委員会に出席すると同時に、まず委員らに『わたしが陳述している間は席を離れず、生理現象により退室する場合も事前に了解を求めてほしい』と話すように」との指針が含まれている。これは懲戒委員の出はなをくじくためと考えられる。最初から釈明や説明をする意志などないことがわかる。

 全教組は「陳述の際にすべての対象者が語るべき基本的な内容」として「模範陳述資料」を示したが、その分量はA4用紙で18枚に及び、一気に読み上げても1時間以上かかるほどだ。同資料には日本の最高裁や東京高裁の判例まで長々と引用されている。懲戒委員の我慢の限界まで長引かせようというものだ。

 中央委員会の鶴の一声により全国で一斉に「陳述闘争」を繰り広げる全教組所属教師の姿に、生徒に知識や知性を授ける教育者としての姿は存在しない。それどころか、かつて朝鮮共産党員が解放直後「精版社偽札事件」裁判法廷で「赤旗歌」を歌いながら投石した姿をほうふつとさせる。

 1世紀前、ロシアのボリシェビキ派の革命家たちは、法廷陳述闘争を真の共産革命家として必須の経歴とみなした。ボリシェビキ派の革命家がロシア皇帝の法廷で陳述闘争を開始してから100年が過ぎ、彼らが建てた「革命の祖国」が崩壊してからも20年の歳月が流れたにもかかわらず、大韓民国の全教組は教育庁懲戒委員会で革命家気取りの愚行に出たのだ。

 いやはや、時代は変わったんですねぇ。ちょっと前までなら親北的態度を取っただけで公安機関に逮捕拘束されていたはずなのに、今では北との内通が堂々と行われ、共産主義的な反社会的行動を堂々と行える様になった韓国。今や国家保安法の廃止まで俎上に登る位ですから、北の攻勢は水面下で完全勝利を収めたと言って過言では無いですね。(まぁ、大統領がアレですから、今更言わずもがなですけどねorz)

 それにしても、教育庁での反対行動の際になんと日本の東京高裁や最高裁の判例を持ち出すとは・・・・・あんたら、自分の国の行動規範をわざわざイルボンに頼るんかい?それこそ「親日派(チンイルパ)」なんじゃないのかね?今頃「日帝」と忌み嫌う日本を引き合いに出して抗議するとはダブルスタンダードもここに極まったね。どうせなら自分達の頭で考えた理論のみで抵抗してみたまえよ、韓国のサヨク教師諸君。事も有ろうに日帝の理論を拝借するなんて情けないだろう?w

 もうちょっと、韓国人が考え方からまともになって行ってくれる事を隣人の立場としてお願いしたい今日この頃・・・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

みんな捜してるんだなぁ・・・

 今日になって見つけたmumurブルログ移転先の話ですが、先程アクセス解析を見た所、なんと検索ワードの上位6位までがmumurブルログを捜す人達のアクセスでしたΣ(゚ロ゚ノ)ノ

 まぁ、本当は2位に「ノムヒョン」があったりするんですけども(^_^;)

 ウチのエントリーを読んで探し当てられたらそれはそれで嬉しかったりする私(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さすがモンゴル、半島とは違うw

非常任理事国に立候補へ モンゴルが日本に譲る

 安倍晋三首相は24日、モンゴルのエンフバヤル大統領と電話会談し、2009年からの国連安全保障理事会非常任理事国(任期2年)の選挙に、モンゴルに代わって立候補することで合意した。日本は昨年末で非常任理事国としての任期を終えたばかり。

 モンゴルは既に非常任理事国選挙への立候補を表明していたが、エンフバヤル大統領は電話会談で「立候補を取り下げる」と表明、その上で日本が代わりに立候補するよう要請した。これを受け首相は「善意に深く感謝する。それに応えるためにも立候補し、選出されるよう努力する」と述べた。

 09年からの非常任理事国をめぐっては、イランが既に立候補を正式表明。さらに立候補国が出る可能性もあり、アジア枠を争う各国で事前調整がつかなければ、08年秋の国連総会での選挙で決定することになる。

 とても涙が出てきそうな話ですね。本来ならモンゴルという国が世界外交の中で存在感を出せるチャンスでもあるのに、それを日本に譲ると言うのですから。

 これが特亜なら「元寇の反省を示してきたニダ(アル)。」とか言うんでしょうけど、日本人は素直にモンゴルの好意を受けますよ。外務省の官僚には「モンゴルの好意を無にしない外交、特亜に必要以上にすり寄らない外交をお願いしたい」と注文を付けておきたい。

 まぁ、まだちょっと先の話(選挙自体来年なんだが)なので、その間日本の外交がアジア各国の信頼を受け止められる様になっている事を期待したい。ローゼン閣下、がんばって下さいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり反日演説には舌がなめらかニダ

 23日の新年演説に失敗してしまったノムたんですが、さすがは韓国最高のエンターテイナーです、そんな事ではへこたれません。

 早速本日、失敗を挽回するかの如き毒電波を発信してくれております。

盧武鉉大統領「訪日に条件をつけたくない」 

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、青瓦台(大統領府)で記者会見を行い、南北首脳会談とヨルリン・ウリ党問題、改憲問題、韓日関係などについて自身の見解を示した。

 盧大統領は任期中の訪日問題について、「訪日に条件をつけたくない。小泉首相が包括的な前提を無視し、靖国神社を参拝したため、会談も断り、面会しなかった」と述べた。

 また盧大統領は「安倍首相は靖国参拝をしていない。日本の各指導者も世論も、この問題を真摯に考えてほしい」と語った。

 「包括的な前提」って、十分「条件」なんじゃないかと思うんですが?

盧大統領「日本人拉致問題は核問題と同列ではない」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、青瓦台(大統領府)で記者会見を行い、南北首脳会談とヨルリン・ウリ党問題、改憲問題、韓日関係などについて自身の見解を示した。

 盧大統領は北朝鮮による日本人拉致問題について、「韓国国民のほとんどが日本人の心情をよく理解しており、日本政府の主張に対してもおおむね同意しているだろう」と述べながらも、「だが6カ国協議の枠内で拉致問題が最優先課題となったり、北朝鮮の核問題と同列で話し合われるのは、6カ国協議参加国のほとんどが望んでいない」と述べた。

 さすがは自国の拉致被害者が北から逃げてきても鼻であしらうお国の大統領ですね。自国国民を国家的な拉致作戦にて拉致された事を最優先にしてはならない、とおっしゃる。「棄民」が染みついているんでしょうかねぇ・・・・・

盧大統領「日本だけがなぜ特別待遇を受けようとするのか」 
 
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、青瓦台(大統領府)で記者会見を行い、南北首脳会談とヨルリン・ウリ党問題、改憲問題、韓日関係などについて自身の見解を示した。

 盧大統領は歴史問題や靖国問題における日本政府の対応について、「誠意を尽くせば解決できる問題に誠意を尽くしてくれることを望む」とし、日本側の努力を求めた。

 盧大統領は「解決が難しい問題は先送りするとしても、歴史問題や靖国問題といった易しいものは解決可能な道がある」と語った。

 また盧大統領は「日本だけがなぜ特別待遇を受けようとするのか。なぜ日本だけ過去の問題を黙殺しようとするのか」と日本側の対応を批判し、「普遍的な原理に基づき、誠意をもって取り組んでくれればいいと思う。両国関係において、協力基盤を拡大するための小さな努力がなければならない」と語った。

>誠意を尽くせば解決できる問題

 誠意だけで解決させようとするから後で「謝罪が足りないニダ!」とか言い出すんじゃないんですか?w 事実を以て解決出来る問題は事実で解決すべきですよね?

>「日本だけがなぜ特別待遇を受けようとするのか。」

 いえいえ、閣下を初めとする韓国が「日本を特別待遇するから」なんですって。とにかく、何でもかんでも「日本」を引き合いに出し、歴史までも勝手に捏造歪曲し出すから。

>普遍的な原理に基づき

 そうですね。上でも書きましたが、韓国は日本だけ特別扱いしないで公平に「事実は事実、願望は願望」とちゃんと折り合いをつけて下さいね。特に閣下は韓国の最高指導者なんですから、もうちょっと「事実を元にした」発言を心がけて下さいます様お願いする次第です。

 やっぱり腐っても「エンターテイナー」の<,,‘Д‘>閣下、反日になると押さえる所はちゃんと押さえてくれている様です。今後も期待して・・・・・・やれるかっ!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻--┻ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノ様ワンマンショー失敗したニダ

 先日、予告されておりました韓国が誇るエンターテイナー、盧武鉉閣下のワンマンショーですが、どうやら失敗に終わったそうです。韓国、朝鮮日報からの報告です。

盧大統領新年演説:「演説そのものが失敗だった」 
 
 23日夜、テレビで生中継された盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の新年特別演説について、演説そのものが「放送上の事故」といえるほど失敗したものだった、と酷評する声が相次ぎ、青瓦台(大統領府)秘書室は24日、1日中対応に追われた。

 盧大統領は1時間余りの演説のために、約4万4000字の原稿を用意していたが、実際にはその半分の2万2000字程度の内容しか話せなかった。途中で何度もアドリブが入っていることを考えれば、実際に消化した分量は原稿の半分にも満たなかったことになる。このため盧大統領は「教育問題…重要な問題ですが飛ばしましょう」といった形で、「飛ばしましょう」という言葉を約10回も連発した。また原稿の後半部分では、内容を飛ばそうとして、4、5秒も言葉が途切れることもあった。

 通常、放送中に2、3秒ほど言葉が途切れれば「放送上の事故」と見なされる。言葉が途切れるばかりか、当惑したような態度まで見せた盧大統領に対し、専門家らの間では「国民に対する礼儀に欠ける」という評価すら出ている。このような状況に陥ったのは、予定された時間に合わせて原稿を用意し、それを朗読するという形ではなく、最大の分量の原稿を用意して、その場で内容を飛ばしたりアドリブを入れたりする形にしたためだ。これは説得力を高める方法だという判断によるものだ。プロンプター(演説者が視聴者に分からないように原稿を読むために使う装置)を使わなかったのもまた、こうした事態に陥った原因として指摘されている。

 盧大統領がその場での即興的な演説に自信を持っているために、こうした方法をとったものだが、結果は惨めなものだった。盧大統領も24日午前の内部会議で、苦りきった様子で「途中でペース配分に失敗した。テーマごとの時間配分をきちんとできず、また序盤で時間を取り過ぎたため、重要な後半部分を述べる時間が取れなくなった」と話していたという。

 盧大統領は25日、記者会見を開く予定だ。その冒頭の5分ほどの間に、23日の演説でできなかった話をするとしている。

 視聴者&韓国ウオッチャーの皆様には期待通りの斜め上毒電波演説をお聞かせ出来なかった事をお詫びいたします。つきましては25日の記者会見をどうぞご期待下さい。

 青瓦台(ウソ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

もはやグダグダな防衛相

 先のエントリーに続き、もはや末期的症状を見せ始めた久間防衛相の惨状です。

久間防衛相「イラク開戦判断は誤り」 米大統領批判

 久間章生防衛相は24日午後、日本記者クラブで会見し、イラク戦争について「(イラクに)核兵器がさもあるかのような状況でブッシュ米大統領は踏み切ったのだろうが、その判断が間違っていたと思う」と指摘、ブッシュ大統領の開戦判断を批判した。

 さらに戦後処理についても「後をどうやってうまく処理するか、処方箋(せん)がないままだった」と述べた。

 そして、翌日になったら・・・・

イラク開戦支持の政府方針 「決まった以上従う」防衛相 

 久間章生防衛相は25日午前の記者会見で、ブッシュ大統領のイラク開戦判断を批判した自らの発言について、開戦を支持する政府の立場には従うと説明、「閣内不一致」にはあたらないとの考えを強調した。

 久間氏は「個人的にはあの時も『待てよ』という感じを持っていたが、政府の一員だ。支持するという政府の態度は一貫している。『どうかな』と思っても、決まった以上はそれに従っていく」と述べた。

 ・・・・・なんか、「詭弁」って言葉が頭に浮かんだんですが。一体あんたはどっち側の人間なんだ?そんなにおかしい戦争への支持を打ち出す政権への参加を是としちゃう様な確固たる理念を持たない政治家なんですか?

 もはや「大臣のイスの為には自分自身の理念はそっちのけ、おかしな発言しようとも政権からの離脱なんか有り得ない」という惨状。「待てよ」「どうかな」と思う位なら、閣外に出て批判すればよろしかろう。それもしないで事も有ろうに防衛大臣のイスにしがみついて不協和音出しまくりというのはとんでもない話だ。

 「閣内不一致」ならぬ「言動不一致」は政治家として最も問題ある行動だという事をそろそろ理解して欲しい、防衛相閣下。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

バカだバカだとは思っていたが・・・

久間防衛相に聞く「独島で武力衝突が起こる可能性は?」 
久間防衛相インタビュー(下)

―独島(日本名竹島)をめぐる韓日両国の武力衝突が起こる可能性はあると思うか?

 「自衛隊が発足した時、既に韓国が実効支配していた。これを武力で取り戻すということは、日本にとって憲法を改正しても不可能なことだ。従って外交努力によって解決方法を探らねばならない。現在の国際司法裁判所が国内での裁判のように決定する権限を持っているわけでもないし、国連にも解決する力はないのではないか」

 我が国初代の防衛相である久間防衛相だが・・・・・安倍内閣発足直後から「こいつはバカじゃなかろうか?」という見識を次々披露して失望させてもらってはいたが、とうとうそれが確信にまで昇華してしまった感がある。
 別に「何が何でも武力で取り戻す!」などと言えとは言わない。しかし、言うに事欠いて「憲法を改正しようとも日本古来の領土である竹島を武力で取り返すことは不可能だ」とは一体何なんであろうか?自国の領土を自力で取り返す、という選択肢を最初から排除している国家が世界のどこにあると言うのだろうか? 更には「国際司法裁判所にも国連にも解決能力は無いだろう」と・・・・ では、結論として「韓国領で仕方ないね」と言う事なのか?一国の国防責任者がこの発言ではお先真っ暗ではなかろうか?

 今のご時世、「物言えば唇寒し」なのは分かる。しかし、言わなくてもいいレベルまで踏み込んで余計な事まで言う必要も無い。せいぜい「現状では韓国に対して武力を用いてまでの竹島の実行支配回復は考えていない」ぐらいに留めておくべきではなかったのだろうか?

 将来のビジョンを持たず、大臣としての発言の影響力も把握していない老害にはさっさと交代していただきたいものである。総司令官たる安倍首相にはそろそろ決断していただけないものだろうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

探し当てたよ・・・・

 先日、更新が停止してしまったブログ「mumurブルログ」さんですが、各地を放浪した結果ようやくそれらしいブログを発見するに至りました。

 さすがにすぐここでお知らせ、というのも迷惑がかかるかも知れませんので直接のリンクはしばらく控えたいと思います。(知りたい方、ごめんなさい)

 ただ、これを見て私が「分かった!」というヒントを記しておきましょう。

●ヒント:大手ブログではない (某巨大掲示板より)

●アクセス解析が充実してるところっぽいと言えば分かるかな?
リアルタイムで好奇脳タグを春だけの簡単サ行でナンチャラカンチャラと言う
うたい文句があたな。 (同上)

●午前一時に捜すしかないのだ!
こうめちゃんが可愛いです、記事も書いてるし。
おなかもへったなあ、、ああっ鳴ってる(音)(「散歩道」コメントより)

 さぁ、がんばってあの辛口コメントを捜しましょうw 相変わらず電凸やっておられます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ノ様ワンマンショーの予告ですw

盧大統領が23日に新年特別演説、テレビで生中継

   【ソウル21日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が23日夜に新年のテレビ演説を行い、25日には青瓦台(大統領府)担当記者らと会見する計画だ。青瓦台の尹勝容(ユン・スンヨン)広報首席秘書官が明らかにした。
 盧大統領の新年特別演説は23日夜10時から1時間、生放送で中継される。年頭会見を特別演説と記者団との質疑応答に分けて行うのは前年に続き2回目となる。

 青瓦台関係者は特別演説の内容について、在任期間4年を振り返り、これまでの成果を評価しながら不十分な部分を説明することになるとの見通しを示した。残り任期1年の総仕上げに対する決意も示すものとみられる。この関係者は、「特に目新しい内容はないようだ」と話している。憲法改正に関する話があるかどうかは現時点では明らかでないと説明した。

 韓国が世界に誇るエンターテイナー<,,‘Д‘>ノムヒョン生中継ワンマンショーの告知でございます。今回はレイムダックとして一体どんな起死回生技が飛び出すやら、コリアウオッチャーとしましては非常に楽しみでございますワクワクテカテカ(0゚・∀・)

 同時通訳付きでNHK辺りが生中継しないもんかねw

| | コメント (1) | トラックバック (1)

本日の「お前が言うな」ネタ

「間違った『ヨーコの話』学びたくない」 

 米国に住むある韓国系の女子中学生が、「日本による植民地支配末期に韓国から日本へ避難する日本人女性・子供たちに韓国人が性的暴行を加えたとする、日本人作家の自伝的小説『ヨーコの話』を学ぶことはできない」とし、1週間登校を拒否した。

 『ヨーコの話』は、日本による植民地支配末期の1945年7月、咸鏡北道に住んでいた鉄道会社員の娘「ヨーコ」が、母や姉と共に韓国から避難し日本に戻る過程で、日本人女性たちが無残に死んでいき、韓国人男性に強姦されるのを目撃したと記述した本で、米国の一部地域の学校で教材として採用されている。

 米国生まれでニューヨーク近郊のある私立学校に通う7年生のホ・ボウンさん(米国名アレックス・ホ)=11=は、「韓国を侵略し多くの人を殺したのは日本人のほうなのに、この本の至る所で韓国人が日本人を暴行し、とても悪いことをしているように書かれている。ある一節を読み、涙がとめどなく流れそうになった」と語った。ホさんは「私のクラスの友達がこの本を読んだら、私をからかい、悲しくなるのではないだろうか。私自身が心の平穏を感じ、思う存分意見を述べる場であるべき学校のクラスで、こうした扱いを受けることはあってはならないこと」と心配した。

 ホさんは2004‐06年の夏に母親と共に韓国を訪れ、国立博物館などを見学し、日本が植民地統治などで韓国人に被害を与えたという歴史的事実をきちんと知っていた。

 ところが韓国人のほうが日本人を脅かし、性的暴行を加えたという内容の本が昨年9月に英語の授業の教材として配られたことから、ホさんは先生に「私は家に帰る」と告げ、カバンを持って帰宅したという。ホさんはその後、この本を教材として授業が行われた1週間ほど登校を拒否し、学校側はついに『ヨーコの話』を教材として使わないことを決めた。

ニューヨーク=チェ・ウソク特派員

 えーと・・・・一言で言うと「韓国で捏造されまくった日帝36年を信じ込んだ在米韓国人少女が通ってる学校を不登校で脅して副読本を使用させない様にした」って事ですか?下線の所を読む限り「韓国人が日本人をレイプしたなんて話をクラスメイトに読ませたらウリがいじめられるニダ!そんな事あってはならないニダ!」って・・・・・・じゃ、日本人はそういう目に遭ってもケンチャナヨって事なんでしょうか・・・・・? 彼女は日帝36年の間に朝鮮人の人口が倍に増えてる事とか生活水準、インフラが劇的に改善された事などを知らない、意図的に知らされなかったんでしょうね・・・・・。(同時に「どうして日本が朝鮮を併合しなきゃならなくなったのか」もね)

 正直、こういうレベルで学校脅して得意になってる少女も、殊更記事に仕立てて愛国少女の鏡的報道をする朝鮮日報も、結局は自らの「従軍慰安婦」とやらの「毎度ぐらつく証言だけしか無い」誣告を認めざるを得なくなる事を理解していない様ですw 彼女らの証言をノーチェックで認めるのなら、川島女史の小説もノーチェックで受け入れなければいけないはず。それを「ウリはいじめられたくない」というだけで学校脅すのは子供だから、という理由では説明つきません。絶対に家庭、韓国人コミュニティが全面的に絡んでますね。大層歪んだ民族愛ですこと(嘲笑)彼女が大人になってから、自分の足跡を振り返った時に心に大きな傷を残さない事を祈るだけです。

 別に日本人に迎合した結果が出なくても結構です。まだ生き残ってる終戦後を実体験として知っている老人達に直接取材し、裏を取った「真実」を以て歴史を語って欲しい。特定アジア3カ国、特に一応民主主義体制のはずの韓国にはお願いしたい所です。(まぁ、無理だろうけどな・・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いたちごっこのヨカーン

防衛省:内部文書の暗号化ソフトを導入へ

 航空自衛隊員の私有パソコンから昨年11月、米中東軍の作成資料などがインターネット上に流出した問題を受けて、防衛省は19日、内部文書の暗号化ソフトを導入するなどの対策を発表した。

 暗号化ソフトは防衛省が独自に開発。内部資料を記憶媒体などに記録して外部に持ち出してもソフトが入っていない私有パソコンでは暗号を解除できず、情報を見られなくなる。今年4月から約15万台の官用パソコンに順次導入する予定だ。また、防衛省・自衛隊の職員約26万人から、業務用データを持ち出したり私有パソコンに保存しないとする誓約書を提出させる。

 今度は暗号化ソフトがファイル交換ソフトによって流出、ですか?w

Tan  元々、最高刑に銃殺があってもおかしくない軍隊、もとい自衛隊のはずなんですが、そういう組織で「誓約書」なんてものによって実効ある規制をかけようなんて甘過ぎませんかね?もっと「情報漏洩やったら身の破滅だ」レベルの重罪を負わせる方が効果あると思うんですがね。

 結局処分が甘いんで足下見られて続々漏洩が続く、そんな展開が見えてしまうワタシ・・・・_| ̄|○  米軍にだけは見限られないで下さいよ、自衛隊。

| | コメント (450) | トラックバック (0)

言論弾圧一歩手前の在日圧力

 我がブログもリンクさせていただいているmumurブルログさんですが、去年の末に「ここが変だよ日本人」という番組に出演したり民団の記者会見に民団代表と見まがうばかりの登場をしてネット右翼(笑)の格好のネタとされていた在日韓国人のあの方から「ブログの一部画像&コメントを削除せよ」と要求されていました。(年明け早々のエントリー「韓国人の自爆留まる所を知らず」にて既報)

 しかし、あの方の暴走は止まる所を知らないらしく、とうとうmumurブルログの置かれているライブドアに対して「mumurブルログを全体に問題がある」と迫ってきたらしいです(爆笑)

 mumur氏は去年の削除騒ぎ以来、本家のmumurブルログの更新を停止、心機一転で新しいブログを作るつもり、という話でした。しかし、あの方は現在ライブドアからの要求に従って問題箇所を削除してあるブログ全体に文句をつけてきた訳で。もうここまで来ると名誉毀損だとかいう次元を越えて「言論弾圧」に転化してしまっていると言っても過言では無さそうな気がするのは私だけでしょうか?

 さすがにライブドアとしてもブログ全体にあの方に関する記事しか書かれていない、という訳でもないブログ全体を削除対象にする訳にも行かなかった様で。削除のガイドラインから見ると今回の削除依頼は全く適用できる所が無いそうです。つまり「いちゃもん、言いがかり」の類という訳で。

 なぜか2つあるあの方の公式ブログの片方にはこういう記事がアップされていたそうです(現在は削除されていますが)

「私は代理人を通じ、画像に不当な誹謗中傷を加えて掲載しているサイトの発信者に、再発の防止をお願いしています。再三の依頼を無視する、特に悪質なサイトに関しては、法的に厳正に対処するようにしています。(ちなみに私は家族、友人に弁護士、裁判官がおり、確実に勝てる証拠を集めた上で、一挙に訴えます。)

 現在の所、どこまで本人の書いた、言ったものなのか確認する術が無いのですが、もし本人もしくは本人の全権委任を受けた代理人が書いたものだとしたらこれは非常に危険かつ違法性を秘めた文章です(その為に削除したものと見られる)。まず、「家族、友人に弁護士、裁判官がおり」とありますが、もし特定の案件に対して裁判官が個人的な利害に関わる事があれば、それは裁判官への処罰対象になりかねない、という事。そして、こういう形で「訴訟提訴を前提に要求をする」事自体が「脅迫」と見なされるという事です。正直、自分がネット世界の中で笑い物にされているのはそりゃ面白くはないでしょうけど、それらの煽りに釣られて我を忘れて危険な弾圧に平気で踏み込んでいく、その対応&発想は非常に危険なものと言わざるを得ない所です。

 まぁ、この方は自分の発言がバカげていた場合でも、後からご本人曰く「高度なお笑い理論に基づく計算されたギャグ」として周りを煙に巻けるそうなので気にしない方が良いのではないかとも思うんですけどね(爆笑)

 当ブログはmumurブルログ&mumurさんを応援します。一方的かつ非合法的な言論弾圧に負けない事を心より祈っております。そしてあの方&反日在日の異常さを知らしめるべく協賛する意向です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

滅び行く日本のモラル

【溶けゆく日本人】救急車をタクシー代わり モラル破壊の惨状
 
 ■公より自分の権利
 「…あの、救急車はタクシーじゃないんですけど」。新人救命士の制止を振り切り、風邪をひいたという中年女性が、ズカズカと救急車に乗り込んでいく。
 これは来月放送予定の「救急救命士・牧田さおり」(テレビ朝日系)の1シーンだ。救急車の“乱用”が目立つご時世を投影した演出。しかし、現実はドラマよりも奇なり。「常識」の二文字などお構いなしの救急要請が後を絶たない。
 数年前の午前2時ごろのことだったという。横浜市の救急隊員だった緑川郁さん(32)は、「気分が悪い」という若い女性からの通報でマンションに急行した。呼び鈴に応答はなく、郵便受けから中を覗(のぞ)くと電気はついたままだった。
 「意識を失っているのかもしれない」。切迫感高まる現場。ベランダから室内に入るため、緑川さんがはしご車を要請すると消防、警察合わせて15人が駆け付けた。そして窓を壊そうとした、まさにその時だった-。「おなかがすいたからコンビニ(エンスストア)に行ってました」。買い物袋を手に提げたジーンズ姿の“急病人”が戻ってきたのだった。
 本人の希望で病院に搬送し、医師が下した診断、それは「気分不快」だった。
                  ◆◇◆
Up29102  救急車の出動要請が急増している。平成18年版の消防白書によると、17年中の救急車の出動は527万7936件と過去最多を数えた。わずか5年でおよそ110万件も増えている。これに伴い、平均の現場到着時間もこの間、24秒延びた。
 その実態は-。横浜市が昨年4月に実施した調査では、救急搬送した軽症事案の約半数は「不適切な利用」にあたったという。
 「救急車は本当に助けるべき人のところに早く行くべきです。不適切な救急車の利用はやめていただきたい。脳梗塞(こうそく)の場合なら一刻を争います」、そう言って緑川さんは「1秒の重さ」を強調した。
 あきれかえるような不適切な利用事例を紹介したい。
 駆けつけた救急隊員に保険証を差し出し、「100メートル先に病院があるから、その子を連れてって」と言って熱のある幼児を指さし、ホームパーティーの準備に追われる主婦「30分後に救急車を1台」という出前の注文まがいの119番通報1日に2度救急車を要請したことを医師に窘(たしな)められ、「税金を払っているのになんで救急車を使っちゃいけないの?」と言い放った人もいたという。
 「病院で優先的に見てもらえて、しかも(利用は)タダ。こんないいことはない。そう思われているのでしょうか」。横浜市の常陸哲生・救急課長のため息は深い。
                  ◆◇◆
 「公」よりもまず、「自分の権利」が先に立つ。公共サービスの利用に際したマナー違反は、図書館でも相次いでいる。
 「1、2分待っていてください」。切り抜きなどで傷んだ蔵書があるかと問い合わせると、市川市中央図書館(千葉)の三宅博・副主幹は、言葉の通りに、ものの数分で何冊かを手にとって戻ってきた。切り抜きや落書きの被害に遭う本は月に70冊ほどで、1日平均2、3冊。文字通り日常茶飯事だ。
 「これをやったのは器用な人ですねえ」と三宅さんが手にしたのは、発売から2カ月しか経っていない真新しい料理本。表紙をめくると、いきなり「第2章」になった。第1章14ページがきれいにカッターで切り取られていた。「新刊をざっくりやられたときは捨てるのが切ないですよ」と豊田貴子・副主幹は表紙をなでる。300人が予約待ちをしている人気小説が水浸しで返却ポストに投げ込まれていたこともあった。
 切り抜きにも増して目立つのは、盗難だという。
 「つい先日はクラシックのCDが盗られ、ケースに同じ形のCD-ROMが入れられ返却されていました。新刊本が古本屋に持ち込まれたこともある。これらは公共の財産の詐取、れっきとした犯罪です」と藤沢市総合市民図書館(神奈川)の担当者は憤る。
 対策を講じざるを得ない。人気雑誌の新刊は自由閲覧をやめ、カウンターで保管し、利用時には貸し出しカードの提出を求めるようにした。人気アイドルの写真にはテープをはって、切り抜きを予防する。「公の空間で公の行動が取れない。個人的に利用できればそれでいい、他で何があろうとわれ関せず、そんな空気がある」と、この担当者は嘆いた。
 「本や雑誌の無断持ち出しはできません」-。一昨年11月、図書無断持ち出し防止キャンペーンを展開し、1日3回、まるで幼子を諭すようにそんな館内放送を流したのは横浜市中央図書館。ちなみに横浜の市立18図書館では昨年、2万1592冊、2371万円分もの図書が紛失している。館内での“警告放送”に踏み切った中央図書館の田中芳久・企画運営課長は、憂いを帯びた声で、こう漏らした。
 「当たり前のことを、あえていわざるを得なくなってしまった」

 我が日本の精神的破壊がいかに進んだかを示す象徴的な記事です。現在、産経新聞が新年早々から日本の再点検を行う連載を掲載しているのですが、どれだけ日本が「病んで」いるのかが良く分かって鬱になります_| ̄|○

 今の日本は戦後のGHQと中共、ソ連が行った洗脳が見事に成功した事例を見せつけられる思いがします。極めて自己中心的な発想。「他人に迷惑かけなきゃいいんだろ」という行動がいつしか「誰も文句言わないからいいんだろ」に変わってしまった訳で。今や日本は「ずうずうしい=勝ち組」というおぞましい世界になりつつある、そんな気がします。(反面、そんな世界に耐えられなくなった人達は続々と鬱病などの精神疾患に侵されていってます・・・・)

 昔なら、何か悪いことをしていれば家族や周辺の人達が「それはいけない事」と諫めてくれました。しかし、今はそれ自体が「個人への過度の干渉」に繋がり、「人権侵害」にされ、しまいにゃ諫めた側への暴力行為へとエスカレートする事も珍しくなくなっています。注意するのも命がけになっているという恐ろしい世界なのです。

 果たして、そういう社会を日教組や「識者、文化人」なる人々はどう思っているんでしょうか?私にはどう見ても「社会」という人と人の結びつきを忘れさせた教育自体とテレビの低俗かつ反社会的番組の数々が日本の社会を崩壊させた犯人であると思えて仕方ありません。(上記の様な社会問題を指摘する産経と低俗番組を作りまくるフジテレビが同じフジサンケイグループという問題自体、ねじれまくっているのですが・・・・)「言論の自由」という不可侵を盾に何やっても構わないと勘違いしているマスコミ。マスコミに対する監視機関が設置できないかと夢想してしまう最近の私です・・・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

またもや自爆の韓国マスコミ

伊政府、日本政府に要請「盗掘品返して下さい」 

 イタリア政府は、日本国内の美術館所蔵品に古代ローマ遺跡から盗み出された遺物が多数含まれているものと判断し、近くこれら遺物の返還を要求する方針だ、と読売新聞が11日報じた。

 同紙によると、イタリア政府は盗掘品の疑いがある100点の古代ローマ遺物リストを作成し、日本の文化庁に対し早期返還に協力してくれるよう要請するという。

 外国政府が日本に対し、このように大規模な遺物返還要求をするのは前例がない、と同紙は指摘した。

 また、イタリアの検察は、海外に居住している日本人古美術商が国際盗掘品市場に介入していたほか、相当数の盗掘品を日本の美術館などに引き渡していたものとみて、捜査を進めているという。

 検察当局が特に関心を抱いている遺物は、滋賀県甲賀市の美術館「MIHOミュージアム」が所蔵している古代ローマの彫像やフレスコ画など約50点。

 これら遺物は、スイスのバーゼルを拠点とする盗掘品国際密輸組職からMIHOミュージアムが買い上げた可能性が高い、とイタリア側はみている。

 とまぁ、朝鮮日報さんがほれ見た事かと日本の盗掘文化財売買への関与を指摘してますが・・・・その前に私は言いたい。「お 前 が 言 う な」と。

 韓国人&韓国政府の窃盗強奪文化財の国宝化事件など、少なくとも「日本が他国から返還要求をされるのは初めて」でしょうけど、韓国はとっくの昔から限りなく黒に近い犯罪を犯してきて、日本からさんざん要請されている盗難捜査の協力を拒否しまくっているって事、忘れちゃいけません。

 ちなみに、ちょっと調べただけでもこんなにある韓国人による日本の文化財盗難事件。

1994 安国寺(長崎県壱岐島)から国の重要文化財指定の「高麗版大般若経」が盗難。翌年に韓国の国宝284号に指定され、盗品は韓国に存在する事が判明。
1998 叡福寺(大阪府太子町)から高麗仏画「楊柳観音像」(重要文化財級) を含む仏画32点が盗難。韓国に渡った事が判明。
2001 隣松寺(愛知県豊田市)から阿弥陀如来の極楽浄土を描いた,県指定の重要文化財「絹本著色阿弥陀仏曼荼羅」など7点が韓国人により盗難。
2002 鶴林寺(兵庫県加古市)から国指定の重要文化財「絹本著色阿弥陀仏三尊像」など8点が盗難。韓国人の犯行。
2005 鰐淵寺(島根県出雲市)から「紙本墨書後醍醐天皇御願文」など国指定の重要文化財4点を含む,仏画や経典13点が盗難。

犯行の共通点
1. いずれも、収蔵庫の南京錠をパールなどで破壊して押し入っている。
2. 目当ての重要文化財だけ持ち去る。営利的かつ政治的。
3. 盗品に高麗仏画が含まれる。  ちなみに、犯人は悉く愛国者として韓国国内で称えられている(爆)

 これだけの実績がある韓国のマスコミからツッコミうける程日本は落ちぶれちゃいないと自負している私ですけどね・・・・・早い所、韓国は日本の盗難文化財を返還すべきですよね?朝鮮日報さん?(・∀・)ニヤニヤ

| | コメント (4) | トラックバック (2)

シナー製フルハル艦船キットレビュー

 とっても久しぶりな模型ネタのエントリーです(^_^;)デモ、トクア カンケイ ナンダケドネ

 ちょっと前の話になりますが、去年の9月か10月頃、ヤフオクにて中国は正徳福の30㎝サイズの現代艦キットとミニホビーモデルスの1/700水中モーター付き艦船キットが出品されていたので、その安さと「ものは試し」という興味から落札してみました。案の定、出品者はリアルシナーだったりして(爆)

 まぁ、それはともかく、内容のレビューです。

 まずは「あの」正徳福の30㎝サイズの現代艦キットです。 そう、「あの」です。知る人ぞ知る恐ろしい出来のキットを作り出す3流メーカーの正徳福。でも、最近になって見るキットだからきっと少しはまともになって帰って来てくれてるに違いないよ、うん、そうに決まってる!そう思った私はなんて良い人だったんだろう(自爆)

P9190216_1  このシリーズで買ったのは米スプルーアンス級駆逐艦ジョン・ロジャース露ウダロイ級駆逐艦アドミラル・パンテレーエフの2隻。このキットはパワーパックにFA-130モーターと単3電池1本というニチモ30㎝シリーズと同じ構成。これなら大きさも問題無いしフネカンの30㎝ネイビークラスに出せるな、と判断。俄然チェックに熱が入ります。概ねバリは少な目でモールドもまずまず。新鮮な驚きです(爆)でも概ねピットロードのキットの劣化コピー(爆)

   船体の構成はバスタブ型の一体成形船体にこれまた一枚のパーツで甲板全部を覆う大胆構成。ロジャースは後部、パンテレーエフは前部にスライドスイッチを有します。で、そこまで見た時に「はっ」と気が付きました。「・・・・・これ、電池どこから入れるんだ?」

 そうです。なぜか甲板パーツには一切開口部が無いのです。あるのはスイッチの穴だけ。このまま甲板を接着してしまうと電池を入れる事適わないまま「終了」となってしまいかねない恐るべきキットだったのです。仕方が無いのでロジャースは艦首艦尾の一部を接着し、そこだけ分離させて他を外れる様に細工して建造しようかと。パンテレーエフはこれまた同様の構造なので、こっちはそのまま甲板未接着で建造しちゃおうかと考慮中・・・・浸水だけが怖いんですけどねぇ。(ちなみに写真はパンテレーエフ)

 で、次は同じシナーのミニホビーモデルスの1/700水中モーター付きフルハルキット。

P9190215_1  こっちはドイツ巡戦シャルンホルスト。「もしかして・・・・・タミヤのパクリ?」と思って買ったのですが、さすがに船体後部が別部品という事はありませんでした。甲板は前後部が別部品でしたが。でも、ランナーを見るにタミヤの「劣化コピー」である事は明白。ほとんどのパーツが同じ配置。でも一部モールドが省略されていたりするのがさすが中国(爆)

 船体は正徳福キットとは違って上下貼り合わせタイプ。喫水線下がかなり深いんですが、果たして腰高にならないのかちょっと心配。セットで入ってくる水中モーターは電池が小型の独自タイプ。ちょっと面白いんですが、問題は前後パーツの羽目合わせの悪さ。ちゃんと閉まらないんですよねぇ(爆)水密が維持出来ない水中モーターのどこに価値があるのかと・・・結局、タミヤ水中モーターに換装するしか無さそうな。

 これらを8月のフネカンへ向けて作ってみるつもりですが、なんか後ろめたさも同居しちゃって・・・・うーん、スッキリと作りたいものだけどなぁ。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

これもパクリなのか?

2007年の郵便配達スタートです! 
200701020000421insert_1

 釜山郵便局の配達員らが2日、御用始めの式を行い、顧客サービスの向上と無事故を祈願する新年の出征式の後、オートバイに乗って新年初の配達業務に向かっている。

 なんか、韓国でも元日に「出征式」やっちゃう位盛り上がって配達に出る習慣があるみたいだけど・・・・その赤いバイクは日帝の郵政公社のバイクのパクリではないニカ?後ろのバンも赤で塗ってるニダね?日帝残滓ニダ!郵政公社は謝罪と賠償を要求するニダ!(w

| | コメント (6) | トラックバック (0)

新年早々モンティかよw

 今日、新年早々にしてたった3人の新年会をしに秋葉原まで行ってきたのですが・・・・待ち合わせに使ったイエローサブマリンでバックに流れていたFMラジオのBGMはなんと懐かしい「ALWAYS LOOK ON THE BRIGHT SIDE OF LIFE」。そう、モンティパイソンの映画「Monty Python The Life of Brian」の挿入歌です。

 「いつでも人生の明るい面を見ていこうよ」と歌うエリック・アイドルの歌声。この曲はフォークランド紛争の時に沈められた駆逐艦シェフィールドの乗員達が救命ボートの中で歌い、湾岸戦争時の英軍兵士にも歌われたと言われる曲。最近では英国フーリガンのテーマソングとも言われているサッカーファンお馴染みの曲なんだとか。

 人生ドツボにはまった時、自らを慰める曲として使われ、日本ではNIKEのCMソングとして数年前に使われていたり。

 映画自体はキリストを冒涜したとかしないとかで大騒ぎしたもんですが、我々日本人にとってはそんなの関係無く盛大に笑わせていただいたもんです。(しかし、なぜかこの作品だけDVDが出ていないんですよね・・・・・)あぁ、またDVDでモンティ揃えようかなぁ。

 ちなみに、この曲が使われた場面はhttp://www.youtube.com/watch?v=LxQgXgS5G3cに、サッカーファン向けにこの曲を使った映像はhttp://www.youtube.com/watch?v=b0Tv5NAI9SMにあります。よかったらどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国人の自爆留まる所を知らず

 在日本大韓民国民団(民団)青年部広報を務め、「韓国人はモテモテで有名」で有名な金武貴氏が何と2つの反特亜ブログに対して「肖像権」侵害と「名誉毀損」で記事、画像、コメントの削除を求めるという挙に出たそうです。以下は当該ブログの経緯説明先。

韓国人はモテモテで有名な金貴武さん、再びmumurブルログの画像とコメント削除を求める
(mumurブルログ)

■あの人へ■
■在日ってホントに恐ろしいモンですね(*´ー`) 
(朝鮮|д゚)カンサツ日記)

 何と言うか・・・・削除要請に穴が有りすぎな気がしてならない私。こういうレベルで削除依頼が通されるのなら、「オレこの書かれ方嫌い」というレベルでも十分「削除しなければいけない」という事になり、ブログなんかおちおち書いていられるか!って事になりかねません。
 実際に「具体的にこれこれこういう損害がこのブログの記事&画像&コメントによって生じた事を証明できる」というのなら、これは仕方のない事でしょう。しかし、この方の場合「本人が率先して出演している番組(それも全国ネットの)で発言したセリフを画像付きで紹介している」だけの事であり、肖像権やパブリシティ権を主張するのなら「まずはそんな番組に出る方が悪い」「民団広報という記者会見で顔を写される立場になぞいるべきでない」と言われるのがオチではないのか?大体パブリシティ権を主張できる商業価値があるのか?この人の顔に(苦笑)ちなみに「パブリシティ権とは、タレント等の有名人の氏名・肖像を財産的に利用する権利です。(肖像パブリシティ権擁護監視機構の定義)」金氏って財産的に利用される様な有名人だったのか?(w
 それに、問題あるコメントとして「100回保存した」があるのには大笑い(爆)何で100回保存したら誹謗中傷になるんでしょうか?誰か私に説明して下さいorz

 で、これらを連絡してきた法律事務所はグーグル先生に聞いても一件もヒットしないそうで、法務代理人とやらもグーグル先生に一件もヒットしないそう。果たして本当に存在するのか?まさか出任せでそう言ってるだけじゃなかろうな?(更爆)

 まぁ、どちらにしろ今回の削除問題で「民団は怖い組織だ」という認識を更に強くさせられた、という感しか残りませんね。こう言っちゃ何ですが、韓国人はかなり自爆癖の強い国民性を持ってると思ってますが在日もまた同じメンタリティを持ってるんですね。二世三世になってもそういう家庭で育てられた場合そういう若手が続いてしまうんですね。同じ三世でもブログ「コリアン・ザ・サード」の新井氏の様に在日特権を追究する会の運営委員を務めてしまう様な人もいる訳で、育った環境というものはその人の人格&意識形成に大きな役割を占めているんだなぁと思わずにはいられません。何でそこまでして日本で生きにくくしたがるんだろう、そう感じて仕方が無い私・・・・(まぁ、民団は綱領のトップにいきなり「在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します。」とあって日本の法と社会の尊重は全く無い団体だからねぇ・・・・そこまで言うなら徴兵に応じて韓国本土の選挙権を要求しろって言いたいね)

↓迷言の証拠画像w

20051219224804

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チョッパリもウリナラの事笑えなくなってきたニダ

放火殺人逮捕:長男火付け自宅全焼、78歳父遺体で 茨城

 1日午前2時半ごろ、茨城県笠間市福原、無職、塩幡光教さん(78)方から出火、木造平屋建て住宅約185平方メートルを全焼し、焼け跡から塩幡さんとみられる遺体が見つかった。県警笠間署が家族から事情を聴いたところ、同居の長男で無職、塩幡光一容疑者(51)が、自宅に火を付けたことを認めたため、殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕した。

 調べでは、光一容疑者は同時刻ごろ、居間のこたつ卓上の七輪に、ティッシュペーパーなどを入れて灯油をかけ、マッチで点火。自宅を全焼させ、就寝中の光教さんを殺害した疑い。自宅には光教さんの妻(78)もいたが、逃げていて無事だった。

 光一容疑者は「31日夕、(光教さんに)小遣いをねだったら断られた。腹が立ってやった」などと供述しているという。

 年の初めから「一体何やってんだコイツ」状態の犯罪。まるで「日刊放火マガジン」でおなじみのウリナラネタかと思っちゃいます。朝鮮日報や中央日報のサイトからだったらマジ間違えますね(爆)

 しかしまぁ、51歳にもなって両親と同居の無職、しかも78歳になる父親から小遣いせびって断られると頭に来て放火殺人とは腐りきってますな。こういうヤツは更生の可能性も少ないのでさっさと極刑にしてやって欲しいものであります。

 こういうネタが国内ネタで増えてきているという事自体、日本人がおかしくなってきている=日本という社会のモラルが崩壊している、という事で。戦後教育の失敗もともかくとして、社会人への再教育&モラルを殊更崩壊させているテレビの低俗番組(バラエティなど)にもメスを入れて「売れれば何でもいい」的思想を改めさせる必要があるんじゃないか、そう考えたりする私。皆さんの考えは如何?

| | コメント (21) | トラックバック (1)

そう思っていてくれるとありがたい(w

香港紙「日米、中国を仮想の敵に初の合同軍事訓練」

 米国と日本が昨年11月、硫黄島近海で中国を仮想の敵に想定した大規模な合同軍事訓練を行った、と香港の文匯報が12月31日に報じた。

 この訓練には、日本側からイージス駆逐艦など90隻の海軍艦艇と、地対空誘導弾パトリオット3部隊、反潜水艦攻撃機170台、米国側は航空母艦1隻を含め、約10隻の軍艦と陸海軍の戦闘部隊がそれぞれ参加した。

 同紙は「今回の訓練は、中国と日本が領有権の紛争を起こしている釣魚島(日本名・尖閣諸島)を中国軍が武力で占領し、軍事同盟関係にある米国と日本が合同でこれを奪還するという状況を仮想したもの」と報じた。中国の軍事専門家はこれに対し、中国の軍力と軍備増強に対する日米の警戒心と台湾保護の意思がはっきり表れていると分析した。

 中国社会科学院の王鍵研究員は「日米が明確に中国を仮想の敵に想定した初の合同軍事訓練」と説明した。

 この記事は朝鮮日報なのでちょいとウリナラ流誤訳&チュン流捏造も混じっている模様。

 ちなみに、上記の演習とは↓の事ですが

平成18年度海上自衛隊演習(実動演習(共同演習))の実施について

 海上自衛隊は、次により平成18年度海上自衛隊演習(実動演習(共同演習))を実施します。

1 目 的

情勢緊迫段階から我が国防衛に際しての海上諸作戦等について演練する。

2 期 間

平成18年11月9日(木)~11月15日(水)

3 演習海域

 我が国周辺海域

4 統裁官

 自衛艦隊司令官 海 将 道家 一成(どうけ かずなり)

5 参加部隊等

 (1)自衛艦隊、各地方隊
 (2)艦艇約90隻、航空機約170機

6 主要演練項目

各級指揮官の情勢判断及び部隊運用等

7 米海軍との共同

 本演習期間中、米海軍との共同訓練を実施する。
(1)期 間
 平成18年11月9日(木)~11月15日(水)
(2)訓練海域
 我が国周辺海域
(3)主要演練項目
 対潜戦、対空戦及び対水上戦
(4)米海軍の参加規模
 艦艇約10隻

8 その他

 海上自衛隊演習は、昭和29年から、また、海上自衛隊演習期間中の米海軍との共同演習は昭和56年から実施しています。

 具体的には

●いまだ硫黄島なんぞにパトリオットPAC3なんかを配備出来る程の余力なんぞ空自にはありゃしません。(大体、まだ日本にはPAC3無いはずだけど)上記の様にこの演習は海自と米海軍の共同演習ですし。日本には先日沖縄に配備された米陸軍のPAC3しか無いはず。

●「反潜水艦攻撃機170台」って・・・対潜航空機170機、と言いたかったんでしょうが、なんか変な訳してます。ちなみに、日本側は全部対潜機なんて言ってません。P3Cの全機を合わせても80機しか無いんですから、この数は輸送機や電子戦機などの参加合計なのは当然。(それでも海自最大の演習なんで全力投球に近い数を投入してはいますけどね)

 ちょっと目を通してもこの位変な所が見えてしまうんですが。(もっとも日本の新聞の軍事関係報道はもっと低レベルな場合が多いですけど)

 でも、こうやって日米の軍事的反撃を勝手に警戒してくれる分には非常にありがたい訳でして、牽制が有効に働いている限りは中共が尖閣諸島への侵攻を行わないだろうと安心しております。(本当は核保有議論の如く政治が率先すべきではないかと思うんですけど)願わくば、これが竹島に対する牽制にもなればいいのになぁ、と思わずにはいられない新年の私でございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年明けましておめでとうございます

 去年は当ブログが特亜ウィルスに感染してほぼ「嫌特亜ブログ」に変身してしまった年になった様な気がします(自爆)

 そんな当ブログですが、思った事を「一つのweb民意」として発信できる様にしていきたいと思う今日この頃です。

 今年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »