« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

韓国軍事ネタその3

【写真】遊撃将兵も‘コクジジョムダンス’ 

200605241935081   24日、陸軍39師団が遊撃訓練過程に導入した‘コクジジョムダンス’(W杯応援ダンス)を踊っている。

 あー、何て言ったらいいんでしょうか・・・・・・・・・・・・・・

 エンコリ(enjoykorea)で韓国人が「韓国陸軍は自衛隊より強い」って良く言うけど、今の韓国陸軍ってもしかしたら陸自より弱いんじゃないの?(w って思える今回の記事。

 なんつーか、非常に脱力。ダンスならダンスでいいんだけど、全く統率が取れていない、ただの不気味なパフォーマンスにしか見えない(爆)「もうちょっと真面目に訓練やれよ!」って思わずツッコミ入れたくなる、そんな写真。以前紹介した母親参観と言い、北の南進の時には非常に心配な韓国軍。そんなにW杯が大事なのかなぁ・・・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

韓国海軍ホルホル情報<丶`∀´>

【写真】「独島艦」が試験運転 

200605231914491   軽空母とも呼ばれる大型輸送艦「独島(ドクト)艦」(1万4000トン級)が22日、釜山(プサン)の韓進(ハンジン)重工業影島造船所から出て試験運転を行った。 独島艦は全長199メートル、幅31メートル。ヘリコプター7機、戦車6台、上陸突撃装甲車7台を搭載でき、最大720人の兵力を輸送できる。 独島艦は来年7月に海軍に実践配置される。

 「軽空母」・・・・・

   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  -ω-)  はいはい
     `ヽ_っ⌒/⌒c    わろすわろす
        ⌒ ⌒
 搭載する固定翼機も一切無く、上陸用のLCACも一切無く、対空ミサイルの装備も無いのに三次元対空レーダーまで持っている、恥ずかしい事に「空母」と自国マスコミに呼ばれちゃったりする変な揚陸艦、それが独島(苦笑)

 で、韓国海軍は一体どこ向けにこの艦を保有してるんでつか? あ、この当てつけがましい艦名が全てを語ってますね。

 ・・・・それでいて、韓日の友好関係が極東の安定にどうの、とマジに冗談かますお国、それが韓国。 もし、こいつが対馬へ侵略しにやって来たら、その時は沈んでもらいますぜ。(マジ) まぁ、その前に「元寇」の様に台風で勝手に沈んだりしないでね(w

| | コメント (7) | トラックバック (0)

日本も参考にしてみようか(w

「列車試運転中断の責任は南側にあり」権虎雄参事


   【ソウル26日聯合】平壌放送が報じたところによると、南北閣僚級会談で北朝鮮側団長を務める権虎雄(クォン・ホウン)内閣責任参事が26日、韓国側首席代表の李鍾ソク(イ・ジョンソク)統一部長官あてに電話通信文を送り、双方間の列車試運転が中断した責任は全面的に韓国側にあると主張した。
 権参事は、韓国側軍部が朝鮮半島の平和保障において急務とすべき懸案問題の解決を避けたことが根本的な問題だとしている。

 また、ソウル・光化門と京畿道・平沢地区で警察の黙認のもと、北朝鮮の国旗が燃やされる事件が起こったと指摘、北朝鮮に対する非常に悪質な挑発で、韓国側が北朝鮮と和解、協力する意思がないことを行動で明確に示すものとしか認められないと述べた。列車試運転の中断の責任を問いたければ、韓国の軍部当局とハンナラ党の極右保守勢力に問うべきで、その罪を直視する勇気を持ち、北朝鮮の国旗を破損した犯罪行為に謝罪し責任者を厳格処罰するよう強く求めたという。

 まぁ、鉄道試運転がどうの、という問題はこの際どうでも良いんですが。

 気にしたい所は後半部。北朝鮮は韓国国技(爆笑)の「他国国旗炎上」に対して「非常に悪質な挑発で、韓国が北朝鮮と和解、協力する意思が無い事を行動で明確に示すものとしか認められない」とはっきりと言い切った訳で。

 あのねぇ、韓国はこんなの日本に対しては日常茶飯事なんだよ?(^ω^;) 日本大使館前の水曜デモなんかじゃ当たり前の風景なんだよ?もしかして、北朝鮮って韓国の事良く分かってない?・・・・・・・・・・いや、やっぱりいつもの「因縁付け」だよね?(爆)

 でも、これに対して韓国側がどう対応してくるか、ちょっと注目したい所。もし折れたりしたら、日本も同様に高圧的な要求を出して良い訳だから。ダブスタを使い分けるのなら、それを世界的に伝えてやるのもまぁ、日本の使命かも知れませんよ?(やなこった←心の声)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

「出稼ぎ」と「徴用」と「強制連行」は正しく使い分けよう

「朝鮮人徴用者の死者数、日本政府発表の3.5倍」 
 
 第二次大戦中の朝鮮人徴用者が最も多かった北海道と福岡県だけで、朝鮮人と推定される死亡者が3,057人にのぼるとする調査結果がまとまった。これは昨年、日本政府が韓国側に通知した死亡者数868人より3.5倍も多い。

 この調査結果は日本の市民団体などで構成される「朝鮮人強制連行調査団」が公表したもので、朝日新聞が25日付で報じた。

 同調査団は民間研究者から提供された資料により、氏名や死亡日時などを調査し、重複している者を除いて北海道では2,292人、福岡県では765人とする名簿を作成した。北海道の場合は戦争中の労働組織「大日本産業報国会」が炭鉱や軍需工場で事故により志望した人を掲載した『殉国産業人名簿』や市町村史、査察帳簿など37点の資料を調べた。

東京=鄭権鉉(チョン・グォンヒョン)特派員

 まぁ、何と言うか、役者揃いまくりの結論決定済み調査ではあるんですが・・・・・お願いだから「朝鮮半島からの出稼ぎ密入国者」「国家総動員法による徴用」「強制連行」をちゃんと定義分けして正しく使って下さい。何でもかんでも強制連行にされちゃ日本がたまりませんので。すでに、記事の中で「徴用者が多かった」地区での「朝鮮人死者」と、死亡者が徴用だったとは限らないにも関わらず、まるで徴用=強制連行かつ死亡者=強制連行の犠牲者、とされてしまう印象操作を行われてしまっています。

 現在、民間の研究者の研究結果がネットでも参照出来る様になっていますが、それを見る限りにおいても十分朝鮮人の「みんな強制連行で無理矢理連れて来られた」説を覆しています。にも関わらず、今以て「被害者の声を疑うのは非人道的だ!」とか妄言を吐く朝鮮、日本のいわゆる「進歩的」極左のアホゥどもは言い募っています。それらを証拠をもって否定する意見をただ論破も出来ずに「右翼」「戦前回帰」とバカの一つ覚えの如く繰り返して。

 民団自身の調査結果でもはっきりしている通り、現在の民団構成員のほとんどは「出稼ぎ入国者(多くは戦後の朝鮮戦争時の密入国者)」である事が分かっています。大体、敗戦後すぐにマッカーサー率いるGHQの命令によって日本にいる朝鮮人に対する帰国船が出されて帰国に対する便宜が供されているにも関わらず、日本に残留する決意をしたのは一体誰なのか、知らないとは言わせません。現在のいわゆる「在日」の持つ「特別在留許可」はあくまで朝鮮戦争による難民対策として特別に発行されているものであり、決して日韓併合の免罪符などでは無いのです。国内で民団と総連が和解した今、果たして特別在留許可は必要あるのか?との声も出始めています。

 そんな中、この様な時代錯誤な「謝罪しる!賠償しる!」記事は韓国の名誉を傷つけるだけの自慰記事である事にそろそろ朝鮮日報も気が付いて欲しいものです。誤解を恐れず言ってしまえば、現在の日韓の問題のほとんどは韓国政府と韓国マスゴミが起こしている、と言っていいものだと思いますので。韓国国内で実証主義を基本にした歴史研究が進む事を期待して止みません・・・・・無理っぽいけど_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (1)

静岡ホビーショー総括その3

とりあえず、ホビーショー報告最終回です。

三日目(ホビーショー&展示会最終日)

 前日早めに寝られたせいか、目覚まし鳴る前に起床。本日は車を置いて来ているのであまり急がなくても大丈夫なせいか、二人とも余裕。畔蒜氏が起きる前にシャワーを浴びてスタンバイ。

 本日も駅ビルのカフェデンマルクで朝食。今日は「ARIA」を思い出してカフェラテなんぞを頼む。うむ、何杯でもいけますぞ(w

 駅前でタクシーを拾って宿へ戻り、ロビーにいた木村氏を拾って会場へ。今日は一応体力体調は戻っているので午前中に展示会半分をチェック。今から思うと、午前中で半分しかチェック出来ないと言うのはある意味凄い濃さです。やっぱり全国から逸品が集まっているという事でしょうか?

 本日は一日だけ参加の佐藤会員も静岡入りし、一名増えた迷才会。様子を見ながら外へ出る私(笑)

 そして、昼食はまたもいつもの中華へ。この日は前日メンバーに当日参加のなかがわ氏(Museoメンバー)を加えた4人。西山洋書などで購入した戦果を出してチェックしながらの食事。うーん、濃いなぁ。

 帰ってくる途中、昨日行けなかった業者展示の方へ。トミーテックの鉄娘も購入(結構残っていたのが意外)、ドラゴンのアンケートもやってきましたけど・・・・艦船の方、うっかりして一隻しか書いて来なかったのが悔やまれる・・・・(ちなみにHMSレパルスお願いしてきた私)

 そして、店番に戻ってしばらくした後、一時間かけて展示会の残り半分をチェック。残念ながら特別展示の方はほとんどチェックせず。力尽きました。(同時にデジカメの電池も尽きました)

 ちなみに、私が気になった作品をアップしますが、困った事にどこのクラブで撮った写真なのか忘れてしまっているものばかりなので、その点はどうかお許しを。(いい加減なヤツなもんで)

P5210200(画像一枚目)我が会の畔蒜氏が主催のSHS特設クラブ「レプリカンパニー」展示の畔蒜氏作フルスクラッチの1/48パッカード・クリッパー。キット販売も考えているそうなので、この場を借りて応援(笑)

P5210255(画像2枚目)オービーズ展示のがらんどう氏作五式戦フォッケ塗装(笑)以前、私も五式戦FAA塗装をやっただけに「やられたっ!」と感心。他にシーフュリーとYakのフォッケ塗装もあって徹底してる事さすが。

P5210227(画像3枚目)1/48カーチス・シーミュー。完成品見たの初めてかも。上品な出来で非常に好感。

P5210265 (画像4枚目)オービーズで見たLN411の下部胴体&爆弾。この機体ってどういう風に爆弾搭載しているのか、ほとんど再現したキットが無いんですよね。だから「推定です」と言われても「へぇ~」と感心するしか無い私。参考になります。

P5210267 (画像5枚目)同じくオービーズでの極東ランカスター。うーん、きれいだなぁ。それにちゃんと胴体ターレットも改造してあるし。さすがでした。

P5210268 (画像6枚目)なんて事無いハセガワのシーガルなんですが、何と全部筆塗りだそうで。私、ピースコン使ってもなかなか黄色がうまく塗れないもんで感心しちゃいました。聞いた所、上澄みのクリアー部分を極力捨てて顔料だけをシンナーで溶いて塗ってるんだそうで。ピースコンでも同じ様にやったらうまく行かないかな?と密かに考えるワタシ(^ω^;)

P5210286 (画像7枚目)Aモデルのブリュワー。なんか、とてもAモデルとは思えない完成度に感動。ウチにもキットがあるだけに、この完成度で作れと言われたら後込みしちゃいます。

P5210296 (画像8枚目)イタレリのクルセーダー。塗装が渋くてとっても良かった作品。名札をどけてもらったんですが、むこうの方の方が恐縮されちゃってどっちがお願いしてるやら、と返って恐縮(^_^;)

P5210300(画像9枚目)イースタンエクスプレスの1/350スワロフ。砲戦の表現がうまくて感心。いかにもこういう感じで日本海海戦が行われたのかな、と思わせます。

P5210311 (画像10枚目)台湾迷彩会の王徳方氏の作品。WW2中国軍の88㎜砲陣地のダイオラマ。大戦中の中国軍は日本でもあまり知られていないだけに、とっても新鮮な題材で、出来の素晴らしさと相まって目を惹かれました。

 そうして展示会も終了時間となり、アナウンスが流れ始めました。私も模型フォーラムで置かせてもらっていたパンツァーファストを回収に行ったのですが・・・・法被着てパンツァーファストかついで歩くと結構目を惹くもので(^_^;) そのまま帰るのはつまらんなぁ、となにわ戦車隊方面へ。やっぱりAFV関係者はノリが良いのか、台湾迷彩会の張先生などは大喜びで遊んでくれました(笑)そして、来た時と同じく知り合いの所へお別れの挨拶をしながら自分のブースへ。

 その後、速攻で展示品の収納作業を進めたんですが、今回は周りの手並みの良さを感じました。我々が終わる頃には半分以上が撤収を完了しており、早い方だと思っていた迷才会も置いて行かれるのかとしみじみ。

 帰りは新幹線で帰る会長&佐藤氏(勝田氏は先行帰京)と車で帰るメンバーに別れ、駅ビルで土産を買って帰った訳ですが・・・・高速に乗って渋滞情報が25キロ Σ(´Д`lll)こりゃまずいんでないの?と行ける所まで行った後大井松田にて降りて下の道を行く事を決意。ラーメン屋で飯食った後、先行していた畔蒜氏の車仲間からの情報で何とかなりそう、と判断。もう一度大井松田へ戻って再度高速へ。しかし、東名での事故渋滞はほとんど解消していたものの、首都高の工事渋滞が酷い事が判明(料金所~用賀が動かないんです)、何とか用賀出口で脱出、下を走って11:30頃ようやく自宅へ帰還。他の二人はそれからなのでぎりぎり当日帰還って所だった様子。いつもよりは帰りに苦しんだ静岡ツアーでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

静岡ホビーショー総括その2

「その1」から続きます。

二日目(合同展示会初日)

 朝6:30起床。やっぱり睡眠時間足りない。酒が残ったのか、ちと頭も重い。しかし、店番があるので同室の畔蒜氏がシャワー使う前に歯磨いて用意する。
 7時頃駅ビルまで行って畔蒜氏と恒例の朝飯。去年は駅ビルが改装工事だったので行けなかった神戸屋で朝飯・・・と思ったら神戸屋が無い?!改装の時に撤退してしまったらしい。残念。しかし、代わりに似た様なお店のカフェデンマルクが入っていたのでそこでパン&サンドイッチ&紅茶。

 宿に帰ってくると木村氏がロビーにスタンバイしていたので拾って車で会場へ。ただ、時間が遅かったのでとっくに裏手の駐車場は満杯。仕方が無いので私と木村氏は会場脇で下車、店番へ。(後で聞いたら一番遠い研究所駐車場まで行ってしまったとの話。やっぱり各クラブ1台に優先割り当てを行うべきなのではないだろうか?と思う私)

 会場はとっくに祭り状態。私も迷才会法被を着て近場の知り合いに挨拶。毎度着ている法被だけど、毎度番頭さんに見られてしまうのはどういう事か(苦笑)
 会場では結構多くのモデラー知人から「ブログ読んでるよ」の声を聞き、恐縮しまくり。楽八首相閣下からは「F-15Kは東アジア最強の戦闘機」ネタは「朝鮮日報読んだ時に絶対みほりさんがネタにするな、と思ってた」と言われて「行動読まれてるなぁ」と再度恐縮。いつの間にか嫌特亜ブログと化してしまったこのブログを読んでいても知り合いでいてくれる心優しい読者モデラーの皆さんに感謝。 ブログ先輩のKWAT師匠には用意してきた「草加せんべい」を渡して存分にかじってもらう(爆)同時に前日置いていった1/1パンツァーファストの名札などちょっと書いて置いていく。(その時はまさか、メーカーの名前を聞かれまくるとは思っても見なかった私orz)

 戻って来てからは前日の疲れが抜けないので明日動く事にしてひたすら店番に専念。今回両隣りがノンストックMuseo72というお知り合いクラブなので、個人的にはずいぶん広く感じる(笑)はす向かいはオービーズ&岐阜コクピットとこれまた知り合いクラブ。似たジャンルを集合させるパターンとは言え、なんか安心してしまいますね。
 マイミクのフィギュアディーラー「vixen」の中の人(笑)がいらっしゃり、これまた大量の萌え系ネタお土産をいただいてしまう。食いきれないので、お言葉に甘えて近場の仲間に分け与える事に。ネタも好評、味も好評でした。ありがとうございました>Wildさん そう言えばWildさんにはトミーテックの鉄娘限定版販売を教えてもらう。翌日の雪辱を期す。
 当日限定の知人としては艦船のロートシルト氏や大きな鳳氏がいらっしゃいました。お二人はニフ関係での参加となり、鳳さんは営業も兼ねて(笑)の静岡出撃でした。(帰ってからまた仕事って・・・・大変ですね、○送業界って(オイ))

 昼食はいつも大混雑のヨーカドー、駿河を避けて知る人ぞ知るちょっと離れた中華料理屋へ。隣のノンストックメンバーの亀井、岩尾両氏と行ったのですが、この中華屋は毎度営業時間が読めず、変な時間に閉めてる時があるんでおっかなびっくりなんですよね。今年は11:30からの営業で、問題なく入れました。(去年は12時からだったんですよね・・・)やっぱり、待たずに飯が食えるってのは有り難い話で、その点は難民にならずに済んで助かってます。

 飯から戻る途中、モデラーズフリマに寄ろうという事になり、買うつもりは無かったけど一応目を通しておこう、と同行。業者だらけで確かに「これは!」という程の物は無し。ただでさえ、在庫増やしたくない私には心に制限がかかっているのでハードルが高いのだ(苦笑)それでもプロホビーで0.1㎜金属線なんか買ってみたり。

 閉場1時間前、会長と勝田氏は静岡名物のしらすを買いに車持って出かける。私はまだそこのは食べた事無いのですが、かなりうまいらしく、宅配してくれるので買いに出かけるとの事。閉場までには帰還。早いなぁ。

 閉場時間になり、私と畔蒜氏は他のクラブの飲み会に参加するので残留、会長以下の他のメンバーは先に車置いて帰還。残った二人は交流会へ。驚いたのは、畔蒜氏が参加者代表で挨拶した事。全く聞いてなかったもので。(後で聞いた所、本当はデルタクラブ会長が挨拶するはずだったのが、80過ぎの高齢の為にドタキャンになり、当日午後に急遽話が回ってきたそうな。いくら何でも80過ぎに挨拶頼まんでも(^ω^;))しかし、その間私はかねてからの腹案を実施(爆)それは「なにわ艦船隊空母クズネツォフ完成記念企画」として名前にちなんだシャンパンで乾杯してしまえ!というもので。何とか見つけたリーダーのマリゾ提督にいきなり企画をうち明けた所、快諾して下さりメンバーを招集していただく(クズネツォフ製作の具出庵さんが本日欠席と知って愕然としましたが)。その間、組み立て式のシャンパングラスを用意、冷やしておいたグルジアシャンパン「オールドトビリシ」を開け、正式乾杯が始まる前に密かにマリゾ提督の音頭取りで乾杯(笑)具出庵さんの代わりに吉岡さん&楽八閣下にも飲んでいただきました。味はそこそこ好評だった様で、一安心。(セミブリュットだったんで、甘すぎたらどうしようかと心配だったんですよね・・・)勝手に企画進めてしまいすみませんでした>マリゾ提督閣下
 その後は正式乾杯後欠食児童の群がイナゴの如く食い荒らしていく様を生暖かく見守らせていただいた訳ですがΣ(゚д゚)オイオイ 8時からニフの飲み会があるので参加メンバーの集まりに合流、早めに駅方面に戻る・・・・が、結構同じ宿の方がいるのが分かり宿まで行く事に。要らない持ち物は全部置いていく事に。

 そして、静岡駅にて幹事のちゃんぐー氏他と合流、30分近く早いのだが宴会場所へ移動。さすがにすぐには入れずに店の前で屯しまくる(爆)またの名を営業妨害と言う(オイオイ)その間、なぢ金子氏も到着、最終的に13人程が参加する宴会になりました。個人的には去年のニフ展示会に参加出来なかったんで模型フォーラムのメンバーとして会うのは一年ぶり?(まぁ、それ以外でかなり会ってる方は多いんですけど)なんだかんだで盛り上がりました。(いでさん、腰は大丈夫でつか?)KWAT師匠には最後のネタとして「朝○新聞は購読しません」ステッカーを差し上げる(爆笑)同時にいでら氏にもちょっと分けたり(^_^;) 食い物は焼き物&静岡おでん中心でしたが、そっち方面は元々好きなので無問題(笑)終盤はたしろ氏と共に梅酒など嗜んでしまいました。(その間、ドラゴンが1/32飛行機&1/350艦船のアンケート取っていた事を知り驚愕。明日行こうと心に誓う)

 宴会終了後、コンビニで買い物した後は宿へ帰還。まだ同室の畔蒜氏は帰っていませんでしたので、フロントでLANケーブルを借りてネット接続しようとしたら、ジャックが無い(爆)フロントに電話したらツインはTA接続だったとの事で部屋に持ってきてもらう。しかし、結局LANが立ち上がらず断念_| ̄|○ おかしいなぁ・・・・仕方なく、本日もPHS接続でちょっとだけネットへ。ブログの更新までは気力湧かず。日付変更の頃に就寝。おぉ早い。

(その3へ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静岡ホビーショー総括その1

 さて、遅くなりましたが今年の静岡ホビーショーへの自分なりの総括をしてみたいと思います。どこまで覚えているかなぁ・・・・・

一日目(業者日最終日)

 今日から合同展示会参加者は展示に向けて動き出す訳で。業者日の間、問屋ブースとなっていた一帯が展示会スペースに変身するのです。

 朝10時に幹事の畔蒜会員宅に集合した私&木村会員は前日預かってきた会長所有のステップワゴンに乗って一路静岡へ。道中、大した問題も無く静岡まで到着。

 現地では業者でもある畔蒜会員のお陰もあって、先乗りで会場内の様子を拝見。一般客がいない内の見学は疲れなくて良いですね。各展示担当の社員も相手が業者(もしくは関係者)だと結構深い点まで教えてくれます。見るなら業者日ですねぇ(笑)

P5190197  個人的な見所としては、やっぱり艦船者としてハセガワの1/350雪風アオシマの1/700扶桑型発表が一番に挙げられますねぇ。(画像一番目)扶桑型についてはまだ全体図が壁に貼ってあるレベルなんですが、今のアオシマが扶桑のリニューアルをしてくれる、というだけでありがたい話です。 P5190206 1/350駆逐艦は他にドラゴンがグリーブス級のブキャナンをリリースの発表がありましたが、(画像2番目)このスケールでの駆逐艦はフネカン者としては「走らせる為のスケール」としても重宝しそうで期待している所です。いつかは「1/350駆逐艦」としてフネカンの一ジャンルにしたいなぁ。

P5190213  次は飛行機。タミヤの1/32零戦21型はやはり注目せざるを得ないですね。(画像3番目)作った後で箱の中に収納できる、というアイデアはF-16の時からのものですが、これって結構有り難いかも知れないですね。特に32はでかいですから、箱探してくるのも大変なんですよねぇ。出来もなかなかの物です。 P5190199それから、ハセガワの1/72Ju-88Aも良いですね。(画像4番目)とうとう出るか、という感じ。路線としてはハインケルからの続きなんでしょうけど、そうなるとドルニエDo-17なんかも出たりするんですかねぇ?個人的にはJu-88の豊富なバリエーション展開を期待して止まない所なんですけども。(他にも1/48F-104DJとか1/48零戦全制覇プロジェクトとかありましたねぇ。個人的には静岡の盟主タミヤよりもずっと元気に見えましたよ)

P5190215_1  戦車はタミヤの1/35シャールB1がメインですね。(画像5番目)これまた「とうとう出るか」というアイテム。実車は電撃戦で敗れたフランス軍のある意味失敗な重戦車だった訳ですが、あのデザインにはどうしても惹かれてしまうんですよねぇ(爆)買い決定。 P5190236 そして、地味ながらもこれまた目が離せないのがトライスターの1/3538t戦車。(画像6番目)渋い。渋過ぎます。あのリベットバリバリの時代を感じさせる所と全体的な先進感(ドイツ戦車はあそこまで洗練されてなかったし)がマッチしていて元々好きな車輌ではあったんですが、とうとうトライスターがやるか、という感じ。そろそろ出るそうですので、情報隠しがうまいなぁと感心したりして(^ω^;)

P5190210  最後にガン関係。やっぱりマルイの89式小銃M1911カバメントですね。(画像7番目)特に89式は電動ガンでは初めての3点バースト機構内蔵。それに本体の剛性アップで重いながらも信頼性は高そうです。(それ故の防衛庁6000丁納入に繋がったのかも?)後にフォールディングストック仕様も出るそうなので、どっちにしようかちょっと悩んでます(^ω^;)

 会場見学を終えて先乗り会員の勝田会員、後から新幹線で来た会長と合流、毎年恒例の居酒屋「鹿島屋」詣でへ。 ここは迷才会御用達と言っても過言ではないお店でして、毎年ここに寄っては静岡のうまい海産物をいただいていく訳で。今年もカツオ各種(刺身、あら煮、タタキ)、桜エビのかき揚げ(ここのはサクサクしていて絶品です)、生しらす、背黒いわしの刺身、かさごの唐揚げ、しめ鯖(これまた絶品!)などで乾杯、すっかり良い気持ちになってしまいました。

 しかし、好事魔多し、この日は雨に祟られ、搬入時間近くになるとスコールの如き降り方になったりとかなり心配になるメンバー。仕方なく車内のテレビなど見ながら様子を見ていましたが、搬入時間の9時になる頃にはなんとかなりそうな雨足。「それいけ!」とばかりに搬入&設営作業。人数は少ないものの、そこそこ慣れたメンバーばかりなので1時間でほぼ完了。知り合いと挨拶しながら撤退。

 その後、小腹がすいたという声と飲み足りないという声に応えて「迷才会一の遊び人」勝田会員が先乗りで見つけていたバーへ。そこで向かいのお店から食い物とって飲んでました。うーん、濃いなぁ迷才会。

 最後は眠気に負けた車組が宿へ。1時頃帰還、シャワー浴びた後でちょっとだけネットに繋いで2時頃バタンキュー。

(その2へ続く)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

静岡行きを終えて・・・

 昨日は宿直明け。今だ模型の世界に浸っている頭なので、これ幸いとアキバへ出かけてきました。

 最近は我が「松戸迷才会」だけでなく「@nifty模型フォーラム」や「Museo72」などにお世話になっている関係から、来年のMuseoテーマになりつつある(笑)「偵察機」を考えるべくヨドバシのホビーフロアをチェック(時間が早すぎて他のショップが開いてないんです)、結果的には「RF-86F」「二式陸偵」という「フジミマンセー」の結果に(^ω^;) RF-86Fは台湾空軍の使用機に、二式陸偵は昔から背面の旋回銃座装備機を作ってみたかったので渡りに船。あとついでに黄色潜水艦7F店にてマイクロエース(アリイ)の97司偵まで購入。いえ、安かったんですよ(^_^;)あとでケイワンに行ったら後期型があって鬱(自爆)

 去年からmixiでお世話になっている「なにわ艦船隊」の来年のテーマは「舞鶴艦隊集合」。恩返しに第2ミサイル艇隊のはやぶさ型ミサイル艇でも作ろうか、と一念発起中(笑)どこまで持つか、それだけが心配┐(´ー`)┌オイオイ

 帰りは昭和通りにあるインド料理屋「シャングリラ」へ。ここ、毎度前だけは通るんですが、今までインド料理屋へ入った事が無かったせいで気後れしてしまい、ずっとスルーしちゃっていたお店だったんですね。 車の通りが激しい場所にも関わらず、店内は閑散。従業員は全員インド系とおぼしき方々だけ。でも、ウェイターは非常に訛の無いパーペキな日本語で安心。ランチ&ラッシーを頼んで計980円。ナン一枚と半サフランライス、チキンカレーとサラダでしたが、まずCPは十分でした。カレーの辛さは5段階で選べる様になってましたが、今回は初めてなので普通に。(下から2番目)次回は一つ上でも良いかもな、と思ったり。次回からはご贔屓にしてあげよう(笑)

 あれ?迷才会での作品はどうしたんだっけ・・・・・?(゜O゜)☆\(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡ホビーショー終了

 いやはや、19日より3日間、静岡ホビーショーへ出撃しておりまして、昨日の深夜ようやく東京へ帰還しました。現在疲労困憊なのですが・・・・・夕方から泊まりの仕事なのです_| ̄|○

 そういった訳で、今回の個人的レポートはまた明日以降という事で・・・・(忘れない内に書かないといかんのですけどねぇ・・・)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

嘘つきは泥棒の始まりダゾ?

「東アジア最強」F-15K、20機を追加導入へ 


 国防部と空軍は、2008年までに40機導入される予定のF-15K戦闘機を、2009年からさらに20機ほど追加導入する案を推進していることが確認された。

 軍消息筋は17日、「尹光雄(ユン・クァンウン)国防長官主宰でこの日、行われた第3回防衛事業推進委員会で、約2兆ウォン(約2370億円)のF-15クラス戦闘機20機の導入案を含む‘2007-2011年国防中期計画案’を審議、議決した」と述べた。

 この消息筋によると、次期戦闘機導入計画の名称は‘F-15クラス’導入事業となっているが、実際にはF-15K戦闘機40機導入事業の後続事業としてF-15Kを追加導入するものだとのことだ。国防中期計画案は盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の承認を経て最終確定する。

 空軍は当初、2009年以降に40機のF-15K追加導入計画を推進していたが、予算不足のため結局20機に減った。20機の追加導入が決まれば、60機規模のF-15K飛行隊が組まれる。

(中略)

 F-15Kは中国のSU-30MKKや日本のF-2・F-15C/Dなど中日の最新鋭機をしのぐ東アジア最強の戦闘機と評価されている。

 最大速度マッハ2.5、戦闘行動半径1800㎞で、韓半島(朝鮮半島)全域はもちろん、周辺国の主な地域を行動半径に入れている。独島上空まで進出しても約30分は空中戦を行うことができる。休戦ライン近くにある北朝鮮の長距離射程砲陣地の攻撃に効果的な合同直撃弾(JDAM)など、各種ミサイルや爆弾10.4トンが搭載できる。

 さて、初っぱなのタイトルから飛ばしまくっている「右翼新聞」朝鮮日報でございます。

 朝鮮日報曰く、F-15Kは何と東アジア最強の戦闘機なんだそうです(wあのぅ、戦闘爆撃機としては破格の性能を持つF-15Eストライクイーグル系の機体ではありますが、比べる相手として中国のSu-30や日本のF-15(一体いつからF-15Cなんか導入したんですかね?日本は( ̄ー ̄))と比較したらそりゃ自爆行為だろ?(爆笑)地上攻撃に特化した戦闘機と要撃戦闘に特化した戦闘機を比較しちゃう事自体がバカらしい。空戦やったら負ける気しないんじゃないかな?空自は。(ただでさえ200機のF-15Jと導入終了しても60機のF-15Kじゃ、ねぇ?こっちにゃ空中給油機も早期警戒管制機もあるしね) そう言えば、「地下施設などを精密爆撃するのに必要な「精密映像位置提供地形情報」(DPPDB)というソフトウェアを、F-15Kにインストールしなかった」事件とか「SLAM-ERミサイルの誘導電波帯を携帯電話が使ってた」事件はどうなったんですかねぇ?(w

 まぁ、いつもの様にウリナラマンセーでホルホルしたい気持ちは分かるんですが、せめてオピニオンリーダーたる大手新聞が事実を脳内お花畑回路全開でこんな記事書いちゃいかんでしょ・・・・・同時に「周辺国の主な地域を行動半径に入れている」なんて「他国に最強の地上攻撃機で攻撃しちゃうぞ!」って言ってる様なもんなんですけど、その辺分かってないだろ?いつもながらの自己中嘘つきマスゴミ、それが韓国マスゴミ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

盗んだものに金払わない、それが盗人

「ロイヤルティーが高すぎ」…韓日イチゴ交渉決裂


 韓国で栽培されるイチゴの87%を占める日本産の「章姫(あきひめ)」と「レッドパール」。韓日農家間で行われたイチゴ・ロイヤルティー交渉が決裂した。

 農林部は「日本のイチゴ育種家側と韓国の生産農家代表が東京で16日からイチゴのロイヤルティー交渉を行ったが、交渉が平行線をたどり今後の日程も決まらないまま決裂した」と17日、明らかにした。日本側は「章姫」と「レッドパール」のロイヤルティーとして栽培面積300坪約990平方メートル当たり年間5万ウォンを要求したほか、114月には日本への輸出を制限してほしいと要請。これに対し、国内農家代表は「ロイヤルティー要求額が高すぎ、受け入れられない」と反発した。

 イチゴのロイヤルティー問題は、新品種育成権者のロイヤルティーを認める品種保護制度によるもの。韓国政府がイチゴを品種保護対象として指定する場合、ロイヤルティーを支払わなければならない。品種保護対象として指定しない場合は、ロイヤルティーを支払う必要がないが、その代わり外国の優れた品種が輸入できなくなる。農林部は本来、今年イチゴを品種保護品目として指定する計画だったが、今回のロイヤルティー交渉決裂で保護品目指定を延期する案も検討している。

 彼らは一体なんでこんな交渉をやっているのか、分かっていないんじゃないんですか?

 元々、ちゃんとロイヤリティーを払ってライセンス契約を受けていれば、こんな交渉など必要無かったはずの事。それを勝手に種苗を盗んで韓国国内に広めたのが今回の交渉の発端。それを分かっていれば、ロイヤリティーが高いだのと文句など言えないはず。少なくとも懲罰的な意味合いの部分も入っていると思います。(ちゃんとライセンス受けて栽培している韓国農家も少数ながらいますし、その農家がロイヤリティーのせいで栽培をあきらめた、という話は聞いていません)

 文句を言うなら栽培やめろ。こちとら慈善事業でイチゴ栽培やってるんじゃないんだ。新しい品種作るのにどれだけの時間と投資が必要か、やってみればいい。そうだ、ドクターイエローに品種改良でもやらせてみたらどう?(w

| | コメント (5) | トラックバック (0)

永遠の「被害者意識」国家韓国

今、韓日EEZでは「銃声ない戦争」

「韓国漁船の日本による拉致を防げ」

日本の独島海域の水路調査を巡る両国のにらみ合い以後、日韓間の緊張が高まっている。そういう中、EEZ(排他的経済水域)に対して韓国海洋警察と日本海上保安庁が「銃声ない戦争」を繰り広げている。

相手国漁船のEEZ内不法操業に対する監視を強化すると同時に、漁船拉致防止など、自国漁民の保護に総力を傾けているとのこと。特に、最近両国間の感情的な対立が深まる中、訓戒程度のわずかな協定違反も船舶拿捕および船員抑留などにつながり、一歩間違えば、外交紛争になる可能性もある状況だ。

実際今月8日、島根県隠岐島の周辺で日本のEEZ内で操業した済州船籍の漁船が操業日誌に不実を記載した容疑で日本の海上保安庁に拿捕されており、関係当局は今度の事件がさらなる紛争発展の兆候ではないかと憂慮している。

韓日漁業協定の以後、韓国漁船がEEZ内で不法操業し、日本側に拿捕された件数は2003年の24件、2004年の19件、2005年の15件、今年4件である一方、韓国が日本漁船を拿捕した件数は2004年の6件と2005年の1件に過ぎない。これは韓国のEEZ内の水産資源が激減した反面、日本のEEZ内では漁獲量が多いため、韓国漁船が日本のEEZ内で活発に操業をしているからだという。

このようにEEZを巡る両国の関係が「日本の拿捕-韓国の拉致」の構図に図式化されているうえに両国の関係が再び冷却化している。このような状況が続けば、一触即発の緊張の中37時間ものにらみ合いが続いた去年5月の「新風号事件」が再演される可能性が高まっている。

これにより、海警の釜山本部は最近「日本EEZ水域の出漁船拉致防止対策」会議を開き、日本側の取り締まり強化に備えて韓国の出漁船を保護するための予防策作りに苦心している。海警はEEZの周辺水域に警備艦艇の巡視を強化し、出航する漁船に対して不法操業の禁止および協定遵守に関する教育を行う一方、近隣海域の広域航空の巡視も強化することにした。

 相変わらず盗人猛々しいマスゴミしかいませんね、韓国報道機関は。

 勝手に自国沿岸の水産資源を枯渇させておきながら、今度は人の経済水域にまで手を出して無法な水産資源の「略奪」を行い、挙げ句の果てに日本側に不法を咎められて現行犯逮捕されたら「拉致」認定ですか。大体、不法行為を取り締まるべき海洋警察自体が自国の不法漁民の保護に力を入れるというある意味海賊保護を積極的に行っている訳ですから、言うべき言葉もありません。「倭寇」ならぬ「韓寇」が今の現実ではないのでしょうか?

 拉致という言葉は北朝鮮が国家的に行っている「罪もない善良な一般市民を不法かつ強制的に連れ去る」事を言うのが普通で、人の国で違法行為をして逮捕される事を拉致とは言わないのが「国際的常識」です。

 韓国側はとにかく「日本が韓国漁民を逮捕という拉致をするので日韓関係も険悪化しているニダ!謝罪しる!賠償しる!」と言いたいのでしょうが、もはやそんなふざけた妄言に耳を貸す日本人はプロ市民と社民党位しかいません。

 早いところ、韓国は思考形態を国際標準化すべきですね。考え方のグローバル化無しに世界と交わる事はある意味犯罪行為と言えます。政府&政治家の思考からまずは変えていく必要を悟る・・・・・・事なんて無理なんでしょうねぇ、ウリナラミンジョクの皆さんには┐(´д`)┌

 まぁ、海上保安庁の方々には今後ともがんばっていただきたい、と切にお願いするしか無い今日この頃です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

静岡への高い壁

 今週の金曜日から、静岡ホビーショー&合同展示会への参加の為、静岡へ行って来ます。

 年に一度、全国からの主立った模型クラブが参加する為、今年の様にピットロード東名やウェーブなどが参加「出来ない」ホビーショー自体の魅力が激減しても七夕の如く顔を出して旧交を温める場として欠かせないイベントとなっております。

 しかし、ここの所めっきり模型製作環境が悪化した我が家&我が体力のせいで模型はキット在庫が増加こそすれ、まるで完成品が増えません。なんつーか、「あれ作りたい」と思ってもキット買った所で満足しちゃったり、途中まで組んだ所で止まっちゃったり。完成までこぎ着けるのが非常に大儀になってしまっている私・・・・・これではいかんのですが、「体が基本」とは良く言ったもので、元々体力の無い私が半分ヒッキーになってしまうと余計体力が削がれて行ってしまう訳で。そうすると余計に何かしよう、という意欲が湧かなくなるという悪循環。どこかで一気に革命的転回を行わなくては、と思うんですけど、それが出来る位ならとっくにやってるって・・・・・_| ̄|○

 そんな訳で、静岡に並べる完成品は今だ無し(爆)何とか明後日までには形にしたい所ではあるのですが、一体どうなる事やら・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

将軍様凱旋への道(w

25日に南北縦断の列車運転 双方が合意

 

 韓国と北韓は南北の連結工事が終わった鉄道の京義線と東海線で列車のテスト運転をすることに合意しました。南北は13日、開城工業団地にある南北経済協力協議事務所で、実務者接触を行いました。
 南北の合意によりますと、京義線は韓国側の汶山(ムンサン)駅と北韓の開城駅の間27.3キロ、東海線は韓国のチェジン駅と北韓の金剛山駅の間25.5キロで、テスト運転は25日の午前11時から4時間半に渡って行われます。
 そして京義線の場合は北韓の関係者と取材陣ら100人が陸路、韓国に来て、列車に乗って北韓に戻り、東海線は韓国の関係者や取材陣100人がやはり陸路、北韓入りして金剛山駅から韓国側に戻ってくる形となります。
 南北ともにディーゼル機関車が客車5両を引く列車で、25日のテスト運転を前に来週17日から19日まで線路や信号などを共同で点検することにしています。
 南北縦断鉄道のテスト運転は一昨年6月の第9回南北経済協力推進委員会で、一昨年10月に実施することで合意しましたが、これまで実現できずにいました。
 これで1951年6月12日、韓国戦争によって破壊され途絶していた南北をつなぐ鉄道は55年ぶりにつながることになり、来月に見込まれている金大中前大統領の平壌訪問も鉄道の京義線を利用する可能性が高くなりました。

 戦争継続中のはずの上下朝鮮の間に鉄道の運行が再開される、との事。なんか、東西ドイツの事を思い出すと如何に上下朝鮮に節操が無いか、が強調されてしまいますね。本当に民族統一を真剣に考えているのか、他人事ながら心配になってきます。いや、他人事じゃないか。下手な統一などされたらされたで日本が一体いくら金をふんだくられるのか、分かったものじゃありませんから。正直言って、赤化統一されて金取られてなんて冗談にも程がある話です。今の朝鮮半島情勢を見ているとそういう考えしか浮かばない私です。

 とにかく、朝鮮半島の事は朝鮮2国で。他に構うな。手を出すな。ストーカーするな。鎖国していろ。 今の日本の状況は江華島で朝鮮に手を出した呪いなんでしょうかねぇ?せっかく鎖国していた朝鮮を開国させてしまったが故の。

 それにしても、これで北の将軍様の下朝鮮への凱旋が更に実現に向けて近付きましたね(w 将軍様、鉄道でしか他国を訪問出来ないですからねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国は日本と戦争したい訳?

「韓日独島紛争時は勝利を壮語できない」ホ・ピョンファン陸軍所長

  ホ・ピョンファン陸軍戦闘発展団長(陸士30期・所長)は独島(ドクト、日本名・竹島)問題に関し、「日本は世界最高水準の先端情報資産や艦艇・戦闘機など優秀な軍事力を保有しているため、衝突時の勝利を壮語することはできないというのが現実」と指摘した。

  ホ所長は国防日報(11日付)への寄稿で、「(独島問題について)今われわれは強硬な立場を表明し、表面上では大きなことを言っているが、内心は心配している。 独島守護のための先端戦略を確保する必要がある」とし、このように明らかにした。

  ホ所長は「われわれの国力を考慮した低費用・高効率の非対称的武器体系を構築し、対応戦略と戦術を開発しながら不足する先端戦力を早期に確保しなければならない」と主張した。

  特に「地理的な利点を最大限に生かし、鬱陵島(ウルルンド)と独島、東海(トンへ、日本名・日本海)沿岸に海洋監視手段とミサイル・高性能魚雷など複合打撃システムを構築して訓練すれば、有事の際、艦艇と航空機が独島付近まで出動しなくても対応できる」と強調した。

 まぁ、その、何と言うか、

 韓国はそんなに日本と戦争したい訳? 北朝鮮と戦争継続中(事実上休戦中)の韓国が二正面作戦を行うつもり?もう北朝鮮は敵国ではない?

 韓国の高級軍人すら「敵は誰なのか」が分からなくなってしまっているご様子で。

 確かに、現在韓国海軍が整備中の各種艦艇は整備が完了した暁には海上自衛隊に対する対抗勢力としてある程度の脅威になると思われます。ミサイル駆逐艦9隻(イージス艦3隻含む)、駆逐艦3隻、フリゲイト&コルベット約40隻、潜水艦18隻のかなり強力な「反日」艦隊の存在は日本の防衛政策を考え直させる一因、そして極東アジアの安全保障上の問題となる可能性が高いでしょう。望む望まざるに関わらず日本が局地的な低烈度戦闘に巻き込まれる可能性が年々高まっている、と言わざるを得ないですね。

 韓国の現役高級士官が紙面に寄稿でここまでの私感を表した、という事は韓国軍の意志を表したと言っても過言では無い訳で(ここまでの話を無許可で出せる程韓国軍が無頓着だとは思えません)、日本は早急に韓国を「脅威」として防衛政策を立て直す必要があろうと思います。特に「政治家の頭の中」で。(まぁ、防衛庁内部ではとっくにやってるのだとは思いますけどね)

takeshima dokdo dokto tokdo tokto

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2回目の旧万世橋駅ツアー&more

 昨日、あと残り少なくなってきました神田須田町の交通博物館へ行ってきました。

 昨日は旧万世橋駅遺構ツアーへ再度参加する為でして、参加希望者を募って仲間4人と行く事になっておりました。が、当日になって某原型師&某静岡模型業界関係者の両氏が仕事が忙しいとの事でキャンセル。仕方なく私&おなじみのなか氏、いでら氏の3人でツアーに参加しました。

 すでに事前予約しか受けていないので、間違いなく参加出来るのは安心なのですが(なか氏の尽力に感謝)、30分前の参加確認があるのでちょっと余裕を持って館内へ。確認を取った後でちょっとだけ館内巡り。主に船舶エリア(笑)

 で、時間になって前回と同じパターンの見学をした訳ですが・・・・やっぱり同好の士と一緒に行くのは楽しいもので、いろいろ気付かなかったものとかを発見させてくれるものです。写真はちょっとカメラのセッティングが悪かったせいかあまり良く写っているものが無かったんですけどもorz それでも、新しく引き込み線に寝台特急の客車2両+ディーゼル機関車が来ており、それを眺めたりとそれなりに楽しめる内容でした。

 建物を出る前に交通博物館自体の保存って出来ないもんかなぁ、と言った所、戦前の建物にありがちのアスベスト問題が多分発生するだろうから難しい、といでら氏。確かにそうなんですよね・・・・・(今日の産経にナイスタイミングで交通博物館の記事が出ていましたが、耐震性もかなり低い可能性があるそうで・・・・それも問題の様です)昭和11年竣工の建物ってそんなに残っていないと思うんですけど、無理ですかねぇ。まぁ、それならそれで旧万世橋駅遺構の部分をわざと内包し残す形で再開発をしてくれる様願うばかりです。(最近は戦前の遺構マニアになってきている私です(^ω^;))

 見学が終わってから、末広町近くのフルーツパーラーへ。なんかお客が我々3人しかいない寂しい店内でしたが、こっちにしてみれば逆に落ち着いて話が出来た訳で、お店には悪いですが良かったです。で、最初は静岡ホビーショーが近いだけに模型業界の話とかがメインだったんですが、終いには「台湾行きたいねぇ」になってしまった我々(笑)今年は無理だが来年行こう!と誓い合う我々でした。とにかく「うまいもの食いたいんだよぅ」(爆)

 店を出てから上野までそぞろ歩く3人。上野でいでら氏と別れた後、嫌韓厨の二人(自爆)は昭和通りの向こう側にあるコリアタウンへ。目的は「サムゲタンはあるか」でした(オイオイ) 結果は大体2900円~2500円程度。どこが旨いのか良くわからないのでもし行くとすれば目をつぶって突撃になりそうですが、いつかは食べてみたいサムゲタンなのです。そして、韓国食材専門店で面白がってインスタントラーメンや水晶果の缶ジュース、高麗人参ドリンクなど買ってから夕飯に、と焼肉屋へ。テーブル2つと座敷にテーブル2つという小さなお店でしたが、焼き物2皿に私がテグタン、なか氏がユッケジャンクッパを所望。実はコムタンが食べたかった私でしたが、メニューに無く(コムタンスープはあったんですが)間違えてテグタン頼んだ私orz それでもまぁ、久しぶりの朝鮮焼肉でございました。寄生虫、いないだろうなぁ(゜O゜)☆\(^^;)

 という訳で、泊まり明けで疲れているはずの体なんですが、ナチュラルハイだったのか疲れを感じずに楽しませていただいた昨日でした。なか&いでらの両氏、ありがとうございました&お疲れさまでした。台湾へは是非行きましょう。

追記:

 昨日買った戦果については、水晶果とコムタンラーメン、パックのコムタンスープを食べてみました。水晶果は文字通り「生八つ橋ジュース」と言って過言ではないですね(苦笑)ニッキの味が強く、同時に缶詰のシロップ並に甘いんですね。これも結構好き嫌いが出るかも知れませんねぇ。コムタンラーメンはオーソドックスにうまかったです。麺がもちもちとしていて良かったかも。さすがはインスタントラーメン専門ラーメン店がある位のお国。ただ、パックのコムタンスープは塩っ気がちょっと足りない感じ&具材が足り無さ過ぎ。硬い牛肉がちょっとだけ入っているだけで野菜は皆無。これってもしかして具材は自分で調達して入れるタイプだったのかなぁ・・・・(表記が全てハングルなので読めないんですよ)明日にでも高麗人参を飲んでみようかなぁ(^_^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

金大中も迷惑する大酋長

「北朝鮮に大幅な譲歩したい」盧武鉉大統領

   【ウランバートル9日聯合】盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は9日、金大中(キム・デジュン)前大統領の訪朝と関連し、「(金正日(キム・ジョンイル)総書記と)金前大統領が会えば、北朝鮮も融通性のある対話をできるのではないかと相当な期待を持っている」と述べた。また北朝鮮に対し多くの譲歩をしようと考えていると明らかにした。
 モンゴルを国賓訪問中の盧大統領は、ウランバートル市内で在住韓国人らと歓談し、南北関係や対北朝鮮政策についての考えを示した。

 この席で盧大統領は「朝鮮戦争に対する国民の評価があるため、すべてを白紙化し、北朝鮮のすべてを正当化する方式で譲歩することはできないが、本質的正当性の問題について譲歩するのではなく、他の制度的、物質的支援を無条件でしようと思う」と強調した。その理由について、互いに昔に戦った感情があり、なにより不信があるためとし、その不信がある限りはどのような関係もまともに進展しないと述べた。

Nomuhyon2_1  北朝鮮に対しては完全に胸を開いており、「いつどこでどのような話でも構わないので会って話をしよう」と南北首脳会談の提案が有効であることを再確認した。また、韓国の国民は北朝鮮の体制訪韓を望んでおらず、どのような形であれ安定的な土台の上で段階的に発展していくことを望んでいると繰り返し強調した。

 韓国が韓米連合訓練を行っていることと関連しては、訓練内容が北朝鮮からみれば不安に映るようだとし、こうした事情から北朝鮮も心を開くことができず、内部でも複雑な事情があるようだとの見方を示した。その上で、対話を通じて不信を取り除くことが重要な問題だと述べた。さらに開城工業団地や金剛山についても、北朝鮮が南侵の道を完全に放棄したものであり、こうした点からわれわれももう少し信頼を見せるときが来たようだとの認識を示した。

北朝鮮に対しては完全に胸を開いており、「いつどこでどのような話でも構わないので会って話をしよう」

 日本の首相に対しては「独島問題がある限り絶対会わない」とか言ってる国の大統領ですが、何と「休戦中」の敵国に対しては「いつどこでどのような話でも会う」、と。

 んじゃ、日本は北朝鮮以上の「敵国」という事でファイナルアンサー?>ノムヒョン

 是非、韓国と交渉する日本外交官はこの点について質して欲しいものですね。

その不信がある限りはどのような関係もまともに進展しない

 その不信を延々と持ち続け、あまつさえ大声で挑発しまくっているのはどちらの国かって言いたいんですけど。たまには不信を払拭するための行動ぐらい見せてみろ、って言いたくなります。

 そして、米韓合同演習すら「北が不安がるのも分かる」だって・・・・・・米軍怒るぞ、マジで。またローレス氏から「同盟止めたいんなら・・・・・」って言われちゃうぞ。いいのか?(w

 更には、大統領からヨイショされた金大中前大統領からもこんな対応が。

金前大統領、「北朝鮮に譲歩」発言に慎重

   【ソウル10日聯合】モンゴル訪問中の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が金大中(キム・デジュン)前大統領の訪朝計画に触れ「(北朝鮮に)多くの譲歩をしようとしている」と発言したことについて、金前大統領は慎重な反応を見せている。
 崔敬煥(チェ・ギョンファン)秘書官は10日、聯合ニュースの電話インタビューに対し、「現職大統領の発言を論評する立場にはない」と述べた。盧大統領が金前大統領の訪朝に多大な期待を示している点についても、以前にも同様の言葉を述べたことがあるとし、拡大解釈を警戒した。

 金前大統領が反応を控えているのは、来月の訪朝を控え政界を中心に不必要な論争が起こるのを防ぐためとみられる。政界の一部では訪朝が戦略的に利用されるとの指摘もあるほか、「大統領特使」論も出ているためだ。

 金前大統領は先ごろ統一部の李鍾ソク(イ・ジョンソク)長官と会った席で、訪朝は個人的なもので過度に取り上げられるのは望ましくないと述べている。

 まぁ、言ってみれば「ノムヒョンと一緒に見ないでくれ!」という事で。まぁ、国内政治とリンクされるのも困るし、何よりあんなバカ発言が国内保守派からどれだけ叩かれるか、分からない様な政治家じゃなかったという事ですな>金大中

 次のヨルリンウリ党の大統領候補はどうやってノムヒョンと距離をとるか、が大きな問題になりそうですね(w

| | コメント (6) | トラックバック (0)

なんか勘違いしてないか?韓国軍

【写真】「息子よ、頑張れ」

200605091859541

「父母の日」を迎え、論山(ノンサン)訓練所で「ママと一緒にする兵営訓練」が8日から3日間の日程で行われている。9日、母らが耳をふさぎながら息子の射撃訓練を見守っている。

・・・・・・・・

 軍隊への父兄参観ですか?それも母親限定?ネーミングが「ママと一緒にする兵営訓練」?

 この方が聞いたらどんな罵倒が飛び出すやら・・・・・

2006020920271441 「お前達!ウリの韓国軍をどうするつもりだ!」

| | コメント (7) | トラックバック (0)

考えたくないワイン保存法

飲み残したワインの保存法 

Tiebukuro1

残ったワインを保存するときは、コルク栓の下にマッチをさして火を付けたまま閉じると味が変わらない。

 

 いやー、2chハン板や東亜+板では有名な朝鮮日報の「くらしの知恵袋」ですが、今回のはワイン好きとして見逃せなかったので晒し。

 
 普通、まともなワイン愛好家は開けた時のコルク栓をまた使おうとは思わない訳だが。それに、コルク栓の内側になる所にマッチ刺すなんて・・・・もし落ちたらどうする、って考えないんだろうか・・・・?それこそ酸化云々以前にワインそのものをダメにしてしまいかねないんですが。

 プライベート・プリザーブ使えとは言わないからせめてバキュバンの様な真空ポンプとか使えよと言いたい私・・・・・・・orz

| | コメント (23) | トラックバック (0)

ソウル大教授の天と地

ソウル大教授「日本による収奪論は作られた神話」 

 日本による植民地時代に韓国が土地と食糧を収奪されたという韓国史教科書の著述は歪曲されたものだという主張が提起されている。

 韓日問題を論じるシンポジウムでソウル大学の李栄薫(イ・ヨンフン)教授が発表した内容だが、李教授は過去の「従軍慰安婦は売春業」発言に続き、再び論争を呼び起こしている。

 「1910年に日本は大韓帝国を強制的に併合した」
 「日本は韓国が植民地だった35年間に、韓国の土地の40%以上を収奪し、膨大な米を略奪していった」

 これらが韓国が独立後、40年以上にわたり中学・高校の国史教科書に記載されている内容だ。

 しかしソウル大学経済学科の李栄薫(イ・ヨンフン)教授はこうした収奪論が歪曲された神話だと主張した。

 収奪という表現は太平洋戦争末期を除き、被害意識から出てきた言葉だと李教授は話している。

 以下はYTNによるインタビュー。

 李教授「日帝(日本帝国主義)が韓国の米を供出、強制徴収したとされているが、実際には両国の米市場が統合されたことにより、経済的『輸出』の結果だった

 客観的数値で見ても、奪われた土地は10%に過ぎなかったと説明している。李教授は韓国の歪曲された教科書で学んだせいか、反日感情の根がかなり深くなっていると話した。

 李教授「私たちが植民地時代について知っている韓国人の集団的記憶は多くの場合、作られたもので、教育されたものだ」

 こうした主張について市民団体は植民地状況自体が不法であるという点を見過ごしていると反発している。

 李教授「植民地時期全体を見れば、労働力搾取だとか、状況が・・・その中に不法もあり、そうでなかった場合もあり、様々な次元があるため・・・こうした状況を通称し収奪と表現するのでしょう」

 李教授の主張がメディアを通じ知れ渡るとインターネットの各掲示板でも熱い討論が展開された。植民地史観の先兵と変わりがないと非難する書き込みが殺到した。

 一方で李教授の理論にも一理あるとし、教科書を客観的に見るべきという声も少なくなかった。

 李教授は2か月前にテレビの討論番組で従軍慰安婦を売春業と関連付けた発言を行い、物議を醸した人物だ。

 日本による収奪論を否定する李教授の発言は、韓国で新たな熱い論争を巻き起こしている。

 韓国ソウル大学にこの様に理性的に学問を行える教授がいた、という所にまず驚いた私です(爆)ただ、国史学教授の李泰鎮(イ・テジン)が専門教科で自爆しまくっている状況にも関わらず、経済学部の李栄薫教授がこういう客観的な立場から研究出来ている事に皮肉な感じを持たざるを得ません。

 どうして歴史の専門家が歴史についてお粗末な研究成果を発表し続けて問題にならないのか?やはりこれは韓国の「反日を語らないヤツは全て親日派」という硬直化した思想と「横並びこそ正義」的感覚が行き着いた結果ではないのでしょうか?韓国は日本以上に異端を忌避する傾向が強いらしく、特に反日について意見を述べようものなら感情的な十字砲火を受けて黙らされる。これは「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」を書いたチョ・ヨンナム氏が出演していた番組を降ろされ自己批判するまで追いつめられた事からも証明出来ます。本の内容は非常に素朴な個人の疑問から来る日韓の真実を韓国人なりにまとめた本、という印象を受けるのですが、それすらも韓国は受け入れようとはしないのです。(あのキム・ワンソプ氏が今やどの様な生活をしているのか、誠に有名ですけどね)今や朝鮮半島は北=社会主義 南=資本主義 でありながらも社会は全体主義で統一されているという訳で。

 今回の意見を発表した李栄薫教授が果たして韓国国内に居続けられるのか、非常に気になる所ではありますが、今回の研究発表は「従軍慰安婦」は売春だったという説に続いての発表だけに、今後国外の研究機関への脱出を余儀なくされない事を心から祈る次第です。それは同時に韓国社会が異端な意見も意見の一つとして客観的に受け容れられるかどうかの試金石になる様に思えるのです。

追記:すいません、元記事のタイムスタンプをチェックし忘れていました。なんと2004年だったんですね、この話(自爆) という事は、結局朝鮮民族には期待する方が無駄だ、って事ですかね・・・・・・orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日はWHF

 昨日はワールドホビーフェスティバル(略してWHF)が有明のビッグサイトで行われました。私もディーラー参加の友人のお手伝いの傍ら、買い物の為に泊まり明けにも関わらず(爆)行ってきました。

 しかし、昨日は天気良かったですねぇ。到着までに大汗かいてしまいましたよ。それだけで体力使い果たしてしまいそうな。それでも、初めて豊洲からゆりかもめを使って職場から1時間足らずで現地に到着。開場まで30分以上あれば何とかなるというもので。

 会場内はそれほど暑い!という事はありませんでしたが、さすがに上着着て歩く程ではなかったので(それやったら間違いなく汗だくだく)軽装で終始しました。

 上記の様に30分以上前に到着した時から驚いたんですが、なんと韓国ディーラーのケルベロスプロジェクト前のディーラー列が凄まじかったです ( Д )   ゚  ゚  何と言うか、他を圧していた、という感じでしたね。 確かにあそこの作品の出来は良いので、納得出来る所はあるのですが、そこまで人気があったとは、とある意味驚くと同時に日韓の国民意識の差がここまで乖離していた事を確認してしまいました。(これが韓国でなら日本からのディーラーをここまで手放しで受け入れるのだろうか?)

 私も買い物に知り合いへの挨拶にと歩き回りまして、なんだかんだ言って9M消費してしまいました・・・・・orz またまた積み物件が増えていくー・・・・・・(作れよ←心の声)

 今回は直前に開催された神戸の時の様な偽札騒ぎなどが無かったお陰で割と平穏無事なイベントでした。WFよりもこのレベルの小さなイベントの方が危険性も低くて良いんじゃないか、とも思ったりして。しかし、館内BGMで次々と軍歌リクエストしてるヤツ、もうちょっと考えてくれよと心の中で訴えたのはここだけの話(オイ)まるで館内が街宣車みたいだからさぁ・・・・・・orz

 今回は我がディーラーも最後まで粘ってしまい(新作落としたのがちと痛かったみたい)、終わった後で原型師のモナーのアトリエ氏、当ブログコメント担当(苦笑)のなか氏の3人で豊洲のサイゼリアで打ち上げ?食事会となだれ込み、私は調子に乗って100円ワインを2杯も飲んでしまいましたとさ(w でも、安物は安物なりの飲み方をすればおいしいものだ、と。(正直、我が家のそばにも出来ないものか、サイゼリア)

 次回は多分8月のWF・・・・体力&財力を残しておかないといかんですな。あ、その前に今月のSHSがあるんだっけ(自爆)

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

マハン級駆逐艦レポ(1)

 5/1のエントリーで話題にしたトライデントモデルのマハン級駆逐艦ですが、昨日ようやく池袋のグラムモデルでゲットできたのでちょっとだけ報告を。

 ゲットしたのは4種の中のマハン(42年)で、対空装備強化&射撃レーダー未装備の状態です。(つーか、これしか残ってなかったです)

 箱絵はピットロードのボックスアートでもお馴染みの吉原幹也氏。相変わらず良い味出してます。アメリカのメーカーなのに日本人画家に描かせるというのはやっぱりピットロード繋がりなんでしょうか?

 キットの内容は本体&武装パーツのランナー各1つとデカール。デカールはマイクロスケール製。武装パーツはなんかピットのコピーみたい。(ミッドシップの銘板が挿入されていますが)

 で、モールド関係ですが・・・・・船底のプレートは無し(爆)船首楼だけは甲板を別部品にしているので塞がっていますが、後半は穴開いたままです。見えなくなるから構わないと言えば構わないんですが・・・・・ で、船首楼甲板ですが、非常にあっさりとしたモールドで、何と錨鎖がありません(爆)もっと言うと錨のパーツがありません(更爆) 一番主砲のブルワークが無く、かなり目立ちます。それに両舷の爆雷投射機を装備する記述がありません。また、なぜか分かりませんがプロペラガードの取り付け指示が上下逆。ステーが下向きに表示されているんですが、当然上向きが正解。この辺は説明書のCGでもミスっているので設計段階からのミスの様です。前作のクレイブン級でもさんざんやっていた勘違いミスはまだ直っていない様です。と言うかどんな資料で作っているんでしょうか・・・・?

 ただ、前部主砲シールドの左右非対称をちゃんと表現していたり(この点は箱絵がミスしている模様)、変な所でしっかりしているので不思議です(^ω^;)

 まぁ、前作に比べて確かに評価は上がりましたが、更なるチェックをする予定ですので、どこまでこの評価が維持できるか・・・・ちょっと心配ではあります。ピットロードから喫水線の会会長の村田氏でも紹介してあげれば、とかちょっと思ってしまった私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカしかいないノムヒョン政権

「横田氏とは会わない」…韓国統一相

 
 【ソウル=黒田勝弘】韓国政府の李鍾奭統一相は3日、近く韓国訪問が予定されている拉致日本人の横田めぐみさんの父、横田滋さんとの面談の可能性について「会う必要性はない。(要請があっても)会う考えはない」と語った。これはソウルで行われたマスコミ団体との討論会の際、日本人記者の質問に答えたもので、李統一相は「問題の切迫性は理解するが、横田氏の訪韓の意味がよく分からない」と述べ、さらにこれまで金正日総書記が日本人拉致を認めたことなど北朝鮮の対応について「日本は過小評価している」と日本を批判した。
 李統一相は学者出身で盧武鉉大統領の側近として国家安全保障会議(NSC)事務次長を務めた後、副首相格の統一相に就任した。対北融和派として知られ、先月、南北閣僚級会談で北朝鮮を訪問してきたばかりだ。

統一部長官、「国防費増額論」 


 李鐘奭(イ・ジョンソク)統一部長官は2日、現政府が国防費を毎年増額するのは、周囲の列強が韓半島(朝鮮半島)を併呑しようとした時、これを阻止できる最小限の戦略的物理力が必要であるためとした。李長官はこの日、民主平和統一諮問会・米州地域会議の講演で「現政府の支持層の中には国防部の増額に反対する人が多いが、これまで政府は毎年9%前後を増額した」とし、「北朝鮮に対する抑止力と共に、韓国がどの国からも併呑されない力を持っていなければならないため」と述べた。また、「国防部の予算が増えるのは統一部の予算が減ることを意味するが、韓国は自衛的国防力を強化しなければならない現実に直面している」とし、「最近の独島問題がそのような現実をよく表している」と強調した。

(中略)

 軍事専門家らは李長官の言葉はハリネズミが全身を逆立てていれば猛獣でも襲うことはできないという「ハリネズミ戦略」のことで、有事の際に相手を攻撃できる長距離ミサイル、潜水艦などは持つべきだという意味に解釈される。

 はい、先日から潘基文外交通商相や朴椿浩国際海洋法裁判所判事、李泰鎭ソウル大教授などのバカ発言が続出している低民度立国韓国ですが、今度は統一部長官がバカ発言をぶち上げてくれました。

 何と言うか・・・・・横田さんら北朝鮮による拉致被害者家族に対しての「会わない」「金総書記の対応を過小評価している」発言・・・・・もはやこいつは北の走狗ですな。朝鮮労働党の工作員ではないんですか?被害者の人権を何だと思っているんでしょうか?会って「韓国の立場はこういう理由で積極的な対応が取れない」という様な話ならまだ理解できます。しかし、今回のは「偉大なる将軍様のありがたい配慮に感謝できないチョパーリどもは韓国に来ても会ってやらん」と言ってるのと同じです。ここまで来ると韓国の異常さが余計にクローズアップされて来ます。一度、自分の家族が北に拉致されてみろって言いたいですな。

 また、「韓国を列強がらの侵略から守る為に国防費を増額している」と・・・・あのなぁ、一体誰が韓国みたいな資源の無い盲腸半島なんぞ欲しがるって言うんだって。大体、列強とか言いながら何でもかんでも「独島維持」「対馬侵攻」しか頭に無い様な発言ばかりしておいて「侵略される」も無いもんだ。逆に人んちの侵略ばかり考えているじゃないか。韓国の純粋な防衛に強襲揚陸艦やイージス艦なんか必要無いだろうに。もう韓国は北朝鮮との戦いよりも日本や中国との戦争しか考えていない、という危険な思想が確認出来てしまう訳で。

 極東の不安定要素は全て特亜が原因、と言っても過言では無くなってきている今日この頃です。特に考え無しにバカ発言を繰り返す韓国が一番のホットスポットと言えるのかも?

| | コメント (3) | トラックバック (2)

ちょっとそれは無理じゃね?

中国、2年後に空母戦闘群を配備か

 
 【ワシントン=山本秀也】米国の中国語誌「多維月刊」(電子版)は1日、中国が2年後をメドに初の空母導入に踏み切ると報じた。大連のドックで改装作業が進む旧ソ連製の六万トン級空母ワリヤーグが1番艦として転用され、南シナ海の海南島三亜に配備されるとしている。
 中国の空母導入をめぐっては、3月に米議会で開かれた軍事専門家による公聴会でも、ワリヤーグを含めた6万トン級艦艇の配備を確実視する分析が示されていた。三亜を母港とする空母戦闘群の配備が事実とすれば、台湾海峡のほか、6カ国・地域が領有権を争うスプラトリー(中国名・南沙)諸島や付近を通る日本のシーレーン(海上交通路)に対する重大な軍事圧力となる。

 2年後に中国が空母機動部隊・・・・・ちょwwwwwwwおまwwwwwwwwいくら何でもそれは無理wwwwwwwwwwwww

 現在までに、中国海軍は空母機動部隊を編成するに必要な艦隊&航空機の整備について現実的な運用経験や知識、技術が不足し過ぎています。特に旧ソ連のワリヤーグを復活整備して就役させるとしても、この艦は元々完成していなかった艦で、航空機運用に必要な機材が一切搭載されていません。更に、搭載する航空団を編成するに当たって必要な戦闘機(&攻撃機)がありません。スホーイのフランカー艦載型を購入するとしてもその運用、訓練はとっくに始まっていないといきなりの搭載など無理でしょう。

 まずはワリヤーグの就役に全力を挙げる事になるんでしょうけど、それでも果たして2年で就役、配備が出来るとは思えない素人軍ヲタの私です。皆さんはどうお考えでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうとう動いたローゼン閣下

麻生外相 総裁選に意欲 推薦人確保に自信

 
 【ワシントン=大谷次郎】訪米中の麻生太郎外相は1日夜(日本時間2日午前)、ワシントン市内のホテルで同行記者団と懇談し、9月の自民党総裁選への出馬に必要な推薦人20人の確保に自信を示し、改めて出馬に意欲を表明した。

 麻生氏は総裁選への対応について「5年前(の総裁選のとき)も20人集まった。自信はある。いまは派閥では動かない」と強調。自身が目指す国家像に関しては「活力ある高齢化社会」「小さくても強い政府」の2つを挙げた。ただ、総裁選での公約になる政策提言や政権構想をまとめる時期については「総裁選では政策をきちんと戦わせないといけないが、出馬するときに出すものだ」と述べるにととどめた。

 麻生氏はこれまで、総裁選出馬に意欲を示しつつも「(推薦人が)20人が集まる前提で話すのは僭越(せんえつ)だ」と明言を避けてきた。推薦人の確保に自信を示したことで、総裁選をにらんだ動きを今後加速させるものとみられる。

 さぁ、とうとう谷垣財務相に続いてローゼン閣下が出馬を表明しました。これで残るは媚中派のエース福田元官房長官と我らが安倍官房長官の2人となってきましたね。

 しかし、改めて思うんですが、閣下ってあの「江の傭兵」グループに所属しているんですよね。はっきり言って西村真吾がミンス所属と同じ位違和感ありまくりなんですけど、これってどういうしがらみなんですかねぇ? 「特亜の手先」「売国政治家の雄」河野と正反対の対応で鳴らしている閣下にどうして河野グループにいるのか一度聞いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これでいいのか英国裁判所?(w

ダ・ヴィンチ・コードの判決文暗号 海軍提督浮上も新たなナゾ!?

 
 【ロンドン=蔭山実】世界的な大ベストセラー、「ダ・ヴィンチ・コード」が盗作かどうかをめぐる訴訟で判決文に裁判官が小説をまねて隠した暗号文がその後もさまざまな関心を呼んでいる。小説を彷彿させる解読合戦の様子が伝えられる一方、暗号文の真意が謎解き好きの英国人を刺激しているようだ。19日の映画公開に向けて裁判官自らが話題を提供する格好になった。
 ロンドンの高等法院で訴訟を担当したピーター・スミス判事が判決文にしのばせた暗号文は全部で42文字からなり、4月7日の判決で判事が読み上げた判決文全71ページのうち序盤部分の5-13の各ページに数文字ずつちりばめられていた。

 各文字は他の文字とは字体の異なる斜体の太字で印刷され、それらを抜き出して最初から順番に並べると、「SMITHYCODEJAEIEXTOSTGPSACGREAMQWFKADPMQZVZ」という文字列が浮かぶ仕掛けだ。

 暗号文の存在を発見したのは訴訟を担当した弁護士らで、「所々にある斜体の太字は印刷ミスではない」と気づき、判事に質した。判事は無言を通したものの、その後、メディアの取材に「ちょっとした遊びだよ」と答え、暗号文を忍ばせたことを認めたという。

 弁護士らは判決内容以外に重要なメッセージが隠されていては一大事だと、人海戦術で解読に挑戦。だが、「スミス・コードJ」に続く暗号文の文字列は突き止めたものの、意味は分からず、悪戦苦闘が続いた。

 それをブレークしたのが英紙の報道だった。先月26日から報じられた暗号文を基に読者も参加して小説をしのぐ勢いで解読合戦が演じられ、同28日に、判決内容とは無縁で「スミス・コードJ、ジャッキー・フィシャー、何者か? ドレッドノート」と読めることが判明した。

 「ジャッキー・フィッシャー」は19世紀末から20世紀初頭に活躍した英海軍のジョン・アーバスノット・フィッシャー提督のことで、海軍の戦力強化に努め、当時としては画期的な性能で世界の軍備、戦術に革命をもたらしたといわれる戦艦ドレッドノートの竣工にこぎつけた人物だ。

 戦艦の竣工が1906年2月で、今回の「ダ・ヴィンチ・コード」の訴訟が始まった日の100年前だったことから、歴史と軍事が好きで、自らの経歴に「フィッシャーファン」とまで書くほどのスミス判事が遊び心で小説に使われたフィボナッチ数列と文字の置き換え手法を使って暗号にした。

 判事はフィッシャー提督の偉業が忘れ去られるのを嘆いて提督を称える思いを暗号文に込めたようだ。ただ、解読された文には提督のライバルだったチャールズ・ベレスフォード提督の発言を引用したともいい、新たな謎を呼んでいる。

 判事によると、国王、ジョージ五世に気に入られていたベレスフォード提督は議論のたびにフィッシャー提督を侮辱したという。「何様だ?」とフィッシャー提督に食ってかかるようなベレスフォード提督の発言を持ち出した意図が歴史好きには気になるようだ。

 英各紙は大衆紙、デーリー・メールが解読した読者に1000ポンドの賞金を出すと言い出す中で解読したメッセージの報道をインターネット上で競い、どうやら一足先に「正解」を出したタイムズが勝ったようだ。ただ、解読合戦に疲れたのか、判決文に暗号を隠したという判事の行為の善し悪しは今のところ不問にしている。

 やっぱりイギリスって面白い国だわ(w 戦勝国だけに日本でなら「東郷元帥ファン」を公言してしまう位の判事って事でしょうが(それはそれで韓国が「日露戦争賛美は許せないニダ!」と大騒ぎするでしょうけど)、それが高じてまさか判決文に暗号を隠し入れるとは、ねぇ。

 フィッシャー提督と言うと確かにドレッドノートの建造で有名ではありますが、艦船ヲタとしては同時に「ハッシュ・ハッシュ・クルーザー」建造推進という暗黒面も持ち合わせた提督というイメージもあったりしますね(爆)「ハッシュ・ハッシュ・クルーザー」とは、「超軽巡」としてバルト海専用に作られた主砲38㎝連装2基という軽巡としてはまるで戦艦もどきのふざけた艦で(フューリアスに至っては計画時46㎝砲2門・・・・・)、カレジアス、グロリアス、フューリアスの3隻が建造されて後に空母に改装されています。そのニックネームの通り「急げ急げ」を合い言葉にWW1のバルト作戦に間に合わせるべく突貫工事で建造したにも関わらず、結局バルト作戦は構想だけで終わり(それで良く建造できたな、とは思わない様に。何しろフィッシャーなのだから)戦争に間に合わず無用の長物と化した3隻・・・・なんか、東郷元帥が仕様変更させて失敗した摂津級戦艦を思い出します。

 そんな提督のファンですから、やっぱり頭のネジが1本位飛んでいたりするのかも知れません(オイ) なんか、かの有名なギャグ番組「モンティ・パイソン」を作ったBBCを擁した国という事を再度納得させられた、そんな感じです。ハイソな階級の連中の密かなウィット、そういうものが日本人にもあればなぁ、ともちょっとだけ思ったり。(でも、判決文に暗号突っ込んだら即座に首飛ぶぞ、日本なら(^ω^;))

 最後に・・・・「スミス・コードJ」って何なんですかねぇ?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

まるで賄賂な支援金

韓国、国際水路機関に毎年10万ドル支援へ 

 
 韓国政府は10日、水路・海上安全に関する国際水路機関(IHO)に毎年10万ドルを支援することにした。

 金成珍(キム・ソンジン)海洋水産部長官は1日午前、海洋水産部庁舎でIHOのマラトス理事長と開発途上国の水路業務能力向上プログラム支援のための覚書(MOU)を締結した。

 これにより韓国は今年から毎年10万ドルをIHOに提供し、この支援金は開発途上国の水路測定や海洋調査、海図制作能力を育てるための教育訓練事業を行う能力向上委員会で使用される。

朝鮮日報

 まぁ、何と言いますか、まるでインドネシアの津波地震の時の義援金の様な話だな、と思った私。これって、早い話が「韓国が独島付近の海底地形の韓国語命名を提案した時は有利によろしくお願いするニダ」って事でしょ?別に純粋な支援でも何でも無い訳で。インドネシア地震の時も「日本があんなに出し始めたニダ、これではウリの義援金がかすんでしまうニダ!」とばかりに政府支出の義援金を出す「約束」をしたのに、復興の話が世界から消えていく合間に値切りまくった事はネット界では非常に有名なお話です。(逆に日本はとっくに全額支払い済み)

 今回の支援も一体いつまで払うやら。海底地形の命名問題が片付けば一気に止めてしまいそう。これが賄賂でなくて一体何なんだろう?

 また、韓国の非中立性はこんな所にも現れています。

盧大統領、韓日漁業協定破棄には否定的

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が27日午後、国際法の専門家を大統領府に招き、日本の独島(日本名竹島)挑発事態について意見を聞く席で、韓日漁業協定に関し専門家の間で意見が分かれた。

 晩餐を兼ね、4時間かけて行われたこの日の集まりで、李長熙(イ・ジャンヒ)韓国外国語大学副総長と金榮球(キム・ヨング)リョヘ研究所所長は韓日漁業協定により独島の領有権が損なわれたという趣旨の発言を行った。出席者によると金所長は「独島を含む中間水域で韓国と日本が共同管理を行うのは、領土主権の排他性を損なうもの」と話した。

 李副総長も「政府は韓日漁業協定の問題点を解消する段階的な方策を緻密に検討すべきで、独島を起点とする排他的経済水域(EEZ)の宣布も一つの方法」との意見を明らかにした。

 これに対し、金大淳(キム・デスン)大韓国際法学会会長(延世大教授)、金柄烈(キム・ビョンニョル)国防大学校教授が「韓日漁業協定が独島領有権を含め、国際法上の問題を扱うものでないことは第15条に明確に規定されている」とし、「独島が中間水域に入っているわけではなく、独島とその領海(12海里)を除く部分が中間水域」と反論したと伝えられる。また、朴椿浩(パク・チュンホ)国際海洋法裁判所裁判官も金大淳会長と同じ立場を明らかにしたという。

 討論を聞いていた盧大統領は「漁業協定が破棄されれば、互いに相手国の漁船を拿捕するような事態となり、漁民たちの生業に支障が生じるだろう」とし、一部で提起されている協定破棄について否定的な立場を明らかにしたという。

 盧大統領はこの日、国際法上の観点から日本の独島挑発にどのように対処すべきかについて専門家の見解を聞いた後、この問題を国際司法裁判所に委ねるといった対応は適切ではないと話したと伝えられる。

 また盧大統領はソウル大国史学科の李泰鎭(イ・テジン)教授に独島問題の歴史的経緯について質問したとされる。盧大統領はこの問題についての対応策として東北アジア歴史財団の早期設立、外交部条約局の強化などを挙げた。

 参加者たちは盧大統領が今月25日に行った対日特別談話で多少激情的に話したのとは違い、慎重な様子を見せたと伝えた。ある出席者は「盧大統領は今回の事態と関連し、全政治勢力の協調のもと、戦略的で沈着な対応を取りたいとの立場を明らかにした」と話した。

 うーん、何と言うか、本来中立の立場で提訴された案件を裁かなくてはならないはずの国際海洋法裁判所の裁判官が韓国大統領が招集した「竹島問題」を話し合う会議に参加して発言している、という立場を無視と言うか軽視した行動に唖然。良く韓国人&韓国政府が言う「国際司法裁判所には日本人の裁判官がいるから提訴には応じないニダ」という論理を逆に韓国に返してやりたいですね。「それ、やってるのはお前達だろう?」と。 日本人の場合、人にやってはいけない、と言った事は恥ずかしくて自分じゃ出来ないもんですが、韓国人の場合は逆なんですね。「チョパーリはそんな卑怯なマネはするな!でもウリたちはしてもいいニダ」ってか?本当に韓国って「東方礼儀の国」なんですか?(嘆息) そう言えば、この裁判官は韓国での講演で「韓国は対日問題で裁判に行くべきではない」と発言したそうで。裁判を否定する裁判官・・・・どうにか忌避手続きできないもんですかねぇ?そうでなきゃ裁判官弾劾手続きとか。

 そして、飯島酋長が話を聞いている相手の一人、李泰鎭教授ですが、この人は既に日本ネット界では「ある意味」有名な人で、なぜ有名なのか?はここを参照下さい。「日本の一般人に朝鮮史論争で負けた朝鮮国史学者」として歴史に残るでしょう大物です(w まぁ、こんな学者?に話聞いてるんじゃ、酋長の歴史観もたかが知れているもんで。

 なんか、書いててあきれ所と笑い所だけはそこら中にある記事でちょっと疲れてしまった私です_| ̄|○

takeshima dokdo dokto tokdo tokto

| | コメント (1) | トラックバック (2)

なぜか見あたらないトライデントモデル

 昨日は仕事が終わった後、日曜日だってのにアキバへ行ってしまいました。(混んでるの、分かってるんだけどね・・・・)一応、狙いはタミヤ1/48Ⅲ号突撃砲G型、トライデントモデル1/700マハン級駆逐艦 の2つ。発売されてる報告をネットでチェックしていたので、まぁよほどの人気がなけりゃ手に入るだろうと安心しまくり。

 アキバに着いてまずは腹ごしらえと駅横のミスター陳へ。ここ、一人で来るならベスト。狭いけどちゃんと一杯ずつ作るチャーハンは横で見ていて飽きない。プロの調理ってなんか他の名人とも共通で感心しちゃうんですよねぇ・・・・・マネ出来ないけど。 で、相変わらず盛りが良いチャーハン&ギョウザ食ってK-BOOKS経由でYSへ。

 うーん、Ⅲ凸はあったけどマハン級が見あたらない・・・・・仕方なく、再販されてたフジミの1/72Bf-110C/Dを購入。このキット、スケール違いで1/48もあるけど、C/Dなら未だにベストキットな気がする。フジミがこんなキット出せてた時代が懐かしい。

 で、帰り方向にあるケイワンへ。少なくともあそこならあるに違いない、と当たりをつけてみたんですが・・・・ここにもⅢ凸はあってもマハン級は無しorz もしかして、前回のクレイブン級で懲りたんですかね?各社。確かにあのクレイブン級は一体何を参考に作ったんだ、って言いたくなる位のレベルだったんで、今回果たしてどの程度進歩したのかなと思っていたんですが、それ以前に市場から拒否されていたんじゃないかとか思ってしまいました。(単に入荷が遅れていたんなら良いんですが、ピンバイスとかには1日以上前に入っていたからなぁ・・・・)

 仕方なく、ケイワンでⅢ凸を買って帰った私。ぼちぼち2ch辺りでキット評が出るんじゃないかと期待していますが、期待倒れにならない様、お願いしますよトライデントさん。(アメリカの1/700インジェクションメーカーって、昔あったアルバトロスとか兎に角レベルが低いんですよね・・・・どうしてなんだろう?)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »