« 静岡への高い壁 | トップページ | 盗んだものに金払わない、それが盗人 »

永遠の「被害者意識」国家韓国

今、韓日EEZでは「銃声ない戦争」

「韓国漁船の日本による拉致を防げ」

日本の独島海域の水路調査を巡る両国のにらみ合い以後、日韓間の緊張が高まっている。そういう中、EEZ(排他的経済水域)に対して韓国海洋警察と日本海上保安庁が「銃声ない戦争」を繰り広げている。

相手国漁船のEEZ内不法操業に対する監視を強化すると同時に、漁船拉致防止など、自国漁民の保護に総力を傾けているとのこと。特に、最近両国間の感情的な対立が深まる中、訓戒程度のわずかな協定違反も船舶拿捕および船員抑留などにつながり、一歩間違えば、外交紛争になる可能性もある状況だ。

実際今月8日、島根県隠岐島の周辺で日本のEEZ内で操業した済州船籍の漁船が操業日誌に不実を記載した容疑で日本の海上保安庁に拿捕されており、関係当局は今度の事件がさらなる紛争発展の兆候ではないかと憂慮している。

韓日漁業協定の以後、韓国漁船がEEZ内で不法操業し、日本側に拿捕された件数は2003年の24件、2004年の19件、2005年の15件、今年4件である一方、韓国が日本漁船を拿捕した件数は2004年の6件と2005年の1件に過ぎない。これは韓国のEEZ内の水産資源が激減した反面、日本のEEZ内では漁獲量が多いため、韓国漁船が日本のEEZ内で活発に操業をしているからだという。

このようにEEZを巡る両国の関係が「日本の拿捕-韓国の拉致」の構図に図式化されているうえに両国の関係が再び冷却化している。このような状況が続けば、一触即発の緊張の中37時間ものにらみ合いが続いた去年5月の「新風号事件」が再演される可能性が高まっている。

これにより、海警の釜山本部は最近「日本EEZ水域の出漁船拉致防止対策」会議を開き、日本側の取り締まり強化に備えて韓国の出漁船を保護するための予防策作りに苦心している。海警はEEZの周辺水域に警備艦艇の巡視を強化し、出航する漁船に対して不法操業の禁止および協定遵守に関する教育を行う一方、近隣海域の広域航空の巡視も強化することにした。

 相変わらず盗人猛々しいマスゴミしかいませんね、韓国報道機関は。

 勝手に自国沿岸の水産資源を枯渇させておきながら、今度は人の経済水域にまで手を出して無法な水産資源の「略奪」を行い、挙げ句の果てに日本側に不法を咎められて現行犯逮捕されたら「拉致」認定ですか。大体、不法行為を取り締まるべき海洋警察自体が自国の不法漁民の保護に力を入れるというある意味海賊保護を積極的に行っている訳ですから、言うべき言葉もありません。「倭寇」ならぬ「韓寇」が今の現実ではないのでしょうか?

 拉致という言葉は北朝鮮が国家的に行っている「罪もない善良な一般市民を不法かつ強制的に連れ去る」事を言うのが普通で、人の国で違法行為をして逮捕される事を拉致とは言わないのが「国際的常識」です。

 韓国側はとにかく「日本が韓国漁民を逮捕という拉致をするので日韓関係も険悪化しているニダ!謝罪しる!賠償しる!」と言いたいのでしょうが、もはやそんなふざけた妄言に耳を貸す日本人はプロ市民と社民党位しかいません。

 早いところ、韓国は思考形態を国際標準化すべきですね。考え方のグローバル化無しに世界と交わる事はある意味犯罪行為と言えます。政府&政治家の思考からまずは変えていく必要を悟る・・・・・・事なんて無理なんでしょうねぇ、ウリナラミンジョクの皆さんには┐(´д`)┌

 まぁ、海上保安庁の方々には今後ともがんばっていただきたい、と切にお願いするしか無い今日この頃です。

|

« 静岡への高い壁 | トップページ | 盗んだものに金払わない、それが盗人 »

特定アジアの話題」カテゴリの記事

コメント

 それはそうと>>1よ、このニュースをどう思う?

民団と総連が和解へ、あすにもトップ会談(読売新聞)

 在日本大韓民国民団(韓国民団)と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)は、結成から50年余り続いた対立関係を解消し和解するため、17日にも、東京・千代田区の朝鮮総連本部で初のトップ会談に臨むことがわかった。

 会談後、合意した和解内容などについて発表する。

 両団体の歴史的和解を受け、韓国民団が要求する永住外国人の地方参政権などの政治課題で、朝鮮総連が共闘に動く可能性もあるほか、国際的に孤立を深める北朝鮮本国に対し、韓国民団が経済支援に乗り出すとの見方も出ている。

 領土問題などで悪化している日韓関係にも、大きな影響を与えるとみられる。

 1950年代から対立を繰り返してきた韓国民団と朝鮮総連は、2000年6月の南北首脳会談と和解のための南北共同宣言を受けた、韓国と北朝鮮本国の要請もあり、和解作業を進めたことがある。

[読売新聞社:2006年05月16日 14時36分]

 うるさいこという団体がひとつにまとまるのは悪いことぢゃないと思いますが、それによって規模が大きくなるのは困ったもんですよ。規模が膨らめばそれだけ声も大きくなるわけで。(-_-;)

投稿: KWAT | 2006/05/16 14:49

トンポ(同胞)同士で戦争していながら、いついかなる時でも日本にだけは敵対心を露にし、共通の敵である日本に対してなら団結出来るのも朝鮮流ならでは。

日本の物はウリナラの物、ウリナラの物はウリナラの為だけの物・・・。朝鮮人特有のジァイアニズム炸裂なところもまた朝鮮流。

>韓国民団が要求する永住外国人の地方参政権
図々しいにも程がある。選挙で投票したいなら、帰国してください。そうすれば祖国は温かく迎えてくれる事でしょう。(まさかパンチョッパリなんて言われないでしょうから)

>国際的に孤立を深める北朝鮮本国に対し、韓国民団が経済支援に乗り出す
いくらでもどうぞ。でも日本政府はびた一文出しませんから。

よーし、パパ。韓国海洋警察ファンド買っちゃうぞー(笑)

投稿: なか | 2006/05/16 16:09

いやはや、お二方ともレスが早いですなぁ(笑)
民団+総連の共闘、少なくとも民団の空気の読め無さは特筆すべきかも知れませんね。今、総連と言えば「拉致」と言う位テロリスト扱いされている団体。それと共闘なんかしたら同じ穴のムジナ扱いされるのは当然。ほとんど自爆行為ですね。(まぁ、空気が読めていれば今までの様な主張はとても出せない訳なんですけどね)二つともいっぺんにガサ入れ出来れば言うこと無いんですが。
それから、今でも北の国会議員を出している総連を含めた在日への地方参政権は制度上無理だ、という事になりますね。(上下朝鮮と日本で参政権保持なんて当然許されませんから)こちらも自爆行為になりそうな希ガス。

投稿: みほり | 2006/05/16 22:12

It comes to be a genuinely practical discussion that provides good examples of the greatest way to get involved folks in executing here is the approach. I encountered this exceptionally knowledgeable. Applauses and also several thanks.

投稿: Trinity | 2014/02/18 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83916/10097110

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の「被害者意識」国家韓国:

« 静岡への高い壁 | トップページ | 盗んだものに金払わない、それが盗人 »