« 「自己責任」はどこ行った | トップページ | 韓国軍事ネタその1 »

反日政治家活躍中

戦争責任検証へ研究会…民主有志議員、26日設立

 民主党の有志議員が、先の大戦について、日本の戦争責任を検証することを目指し、政策勉強会「日本の歴史リスクを乗り越える研究会」を発足させる。

 26日に設立総会を開く。

 呼びかけ人は、衆院は近藤昭一氏、達増拓也氏ら、参院は簗瀬進氏、岡崎トミ子氏らの計8人。

 設立趣意書は「(小泉首相の靖国神社参拝が)日本をアジアで孤立化させ、経済的な国益まで失わせようとしている。第2次大戦から派生する様々な問題を『わが国の歴史リスク』ととらえたうえで、総括的・総合的な対応策を確立するギリギリの時期に来ている」と記している。

 またぞろ民主党の反日政治家たちが活動を始めた模様です。折角、前原新代表が中国の軍事的脅威を取り上げてちょっとだけでも見直させたばかりなのに。これで前原氏の苦労も水の泡ですね。

 今回の呼びかけ人を見てみますと、最近電波度で朝日を上回ったと評される東京新聞と同根の中日新聞出身で中国留学経験者、民主党護憲派集団「リベラルの会」代表幹事の近藤昭一氏、小沢グループで民主主義「絶対」教信者の元外交官達増拓也氏、そして大トリはソウル日本大使館前の定例(爆)水曜反日デモに参加して反日活動を繰り広げた日本の国会議員である岡崎トミ子であります。ちなみに、トミ子は社会党出身であります。(ごめんなさい、こいつにだけは敬称付けられないです)

 一体、「日本の戦争責任」って何でしょう?大東亜戦争の結果については敗戦国たる我が日本は極東軍事裁判を受け入れてA~C項戦犯がそれぞれ死刑を含む刑に処せられ、賠償を放棄しなかった国々に対してはその責務を果たし、残る戦犯の名誉に関してはサンフランシスコ講和条約に於いて連合国側の同意も得て国会の全会一致と共に完璧に回復されている。にも関わらず、講和条約にも参加せず極東軍事裁判にも参加していなかった中共や南北朝鮮に文句を言われる筋合いはこれっぽっちも無いはずです。特に朝鮮は「日本の一部」だったのですから、はっきり言って「共犯者」の立場に甘んじるべき立場です。それを火事場泥棒の如く日本から巨額の補償金をせしめ、挙げ句の果てには李承晩ラインによる無法な竹島侵略と不遜鮮人の釈放&特別在留許可までせしめる始末。戦争は負けてはなりませんね。

 「日本をアジアで孤立させ」って? ここであの決めセリフいいですか?

「あなたの言うアジアって、一体どこの国の事かしら?」

 全く、勝手に特亜をアジアの代表にするなって言いたい。特亜だけがアジアなのかと小一時間問いつめたいですよ。

 そろそろ、民主党は党を割ってでも理念を一にする者だけを集めた政党に生まれ変わるべきです。このままではまた社会党の再現です。それは日本国民にとっても二大政党制を潰してしまう不幸な結果を生むだけなのです・・・・・

|

« 「自己責任」はどこ行った | トップページ | 韓国軍事ネタその1 »

特定アジアの話題」カテゴリの記事

コメント

>民主党は党を割ってでも理念を一にする者だけを集めた政党に生まれ変わるべきです。

数合わせの為だけに、自由党から社会党までの主義主張がまるで異なる人達を集めたツケですね。
自民を追い出された人達が作った政党のほうが遥かに良い。

いくらでも書きたいことはありますが、
この件に関してはこれ以上のコメントは控えさせて頂きたいと思います(笑)

投稿: なか | 2006/01/22 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83916/8285752

この記事へのトラックバック一覧です: 反日政治家活躍中:

« 「自己責任」はどこ行った | トップページ | 韓国軍事ネタその1 »