« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

故事成句に当たり散らす青瓦台

「大統領を食べ物に例えた」…大統領府、本紙の取材拒否 
 
 大統領府は28日付の本紙一面に掲載されていた「鶏肋大統領」という記事に対し強く抗議すると発表した。「鶏肋」とは、中国の後漢書楊修伝に出てくる言葉だ。漢字の意味は「鶏肉のカルビ」だが、三国志の中で曹操が劉備と漢中の土地をめぐって争っていたとき、「大した土地ではないが、手放すのも惜しまれる土地だ」として、「鶏肋」という言葉を口にしたと言われている。本紙の記事は、現在の与党ヨルリン・ウリ党が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領について行くのも難しく、かといって離れるのも難しい立場にあるという意味でこの表現を使った。

 しかし、こうした本紙の報道に先立ち、『月刊中央』も6月号で「盧大統領が与党にとって鶏肋のような存在になっている」と表現しており、また6月6日付の『ハンギョレ21』でも、ある座談会の出席者が同じ言葉を発したと報じられている。ところが大統領府は今回の本紙の記事に対してのみ「国家元首を食べ物に例えた」と強く反発した。

 大統領府はまた、28日付の東亜日報の「税金を払うのがもったいない略奪政府」というタイトルで書かれたコラムについても「大統領と政府に対する憎悪の感情が込められている」と非難した。

 大統領府の李百萬(イ・べクマン)広報担当首席秘書官は「これら新聞のやっていることは、麻薬の害と深刻さを連想させる」と非難した。結局、大統領府は今後、朝鮮日報と東亜日報の取材を一切拒否するとの指針を明らかにした。記者からの電話は取らず、記者に会うこともないという。この指針は秘書室の職員全員に適用すると大統領府が発表した。

 もはやレームダックになって久しい「狂人大統領とゆかいな仲間達」の巣くう魔窟「青瓦台」が「ウリたちを悪く言うヤツらは全て取材させてやらないニダ!ファビョーーーーーーーーン!<#`∀´>」と大騒ぎしております(爆笑)

 一体、これが民主主義国家のやる事なのでしょうか?まるで社会主義国家中国の有様を見ている様です。もし、日本で首相官邸や内閣府が朝日新聞や東京新聞を取材拒否する、などと発表したらどうでしょう。たちまち日本中のマスコミから非難囂々の嵐になってしまうでしょう。

 「自分の気に入らない発言でも、それを発表する事は尊重する」それが民主主義社会の基本です。「社会の公器」と言われる新聞、それも朝鮮日報と東亜日報の二大新聞を閉め出すという暴挙は韓国政府の異常性をこれまで以上に世界に晒す事になったでしょう。果たして、この姿を韓国国民はどう見ているのか・・・・青瓦台を見限っているからこその盧武鉉弾劾裁判主導者の補欠選挙当選が為し得たのだとは思うのですが、こういう政府を選んでしまう韓国人の民意と言うか、民度を思うにつけ、絶望的な気持ちに囚われてしまう私・・・・・・・・_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (1)

勇気ある発言

逮捕者続出の京都市 市長「優先雇用が原因の一つ」同和行政で異例の発言

 今年度に入って職員の逮捕者が8人にのぼっている京都市で27日、臨時区局長会が開かれ、桝本頼兼市長が幹部らに再発防止を訓示した。会議後、桝本市長は逮捕者のうち6人が環境局職員である実態を踏まえ、「同和行政の柱として行った優先雇用での甘い採用が大きな要因の1つ」と指摘。平成14年度まで行っていた現業職員の優先雇用制度も背景にあるとの認識を示し、制度も含めた「解体的な出直し」を図る意向を表明した。同和行政のあり方が大阪市などで論議されているが、自治体の首長が採用問題にまで踏み込んだ発言をするのは異例で、波紋を広げそうだ。

 京都市では今年4月以降、児童買春や傷害、窃盗未遂容疑などで職員5人が逮捕(1人は釈放)され、さらに今週に入って詐欺や覚せい剤取締法違反容疑などで職員3人が逮捕される「前代未聞」(市職員)の事態に陥っている。

 事態を重視した桝本市長は27日、臨時の区局長会を開催。幹部約40人を前に「常識では考えられない状態。市政に対する信頼は落ちるところまで落ちたといわれても申し開きできない」と危機感をあらわにした。とくに逮捕者6人が所属した環境局に対しては「環境局の組織風土を一掃するため、組織や人事管理、業務のあり方も含め、抜本的な改革、見直しを行うよう」強く指示した。

 同会終了後、記者の質問に答えた桝本市長は「(平成14年度まで)京都市では同和行政の柱として同和地区の人々に対し職業の機会均等を保障するため、現業職への優先雇用を行ってきた」と説明。そのうえで「バブル期に現業職に応募する人がいないなかで、とにかく採用しないとごみの収集ができないということで、甘い採用をしてきたのは事実。その採用が(一連の不祥事の)大きな要因の一つ」などと述べた。

 市によると、過去4年間に不祥事で懲戒処分を受けた環境局の職員数は、15年度=10人(全体で28人)▽16年度=8人(同16人)▽17年度=15人(同20人)▽18年度=6人(同8人)。いずれの年度も全体の半数近くを占めている。

 職員の綱紀粛正を担当する永岡正美・服務監は「不祥事を起こしているのは、約1万6000人の職員のうちの20人程度。そのごく一部の不祥事をどうやって防ぐのかが難しい問題」と受け止める。そうしたなか、この日の桝本市長の発言について、ある幹部は「(同和政策のことは)これまでぐっと発言をこらえてきたと思う」と話した。

                            ◇

 桝本市長は同日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された環境局職員の姉妹2人=(25)と(26)=を懲戒免職処分とする方針を示した。また詐欺容疑で男性職員(34)が逮捕された保健福祉局にも、8月中に具体的な改善策を打ち出すよう指示。さらに管理監督責任を問い、市長と副市長を含む幹部の処分を9月1日までに行う方針を明らかにした。

 西島藤彦・部落解放同盟京都府連合会書記長の話 「一元的な切り口で評価されるのは心外だ。たとえ同和地区の出身者であっても、職場での人間関係や上司との関係など、今生きている環境が人をつくっているはず。このような発言は、差別や偏見を助長するものだ」

 ジャーナリストの大谷昭宏さんの話 「行政と、差別されてきた側がお互いを見直すよい機会で、市長の発言は高く評価できる。行政は事なかれ主義で同和地区出身者を甘やかし、差別される側もそれに甘んじてきた結果が現状。このままでは、お互いが一緒になって差別を残すだけだということを確認し、シビアに改革に取り組んでいくべきだ」

 京都の市長が「普通ではなかなか言えない」勇気ある発言を行い、注目されています。

 採用された人達が「ちゃんと能力あると認められる方法」で選抜されているのであれば、それは確かに職場のせい、と言うべきでしょう。しかし、元々その能力があるのかどうか分からない者を「優先雇用」の名の下にフリーパスで採用してしまっていたら・・・・最初からDQNなヤツまで入れてしまっていた、という事が市長の発言から伺える訳です。

 それに対して、解同の書記長は「職場環境が悪いんだ」というセリフ。そうでしょうそうでしょう、今回逮捕された様な「優先採用」された連中がゾロゾロいたんでしょうから。そういう職場環境で余計悪化した、というのなら大賛成(w 逆にこういう採用から来る部落出身者への「部落出身者は結局こういう事しかしないんだよ」的な「新しい差別」を生み出す可能性がある事に気付いていない、もしくは開き直っていますね、解同は。

 先日の北朝鮮ミサイル発射事件の時の朝鮮総連のケースと全く当てはまりますが、今回の逮捕者続出に対して「部落出身者の代表たる解同として今回の事件に対しお詫びします」とか「この様な事件が起きない様部落出身者側も身を律していく様心がけます」とか言えばまだ救いがあるのに、「部落民は今も被差別民だ」という変な「特権意識」を後生大事に抱え込んでいるせいで世間の意識に気が付かない。関西では事情が違うのかも知れませんが、少なくとも東京では表面的には部落民、部落出身者というものは存在を見られず、それに伴う差別自体を見た事もありません。そんな中で殊更「私は被差別民の部落出身者です!」などと大声で訴えたらどうなります?「あ、そうなの。あなたは差別していいのね?」となるだけの話。わざわざ「私を差別して!」と叫ぶマゾの様な存在としか見られないでしょう。果たしてそんな解同にまだ存在意義があるのか?そこから考え直していく必要がある、そんな気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いじめられてるのか自衛隊?

 5日間のブランクが空いてしまいました。別に死んでいたりした訳ではなくて(オイ)昨日までに何とか完成させないといけない模型の製作に奔走していました。何せ、「百戦百勝の」某原型師様からの指令ですので(゜O゜)☆\(^^;)

 それでは、復帰一発目という訳で・・・・

十分な事前通知せず 兵庫の日本海で防衛庁がミサイル試験

 兵庫県の井戸敏三知事は26日、防衛庁が25日夕に兵庫県沖の日本海で、十分な事前通知をせずにミサイル性能試験を行い、試験海域にいた地元漁船が恐怖を感じて現場から緊急避難したとして、防衛庁に抗議した。けが人はなかった。

 県によると、25日午後3時55分ごろ、同県香美町の北方約130キロの日本海で、香住町漁協所属の誠竜丸(19トン、伊藤誠船長、乗組員6人)が漁具の回収作業中、航空機が低空で旋回した後、数キロ先の海面に水柱のようなものが上がったという。

 現場は防衛庁が射撃訓練海域として指定。県は会見で「水産庁を通じ防衛庁から訓練を行うとの事前の通知は受けていたが、水柱が立つようなミサイル性能試験は想定していなかった」などと指摘。射撃訓練は、事前通報の上、付近に船舶がいないことを確認しながら行う取り決めになっているという。

 試験当時、訓練海域には少なくとも計10隻の漁船がいたため、県は、防衛庁長官あてに「今回の事態は、致命的な結果につながる可能性も否定できず、このような事態が二度と起きないよう強く抗議する」とする要請文を出した。

                          ◇

 防衛庁によると、当時はF4戦闘機による護衛艦へのミサイル攻撃の訓練をしていた。戦闘機が放つ空対艦ミサイルをだますための熱源(フレア)を、護衛艦から10発発射したが、戦闘機はミサイルを発射していないという。

 また、漁船は訓練海域外にいたと説明。漁船が目撃したとしている「水柱」についても、「護衛艦が発射した熱源は着水しても水柱が立つものではなく、熱源が出す煙を誤認した可能性がある」としており、「試験に問題があったとは考えていない」としている。 

 という訳で自衛隊は撃ってもいないミサイルをお化けの如く「そう見えちゃったんで勝手にビックリして大騒ぎした」話を大上段に振りかぶられて兵庫県からクレームを受けたという話。もうね、何と言えば良いのか。ミサイルの実射などは行わない事は通告で知っていたはずなのに、自衛隊・防衛庁への事実確認もせずにいきなりの要請文という名の抗議文送付。ある意味凄い剣幕ですよね。

 で、翌日なんと

兵庫県が訓練情報を放置 ミサイル試験問題

水産庁通じ6月末入手

 防衛庁による香美町沖のミサイル性能確認試験で漁船が緊急避難した問題で、兵庫県が六月末に水産庁を通じて寄せられた防衛庁の射撃訓練情報を地元漁協などに流さず、放置していたことが二十七日、分かった。県は試験の事前情報の提供がなかったなどとして同庁に抗議していたが、県の情報管理のあり方も問われそうだ。

 県が六月二十八日、水産庁を通じて入手した射撃訓練海面図には、香美町沖で南北約三百三十キロ、東西約二百五十キロの範囲が明示されていた。県は七月の一カ月間、防衛庁の訓練が行われることを把握していた。

 しかし、具体的な時間や訓練の中身が記されていなかったなどを理由に、重要な情報ではないと判断。さらに、水産庁からの情報は、他に全国漁業協同組合連合会や漁業無線協会を通す二つのルートがあるため、既に伝わっていると思い込んでいたという。

 付近は今年四月以降、毎月更新する形で訓練海域に指定されているが、三カ月以上情報が放置された可能性が高い。このため、試験よりも船舶に影響が大きい訓練海域になっていることを知らない漁業関係者も多かった。

 県水産課は「結果的に問題があったかもしれない。情報連絡の体制を見直したい」としている。

 「結果的に問題があったかもしれない」ですって?良くまぁ言えたセリフですね(爆)私が防衛庁の担当者だったら電話で県の担当者を怒鳴りつける所ですよ。結局、非の出所は「兵庫県」だったんですから。兵庫県がちゃんと訓練海域の通知を漁協などに流しておけば、こんな誤認によるバカげた抗議など発生しなかったんですから。兎にも角にも行政の公務員って責任取りませんよねぇ。オンブズマン制度ってどうなってるんでしょ?会計検査院の地方自治体版が出来る事を切に祈りたくなりますよ(多分あるんでしょうけど、役に立ってるのかねぇ?)。

 まぁ、まずは兵庫県は速やかに自分の所の非を認めて防衛庁に謝罪すべきですね。通知通り「実射はしていない」「訓練海域の情報は遺漏無く行っていた」のですから。悪いのは情報を周知しなかった上に自衛隊に事実の確認を取らなかった兵庫県と早とちりした漁船なのですから。

 こういう事するから今でも「県民を殺す自治体」って言われてしまうんだよね、兵庫県って・・・・・┐(´д`)┌

| | コメント (4) | トラックバック (0)

節約する海自

燃料高騰で観艦式縮小=スクリュー片軸で航行も-海自

 防衛庁の斎藤隆海上幕僚長は18日の記者会見で、燃料の軽油などが高騰していることから、10月29日に開かれる海上自衛隊の観艦式の規模を縮小すると発表した。また、普段でも、護衛艦はスクリューの片軸を止めて航行するなど節約に努めているという。 (時事通信)

 なんだか、涙ぐましい節約ですねぇ(;つД`)

 観艦式の規模縮小って・・・・当然、参加艦艇数が減る、って事なんでしょうか?それとも展示用の弾薬数を減らして事前訓練の時などは「撃った事にする」という感じ?艦艇数の減少だけは勘弁して欲しいものですが。

 ちなみに、お隣のイージス入れたがってるウリナラ海軍でも石油価格上昇がモロに痛いらしく、海軍のパトロールが外洋停泊になってしまっているそうですが(爆)海自は片舷航行・・・・結構アクロバティックな感じですね。緊急時の訓練も兼ねているんでしょうか?(苦笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

セミとスズメ

 今日、今年になって初めてセミの声を聞いた。ミンミンゼミだった。

 もう7月も半ばを過ぎた。なんでこんなに遅いんだろう。ここ数年、東京のセミは鳴くのが遅い。少なくなってしまったんだろうか?それとも出てくるのが遅くなる原因が何かあるのだろうか?

 そう言えば、昨日仕事から帰ってくると、玄関前に何か舞い降りてくる。何だろうかと思って見たら、それは殆ど同じ色したアブラゼミをくわえたスズメだった。

 自分の体の半分以上ありそうな大きさのアブラゼミはまだ抵抗して暴れており、それを必死にくわえて地上に降りてきた訳だが、その格闘精神になぜか感心してしまった私。「おぉ、がんばれ!」と心の中で応援してしまったり。

 結局、スズメは暴れるセミに振り回されながらどこかへ行ってしまったけど、それを見送りながら「あぁ、そう言えば今年セミを見たのはこれが初めてなんだなぁ」と眠い頭で思った。夏はとっくの昔に来たと言うのに。 まぁ、これで夏の役者は揃ったという事なんだろうなぁ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

青瓦台の考える半島の平和

「日本に同調するのは韓半島の平和のためにならない」
【ミサイル発射】李炳浣大統領秘書室長、日本の対応を批判

 
 李炳浣(イ・ビョンワン)大統領秘書室長は21日午前、済州西帰浦市ロッテホテルで開かれた大韓商工会議所が主催する第31回最高経営者大会の講演で、「日本はまるで目新しいことが起きたかのように国際世論を対北強硬論に追いやっている。(ミサイルが発射された日の)早朝に緊急閣僚会議を招集し、北朝鮮への先制攻撃論を叫び、国連で対北制裁決議案を主導する態度を見せている」と日本を非難した。

 李室長は「日本がどのようなケースを予測してそのような行動をとったのかはわからないが、韓国を意識せずに韓半島(朝鮮半島)を戦場にしようとしているのを見れば、日本の態度と本心をうかがうことができる」と語った。

 李室長は「これは日本が軍事大国主義や侵略主義的性質をさらけ出したものであり、国内政治のために極右勢力に迎合したものだ。このような流れにおいて、日本に同調するのは韓半島の平和のためにならない」と指摘した。

 さぁ、「世界から無視されてお怒りの」青瓦台からお決まりの反日発言が参りました。

 一言で言えば「朝鮮半島の問題なのに、当事国の韓国をのけ者にして北非難決議を採択したチョッパリはウリナラを敵視しているニダ!それはチョッパリの軍国主義、侵略主義的な考え方のせいニダ!そんな悪魔とは仲良くしてやらないニダ!さぁウリに謝るといいニダ!ウェーハッハッハッ!」という事ですかね。

 や な こ っ た 。

 誰が「世界から孤立している」韓国の側に付きたいと思うかね?今回の国連安保理での交渉に於いて「安保理にいる事の重大さ」はますます増大したと言わざるを得ません。(あくまで国連に籍を置くとするなら)そして、国際法や国家間の約束を勝手にねじ曲げて無視した北朝鮮のミサイル発射に対して国際社会は「NO!」という声を上げた訳です。しかし、韓国はそれでも北をかばう姿勢に徹した事は隠しようがありません。国際社会の後押しを受けた日本の対応に対して「同調しない」と言うのは「世界と同調しない」と言ったのと同じ様なもの。

 そんな韓国と日本が同調できる訳がありません。 このままなら、いずれ米軍=国連軍が韓国から撤退するのも時間の問題でしょう。そして、遠くない未来に日米(国連)と朝鮮半島との「第二次朝鮮戦争」が起きそうな、そんな幻視をしてしまう私です・・・・・朝鮮日報の国際観が韓国世論の一般になる、そんな希望を祈りながら。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

アイゴー、モングキがホルホルしてるニダ!

【ミサイル】対北決議案採択で「外交の快挙」に沸く日本 
 
 「国連加盟から50年で初めて主導権を発揮した。日本外交の快挙だ」

 日本政府は、国連安保理の対北決議案が全会一致で採択されたことに対し、自ら誇らしく思っている。日本外務省の高官は「日本が安保理で中心的な役割を果たしたのは初めて」と自画自賛した。日本共産党までも「決議案は有効で理にかなっている」との談話を発表した。国全体がお祭りムードだ。

 これはメディアも変わらない。朝日新聞だけが唯一米国の役目を強調したにすぎず、そのほかの新聞やテレビ局はこぞって日本政府の役目を高く評価した。

 最大発行部数を誇る読売新聞は17日付で、「1956年の国連加盟から半世紀で、国連の外交舞台でかつてない存在感を発揮した」と評した。このような自信の表れは、今後日本の国連安保理の常任理事国進出に向け影響を与えるものとみられる。

 強い外交をリードした安倍晋三官房長官の外交顧問役を担当している岡崎久彦前タイ大使は「米日は決議案で国連から対北制裁の“保証”をかち得たため、目的を達成した」と指摘した。

 慶応大学の小此木政夫教授は「日本主導の決議案に韓中露が強く反発したのは、日露戦争以来の“地政学的な壁”がネックになっているため」と話した。

 決議案の採択過程では、米日は「最高のパートナー」であることを誇示した結果となった。

 産経新聞によると、小泉純一郎首相は今月11日の中東訪問のための出国を前に、安倍官房長官と麻生太郎外務大臣に「最後まであきらめないでほしい」と一言告げた。ブッシュ米大統領もボルトン国連駐在米大使に、小泉首相に協力するよう指示していたという。

 対北決議案の採択がほぼ確定した16日早朝、ハドリー大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)は安倍長官に電話をかけ、「日本外交の偉大な成果であるとともに勝利」と持ち上げ、国連憲章第7章が盛り込まれていない非難決議案を受け入れることを要請した。

 これに対し、安倍長官は「決議案に拘束力があることを確認したい」と、これを受け入れた。

 はい、先日の対北朝鮮非難決議の問題でウリナラが身もだえしながら日本の外交の成果にお怒りのご様子です(w

 「どうしてチョッパリどもがウリナラを差し置いて韓半島問題で支持されているニカ?なぜウリナラが外交的に孤立しちゃってるニカ?これは日帝の陰謀ニダ!かんしゃく起こる!ウェノムどもに謝罪と賠償を要求するニダァァァァァッ━━━━━<`∀´#>━━━━━!!」

 てな感じでしょうか?(w >韓国青瓦台&外交通商省&ヨルリンウリ党

 で、青瓦台からはこんな声が聞こえてきます。

「日本政府の態度は実に不快」 
【ミサイル発射】李炳浣大統領秘書室長、日本政府の対応を批判

 
 李炳浣(イ・ビョンワン)大統領秘書室長は21日、済州で開かれた大韓商工会議所が主催する講演で、北朝鮮のミサイル発射について、「北朝鮮内部での必要性と米国や国際社会に向けた政治的デモを目的として強行したものだというわれわれの判断は正しいと思う」と語った。北朝鮮のミサイル発射が韓米日に対する安保脅威ではなく、政治的措置だというのだ。

 李室長は「ところで、実に不快なのは日本政府の態度だ。すでに北朝鮮のミサイル発射の兆候を知っていたにもかかわらず、日本は今さらのように衝撃的なことが起きたと言わんばかりに早朝から緊急閣僚会議を招集し、先制攻撃論まで示し合わせたかのように一斉に主張した」と日本政府の対応を強い口調で非難した。

 そうそう、こうでなくっちゃ!青瓦台は(w もう「誰が味方なのか」分かんなくなっちゃった認識自体が日韓併合前の大韓帝国政府の状況そのまま!裏付け無しにも関わらずやたら強気の発言自体もまるでそのまま! こうなると、一体韓国の友好国はどこなのか?という質問を韓国国民にしてあげたくなっちゃいますね(w エンコリでトピック作ってみようかなぁ(爆笑)

 この調子で韓国政府はどんどんやっていって欲しいですね。次の政権は対日米関係を修復するためにはかなりの政治的譲歩を強いられるのは確実ですし、それをしないのならいずれは北と一緒にトマホークの嵐を浴びていただくしか無さそうですから。その時には同時に在日の皆さんにも祖国のツケを払っていただくしか無さそうですね・・・・・

| | コメント (6) | トラックバック (1)

自己責任が存在しない国韓国

「韓半島分断の発端は日本の植民地支配」
韓国与党前議長、米・日・中・ロに統一支援を求める

 与党ヨルリン・ウリ党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)前議長は17日、「南北分断の責任がある韓半島(朝鮮半島)周辺の4大国は統一に向けて支援するべきだと述べた。

 鄭前議長は17日、「南北分断の責任がある韓半島(朝鮮半島)周辺の4大国は統一に向けて支援するべきだ」と述べた。 鄭前議長はこの日、「韓半島の平和と反映」と題した講演(ベルリン自由大学東アジア研究所主催)で、「韓半島の分断は第2次大戦後の米国とソ連による韓半島分割占領に始まったもので、その発端は日本の植民地支配にある」と指摘した。

 鄭前議長はまた、休戦協定の当事者である中国も現在の「休戦状態」を終息させる責任があるとし、地球上で唯一冷戦が続いている韓半島の統一のためにこれら4大国が寄与しなければならないと主張した。 

 はいはい、わろすわろす。 いつもの「ウリはちっとも悪くないニダ!ウリナラがこんな事になったのは全て世界が悪いニダ!」ですか。

 で?「南北分断の責任がある朝鮮半島周辺の4大国は統一に向けて支援するべきだ」ですか?

 結局、言いたい事は「統一費用をたかるから覚悟しておけニダ。ウェーハッハッハッ」という訳かい。

 悪 い が 断 る

 統一するなり、滅亡するなり、勝手にやってくれ。 大体、永遠の「大清国属高麗国」だった朝鮮を日清戦争で独立させてやったのは一体誰だったんだ。その後も王朝内部の抗争でロシアに事大しまくった挙げ句に日韓併合で国を滅ぼしたミンジョクが一体何寝言ほざいてるんだか。

 歴史の結果は全て「自己責任」で解決してくれ。もし、韓国の論理が通用するのなら日本も「北方四島のロシア占領はアメリカがすぐに軍事力をもって対抗しなかったせいだ。だから北方四島の返還にはアメリカが責任を負うべきだ」という論理になってしまうだろう。けど、その前に「戦争したのは我が国だしな」という自己責任を甘受してるからこそそんな論理は主張しませんけどね。日本人は恥も知ってますし(w

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

盧武鉉の「今日の反日」

はーい、盧武鉉の「今日の反日」の時間がやってまいりました。

盧大統領「日本とは対決しなければならない」
「米国は友邦なので厳しく責めることは出来ないが…」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が今月11日に行われた与党ヨルリン・ウリ党の指導部および国会の統一外交通商委員会に所属する議員らとの晩さん懇談会で行った発言が波紋を呼んでいる。

 一部新聞は懇談会出席者の証言を引用し、盧大統領は「ブッシュ米大統領が北朝鮮問題を善と悪の対立概念で見ているため、説得が難しくなっている。米国は友邦なので厳しく責めることは出来ないが、日本とは対決しなければならない」と語ったと伝えた。

 はい、とっても良い度胸ですね。反日妄言としてはかなりの電波出力を感じさせます。ただ、これで10%を切った支持率を戻せるなんて簡単に考えない方が良いですね、盧武鉉さん(w

 なるほど、アメリカは友邦なんですか。だから厳しく責める事は出来ないと。ほほう。・・・・・・・・・・

 お 前 は 何 様 の つ も り だ 凸(゚Д゚#)

 んで、日本とは「対決しなければならない」ですか。・・・・・・・・・・・・

喜 ん で 対 決 し よ う じ ゃ な い か凸(゚Д゚#)

 毎度言ってますが、これで韓国は日本を完全に仮想敵国と位置付けている、という事がハッキリした訳で。そろそろ三行半突きつけろよサヨクの皆様よ(w

 こういう状況からも日本が一刻も早く「普通の国」にならねばならない理由がはっきりして来ますよね。まだ性懲りもなく韓流とか言ってるバカ広告会社とかマスゴミには冷水を浴びてもらいたいものですよ。日本の軍事大国化を進めたのは皮肉にも朝鮮半島だった、と後の歴史教科書に書かれる事を期待しております(爆笑)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

それをお前が言っちゃうのか韓国

【ミサイル発射】韓国政府、安保理決議を支持 

 韓国政府と大統領府は16日、国連安保理で採択された北朝鮮決議案について、支持する意向を明らかにした。

 大統領府はこの日、内部点検会議と安全保障政策調整会議を相次いで開き、後続措置を話し合うなど緊迫した動きを見せた。盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は15日午後と16日午前に状況報告を受けたという。

 大統領府の宋旻淳(ソン・ミンスン)統一外交安保政策室長は「決議を支持する。対話を通じた問題解決を図ることが含まれており、中国やロシアも同意したという点を評価する」と語った。

 外交通商部はスポークスマンを通じ、「韓国政府は国際社会が相応の措置を講じる必要があるとの立場を維持してきた。北朝鮮がミサイル発射を保留するとした公約を順守し、6カ国協議に復帰することを望む」とのコメントを発表した。また統一部も「決議を尊重するという土台の上に立って、韓半島(朝鮮半島)の平和を維持する方向で対処していく」とコメントした。

 はい、韓国の得意技の一つ「捏造」の特大のがやってまいりました⊂⌒~⊃。Д。)⊃ピクピク 一体、いつ韓国がそんな態度を表明していたんだよ?!って飛びツッコミをかましてやりたい気持ちで一杯です(爆)

 正直、以下の様なセリフを吐いたのはついこの間だったんですが、韓国政府。

【ミサイル発射】韓国、国連制裁決議案に反対表明 
 
 国連安全保障理事会に米国・日本・英国・フランスなど7カ国が提出した北朝鮮に対する制裁決議案について、韓国政府が事実上の反対表明をしたことで、今後波紋広がるとみられる。韓国政府関係者は10日、「韓国は安保理の理事国ではないので、特定の決議案についての立場を表明するのは望ましくない」と話したが、韓国の立場としては明らかに決議案に反対であることが分かった。北朝鮮に対する制裁決議案は近日中に採決が行われるとみられる。

 韓国外交通商部の李揆亨(イ・ギュヒョン)第2次官はこの日、日本の大島正太郎駐韓大使を外交通商部に呼び、北朝鮮に対する制裁決議案に否定的な韓国政府の立場を伝えた。これに先立ち、外交通商部の秋圭昊(チュ・ギュホ)スポークスマンは外国メディアのインタビューに対し、「韓国は日本と行動を共にすることはないだろう」と語った。

 韓国政府が制裁決議案に反対することで、北朝鮮のミサイル発射に対する韓米日3国の足並みは乱れるとの予測が出ている。米国務省のクリストファー・ヒル次官補は韓国訪問中に「同じ言葉でメッセージを伝える」ことを協調したが、3国間の不協和音が早くも表れ始めた。

 韓国政府はこれまで、国連人権委員会での北朝鮮の人権状況に関する非難決議案の採決に欠席したり棄権したりしてきた。しかし、今回の制裁決議案ではその内容自体に反対しているという点でこれまでの姿勢と違いが見られる。

 韓国政府がこのような立場を明らかにした理由は、今回の制裁決議案が北朝鮮を刺激する恐れがあるためだとみられる。大統領府が北朝鮮のミサイル発射を安全保障上の脅威ではない「政治的な事件」と規定し、南北閣僚級会談を開くなど「静かな対応」をしている中で、この決議案に賛成すればムードを壊しかねないというものだ。

 韓国政府は特に、日本が主導した今回の決議案が、軍事的措置の行使を規定した国連憲章第7条を根拠としている点で反対の立場だ。

 とにかく、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」を地で行ってます。北朝鮮のミサイルを抑える事よりも、北朝鮮に制裁を加えようとする日本を非難する事の方が優先する国家韓国。そんな連中が「国際社会が相応の措置を講じる必要があるとの立場を維持してきた」なんて良く言えたもんです。アメリカ政府でも「アンビリーバボー」の声が上がってるだろうなぁ、と勝手に推測(w

 韓国はそろそろ国際社会の空気を読め、と言いたいですね。(「空気嫁」を出してきそうだけどね、韓国なら( ・∀・)アヒャ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アメリカも手を引き始めた韓国防衛

【国防】在韓米軍基地15カ所返還へ 
 
 韓国政府は14日に2日間の日程を終えた第9次韓米安保政策構想(SPI)会議で、2011年までに返還予定となっている59カ所の米軍基地の環境汚染問題について、「調査が完了した15カ所の基地については、手続きに基づいて返還する」という内容で合意した。これにより、15日昼12時には京畿道坡州のキャンプ・ハウズなど15カ所の基地が完全に韓国政府へ返還されることになる。

 15日に返還される15カ所の基地はキャンプ・ハウズのほかに、坡州のスタントン、ジャイアンツ、クリーブス、チャーリーブラック、板門店付近のボニパス、リバティーベル、自由の橋、ソウルの国連司令部コンパウンド、ソウル駅米軍事務所、梅香里射撃場、コールボーン(城南)、ラグァディア(議政府)、ニムブル(東豆川)、マックナップ(済州)など。

国防】在韓米軍は縮小、米軍内での地位も低下へ 
韓国軍と在韓米軍、「二元的指揮体系」への新たな枠組み作り(上)

 バーウェル・ベル在韓米軍司令官兼韓米連合司令部司令官が13日、「韓米両国がそれぞれ独自の司令部を構成する案を検討している」と発言したのは、在韓米軍と韓国軍の関係が根本的に変化する「新たな枠組み」を模索していることが公に確認されたという点で、示唆するところが少なくない。

 これは、韓国戦争(朝鮮戦争)の最中である1950年7月に米軍(国連軍)に委譲した戦時作戦統制権が韓国に返還されることを意味するものだ。また、同発言は韓米連合司令部が解体され、韓半島(朝鮮半島)の中で▲韓国軍は韓国軍が、▲在韓米軍は在韓米軍がそれぞれ「二元的指揮体系」を持つことについて、韓半島安保問題の次元から慎重な検討が必要だと指摘しているのだ。

◆在韓米軍は縮小、米軍内での地位も低下へ 

韓米連合司令部の解体は、形式上は1978年に設立された連合司令部体制が28年ぶりに幕を閉じることを意味している。しかし、実際の韓半島安保体制に及ぼす影響ははるかに大きい。

 1990年代初めに推進された「韓国防衛の韓国化」計画によって、すでに韓米野戦司令部(CFA)は解体されており、さらに連合司令部までもが解体された場合、韓米間の緊密な合同作戦体制は完全に消滅する。ベル在韓米軍司令官も同日の講演で言及したように、米軍の役割は韓国軍を支援する補助的なものへと変化することになる。

 そうなれば、有事の際における米軍の支援は海軍、空軍中心となり、在韓米軍の地上兵力は削減が避けられない見通しだ。2008年までに約2万4500人に削減される在韓米軍の規模は、さらに削減されることが予想される。

 これにより、現在大将クラスが務める在韓米軍司令官の階級は中将クラスに格下げになる可能性が高い。また、在韓米軍司令官が米ワシントン州から日本の座間基地への移転を予定している米陸軍第1軍団司令部(UEX)の指揮を受けることになり、在韓米軍が在日米軍に従属する可能性があると指摘する声もある。

 また、有事の際には最大69万人の兵力に、5個空母戦団など約160隻の艦艇や約1600機の航空機などで構成される米増援戦力の規模も大幅に縮小される可能性が高い。韓米連合司令部解体に注目しなければならないもう1つの理由がここにある。

 しかし、韓米連合司令部が解体されたからといって、韓米両国間の協力チャンネルが完全になくなるわけではない。韓米両国は「戦時作戦企画協力団」または「連合戦略企画団」といった性格の協議調整機構を新設し、有事の際に両国で行う合同作戦に関する問題などを協議する予定だ。

 このような体制の変化は、多国籍集団防衛体制を維持し、戦時には一元化された指揮体系で運用されるNATO(北大西洋条約機構)とは性格が異なる。むしろ、平時には独立した指揮体系を維持し、有事の際には「米日共同計画検討委員会」のような機構を通じて共同作戦計画を樹立・遂行する日本の並立型に近いものだ。

 国防部傘下機関の専門家は「以前、米日両国は完全に独立した関係を維持し、有事の際に合同作戦を行う時のみ協力関係を構築していたが、最近の米日安保協力強化と在日米軍再編を通じ、協力の水準を大きく高めている。戦時作戦統制権返還以後の韓米指揮体系は、未来の日本型に近いものになる」と語った。

 アメリカはどうやら韓国防衛を韓国の言う「自主防衛」に任せてしまうつもりの様です。そりゃそうだ、「ウリナラはウリ自身で守るから戦時の指揮権返すニダ。その為の「自主防衛」ニダ。米帝は余計な事せずにミンジョク統一を黙って見ているがいいニダ。ホルホル」と言われてそれでも朝鮮半島なんかにしがみつく必要がありませんから。それよりもパートナーとしての比重の高まった日本に司令部機能を置き、「一応国連軍だから居なきゃいかんしな」程度の申し訳的戦力を韓国に置く形で余った戦力をスイングさせるのでは、と思ったりして。

 ただ、正直な話「韓国軍を野放しにしていいのか?」という心配が。戦時作戦指揮権をアメリカ(国連軍)が保持しているからこそ韓国は自らが始める戦争を起こせず、竹島問題も軍が正面切って日本を挑発するまでに至れなかった訳ですが、ここで最後のくびきが外されてしまうとバカな韓国は一気に日本への軍を正面に押し立てた挑発、圧力をかけてくるのではないか?そうなると当然日本側も対応措置を取らざるを得ない訳で。こうして韓国の「裏付けの無い」覇権主義が極東の不安定要素として日韓戦争が勃発してもおかしくない状態になるのでは、と懸念する私です。

 ただでさえ、ノムヒョン政権は狂った様に反日を唱え、軍備の整備内容もほとんど対日戦を考えた様な装備ばかり。その上のアメリカの撤退。日本は特亜との「リアル戦争」をも考えなければいけない時代に突入してしまった様です_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飛ばす基地外議員金元雄

 ここの所、韓国の「与党」所属議員であり、国会統一外交通商委員会委員長でもある金元雄議員が電波放出度で飛ばしまくっております。

金元雄議員「日本が北をあおれば日本を攻撃する可能性も」 
 
 韓国国会統一外交通商委員会の金元雄(キム・ウォンウン)委員長が14日、平和放送のラジオ番組「今日も開かれた世界、こちらチャン・ソンミン」に出演した。

 金委員長は「米国と日本が北朝鮮を先制攻撃した場合、北朝鮮が在韓米軍基地を攻撃する可能性はあるし、日本が北朝鮮をあおれば日本を攻撃する可能性もある。しかしだからといって、北朝鮮が韓国を攻撃するためにスカッド・ミサイルを持っているとはいえない。事実、北朝鮮が韓国を攻撃すると言ったこともない」と語った。

【ミサイル】金元雄議員「日本を6カ国協議から排除すべき」 
 
 韓国国会統一外交通商委員会の金元雄(キム・ウォンウン)委員長が14日、平和放送のラジオ番組「今日も開かれた世界、こちらチャン・ソンミン」に出演した。

 金委員長は「日本を6カ国協議から排除すべきだ。日本の6カ国協議当事国としての資格を再検討しなければならない。日本は6カ国協議の中心議題である核問題とは全く関係のない拉致問題ばかり議題にし続け、6カ国協議を進める上で障害となっている」と主張した。

 以前、「数十万のめぐみ」発言や「米国は開城製品を買って分断の歴史的負債清算せよ」 発言、もっと前には「(朝鮮半島を日本の勢力下にある事を認めた)桂・タフト協定を認めたアメリカに謝罪と賠償を要求しよう」発言など事ある毎に高出力電波炸裂な妄言をガンガン出しまくる人なのですが・・・・・今回も期待にそぐわない高出力を維持しております・・・・orz

 しかし、正直な話、韓国外交通商省のお役人たち、こいつの妄言をどう見ているんでしょうかねぇ?与党出の委員会委員長だからそれ程無碍には出来ないでしょうけど、これ程までに反米反日媚北の態度を露わにされちゃうと韓国の外交面での孤立化がさらに促進されてしまう事に恐れを抱かないのか?と他人事ながらかなり気になります。

 韓国マスコミからも、朝鮮日報の社説に「韓国の国会委員長は北朝鮮最高人民会議の委員長なのか」と叩かれる始末。そりゃそうでしょ。「北のスカッドが韓国攻撃の為に保有されているとは言えない」だの「事実、北朝鮮が韓国を攻撃すると言ったこともない」なんて捏造かませばいくら何でも非難されるわ。北の軍部が「ソウルを火の海にする」発言かました事すら金委員長の脳内ではデリート完了ですか?(爆)

 次の選挙でもこいつが当選しちゃう様なら、私は韓国政府のみならず、韓国人にも期待するのを止めよう、と思います。どうせ相互対話を理解できないミンジョクでしょうから。韓国人の最後の良心に期待をかけます・・・・・_| ̄|○

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ウリミンジョクは一心同体ニダ

【ミサイル発射】「北のミサイル、どこの国も標的とせず」 
韓国大統領府、ミサイルの軍事的脅威を無視

 
 大統領府は9日、大統領府ホームページに「弘報首席室」名義で、「(北朝鮮のミサイルは)どこの国も標的とせず」という文を掲載した。

 大統領府はこの文で「テポドン発射の可能性は周知の事実だったので、(韓国)国防当局はいかなる非常態勢も発令しなかったし、韓国以外の他の国も非常事態を発令していない」とも書いている。

 さらに「誰かが政治的な理由でこのことを非常事態に仕立てようとしても、それは政治的事件にすぎず、安保的レベルの非常事態にすることはできない」としている。大統領府は「ゆっくり対応することにした。これは大統領の決定だ」と伝えた。

 これは「北朝鮮のミサイル発射には、韓国はもちろん、米国や日本を攻撃しようとの意図はなく、北朝鮮が軍事的目的以外の目標を達成するためにしたこと」という大統領府の判断を強調するためのものとみられる。また、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が北朝鮮の核保有に関し、「北朝鮮の主張にも一理ある」と発言した2004年11月のいわゆる「ロサンゼルス発言」ともほぼ同じ認識を示したものと解釈される。北朝鮮はミサイル試射について、主権国家の権利・自衛的措置などの主張を展開している。

 しかし、これは北朝鮮のミサイルの軍事的脅威自体を完全に無視する認識で、批判が予想される。米国は、長距離弾道ミサイルのテポドン2号については米国を狙ったものと考えており、日本はノドンミサイルの射程圏に含まれていることに敏感になっている。

 この文は、大統領府の李百万(イ・ベクマン)弘報首席が書いたといわれ、盧大統領ら大統領府関係者の基本的な認識を代弁しているものとみられる。

シン・ジョンロク記者

朝鮮日報

M0020008_hanvando_still_04w500 「ウリナラマンセー!ウリミンジョクマンセー!」

「ウリミンジョクのミサイルが韓国同胞に向かって発射される訳は無いニダ!」

・・・・・・・・・・という事なんでしょうか?韓国政府高官の頭の中って_| ̄|○

「西海交戦」っていつの話でしたっけ?

「サンオ級潜水艦の撃沈捕獲&工作員捜索」っていつでしたっけ?

「半潜水型工作船の撃沈」っていつでしたっけ?

こいつらの頭の中って「都合の悪い事は全てデリートする」というマクロでもインストールされているんじゃないだろうか?(爆)

それに、一体北朝鮮がどこの国をも標的にしていない、なんて良く分かりましたね?もしかして北朝鮮から「そう言え」とか言われたんですか?いきなり戦争相手の考える事まで代弁しちゃえる程の仲間なんですか?

勇み足し過ぎだよ韓国政府(自爆) 贔屓の引き倒し、って言葉知ってるかい?>韓国政府

もうちょっとまともな言い訳考える能力を養いなさいって。まぁ、韓国に主体思想ベッタリの政権が誕生している時点でもはや韓国人の頭の中身がどうかしてる事間違いなしなんですけどね・・・orz

| | コメント (8) | トラックバック (0)

11日より3日間、ブログ記事投稿出来ません

 @niftyのココログを使用の方はご存じかと思いますが、現在ココログの管理画面からの投稿等が非常に重く、平日の午後3時で重さを感じる位の状況です。夜中の21時からはほとんど動かないわ、動いてもエラー起こしまくるわとかなりとんでもない状態。

 で、さすがに苦情が酷かったのか、@niftyも重い腰を上げて対策メンテナンスを行う事にしたそうです。 で、タイトルの様に明日11日の午後2時より3日間もの間、新しいエントリー記事の投稿が出来なくなります。 つまり、更新が出来なくなるという事です。(コメントは問題無いとの事です)

 その間、面白いツッコミ入れ放題のネタがあってもエントリー出来なくなってしまうという訳で、非常に辛い事ではありますが、とりあえずはメンテの結果を見て判断させてもらう事にしたいと思います。 これでもし、状況が改善しなかったら私も抗議のメル凸させてもらおうかな・・・・・

 そういう訳で、明日から更新が止まりますのでご心配おかけしますが宜しくお願いします>読者各位

| | コメント (7) | トラックバック (0)

弾道ミサイルが飛んでも対応しないのがウリナラニダ

韓国「日本は騒ぎ過ぎ」 大統領官邸が声明
 
 【ソウル9日共同】韓国青瓦台(大統領官邸)は9日、北朝鮮のミサイル発射問題に関する声明を発表、「無理に日本のように未明から大騒ぎする必要はない」と述べた。声明は盧武鉉政権が同問題で積極的な対応を取っていないとの国内からの批判に反論したものだが、日韓の姿勢の違いが浮き彫りになったことで、今後の連携に影響が出る可能性もある。
 また青瓦台の宋旻淳・統一外交安保政策室長は同日、聯合ニュースに、日米などが国連安全保障理事会に提出した制裁決議案の効果に疑問を呈し、制裁自体にも批判的な見方を示した。

 青瓦台の声明は、韓国政府の「落ち着いた」対応は、国民を不安にさせないようにとの大統領の意思によるもの、と説明。過去に独裁政権が南北関係を緊張させ政治的に利用してきた歴史から抜け出さねばならないと訴え、「(ミサイル発射は)政治的な事件にすぎず、安保上の非常事態に至るものではない」と主張した。

 その上で、朝鮮半島の緊張を高めることは問題解決につながらないと強調。「大騒ぎで国民を不安にさせてはならず、大きな声を上げずに少しずつ対応している」と、日本政府との対応の違いを取り上げて韓国政府の方針を説明している。

 一方、宋室長は制裁決議案に「ミサイル計画を食い止める効果があるのか、判断が難しい」と話し、外交努力を強めるべきだとの考えを強調。韓国は現在安保理メンバーではなく採決には参加できないが、制裁決議案をめぐり日米との摩擦が顕在化する可能性もある。

 ・・・・・・・・とまたもや「苦しい時のウェノム叩き」でその場を取り繕うとする韓国政府でありましたとさ(# ゚Д゚) ムッカー

 大体、「全ての対応が後手後手に回る事」と「未明から弾道ミサイルの無警告発射に対応する事」は決して同じ事ではありません。韓国は隣国からの弾道ミサイルの発射に対して「政治的な事件」である事を事前に知っていたとでも言うのでしょうか?だとしたら、日本のみならずアメリカまで上下朝鮮に振り回された事になります。大体、ミサイル発射が続いている時間帯に韓国の民間旅客機が何機も当該空域を飛びまくっているのを止める事も出来なかった韓国政府にそんな偉そうな事言われる筋合いは全く無いですな。そんなセリフはやる事やってから言え、ヒトモドキめが。

 そして、韓国のメディアは今回の政府の対応をどう伝えているでしょうか?

【ミサイル発射】「驚かない韓国人」に世界が驚いた 

 北朝鮮の核開発問題など、韓半島(朝鮮半島)の安全保障をめぐる状況に異変が起きるたび、外国メディアに決まって登場するのが「韓国はとてものんきだ」という報道だ。今月5日の北朝鮮のミサイル発射後も、韓国では以前と変わらぬ平穏なムードに包まれている。夏休みシーズンを前に海外旅行客や国内の海水浴場へ向かう人々が増加の一途をたどっている。

(中略)

 こうした楽観ムードは一般市民の間でも見られた。7日午後、ソウル市江南区三成洞のコエックス・モールで会った女子大生のキム某さん(20)は「すぐ戦争に発展するようなことじゃないでしょう。北朝鮮のミサイル発射に対して韓国が鈍感だというけれど、それは米国の視点に立った見方だと思う」と話した。また大学生のチョ某さん(19)は「韓国にとって北朝鮮のミサイルが、必ずしも脅威でないとは言い切れないけれど、だからといって国じゅうが心配するような状況ではないのでは」と話した。江南駅で会った学生(大学3年生)は「北朝鮮が今回のミサイルを何発発射したか」と質問したところ、「3発だ」と答えた。

 ソウル市内の主な大学のホームページの掲示板では、ミサイル発射に関する書き込みを探すのが難しいほどだ。ネイバーなどのポータルサイトでも、北朝鮮のミサイルはそれほど大きな話題になっておらず、「まさか戦争にはならないでしょう」という反応が少なくない。海外在住のあるネチズンは、ネイバーの掲示板に「本当に異常だ。ここカナダではありとあらゆるニュースでミサイルについて大きく取り上げているのに、韓国ではこんなにも落ち着いているなんて…大統領までノーコメントというのは本当に異常だ」と書き込んだ。

【ミサイル】専門家に聞く「なぜ韓国人は危機と思わないのか」 
 
 北朝鮮のミサイル発射に対し、韓国国民が特に驚くこともなく、危機意識も見せていないことについて、専門家10人に意見を聞いた。外交・安全保障分野の専門家7人は、「8年間に及ぶ北朝鮮への宥和政策によって、北朝鮮が韓国を攻撃することはないだろうとの楽観ムードが広がった」と分析している。一方で、社会学・心理学の専門家3人は「数々の危機に慣れたためだろう」と分析した。

 高麗大の南成旭(ナム・ソンウク)教授は「金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の下で8年間続いた太陽政策が、韓国国民の危機の認識や状況判断の能力を失わせた」と説明した。また大統領府の外交安保首席秘書官を務めた亜州大の鄭鍾旭(チョン・ジョンウク)教授は「韓国国民の安全保障に対する認識が低下したとは思わない。今回の事態では政府が十分な情報提供をしていないため、国民が判断する材料が不足しているのだろう」との見方を示した。

 北朝鮮を韓国にとっての脅威だとは思わなくなっている風潮も影響を与えているとの指摘もある。世宗研究所の陳昌洙(チン・チャンス)首席研究員は「韓国国民は北朝鮮を甘く見ている。韓国が軍事的に北朝鮮よりも優勢であるという自信を持っているため、悠然と構えていると考えている」と述べた。

 延世大の金皓起(キム・ホギ)教授は「理性的な面では北朝鮮を批判するが、情緒的な面で“同じ民族なのだから、まさか…”という認識を持っているために、他国とは違った反応を見せていると考えられる」と説明した。梨花女子大の咸仁姫(ハム・イニ)教授は「長期間数々の危機を乗り越えてきたため、平和ボケ、あるいは内向的な状態が生まれているようだ」との見方を示した。また延世大の李勳求(イ・フング)教授は「北朝鮮がミサイルを発射しても反撃できないため、何ごともなかったかのように構える心理が働いている」と主張した。

 危機的な状況を必要以上にあおるのは望ましくはないが、安全保障の問題は「最悪の状況」を想定して臨まなければならないとの指摘も少なくない。高麗大の玄仁澤(ヒョン・インテク)教授は「最悪の状況を想定して、安全保障体制を整えなければならないという基本が揺らいでいる」と述べた。

 と、韓国だけが今回のミサイル発射問題に「乗り遅れている」状況が自国メディアによって浮き彫りにされている訳で。 韓国内の識者の分析もかなり情けないものが多く、「北朝鮮がミサイルを発射しても反撃できないため、何ごともなかったかのように構える心理が働いている」という分析にはあまりに目頭を押さえたくなるワタシ。まるで砂に頭を突っ込んで危機から目を背けているラクダの話を彷彿とさせてくれます。
 そして、韓国政府がこの問題についてノーコメントだらけになって適切なレベルのコメントすらして来なかった事が韓国国民の危機意識の判断材料すら提供していない、というある意味致命的な危機管理。日本もあまりでかい事は言えませんけど、現在も北朝鮮と「戦争中」の国とはとても思えない脳天気さに乾杯(爆)

 何か都合が悪くなると「イルボンが悪いニダ!チョパーリが深夜から大騒ぎするからウリもしなくていい説明をさせられるニダ!ウリナラは偉大な国だから勝手にさせるニダ!アメリカもウリに構うなニダ!」と始まるウリナラマンセー思考。とにかく自己中の極致。「ウリさえ良ければ他は知った事ないニダ」がデフォ。

 もうこんな国との付き合いなんか止めて欲しい・・・・早々に韓国を敵性国家扱いすべきだと切に思う私はどこかおかしいでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

反日映画の試写会を国会でやる国

カン・ウソク監督作品「韓半島」、国会で試写会

   【ソウル9日聯合】カン・ウソク監督の新作「韓半島(原題)」が劇場公開1日前の12日午後、国会の大会議室で試写会を開く。主催の国会文化芸術研究会が9日、明らかにした。同作品が南北統一と韓日歴史問題などを扱った点から意義ある作品と判断されたため。


 試写会には国会議員、国会職員、国民の誰もが参加可能。主催側は現在、カン監督と主演のチョ・ジェヒョンさん、チャ・インピョさんの参加も交渉中だ。

 さすが斜め上国家韓国、とうとう極めつけの反日映画に「意義ある作品」として「国会での試写会」を開催する事になりました_| ̄|○ それも国会議員だけでなく一般の国民全てが参加可能という「何考えてんだオイ」状態。

 こういう映画を国会で上映する事が日本人に一体どう受け取られるのか、考えてみた事があるんでしょうか?韓国人は。

 こういう真似ばかりしてるから嫌韓流がヒットしちゃうんだ、って事もう少し理解した方がいいんジャマイカ?(でも「ウリナラマンセー」の方が大事だから絶対無理だよな)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

反日映画「韓半島」予告編

 今年一月の韓国軍事ネタその2でネタにさせてもらったウリナラ反日電波映画「韓半島」の予告編動画が各所で上がって来ています。

 まずは見ていただこうという訳で。

http://www.hanbando2006.com/ (韓国オフィシャルページ)

http://kr.movies.yahoo.com/Movie/MovieInfo/movie_media.php?movie_id=17071 (予告編2本あります)

http://www.k4.dion.ne.jp/~chainpyo/news16.html

 まぁ、今までは想像していただけの電波がとうとう動画になって目の前に現れてきた、という事です。いかがだったでしょうか?

 前回よりも詳しいあらすじも入手出来ました。(韓国語機械翻訳(一部手直し))

"日本は韓半島の京義(キョンウィ)線鉄道開通を許可しません"

南と北が統一を約束してその初めての象徴の京義(キョンウィ)線鉄道完全開通式を推進する。
しかし日本は1907年大韓帝国との条約を根拠に開通式を邪魔して,韓半島に流入したすべての技術と資本を撤収するとして,大韓民国政府を圧迫する。

"文書にとられた国璽はにせ物です! 本当に国璽を探すことができます!"

「高宗の隠された国璽がある」という主張で史学界の異端児取り扱いを受けてきた崔ミンジェ博士(チョ・ジェヒョン)は国璽を探したら日本のごり押し主張をひっくり返すことができると確信する。 彼の確信を信じることになった大統領(アン・ソンギ)は日本自衛隊の東海(トンヘ)上出現などで非常戒厳令を公表することと同時についに'国璽発掘真相究明委員会'を構成,崔ミンジェに最後希望をかける…

"印鑑であるだけは… 1世紀前に滅びてしまった国の印鑑!"

統一よりは国家の安定と円満な対日関係に先に立ってきた総理(ムン・ソングン)は問題だけ作るだけの「国璽」騒動を防がなければならない。 結局側近の国家情報院書記官イ・サンヒョン(チャ・インピョ)に国璽発掘を邪魔して国璽を探したらそれをなくすことと必要ならば崔ミンジェもまた除去しても良いという極端な措置まで取る…日本の挑発は荒くなり終わらない100年前の危機が繰り返そうとするのに…国璽は存在することなのか? それなら国璽を探さなければならないことなのか?

 一体、1907年の条約って何なんでしょうね?乙巳條約は1905年だし、1907年って高宗退位の年だし・・・・また存在しない条約を作り出して日本を悪役にしようとしてる、って事なんですかね?まぁ、今でも韓国の日本資本・技術を撤収してやりたい位ではありますが(w

 そして、「本物の国璽があれば!」と意気込むバカどもですが、韓国政府が国璽1号を紛失してしまう程度の管理しかしていない事への抗議なんですかね?(w 大体、「あの条約は国璽が偽物なので無効です!」などと言い出しても「じゃ、大韓帝国は無効の条約におめおめと従ったのか?」と世界からバカにされるだけの様な気がしますけどね。もうちょっと外交通商省が「世界の常識」を指導してやればいいのにねぇ(爆)

 ま、日本人のほとんどは「とっとと統一しろ!だけどビタ一文も出さないからたかって来るな!」という意見で統一されている気がするんですが何か?(統一すれば在日に対する「特別在留許可」の根拠が無くなり、在日に対する特例が全て無効になると考えられる。他の在留外国人への取り扱いが在日にも適用される、という事)

 この映画で言いたい事は多分「ウリナラはもう分かり合っているから統一への問題点など無いニダ!でも、ウェノムどもが妨害するから統一できないニダ。だから仕方ないニダね。」という「統一しない事への言い訳」に日本を使いたい、ただそれだけの話。

 お願いだからストーカーせずに自立してくれよ、韓国・・・・・_| ̄|○

PS.韓国艦の天蓋に描かれた日の丸・・・・・あまりに悲しく見える。

PPS.海自海将補の戦闘服、本当にあんななんだろうか?正直な所違和感感じるんだけど。確認取ってみよう・・・・・

| | コメント (10) | トラックバック (1)

大丈夫かロシア?

 今回の北朝鮮の無警告ミサイル発射に関して、目の前にミサイルを撃ち込まれたロシアがどういう対応をしているのか、ちょっとまとめてみました。

ナホトカ市民、ミサイル不安…市庁舎や北朝鮮総領事館に押しかけ
 
 タス通信は5日、北朝鮮が発射したミサイルが近海に着弾したロシア極東・沿海地方のナホトカで、説明を求める市民らが市庁舎や北朝鮮総領事館に押しかけるなど、不安が広がっていると伝えた。
 数十人の市民がコステンコ市長代行の執務室に行き、「住民に危険はないのか」と不安を訴えた。同代行は、ミサイル発射は演習であり実弾を装着していないので危険はないと答えたという。

 また、市民らが北朝鮮総領事館の敷地に入ろうとしたため、同市は警備強化を指示した。

 ミサイル発射の報道を受け、市長代行を長とする非常事態委員会を招集。同代行は、いかなる状況にも対応できるよう救急隊員らに要請するとともに、事態の詳細が明らかになるまで職場にとどまるよう、すべての市職員に命じた。(共同)

 まぁ、当然の行動ですな>ナホトカ市民 ただ、同じ様な状況になってもまず間違いなく日本人だけはおとなしく黙ってるんだろうなぁ。柳川鍋のドジョウみたいな国民、それが日本人orz

 で、この状況に対して現代のツァーリことプーチン大統領はどう対応しているのか?

露大統領、北を批判も制裁措置には反対
 
 【モスクワ=内藤泰朗】ロシアのプーチン大統領は6日、「(ミサイル)実験を行うときは、関係国に事前に通報するのが文明国の常識だ」と、事前通報を怠った北朝鮮を厳しく批判した。

 しかし、北朝鮮に対する制裁措置については、「感情に押し流されてはいけない。今回の(ミサイル発射)事件は北朝鮮の核問題を話し合う交渉再開の機会とすべきだ」と述べ、反対の姿勢を示した。

 まぁ、プーチンとしては今後の北朝鮮に対する影響力を考えれば制裁に賛成してパイプを切ってしまうのは得策ではない、と考えたんでしょう。でも、足引っ張るのだけは勘弁な。

 で、他の報道では面白い話が。

プーチン大統領、北朝鮮のミサイル発射に「失望」

 【モスクワ=金子亨】ロシアのプーチン大統領は6日、北朝鮮によるミサイル発射について「失望した。このような実験は正常とは言えない」と批判した。

 インターネットを通じた会議で、国内外の利用者から寄せられた質問に答えたもの。その上で大統領は、北朝鮮が大陸間弾道ミサイルを製造することについて「近い将来には不可能だ」との見通しを示した。

 一方、ミサイルは今回、ロシア近海に着弾したが、大統領は「我々のミサイル追跡用レーダーでは、その情報は確認されていない」と明らかにした。

 まず、ICBM製作は不可能と断じた理由については

露宇宙庁長官「北のミサイル技術は初歩の段階」
 
 インタファクス通信によると、ロシア宇宙庁のペルミノフ長官は6日、北朝鮮のミサイル発射に関連し「発射の結果から判断すると、
北朝鮮のミサイル技術は全然完成されていない」と述べた。長官は「ミサイル発射の際も、飛行中もかなり多くのミスがあった。北朝鮮のミサイル技術は初歩の段階にある」と指摘した。(共同)

 という専門家の裏付けがあったからではないかと。(これはちょっと考えるとどうしてそう判断出来るのか不思議な所もあるんですが、後述)

 そして、レーダー情報については軍から全く逆の声明が発表されていたり。

北ミサイル「全部で10発確認」 露軍参謀総長
 
 【モスクワ=内藤泰朗】ロシア軍のバルエフスキー参謀総長は5日、訪問先の東シベリア・チタで記者会見し、
ロシア軍がミサイル追尾システムで計10発の北朝鮮のミサイル発射を確認したと明らかにした。
 同参謀総長はミサイルの種類については、「さまざまな種類のミサイルだったとの情報と、すべてが弾道ミサイルだったとの情報があり、情報の確認と精査を行った後で発表する」と語った。

 ロシア側が明らかにした「10発」には、北朝鮮が5日夕に新たに発射したものは含まれていないとみられる。

 しかし、これを真っ向から否定する報道が出てくる有様。

ロシア軍、北ミサイル探知できず…露紙が無力ぶり指摘

 【モスクワ=古本朗】ロシア軍は北朝鮮のミサイル発射を全く探知できなかった――。

 露有力紙コメルサントは6日、露軍防空体制の無力ぶりを暴く特ダネ記事を掲載した。

 同紙によると、発射の情報が世界を駆けめぐった後、露国防省と参謀本部の担当者たちはインターネットから情報を集める有り様だった、という。

 醜態をさらす羽目になった理由の一つは、アジア太平洋地域でのミサイル発射を赤外線センサーで探知する露軍の早期警戒衛星は2003年に壊れたまま放置されているため、同地域の監視がガラ空きになっている点だ。

 また、シベリアのイルクーツク州にミサイル追跡用レーダーが設置されているものの、北朝鮮ミサイルの飛行高度が低すぎたために、このレーダーでは捉えられなかった、という。

 セルゲイ・イワノフ国防相やユーリー・バルエフスキー参謀総長は5日、北朝鮮ミサイルの発射を露軍の監視システムで捉えた、と強調したが、コメルサント紙の報道が事実なら、虚勢を張っていたことになる。

 とまぁ、ロシア軍を覆う「予算不足」が未だに全ての足を引っ張る状況を克明に伝えてきています。最近、エネルギー資源の好調で経済上向きの万事OK状況を伝え聞くロシアですが、結局は税収入に結びついていないという事なのか。今もなお、平気でウソついて真実を隠蔽するクセが抜けないロシア軍の体質が変わっていない事が垣間見られた一面でした。

 そして、露宇宙庁長官が言う北ミサイルの評価ですが、結局防空軍ですらミサイルの存在を捕まえられなかったにも関わらず、どうやって飛行中のミサイルへの評価が出来たのか?非常に不思議です。プーチン大統領、その辺理解しているんでしょうか?(それとも、北に協力している産業界からの情報が基本?)

 今回のロシア目前へのミサイル撃ち込みはウラジオストクに在泊している米第7艦隊旗艦ブルーリッジに対する威嚇も込められているのではないか、という見方もあります。それにしても、友好国の目前に無警告でミサイル撃ち込むという非常識さにさすがのプーチンもちょっと切れた、って感じですかね。今後、北に対して安く兵器の売却をしてくれるかどうか、これまた見物かも知れません(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎度おまぬけなNHK

NHK人気歴史番組 英国旗を上下逆さまに掲揚
 
≪視聴者の指摘で間違いに気づくも…そのまま放送≫

 NHK大阪放送局は6日、同局制作で放送した人気歴史番組「その時 歴史が動いた」の再現場面で、英国旗を上下逆さまに掲揚するミスがあったと発表した。担当した30代のディレクターは、予告編を見た視聴者から指摘を受け間違いに気づいたが、そのまま放送していたという。

 放送終了後、同じ視聴者の指摘でプロデューサーも知ったが、この視聴者に電話で謝罪しただけで、上司に報告していなかった。その後、東京の広報局に週刊誌から取材がありミスが発覚した。

 大阪放送局は「経緯を調べ、厳正に対処したい」としており、5日午前、大阪市の英国総領事館に出向き謝罪し、同日夜の番組中でも訂正した。

 同局によると、ミスがあったのは、6月21日放送の「幻の大艦隊~イギリスから見た薩英戦争」。再現場面のうち計13カ所で、英国旗を上下逆に掲揚した。視聴者は斜めの赤白のラインが逆になっていたため分かったという。

 ディレクターは「作り替えるのに時間がかかるし、指摘されるほど変わらないのではないかと思った」と釈明したという。

 これが戦後の国旗教育のなれの果てですよ、日教組さん。

 こうやって自国の国旗をないがしろにする結果、他国の国旗に対する尊重という世界の常識すら身についていない国民が出来上がってしまった訳で。これって、イギリスに対する日本国営放送局による侮辱行為と受け取られてもおかしくない事だったって事、視聴者からの指摘を受けた時に気付けなかったのか?少なくともディレクターのコメントを見る限り微塵も感じていなかった事が分かります。(この調子で料金督促なんて片腹痛いですよ、NHKさん( ´,_ゝ`)プッ)

 これがもし、サウジアラビアの国旗を上下逆に掲揚したら?と考えるとちょっと怖いものがあります。なぜって?サウジアラビア国旗はなんと「コーランの一節を書き込んでいる」からです。彼らの聖典たるコーランを逆に掲げたら、そう考えると恐ろしいものがありませんか?

 今回の事件も次元は同じ。他国の国旗に対する尊重はその国に対する尊重そのものであり、決してないがしろにしてはならないもの。それが無知から来るものであっても失礼は失礼。むしろ教えなかった事が罪悪とされるのではないでしょうか?

 お隣には毎度我が国の国旗を燃やしまくる非常識国家がありますので、それを見てるとだんだん感覚が麻痺してくるのかもしれませんが(爆)せめて先進国の国民として「世界の常識をわきまえた」国民になる必要がある、そう痛感すると同時に「日本だけでしか通用しないバカげた論理を教える」サヨク教育労働者を排斥する必要も痛感する今日この頃です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

使徒、襲来ニダ

北、ミサイル複数発射 海上に落下

 北朝鮮が5日未明から、ミサイル複数を日本海に向けて発射した。いずれも日本から数百キロ離れた海上に落下したとみられる。政府はミサイルの種類や発射の状況などを調査しているが、テポドン2号の可能性が高い。被害は確認されていない。北朝鮮による弾道ミサイルの発射とすれば、平成5年のノドン、10年のテポドン1号に続くもの。
 安倍晋三官房長官は同日午前6時すぎから緊急記者会見を行い、「各国の事前の警告にもかかわらず発射を強行したことは重大な問題」と述べ、厳しく抗議する考えを表明した。

 米国が4日にスペースシャトル「ディスカバリー」を打ち上げたことから、北朝鮮がこれに対抗してミサイル発射を断行したともみられる。

 政府筋によると、ミサイルは5日午前3時半すぎから同5時にかけて発射されたとみられ、北海道の西方500-600キロや新潟県沖北西部約700キロの海上などに着弾したとみられる。政府内には、このうち1発が中距離弾道ミサイル「ノドン」だったとの見方もあるが、長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射に失敗した可能性が高い。他の2発は短距離弾道ミサイルのスカッドミサイルとみられている。

 北朝鮮の北東部の咸鏡北道花台郡にあるミサイル実験場では、5月からテポドン2号の発射準備が進められ、日米両国は警戒態勢を強化。海上自衛隊のイージス艦2隻が日本海と太平洋に展開し、航空自衛隊の電子測定機「YS11E」なども日本海側で情報収集にあたり、千葉県に配備している新型の地上レーダー「FPS-XX」も北朝鮮の方角に向け、発射に備えていた。

 北朝鮮のミサイル発射を受け、政府は官邸対策室を発足させるとともに外務省も緊急対策本部を設けて情報収集態勢を強化。安全保障会議も開催して今後の対応を確認する。また、米国のシーファー駐日大使と情報交換するなど緊密な連携をとっていく。

 平成14年の日朝平壌宣言ではミサイル発射の凍結が盛り込まれていることから、政府は「宣言に違反した遺憾な行為」として抗議する。

≪発射はテポドン2号含む5発≫

 【ワシントン支局】AFP通信によると、米政府は4日、当初6発としていた北朝鮮のミサイル発射について5発と訂正した。

 米政府高官はこれまで、北朝鮮は新型の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」を含む6発のミサイルを発射したと語っていたが、ホワイトハウスはその後、報道陣に「6発目の発射は確認されていない」という内容の電子メールを送信した。複数の米国防総省関係者もミサイル発射は5発と述べた。

 また、米政府高官は、北朝鮮には、まだミサイル発射能力は残っているものの、さらなる発射実験の可能性については言及しなかった。

日本政府、北に制裁発動へ 「かつてない厳しい姿勢」
 
 政府は5日、北朝鮮が「テポドン」を発射したとの想定で、改正外為法や特定船舶入港禁止法に基づく制裁措置を同日中にも発動する方針だ。同時に、国連安全保障理事会への付託など外交ルートを通じて北朝鮮への制裁などを国際社会に働きかけ、北朝鮮に対し「かつてない厳しい姿勢」(政府筋)で臨むことにしている。
 安倍晋三官房長官は5日午前の安全保障会議後の記者会見で、北朝鮮のミサイル発射は「(日朝平壌宣言に違反した)疑いはある」と述べた。その上で、北朝鮮への今後の対応について、平成16年の通常国会で成立した改正外為法と特定船舶入港禁止法を初めて適用し、北朝鮮への送金停止や万景峰号の入港禁止など日本独自の制裁措置に踏み切る方針を示した。

 安倍氏はまた、「日本政府としては日本のみならず地域の安全を脅かす行為であり、国連安保理で議論すべきことだ」と述べ、国連を通じた北朝鮮への非難と制裁を国際社会に訴えていく考えを強調した。麻生太郎外相は記者会見で「安保理に会議の招集を要請した」と述べた。

 15日からロシアで開かれる主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)では、拉致問題とともに北朝鮮の核・ミサイル問題が主要な議題になるが、中国、韓国など6カ国協議の参加国とも意見交換していくことにしている。

 一方、シーファー駐日米大使は5日朝、首相官邸を訪ね、安倍官房長官、麻生外相、額賀福志郎防衛庁長官と協議し、国連安保理への付託などで日米両国が緊密に連携していくことを確認した。

 とうとう北チョンがやってくれました。 もしかしたら「やらないんじゃないか?」とも思われたミサイル発射ですが、自らの独立記念日(5日)に発射という、まるで「景気づけの花火」の様な発射。それも5~6発。一体何考えてるんでしょうか?全く狂人の考える事は分かりません┐(´д`)┌ ただ、国際社会では「心神耗弱状態だから免罪」なんて理論は通じません。日本政府もとうとう怒りました。日米からの制裁措置を充分に食らって下さい。

 そして、金将軍の盟友ノムヒョン氏もとうとう一線を越えました。

韓国、EEZ内で海流調査開始 海洋警察は非常警戒態勢
 
 【ソウル=久保田るり子】韓国の国立海洋調査院所属の海流調査船「海洋2000号」は5日、同国が不法占拠している竹島(韓国名・独島)周辺海域の日本側排他的経済水域(EEZ)内で調査活動を開始した。日本は同水域を警戒中の海上保安庁の巡視船「だいせん」(3374トン)が調査中止を要請したが、韓国側は「調査を妨害しないでほしい」と拒否し、日本政府は外交ルートで韓国政府に抗議する方針だ。韓国側は調査は一日で終了する予定としている。
 韓国は調査船が竹島付近海域で海流調査に着手したことに伴い、海洋警察が非常警戒態勢に入った。竹島に韓国は「独島警備隊」を配置しており、同警備隊と海洋警察庁が調査が完了するまで警戒勤務に当たる。

 日本側は、「海洋2000号」が日本のEEZ海域に入った直後、無線などを通じ海洋調査の中止を要請、海上でのにらみ合いとなっている。韓国側は調査船と日本の巡視船の動きを注視し、万一の事態に備え隊員の非常出動も準備している。

竹島周辺の調査で韓国大使に強く抗議 谷内外務次官 
 
 韓国の海洋調査船が、日本側の排他的経済水域(EEZ)である竹島周辺海域で海流調査を開始したことを受けて、外務省の谷内正太郎事務次官は5日午前、外務省に韓国の羅鍾一駐日大使を呼び、強く抗議するとともに、このまま調査を強行すれば、日本側も調査を再開する考えを伝えた。
 これに対し、羅氏は「(韓国の調査は)主権に基づいた当然の権利であり、日本側の主張は受け入れられない」と述べた。

 また、鹿取克章外務報道官は「再三にわたる中止・延期要請にもかかわらず、調査を開始したことは極めて遺憾であり、直ちに中止を求める」とする談話を発表。4月の日韓外務次官合意の重要性を指摘した上で、「このような事態となった以上(日本側の海洋調査も)必要に応じ適切な時期に実施する」とし、韓国政府に誠意ある対応を求めた。

 全く同日に南も日本挑発の行動を起こしました。正直、南北で示し合って行動起こしたんじゃないかと勘ぐりたくなる位のタイミングです。今や日本の外務省は南北の挑発に係り切りの対応に迫られています。 相変わらず韓国は「北のミサイルはウリナラのミサイル」と危機感無しなんだろうと思いますが(そうでなきゃ調査船の強行侵入なんかさせている場合じゃありません)、こうまで日本に仇成すミンジョクだったのかと今更ながらに頭痛かします。

 正直、北の自殺行為はともかく南の対日挑発行為は同盟という言葉を消滅させたに等しい行為です。同盟であればこそ、問題の先送りなど挑発を控える事を普通は考えます。しかし、今回韓国は北のミサイル発射という緊急事態にも関わらず日本に対する挑発行動を優先させたのです。これのどこが一体同盟国なのでしょうか?

 今後、6カ国協議は「日米vs南北朝鮮&中露」という図式で考えるべきでしょう。もはや韓国は友軍ではありません。「敵」です。

 今回の北のミサイル発射に対してはかねてからの警告通り日本は「平壌宣言違反」として制裁措置を取ります。同時に韓国に対しては韓国が取った対応と同様に調査船をEEZ内に送り込む事を表明しました。もし、韓国が実力行使をしたら・・・・その時の国際社会の反応が楽しみです(w

 それにしても、あのミンジョクはいくら口で言っても理解できないんですねぇ・・・・意思の疎通が不可能なのか?とすら思えます。一方的に侵略してくる様はまるで使徒・・・・orz

| | コメント (5) | トラックバック (6)

未だ「中華」が生きてるつもりの中国

首相ら3ポスト除く靖国参拝、中国外務次官が容認示唆

 【北京=杉山祐之】中国の武大偉・外務次官は4日、北京を訪問中の船田元・自民党衆院議員と会談し、靖国神社参拝問題で、「首相、外相、官房長官以外の閣僚、国会議員の参拝は、好ましくはないが、中日関係への影響は最小限に抑えられる」と述べた。

 首相ら3ポストを除く閣僚の靖国参拝については、日中関係発展の重大な障害とは見なさないとの姿勢を示したものだ。中国側が、閣僚の靖国参拝で、事実上の一部容認とも受け取れる柔軟な姿勢を打ち出すのは異例。

 首相ら3ポストについて、武次官は、「政府を代表する立場にあり、中国人民の支持を得られない」と語り、これまで同様、強く反対する考えを示した。

 一方、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議に関して、同協議で議長役を務める武次官は、「今月中に非公式協議を行いたい。他の5か国にも、その意向を伝えている」とし、月内の非公式協議開催に向けて各国と調整を進めていることを明らかにした。

 一体、ただの衆議院議員の船田氏が何しに中国の外務次官と会いに行ってるのか良く分かりませんが、まぁ中国に対しては一言「日本は中国の属国じゃねーよバーカ!」と言ってあげましょう(w

 上下朝鮮は元々歴代中国王朝の属国でしたので強い物言いも全く無問題なんでしょうけど(オイ)日本は基本的に聖徳太子の隋に対する「日出る国・・」で始まる有名な親書で分かる通り中華支配とは一線を画した国です。近代になってはそれまでのプライドが文明の発展を阻害し、日本にまで敗北を喫して危うく国家解体寸前まで行ったまるで朝鮮の様な国、そんな中国。
 それが、戦後核兵器を手にしてからはまるで「世界の支配者」面してアメリカと対立しまくり。今も世界秩序を乱そうとする国家に率先して融資・援助して資源の確保に狂奔する有様。

 そんな「自分の事しか考えてない大国」中国に偉そうなセリフを吐いてもらいたくはありません。以前、中国の外相が「日本にゲンメイしました」とふざけたセリフ吐いたバカもいましたが、吐いたツバ飲まない様にしとけやボケ、とかねがね思っている反中国日本人のワタシ。今回は勝手に「許せるレベルを下げました」、ですか?そんなのありがたがるバカは一握りの媚中政治家やサヨクだけだよ。ポマードももういないんだよ?(w

 中国もそろそろ「日本政府に向かって命令している=日本人の対中感情を悪化させまくっている」事を理解すべきでしょう。それも出来ないのなら最悪の事態、覚悟していただきたいものです。

 最後に、自民党憲法調査会会長を勤め、安全保障関係の委員会を歴任している船田氏、ちょっとは反論してくれたんでしょうね? もし黙って聞いてきただけ、などと言うのであれば「日本はあんたを必要としていない」。少なくとも南方の日本EEZ内における無通告海洋調査への抗議くらいはしてこい。ガキの遣いじゃないんだから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウリに人気な北海道とバンコク

今年の夏休み、人気旅行先はバンコクと北海道

   【ソウル30日聯合】今年の夏休みに人気の海外旅行は、東南アジア方面、4泊5日コースで、費用は40万~50万ウォン程度――。ロッテ観光が本格的なシーズン入りを前に、自社予約センター19日から25日まで受け付けた旅行相談1万598件を分析したところ、このような結果が出た。人気の目的地はバンコクが全体の20.5%を占めトップとなり、次いで北海道が13.0%、張家界(中国湖南省)が12.5%、プーケットが10.4%、西欧が7.4%、グアム・サイパンが6.6%、セブ島が6.3%などと続いた。旅行期間は4泊5日が36%で最も多く、3泊4日(19%)、5泊6日(16%)、6泊7日(14%)などとなった。
 出発日は7月29日から8月4日までが17%、7月22日から28日が16%を占めており、7月末から8月にかけてが出国ピークとなりそうだ。

 北海道の皆さん、韓国人渡来警報が発令されました。

 今月末から来月にかけては戸締まりと火の始末、燃えやすいものを戸外に放置しない様お願いします。なお、困っている韓国人を下手に助けると逆に逆恨みされる可能性もあるので(例、蔵王)慎重に対処して下さい。 商店の方は購入前に勝手に商品を開けるクセがあるそうなのでご注意を。(勝手に店のお茶で乾杯し出すヒトモドキも実在しています)

 以上、韓国人渡来警報でした<(_ _)>

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »