« 日中韓犯罪トリオ結成_| ̄|○ | トップページ | なぜ隠さねばならないのか? »

どーでもいい事つらつらと

 たまには何も考えずに「ちょっと書きたい」事などつらつらと書き付けておこう。

P6290201 ●現在製作中の喇叭1/350ザ・サリバンズ、先日の桜と錨提督の「主砲砲身は取り替えた方がいい」という意見に合わせてクリッパーの1/700ドイツ重巡用砲身に交換。砲身長も1㎜短縮。ついでにエポキシパテにてキャンバスまで。これで結構感じが出たんじゃないかなぁ?

P6290204 ●出たばかりのタミヤ1/35シャールB1、あまりに簡単なキットであっという間に組み立て80%まで。塗装の関係があるんで完全に組んでしまう訳には行かない所もありますが(全部組んでから塗るAFVモデラーの方々には感心するばかり)塗り分けがはっきりしている車輌が多いので筆塗りかましてみようかなぁ、と思ったり。

●mixiのマイミクがとうとう40人に。結構人付き合いが下手な私ですが、なんだかんだで40人もの繋がりが出来たのには我ながらちょっと驚き。

●暑くなってきましたねぇ。そのせいか、最近はワインに手が出ず、ビール(&発泡酒系)にばかり手が出てしまいます。開いてるワインが残ってるんだけどなぁ・・・・

●某氏の掲示板にて「今年の観艦式の観閲艦は「しらね」ではない、との噂。ちょっと驚き。という事は「くらま」なのかなぁ?残念だけど「あたご」は参加出来ないしなぁ。

●世界の艦船誌の増刊「海上自衛隊2006-2007」を読んで気付いたんですが、佐世保の第2護衛隊ってなみ、あめ、きり各級の混成だったんですねぇ。ここまでバラバラな編成ってのは初めて見た様な。

●先日買ったドイツレベルの1/144UボートⅦD。新金型の新しいキットですが、なぜかバリエーション展開を見越した部品割りをしているのにマイナーな機雷敷設タイプで発売。出来は良いので最初は標準タイプのⅦCとかⅦC/41とかにすれば(つまり1/72と同じ)結構塗装バリエーションがあるのになぁ、とか。気長に待つとしましょうか。

 以上、チラシの裏でした<(_ _)>

|

« 日中韓犯罪トリオ結成_| ̄|○ | トップページ | なぜ隠さねばならないのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Very informative blog.Really thank you! Keep writing.

投稿: Alexa | 2014/01/24 07:59

You lost me, buddy. I mean, I assume I get what youre expressing. I understand what you are saying, but you just seem to have forgotten that you will find some other people inside the world who see this issue for what it actually is and may well not agree with you. You might be turning away a decent amount of folks who might have been lovers of your site.

投稿: Lucy | 2014/02/22 13:44

Intimately, the post is really the greatest on that worthwhile topic. I fit in with your conclusions and definitely will eagerly look forward to your next updates. I’m just saying thanks. It’s cannot simply be enough, for the amazing clarity in your writing. I can immediately grab your rises feed to stay abreast of any updates. Pleasant work and much success in your business endeavors!

投稿: Zoey | 2014/03/30 06:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83916/10721701

この記事へのトラックバック一覧です: どーでもいい事つらつらと:

« 日中韓犯罪トリオ結成_| ̄|○ | トップページ | なぜ隠さねばならないのか? »