« アニメじゃないホントのことさ | トップページ | これでも「東方礼儀の国」なんです »

解読出来てなかったの?

エニグマ暗号文、64年ぶりに解読 第2次大戦中、ドイツが発信 

 【ロンドン=蔭山実】第二次大戦中にナチス・ドイツが暗号機「エニグマ」を使って発信した暗号文のうち、未解読のままになっていた三つの暗号文の一つを、ドイツのアマチュア暗号解読家がインターネット上の有志らと共同で六十四年ぶりに解読に成功したとBBCテレビ(電子版)が二日、伝えた。

 エニグマを使って発信された暗号文は当時、英国のブレッチリー・パークにあった暗号研究所で解読されていた。だが、一九四二年にドイツが新しい暗号システムを採用して発信した暗号文は解読できなかったという。

 九五年に三つの未解読暗号文が専門誌に掲載され、アマチュア暗号解読家が謎解きに挑戦。そのうちドイツ人のアマチュア暗号解読家は、自ら暗号解読のソフトを作成してインターネット上で公開し、最終的に有志ら約二千五百人と共同で一つの暗号文を解読した。

 この暗号文は四二年十一月二十五日にドイツのUボートから独海軍の司令官が発信したものと確認され、「連合軍の艦隊を追跡している」などと読めるという。

 ブレッチリー・パークの暗号研究所は博物館になっており、すでに暗号解読作業には一切関与していない。ただ、博物館の報道担当者はBBCテレビに「暗号研究所にもできなかった偉業を達成した」とアマチュア暗号解読家らを称賛した。

 大戦中、ドイツが誇る暗号システム「エニグマ」はその複雑さから解読はあり得ないと考えられ、実際ドイツは重要情報を最後までエニグマで送信し続け、イギリス側のエニグマ解読成功という事実の秘匿(ドイツ空軍の爆撃目標を解読したにも関わらず、損害回避をわざと怠った等)も相まって連合軍の勝利の一因と言われています。(なんと、驚く事に1930年代にポーランドが解読に成功していました)

 それだけに、他の未解読暗号システムが存在していたという事に驚きました。同時に、ドイツが降伏したにも関わらず暗号の解読システムを入手出来ず、解読出来る暗号員の捕捉もしていなかった連合軍に驚きです(爆)

 歴史にIfは禁物ですが、もし重要情報の送信にエニグマでなく、今回の解読出来なかったシステムでやりとりしていたら・・・・・ノルマンディの上陸作戦もどうなっていたか、分かりません。(まぁ、ドイツ側が情報戦に一方的に負け続けていた、という点も見逃せませんが。国防軍情報部のカナリス部長が反ヒトラー派だった事もドイツ敗戦の理由の一つだったのかも)

 この暗号を解いた中心メンバーがドイツ人だったのは、やはり因縁だったんでしょうかねぇ?

|

« アニメじゃないホントのことさ | トップページ | これでも「東方礼儀の国」なんです »

軍事」カテゴリの記事

コメント

Hello! How do you feel about young composers?!…

投稿: Charlotte | 2014/02/23 15:28

Wow, superb weblog structure! How long have you ever been running a blog for? you made running a blog glance easy. The full glance of your site is wonderful, as neatly as the content!

投稿: Alexa | 2014/04/04 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83916/8931085

この記事へのトラックバック一覧です: 解読出来てなかったの?:

« アニメじゃないホントのことさ | トップページ | これでも「東方礼儀の国」なんです »