« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

「あるべき歴史」から馬脚を現す韓国

臨時政府樹立日、でたらめのままで、過去の歴史正す?

 韓国政府が大韓民国臨時政府樹立日を誤って把握していたせいで、17年間、とんでもない日に記念式を行ってきたことが明らかになった。

 本来臨時政府樹立日が4月11日だったが、1990年、民間次元の記念日を国家記念日として昇格させる過程で4月13日に変わったためだ。

 これに伴い誤って記述された学校の歴史教科書と百科事典、政府関連記録などの修正が避けられなくなった。

 歴史学者と独立有功者は厳密な考証なしに国家記念日を指定して、このような誤りが生じたとし、これを正さなければならないと指摘している。

 21日、世界日報が入手した韓国国民党(金九先生が組織した政党)機関紙の「韓民」と、1945年、臨時議定院速記録など各種資料によれば、独立運動代表者29人は3.1運動直後の1919年4月11日に中国上海に集まって会議を開き、立法機関の臨時議定院と行政機関の国務院を構成して「大韓民国」という国号と臨時憲章を制定・公布した。

 これに伴い臨時政府は政府樹立日の4月11日に毎年記念式を行ってきたことをこれらの文献は伝えている。

 特に1945年4月11日、臨時議定院速記録には「この日が臨時議定院と臨時政府成立第26周年記念日であるから、議会開院式と成立記念式を合併挙行する」と記されている。

 また「韓民」の1938年4月3日付報道には「4月11日臨時政府では某所で記念式を挙行する」という予告記事があり、続いて、4月30日付に「4月11日は臨時政府を成立して第19回目なる記念日として、臨時政府はその日盛大な記念式を挙行した」と報道した。

 中国紙の大公報と新華日報、中央日報も1932年と33年、7回にかけて、臨時政府記念日を4月11日と報道したし、解放翌年の1946年、韓国内日刊紙も4月11日に臨時政府要人が記念式を行ったと伝えた。

 臨時政府に身を置いた金チャドン(80)大韓民国臨時政府記念事業会会長は「当時、4月11日に臨時政府要人らが記念式を行った姿がまだ生々しい」と回顧した。

 このような誤りは政府当局と歴史学者が徹底した検討や考証なしに、国家記念日を指定したことから始まった。

 総務処(行政自治部の前身)は1989年、国家報勲処が独立運動関連機関として自主的に4月11日に行ってきた臨時政府樹立記念日を国家記念日として指定してほしいと建議し、国史編纂委員会に日選定に対する検討を依頼した。

 総務処は当時、一部の編纂委諮問委員らの主張だけを信じて、記念日を13日に変え、翌年から臨時政府記念式を行ってきた。今年は4月13日、ソウル白凡記念館で3権の長と光復会院、市民など約1000人が参加して、盛大に挙行された。

 当時、諮問委員として参加した愼鏞廈(シン・ヨンハ)ソウル大名誉教授は「その時の会議で、4月11日に記念式を行わなければならないと主張したが、これを裏付ける文献が多くなく、受け入れられなかった」と語った。

 韓詩俊(ハン・シジュン)檀国大教授(史学科)は「独立活動家らの証言や口述資料などを無視して、明確な証拠なしに13日を記念日に定めたことは重大な誤りであった。臨時政府が記念日を行った11日に、早急に正さなければならない」と指摘した。

 韓国で、またもや政府が歴史の事実を間違って認識していた事実が発覚しました。

 まぁ、韓国は素で国璽や憲法原本を紛失してしまう様なずぼら、ずさんさを政府レベルで持っている国ではあるのですが、一体何を急いだのか自らの国家の正統性という重大なレベルの事柄すらケンチャナヨで済まして17年間も指摘されずに済んでいた、というのはさすがに恐れ入ります。韓国の国史学の研究者は何やってたんでしょうか?

 韓国では戦後の李承晩の時代から「韓国は全て正しい!日帝は全て悪!」の思想から独立記念日である光復節の日付も48年8月13日ではなく45年8月15日にされてしまっていますし(45.8.15~48.8.13は米軍による軍政統治で独立出来ていません)、良く言われる「あるべき歴史」に合わせる為に事実は平気で歪曲されています。その一環に竹島強奪の背景や在日・「従軍慰安婦」に対する伝説がある訳です。本来あったままを調べ、受け入れるのが正しいのに、あるべき理想に歴史を合わせようとする事自体が歴史に対する姿勢として誤っているのですが、歴史を政治的に利用する事が当たり前になった韓国では大して問題にされないのでしょう。

 こんないい加減な国家のまま、世界に乗り出している韓国・・・・果たして盧武鉉からハンナラ党に政権が代わったとして、本当に大丈夫なのか非常に心配です・・・・・orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自民党安倍総裁誕生

安倍氏、戦後生まれ初の自民党総裁に

≪2位麻生氏、3位谷垣氏≫

 小泉純一郎総裁の後継を決める自民党総裁選は20日、国会議員による投票と、党員・党友票を合わせた開票が行われ、安倍晋三官房長官(51)が麻生太郎外相(66)、谷垣禎一財務相(61)を大差で破り、第21代総裁に選出された。投票結果は安倍氏464票、麻生氏136票、谷垣氏102票だった。

(中略)

 総裁選は党所属議員の403票と、約106万人の党員・党友の投票を300票に換算した計703票で争われた。議員票は安倍氏267票、麻生氏69票谷垣氏66票(無効1票)、党員・党友票は安倍氏197票、麻生氏67票谷垣氏36票。党員・党友の投票率は61.45%だった。

麻生氏、「ポスト安倍」に手応え
 
≪谷垣氏は次のチャンス狙う≫

 20日の自民党総裁選で、麻生太郎外相、谷垣禎一財務相は安倍晋三新総裁に大きく水を空けられたものの、いずれも目標を上回る票を獲得した。特に、136票を獲得して「2位争い」を制した麻生氏は「議員票、地方票とも伸びた」(陣営幹部)と分析。「次は麻生だ、という結果だ」(参院中堅)として「ポスト安倍」に手応えを感じている。谷垣氏は今後、安倍氏に批判的な勢力の取りまとめ役として活動し、次のチャンスを狙う考えだ。

 麻生氏は総裁選後、選対本部で「捲土(けんど)重来。改めて頑張りたい」とあいさつ。安倍氏は政策的に近い麻生氏を重要ポストで処遇する意向で、麻生氏自身も「選挙が終われば党員、国会議員として、与えられた仕事に全力を期す」と意欲をのぞかせた。

 陣営では、今回の得票で一定の発言権が確保できたとして「麻生イズムを安倍新総裁も取り入れてほしい」(鳩山邦夫選対本部長)とみており、安倍政権でも影響力を示したい考えだ。

 一方、谷垣氏は102票と3けたの大台に乗せ、陣営は「大健闘」との受け止めだ。特に、苦戦が予想された議員票が伸びたことに意を強くしている。

 谷垣氏は選対本部でのあいさつで「しっかり旗は立てられた。主張したことを党の主流にできるよう精進したい」と強調。陣営では「自民党に幅広い意見があり、何割かは反映できた」(園田博之衆院議員)として、安倍政権に距離を置く議員の受け皿づくりを目指す方針だ。

 20日、とうとう官房長官の「安倍ちゃん」が自民党の新総裁に選出されました。 まぁ、かなり前から勝利間違いなしのお墨付きが出ており、あとは「どの位の勝ち方」かが焦点になっていた訳ですが、ある意味絶妙かと。

 しかし、各紙とも谷垣氏を「大健闘」と書いていますが、私には逆に「崖っぷち」にしか見えないんですが。

 2位と言われた順位も麻生ローゼン閣下に奪われ、議員票党員票共に閣下以下しか集められなかったという事はある意味媚中加藤・山崎エロ拓等を筆頭とする売国勢力(^_^;)の党内支持は非常に低い、と言わざるを得ないからです(特に党員票が閣下の半分、というのは致命的ではないかと)。安倍+麻生の600票に対して谷垣102票では圧倒的な支持の差と言わねばならないでしょう。これで意見反映がどうの、などと良くまぁ言えるもんだと。この結果、加藤、山崎、河野、古賀などの特亜工作員グループの地盤沈下は避けられないでしょうね。

 26日に正式に首相に就任する予定の安倍総裁ですが、麻生閣下と二人三脚で是非とも主義主張をぶらざずにがんばって行って欲しいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブタもおだてりゃ木に登る♪

ブッシュ大統領、国連総長出馬の潘外交部長官に「グッドラック」

  9月15日の韓米首脳会談でブッシュ米大統領が潘基文(パン・キムン)外交通商部(外交部)長官の国連事務総長選出馬に大きな関心を見せたと、政府関係者が17日伝えた。

  ブッシュ大統領は首脳会談のためホワイトハウス執務室を訪れた韓国側陪席者に対し、一人ずつ握手しながらあいさつの言葉を述べた。そして潘長官には唯一「Good luck」(幸運を祈る)と語ったと、政府関係者が伝えた。

  この関係者は「ブッシュ大統領が首脳会談直前に出てきた国連事務総長2次予備投票の結果、潘長官が1位になったという報告を受けていたようだった」と述べた。

  会談後の昼食ではさらに具体的な対話があった。 昼食の席では盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領がまず潘長官の出馬の話に触れた。

  するとブッシュ大統領は「なぜ事務総長をするのか」と冗談で切り出した後、「米国が国連分担金として年間およそ22億ドルを出している…国連が放漫に運営されている」と述べた。 その後、潘長官に「国連改革についてどう考えるか」と尋ねた。「韓国が立派な候補だということはよく知っている」とも語った。

  これを見守っていた政府関係者は「まるで面接をするような雰囲気だった」と伝えた。

 早速ブッシュ大統領が値踏みをし出した様ですね。まぁ当然CIAから主な韓国側参加者のデータくらいはブリーフィングされているはずではあるんですが。

 とすると、ブッシュ大統領は当然「韓国が国連PKO予算分担金負担上位10カ国の内、最大額の滞納国」だという事も知っているという事ですねぇ。で、そんな国から国連事務総長に立候補している、という事も知っている訳ですねぇ。国連の放漫財政を引き合いに出したのは「国連の財政悪化は放漫財政「だけ」じゃないよな?」という事をほのめかした様に私には見えるんですが、どうでしょう?(ちなみにアメリカもかなりの滞納国ですが、政治的な意図的滞納(例:ユネスコ)が殆どだったりします)

 韓国は同時に「国連軍が駐留する未だ終結の目処が立たない紛争当事国」でもある訳で、そんな所の外相が国連事務総長になったら公平なジャッジが出来ないと北朝鮮や中国から反対されそうな気がするのは私だけでしょうか?(当然、最終投票で日本は別の候補に投票するだろう事は想像に難くありませんけどね)結局、特亜はその中での団結すら怪しい同床異夢な連中だという事で。

 どうせなら、タイのスラキアット副首相辺りにやってもらえないかなぁ、と思う私です。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

挑発か?それともただのバカ?

北の兵士にアイスクリーム渡したため取り調べ受ける

  新千年生命運動本部が金剛山(クムガンサン)で行なった練炭ボイラーの起工式に出席するため北朝鮮入りした車明進(チャ・ミョンジン、ハンナラ党、京畿富川素砂)議員が17日、北朝鮮の兵士と不必要な接触をしたとの理由から、北朝鮮当局の取り調べを受けた。

  そのため金剛山から韓国へ向おうとした観光客およそ1000人の帰還の手続きが40分ほど遅延した。車議員は「遊歩道を歩く途中、北朝鮮の兵士に会い『アイスクリームをどうぞ』と丁寧に勧めた」とし「断られて振り返ろうとしたら、後ろから『止まれ』と制止された」と説明した。金剛山では観光客と北朝鮮の兵士や住民との不必要な対話が禁止されている。

  車議員は「駆けつけた北朝鮮側の部隊長らに『お菓子など投げてバカにするな』、『後ろ手はやめろ』と怒鳴られた」と伝えた。また「起工式で祝辞を行なった私のことを北朝鮮当局が知らないはずがないのに、野党ハンナラ党の議員であるうえ『豊かな暮らしは国の責任』と語ったため、不愉快な思いをしたようだ」と述べた。北朝鮮は車議員と現代峨山(ヒョンデ・アサン)側の謝罪を受けた後、取り調べを終えた。

 これは保守のハンナラ党議員が事情を知っておきながら、敢えて北朝鮮側を挑発したという事なのでしょうか?それとも最近の韓国人に多い「自分よりも経済的に劣る国民への優越感」から来る対応を北の兵士にまでやってしまった、って事なんでしょうか?

 何と言うか、今の韓国人って国会議員レベルから「今なお南北は戦争状態」だという事を忘れているんじゃないですかね?危機感が無さ過ぎ。

 北が準鎖国政策を行っている為、国民の外国人との接触を出来る限り制限しようとしているのはある意味当然です。この制限を解除しようものなら間違いなく金正日政権は市民の手で崩壊させられます。軍人もその例に漏れません。それなのに、脳天気に「アイスでもどう?」なんていい歳した兵士に向かって下朝鮮の国会議員サマがやっちゃったんですから、挑発で無かったら単なるバカでしょうね。まぁ、「祝辞を行ったオレの顔を知らないのか?!」なんて言ってるんですから、いわゆる「先生」扱いされなきゃかんしゃく起こる!タイプの議員なんでしょうね。一番市民から嫌われるタイプなんじゃないですかね?

 ヨルリンウリ党の議員は思想的にバカばかりなのは良く分かりましたが、ハンナラ党は逆に文字通り保守的に昔ながらの「オレは偉いんだ」議員ばかりが残ってしまっているのではないでしょうか?これじゃ一年半後の大統領選挙でよっぽどカリスマのある候補が出てこないと議会をコントロール出来ないんじゃないかとちょっと悲観的・・・・・(盧武鉉はとっくに議会から見放されていますけどね)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ピザでも食ってろ、とは言えないなぁ

ナポリのピザ職人コンテスト 日本の大西さんが再び栄冠
 
 14日のANSA通信によると、イタリア・ナポリでこのほど開かれたピザ職人のコンテストで、日本から参加した大西誠さんが最優秀賞を受賞した。大西さんは2003年に外国人として初めて最優秀賞に輝いており、再び栄冠を手にした。

 コンテストには20人以上のピザ職人が出場、ほとんどはナポリの職人だった。

 同通信によると、大西さんは02年にイタリアに料理留学した経験があり、受賞後「最初にナポリ駅に着いて出会った人に、ピザを勉強するなら『(ナポリ近くの)イスキア島に行け』と言われたのが始まり」などと振り返った。

 良く2ちゃんねるなどではバカげた質問するヤツや荒らしに対して「ピザでも食ってろデブ」という煽り言葉をかける事があります。ピザなんてものはニートの如き家から一歩も出ないデブオタが宅配で食うもの、という偏ったイメージから出たセリフですが、こうなると日本で「ピザでも」などとは言えなくなっちゃいますね。本場ナポリで最高のピッツアを作れる職人が日本にいるのですから。

 ちなみに、この大西氏(ニューヨークタイムズの「また大西か」ではありませんよ)はイタリア人のサルバトーレ・クオモ氏が開いているピッツアレストラン「PIZZA SALVATORE CUOMO」のピッツア職人として活躍中でして、東京近郊に住んでる方でしたら宅配ででも食べる事が出来たりします。(我が足立区は対応地域外でしたorz)

 何とか食いに行ってみたいお店がまた一つ、増えてしまいました(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウリはチョッパリが苦しむ映画しか評価しないニダ

映画『日本以外全部沈没』、韓国人はどう見るか 

 大地震が起きて日本が海に沈むという災害を描いた超大作映画が『日本沈没』だ。韓国で「反日マーケティング」を展開した同作品は『グエムル』を退け、8月最後週の興行成績トップに躍り出た。「日本人が恐怖に震え上がる姿を見た韓国人は快感を覚える」と評価されている。

 しかし韓国人たちに不快感を与える映画も同時に日本で公開中だ。『日本以外全部沈没』というタイトルの映画。日本以外のすべての国が海に沈むという内容だ。ブッシュ米大統領ら各国首脳をはじめとするVIPたちが世界で唯一、沈まない日本に押し寄せ助けを求めるシーンもある。『日本沈没』で追い詰められた日本の首相が、世界各国に救援を要請するのと正反対だ。

 『日本以外全部沈没』は『日本沈没』の人気に便乗して制作された単なるパロディ映画だ。しかし河崎実監督は記者会見で「独島(日本名竹島)・尖閣諸島・ 北方領土は日本の領土だから映画では沈まない」と語るなど、論議をかもし出している。

 映画評論家の前田有一氏は「ろくな主張もない単なるチープな脱力ドラマである」「内容は、一見外国人が激怒しそうなものだが、あまりにレベルが低すぎて、これを見て怒る外国人などほとんどいまい」とバッサリ斬り捨てている。

 はいはい、ワロスワロス。

 そんなに韓国人は日本人が苦しむ所を見て喜びやがりますか。そして、それを平気で認めやがりますか、朝鮮日報。

 これだから日本人は「韓流」なんて言われても素直に受け入れられなくなって来てるんだって、まだ分からないのかね?こんな調子で日韓友好なんてどの面下げて言うんだろうか?

 しかし、映画評論家の前田氏とやらもずいぶんと情けないコメント出してないかい?

「チープな脱力ドラマ」「あまりにレベルが低すぎて」とか、この映画の原作が作られた経緯を知って言ってるのかね?元々は小松左京氏の「日本沈没」の大当たりお祝いパーティーに参加したSF作家連中の話の中で故星新一氏が「いっそ「日本以外全部沈没」ってのはどう?」と言い出したのが発端で、それを元に同席していた筒井康隆氏が星、小松両氏に許可を得た上で小説にしてしまったというなんて事無いマジ「たわいのない」小説なんですから。(それでもその年の星雲賞の長編部門に「日本沈没」、短編部門に「日本以外全部沈没」が選ばれていたりするんですけどね)そういう小説を元にした映画に対して「ろくな主張もない」って、当たり前じゃないですか(爆笑)パロディに一体何を求めてるんですかね?この評論家氏は。ちなみに、氏はよっぽど監督に恨みでもあるんだろうか。ここに全文掲載されてます。

 しかし、まぁ「これを見て怒る外国人などほとんどいまい」という最後の言葉は韓国人を強烈に皮肉ってる様にも見えて笑えたり(^ω^;)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

気が付かないものかねぇ?

線路に寝そべり男性死亡 大阪の地下鉄
 
 10日午前5時25分ごろ、大阪市中央区島之内の市営地下鉄堺筋線長堀橋駅で、北千里発天下茶屋行き電車が同駅を出発する際、車掌が電車後方の線路内に男性が倒れているのを発見した。男性は病院に運ばれたがまもなく死亡した。

 南署によると、電車の到着前にホームから降り線路に平行に横たわる男性の姿が、構内のビデオで確認されたという。

 男性は50歳ぐらいで、白っぽいTシャツと白い帽子、黒っぽい半ズボン姿。運行への影響はなかった。

 朝早くの事件なんで、もしかしたらホームで夜明かししている始発列車の前に寝そべったのか?とも思ったんですが、記事によると「電車の到着前に」ホームから降り、となってますので、少なくとも列車の運転手は駅構内に進入した段階で線路に寝ている男性に気が付かなきゃいけないはずだと思うのですけど・・・・・実際に気付いたのは列車が駅を出た後に後ろを振り向いた車掌。

 早朝とは言え、もうちょっと前見て神経使って運転してくれないかな?運転手さん('A`) (悪いのは自殺しに来たバカの方ではあるんですけどね。こういう「社会に迷惑をかける」バカが一番腹が立つんですよね・・・・・)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

全く、西も東も・・・・

飲酒運転で線路に突入、電車と衝突 (産経)
 
 10日午前1時5分ごろ、神戸市須磨区須磨浦通2丁目のJR山陽線の踏切付近で、乗用車が側道からフェンスをなぎ倒して線路内に突っ込み、線路上で転覆していたところに、野洲発西明石行き快速電車が衝突した。

 乗用車は大破したが中に人はおらず、乗客約400人にけがはなかった。須磨署は、車から逃げ出して近くにいた会社員森田充容疑者(27)=兵庫県明石市=から呼気1リットル中0.6ミリグラムのアルコールを検出し、道交法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。

 「神戸市内で酒を飲んで帰宅する途中だった」と供述している。

 調べでは、乗用車は衝突した電車と同じ方向に緩やかなカーブの側道を走行しており、同署は、酒に酔った森田容疑者がカーブを曲がりきれなかった可能性が高いとみている。

 森田容疑者は車外に脱出した後、衝突直前まで車の付近におり、電車を止めようとしていたという。

取り締まり受けまいとバイクで警官引きずる 警官は重傷 (産経)
 
 バイクの交通違反取り締まりから逃げる際、警察官を引きずるなどして重傷を負わせたとして、警視庁王子署は9日、公務執行妨害などの疑いで、東京都足立区新田、会社員、角谷聡容疑者(33)ら男2人を逮捕した。

 調べでは、角谷容疑者らは同日午前10時45分ごろ、東京都北区東十条の環状7号交差点で、右折禁止で取り締まった同署地域課の男性巡査部長(57)を、バイクで引きずったまま約110メートル走行。けるなどの暴行を加えて振り払い、首の骨を折る重傷を負わせた疑い。

 現場に戻ってきた角谷容疑者に事情を聴いたところ、「取り締まりを受けたくなかった」と容疑を認めた。

 最近の日本ってやっぱりどうかしちゃってるんじゃないですか?昨今「酒酔い運転」での大問題が喧しく大騒ぎになってる最中だってのに、電車の線路に飛び込む様な運転かます程の酔っぱらいになっても運転するヤツ、ただ「取り締まりを受けたくない」だけで警官に蹴りまで入れて重傷負わせて逃げるヤツ、もうね、西も東もありゃしません。日本中みんなバカだらけ。

 やっぱり、私思うに「日本人のモラル教育がないがしろにされてきた結果」だと思うんですよね。そして、モラルって社会人の自覚と共に「権威」からの有無を言わさない規範でもある、と思うんです。親しかり、学校しかり。今はそれら権威のレベルがメチャメチャ下がってしまったんで最早「権威」としての教育が不可能になってきてます。が、私なんかはガキの頃両親の厳しい躾のお陰で「モラル、規則は守らなきゃ」という無意識の縛りが心の中に出来てます。「良いか悪いか」ではなく、「これは守るんだ」という有無を言わさない教育(躾とも言いますが)。これが出来ていない人間はある意味「社会人失格」と言わねばならないでしょう。他人に迷惑をかけても平気な人間は社会の中で他の人々と共に社会を作る仲間として不適当、という意味です。

 「個人主義絶対」とか言ってるリベラル評論家とかいますけど、そういうヤツは勝手に社会の世話にならない生き方をすればよろしい。今の地球上に人類社会の恩恵が関わって来ない場所などそうそう無いでしょうけどね。自分自身が生きるも死ぬも人に迷惑をかけないのならどうぞ御勝手に、と言いたい。でもね、社会の中じゃ死ぬのも人に迷惑をかけるのよ。(まさか死体をそのまま放置しておける訳無いし)社会に生きる以上、「個人主義」は尊重はするけど絶対ではあり得ないのです。

 今の教育はやたら屁理屈に屈する教育になってしまった為に理屈以前の「悪いものは悪い」的教育は排除されがちです。しかし、それでは親の、学校の権威という物が蔑ろにされてしまうのです。子供の教育を全て押しつけにすべきとは言いませんが、締める所は何があっても締める、そういう教育を今こそ子供相手だけではなく社会教育でも押し進めるべきではないのでしょうか?(ただの教育では難しいでしょうけどね)テレビやマスコミは今こそ自分達が崩壊させたモラルの再建に協力すべきではないのか、そう思う私です。

 ちなみに、東京の事件は私の職場に結構近い場所です・・・怖くて外歩けないぜorz 交通取り締まりの警官にも拳銃携帯を必須にすべきじゃないか?とすら思う・・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

かくして皇室の伝統は救われた

紀子さま、男のお子さまご出産

 秋篠宮文仁親王殿下(40)と同妃紀子殿下(39)の第3子が6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院で誕生された。宮内庁によると、お子さまは親王(男児)で、体重は2558グラム。皇族としては初めてとなる帝王切開でのご出産となったが、母子ともにお元気という。皇室では昭和40年にお生まれになった秋篠宮さま以来、41年ぶりの男子で、天皇、皇后両陛下には皇太子さまの長女、愛子さま(4)に続く4人目の孫。お子さまのご誕生で皇族は皇后さまをはじめ22人となった。

 ご出産の喜びは、すぐに天皇、皇后両陛下に伝えられ、両陛下は非常にお喜びのご様子だったという。

 秋篠宮さまも大変安心して喜ばれ、長女の眞子さま(14)と二女の佳子さま(11)は初めて弟ができた喜びをかみしめられた。

 皇室では秋篠宮さまのご誕生の後、9人続けて女子が誕生されていた。

 お子さまの皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次ぐ第3位。第4位は常陸宮さま、第5位は三笠宮さま、第6位は寛仁親王殿下、第7位は桂宮さまとなる。

バンザーイバンザーイバンザーイバンザーイ!

 (≧□≦)人(≧∀≦)人(≧▽≦)人(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

 親王ご誕生おめでとうございます!日本人の一人としてお祝い申し上げます<(_ _)> 

 まずはこれで皇室の伝統は首一枚で繋がった、と言えましょう。そう考えると非常に大事な親王殿下でございます。決して甘やかす必要はありませんが、大事にお育ていただきたいものです。

        ┌─┐    ┌─┐
        ││    │
        └─┤    └─┤
      _    ∩   _     ∩ 日本!
    ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  日本!
     ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡
     ||    |
     └─┘    └─┘

| | コメント (423) | トラックバック (2)

結局ヘタレた韓国

韓国、安倍氏に首脳会談の再開打診 「過去の問題克服して」
 
 自民党総裁選で優位に立ち、次期首相就任が有力視される安倍晋三官房長官に対して、韓国政府が複数のルートで、首相になった際の日韓首脳会談の早期実現を打診していたことが3日、分かった。韓国の盧武鉉大統領は昨年11月以降、小泉純一郎首相との首脳会談を拒否しているが、日本の政権交代をきっかけに関係改善を図る思惑があるようだ。ただ、韓国側が首脳会談で靖国神社参拝や歴史認識問題で条件を付ける可能性も高く、安倍氏は慎重な姿勢を崩していない。
 複数の日韓関係筋によると、韓国側は、11月中旬にハノイで予定されているアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際に日韓首脳会談を開催する方向で調整しているという。

 盧政権側は今年春ごろから複数のルートで、「歴史認識を正しくし、過去の問題を克服してほしい」として、安倍氏に対して、靖国神社参拝自粛を暗に要請してきた。その上で「盧大統領は未来志向の関係をつくるため首脳会談に応じる用意がある」と伝え、「いつでも韓国に来てほしい」と呼び掛けたという。

 潘基文外交通商相が8月上旬に来日し、安倍氏と会談した際も、歴史問題などにはほとんど触れず、安倍氏を「次期首相」と呼ぶなど、安倍氏に終始気遣う様子だったといわれる。潘氏は1日、韓国マスコミ団体との討論会でも「安倍氏に対する期待が大きい。(次期首相が)歴史認識を正しくすれば首脳会談を含めすべての問題に応じる姿勢ができている」と強調した。

 ただ、安倍氏サイドは盧政権を反米、反日、親北朝鮮色が強いととらえており、首脳会談への対応については韓国側の出方を慎重に見極める姿勢。会談開催にあたって、歴史認識などの問題で韓国側が一定の条件を付けた場合は、無理に応じる考えはないようだ。

  韓国 m9(^Д^)プギャー!!

 盧武鉉 m9(^Д^)プギャー!!

 潘基文 m9(^Д^)プギャー!!

                           ____
                         /_ノ  ヽ、_\
                       o゚((●)) ((●))゚o
                      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
               (⌒)     |     |r┬-|     |    (⌒)
           ,┌、-、!.~〈     |     | |  |     |    ノ ~.レ-r┐、
            | | | |  __ヽ、   |     | |  |     |   ノ__  | .| | |
           レレ'、ノ‐´   ̄〉. \      `ー'´     ./ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
            `ー---‐一' ̄                   ̄`ー‐---‐‐´

 ・・・・・・・・・・すいません、ちょっと興奮してしまいました(^ω^;)

 今更、日帝右翼の妄言チョッパリに媚びなくてもよろしいのではなくて?韓国様?(爆笑)

<‘∀‘> 「首脳会談・・・・したかったら、してあげても良くってよ。べ、別にあたくしがしたがっている訳ではないんだから、その辺はわきまえなさいよ!」

安倍首相「あっそ。条件つけるんなら別にいいや」

<;‘∀‘>「え、え?!(帰っちゃうの?でもウリのプライドが引き留めを許さないニダ・・・どうすればいいニダか・・・・?)」

 ま、これで日本側は小泉首相の対特亜外交路線が成功した事が確認できた訳で、この成果を元にチャイナスクールの連中の意識を再構築していく事が重要になろうかと。「韓国は敢えて突き放し、媚びてきたらハードルを高くしてプライドを叩き折る」これが肝要ですね(w アメリカ軍の韓国兵対応マニュアルじゃないですが「高圧的に叱れ!」が有効です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

戦死を戦死と認める決断を

<靖国神社>朝鮮戦争で殉職海保職員の「合祀」拒否 

 朝鮮戦争で掃海作業中に殉職した元海上保安庁職員の遺族が、靖国神社に「戦死者」として合祀(ごうし)するよう求めたのに対し、同神社が拒否していたことが分かった。神社は遺族への回答書で、合祀範囲を「大東亜戦争まで。朝鮮戦争は基準外」と明示した。

 遺族は、大阪市浪速区の会社役員、中谷藤市さん(79)。1950年10月、弟の坂太郎さん(当時21歳)が米軍の極秘要請を受け、掃海艇で北朝鮮の元山(ウォンサン)沖に出動。機雷に触れて死亡した。事故後、米軍と海保は「瀬戸内海での作業中に殉職したことにしてほしい」と求めたという。現行憲法に抵触する疑いが濃いためで、中谷さんは事故記録を照会したが、「記録はない」と回答された。

 その後、除籍謄本に海保の報告として死亡日時と場所が記載されていることが分かり、中谷さんは今年2月、靖国神社に合祀を求める申請書を提出。8月25日付の神社の回答書では「その時代ごとの基準で国が戦没者と認め、名前が判明した方をお祀(まつ)りしてきた。朝鮮戦争は現在のところ基準外となるから、合祀できない」と結論付けていた。

 中谷さんは「弟は戦死したのだから祀られて当然。合祀を願い続けてきた。義憤を禁じえない。再考してほしい」と、要請を続ける考えだ。

 いや、全くお気持ちは理解できます。しかし、靖国神社は「無差別に戦争で亡くなった方を祀る」所では無い訳で。もし、その論で行ったらWWⅠのヨーロッパ戦線で義勇兵として戦った日本人兵士や、フランス外人部隊で戦死した日本人まで祀らねばならなくなる恐れが出てしまう訳で。この件はある意味靖国神社には手に負えないレベルの話であり、訴えられるべきは日本政府でありましょう。

 この問題の問題たる所は「日本が占領状態を抜け出していない時点で動員された兵士でない者が戦闘参加」という非常に宙ぶらりんな危うい立場での参戦だった事が原因で、それが元で日本政府としても戦死者を「戦死」と認められない状況になってしまっているのです。日本は公式には大東亜戦争以降の戦争参加は一切公式に認めていません。それ故、戦死者もいてはならないのです。

 でも、実際に戦争のさなかにあり、実際に戦死した日本人はいる訳で。そういう人の魂の救済を宗教ではなく国の代表として政府が何とか落とし所を見つける努力をすべきなのではないか、私はそう思う訳で。「A級戦犯合祀」がどうの、などというある意味言いがかりみたいな神学論争に没頭すべきではなく、真に日本の為に戦って亡くなった人への感謝を捧げる事こそ日本人にとって必要なのではないか、そう思うのです。他国の戦争ではあるが、日本を代表して極東の平和の為に戦った日本人を合祀する、そういう認定こそ今の日本政府のするべき事ではないでしょうか?今後の自衛隊の国際貢献の事も念頭に置き、安倍氏や麻生氏の様な方々にその決断をお願いしたい所です。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

悪い物でも食ったのか朝鮮日報?

「大韓帝国は自主的な改革国家だった」 
【新刊】韓永愚ほか著『大韓帝国は近代国家なのか』(青い歴史社)

 ソウル市庁前の広場は、いつ誰が作ったのだろうか。

 元々景福宮から南大門に行くためには、光化門交差点で鐘路方面へ折れ、広通橋を渡らなければならなかった。これを改めて徳寿宮と円丘壇を都市の中心に据え、放射線状の道路網を構築しようとしたのは大韓帝国の新しい都市計画だった。この計画に従い、初めて現在の市庁前広場と太平路が造られたのだ。

 「大韓帝国は近代国家なのか」という同書の書名にもなっている問いかけに対する答えは、「その通りだ」というものだ。国民国家、自主独立国家、産業化、身分制の崩壊、自由平等思想などが近代の基準ならば、1897年に誕生した大韓帝国は、その成熟度に欠けていたとはいえ、確かに近代国家であったというのだ。

 また、この問いかけは、近代・前近代の問題を越え、伝統性の問題とも結びついている。翰林大の韓国学研究所が企画した同書は「大韓民国は大韓民国臨時政府の法統を受け継いだ国家であり、臨時政府は大韓帝国の歴史的正統を引き継いでいるので、国号に関する限り、大韓民国は大韓帝国の延長線上にある」と主張している。大韓帝国を根本的に否定することは、ある面では大韓民国を否定することにまでつながるのだ。

 学界にこれといった論争がない現状にもかかわらず、「大韓帝国」をめぐる論争は2004年から非常に熾烈に展開された。大韓帝国の性格の究明こそが、韓国近現代史のホットイシューである内在的発展論と植民地近代化論の対決に密接な関係を有しているためだ。

 大韓帝国は朝鮮王朝自らの発展の結果として誕生した近代的改革国家なのか、さもなければ腐敗し堕落した封建的旧体制に過ぎなかったのか。前者の主張を裏付けるための実証的な作業の結晶がまさに同書なのだ。

 「”旧本新参”を掲げ、伝統と現代を折衷する方向へと韓国式近代化を推進した国家が大韓帝国だった」とする翰林大の韓永愚(ハン・ヨンウ)特任教授の基調論文に続き、韓国産業技術大の徐栄姫(ソ・ヨンヒ)教授は、大韓帝国の勤王勢力は下層社会から成長した近代的実務官僚だったと分析している。

 また、高宗は儒教的道学君主ではなく、西洋絶対王政期の開明君主に近かったとしている。昌原大のイ・ユンサン教授は、大韓帝国が皇室財政を拡充し、富国強兵と産業振興のために努力を傾けたとしている。

 一方、「伝統と近代」、「守旧と改革」などの二分法的なアプローチから脱却してこそ、大韓帝国の実像が見えるという見解もある。ソウル大社会発展研究所のカン・サンギュ研究員は、当時の大韓帝国は「異質な文明間の緊張した出会い」という新たなパラダイムの中にあり、その中で真の自主独立国家を目指していたと見ている。

 以上のような大韓帝国に対する肯定的再解釈は、確かに前近代と近代の歴史が断絶ではなく、延長線上にあったことを認識する上で助けになる。英祖・正祖以来の「蕩平君主像」が高宗の皇帝権を裏付けるモデルになったという見解に至っては、内在的発展論の絶頂を見る思いさえする。

 しかし、「旧本新参」に対しては、「冠を被って自転車に乗る(不釣り合いなこと)」ようないかがわしい折衷であったという疑いは捨てきれない。また、皇室財政のうち、途方もない資金が皇帝に尊号を捧げたり、宮殿を修築したりする虚飾に使われていた以上、その復権の限界も明らかではないだろうか。

 さぁ、「ウリナラマンセー」「お花畑回路全開」のウリナラ歴史ファンタジー肯定の書が発刊されたそうで。日本によって清朝から「独立させてもらった」大韓帝国がなんと自力で近代国家への改革を進めていたそうです。・・・・・・結果、売官や外国への権利売却などを頻発させた宮廷・政府は日本に併合を願い出た訳で。改革が改革になっていない朝鮮の場当たり的手法が如実に現れていた、と言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、属国根性が身についてしまっていたのか、外国人顧問を導入しても結局亡国の道を止められなかったという事実は消せない訳で。帝国主義が当然の時代に日本が大韓帝国を併合したのは問題でも何でも無く、むしろ「植民地」としてではなく「国土の一部として併合」した事は朝鮮人を日本が決して低く見てはいなかった、少なくとも今後は同じ天皇の臣民としてやっていこうという意思があった事は無視すべきではないでしょう。

 ただ、今回のツッコミ所は韓国において「右翼親日売国奴新聞」と言われる朝鮮日報がこの本に対して明確に否定のコメントも付け加えている、という点です。少なくとも李朝の宮廷がまともでは無かった事は事実として擁護出来ない旨ツッコミを入れています。いやぁ、こんな事まで書いて大丈夫なのか朝鮮日報?いつもならウリナラマンセー理論には全面賛成だったんじゃないのか?何か悪い物でも食ったのか?(w

 まぁ、最近は映画「韓半島」で描かれる様に李朝に対してやたら肯定的な評価が高まって来ており、亡国の原因を作った張本人をもてはやすというねじれ現象が起きている所でもあり、その中で朝鮮日報が流れに棹さしたという点は評価出来るのではないか、と思ってみたり。歴史は「あるべき姿を追い求める」のではなく、「あったままを評価する」事が大切なのだという事を韓国人に知って欲しい。僭越ながら私はそう思わずにはいられないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

吉本のライバルは韓国政府?

潘基文長官「韓日関係のカギは日本が握っている」 

   【ソウル1日聯合】外交通商部の潘基文(パン・ギムン)長官は1日、最近の韓日関係について、靖国神社参拝や歴史教科書問題、独島領有権問題は韓国側が扱うものではないとの考えを強調した。これらの問題は日本政府と日本国民の心にかかっており、結果的に問題を起こしているのは日本との考えを示した上で、「日本が黙っていれば解決できるものではないのか。問題のカギは結果的に日本が握っているが、心を決めればきょうあすにでも解決できるもの。現実的に問題を解消できる方法を取るよう申し上げたい」と述べた。

 自身が立候補している国連事務総長選での日本の支持を問う質問では、「個人的な希望としては日本が最後まで支持してくれることを期待している」と日本の支持を求めた。潘長官は、韓日関係が悪化しているとはいえ、長期的に見れば長くは続かないし続けてはいけないとの考えを示すとともに、韓日間の伝統的な友好関係、日本が今後国際社会で取るべき役割などを考慮するならば、どのような人物が事務総長になるのが日本にとってよいのか考えないだろうかと反問した。

 あまりの自己中なコメントに「これ、日本人を釣ってるんジャマイカ?」とすら考えてしまった今回の潘基文のコメントです。

 一文でまとめてしまうと、「韓日の問題は全てウリナラの言い分を丸飲みすれば解決するニダ」という事なんでしょうね。

   ふ ざ け る な 韓 国

 日本には日本の独立国としての立場があります。戦前、それを日帝によって犯された、とさんざん言い募ってきている韓国がそのおかしさを理解出来ていない、という事にあの国の恐ろしさがある、と私は思っています。「歴史に学べていない」という点が韓国の国際社会における大きなマイナスなのです。それ故、世界の常識が通用しない「OINK(Only IN Korea)」という造語を作られてしまうのです。(ちなみに、この言葉は日本人が作ったものではありません)未だに韓国政府は「小中華主義」に毒されているんですかね?

 そして、同時に韓国の外交責任者の発言として恐ろしいのは「現実が見えていない」という事。一体客観的にどう見たら日本が今の韓国外相を国連事務総長に推薦出来ると言うのでしょうか?国連の場で「日帝は謝罪と賠償するニダ!」と大騒ぎされるのを喜んで後押しするとでも思っているのでしょうか?少なくとも、日本はそこまでおめでたい国ではないはずです。「どのような人物が事務総長になるのが日本にとってよいのか考えないだろうか」はい、少なくとも「貴方の様な方ではない国、人」の事ですね。百害有って一利無しなのは分かってますから。 しかし、現在も唯一の国連憲章第7章の規定に沿う戦闘部隊が未だ駐留している、現在も北朝鮮との休戦協定すら存在しない「戦闘継続国」の外相が国連事務総長になるなんて、悪い冗談だと誰も突っ込まないんでしょうかねぇ?

 しかしまぁ、ここまで全編ツッコミ所なコメントを出せる外相や大統領を擁する韓国政府って、実は国際的に吉本興業なんか目じゃないコメディアンプロダクションなんじゃないの?とマジで思ってしまう私ガイル_| ̄|○ 韓国人、もうちょっとしっかりしてくれよ・・・

| | コメント (395) | トラックバック (0)

今頃ですが・・・・フネカンです

 えーと、先月の27日ですが、船の科学館にて「船の科学館水ものフェスティバル2006」が行われました。

 本来なら私も参加の予定だったのですが、仕事の関係でドタキャンせざるを得ず(爆)。・゚・(ノд`)・゚・。 仕方なく参加の友人に艦を預けて参加させてもらう事になりました。

 直接参加していれば直後にエントリー書いていたんですが、残念ながら様子の一端が分かる画像の提供を受けるまでは私自身もどういう感じだったのか分からないもんで・・・・しかし、ようやく紹介できるレベルの画像も手に入りましたので、我が艦の雄姿?をごらんいただきましょう。

Dsc_0202  今回参加の2隻のうち、一番力入れて作ったS-1グランプリ出走作の「ザ・サリバンズ」はそこそこ健闘してくれた様で、かなりかっこ良い画像も残しています。

 題して「ソロモン方面の巴戦」(苦笑)

Dsc_0205  もっとはっきりした写り方したのはこっち。

ちょっと端に寄ってしまったのは惜しかったですが、それは仕方ない事ですので。(相手はハセガワ「雪風」(爆))

Dsc_0384  また、もう一隻はフネカンカップ参加艦の中国ミサイル艇。

なぜか、製作者が意図しない各種のデコレーションが沢山ついてナイスです(;´Д⊂) 一体誰が付けたんだ(#゚Д゚)ゴルァ!!(苦笑)

Dsc_0356  走りはこんな感じ。さすがは単軸激重艇、なんか走りが鈍いです(爆)

それでもそこそこの走りになってくれたそうで、ちょっと驚きだったかも。

Dsc_0380  で、最後に我がブログの知韓コメンテーターなか氏の出走作「雪風」。そう、我がサリバンズと激突かましていたのはなか氏の雪風だったんです・・・・仲良いのも度を超しちゃいけませんな       (゜O゜)☆\(^^;)

 ちょっと見ただけでもかなり涼しいイベントな訳で、今回出られなかったのがかなり残念な私です_| ̄|○ 来年は一体どんなレギュレーションでどんなレースが始まるのか、今の段階ではまだはっきりしませんが、来年こそはまたあの場で遊びたい、そんな気持ちで一杯です。

(いでらさん、写真お借りしました<(_ _)>)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »