« インデアンカレーとの邂逅 | トップページ | 一体怒られるのはどっちなのか? »

嘘つきを顕彰する国韓国

独島付近の海底など18カ所、歴史的人物の名前から取って命名

独島(ドクト、日本名・竹島)付近の海底の山の地名を、新羅(シンラB.C.57~A.D.935)時代の異斯夫(イサブ)将軍など鬱陵島(ウルルンド)・独島を守った人物の名前から取って、命名した。

異斯夫は、新羅・智證王(ジズン、437~514)の時代、現在の鬱陵島・独島である于山国を新羅に帰属させた。こうした事実は『独島は韓国領土』という歌を通じてもよく知られている。国立海洋調査院は25日、第9回海洋地名委員会を開いて、独島東方42.5キロの水域にある海の中の山を「異斯夫海山」と命名した、と伝えた。

東海(トンへ、日本名・日本海)の海底地形に名前を付けたのは初めて。海洋調査院はまた、鬱陵島・独島付近の海底の盆地、山、絶壁など計18カ所に名前を付けた。とりあわけ、海底の山の名前は、異斯夫、安竜福(アン・ヨンボク、朝鮮後期の外交官)、沈興沢(シム・フンテク、1906年の鬱陵郡守)など韓国領土を守るため努めた歴史的な人物の名前から取っている。

海洋調査院関係者は「海底地名は当地を探険した人物・船舶の名前から取るのが国際社会の慣例だが、韓国領土を守るために努めた方々を褒め称えるため、このように名付けた」と伝えた。


kuma
 安竜福を「朝鮮後期の外交官」ですか。・・・・・・・プ(w

 詳しくは紹介する「安龍福の素性」を見ていただければ分かりますが、自分の身分はおろか、証言の殆どが嘘だらけの偽証野郎です。さすがは韓国人の祖先、現代でも最高検察庁が日本に比べて671倍も偽証が多いと認定するだけの事はあります(爆)そんなヤツの名前を平気で海底の地形に名付けようと言うのですから・・・・・改めてマネ出来ない斜め上国家です┐(´∀`)┌ヤレヤレ

|

« インデアンカレーとの邂逅 | トップページ | 一体怒られるのはどっちなのか? »

特定アジアの話題」カテゴリの記事

コメント

さすがウリナラニダ
ここまで凄いとイルボンチョッパリには真似されないニダ。
歴史を立て直して、宗主国様に認めてもらうニダ。
ウリ達の言いなりになれば、褒美としてチョッパリモングキたちにバナナを与えるニダ。

丶`∀´> ウェ~、ハッハッハ

投稿: なか | 2005/11/26 16:18

えー、冗談はさておき、この「安竜福」とやらって一体何者なんでしょうかね。
まあ我が日本にも「○史郎」というお方がいらっしゃいますが・・・。
挑戦日報の記事にあるのですが、この「安竜福」とやらの活躍(笑)が子供向けにテレビドラマ化されたそうです。
こんな歪曲された歴史観を幼い頃から吹き込まれると、あんな風になるのかな?なんてふと思いました。
それにしても、
「卓越した武術で鬱陵島を狙った倭人を追い払った人物。」
倭人ですか!
こりゃ恐れ入りました(笑)

投稿: なか | 2005/11/26 16:38

まぁ、平気で日本に対して蔑称を使いたがる礼儀知らず国家ですので、いつかしっぺ返しが来る事を信じましょう(苦笑)

PS.もしかして、ホロン部のバイトしてました?(爆)

投稿: みほり | 2005/11/26 17:42

ウッ、ウリはホロン部じゃないニダ(笑)

>現代でも最高検察庁が日本に比べて671倍も偽証が多いと認定
なんか凄い倍率ですね。競馬だったら、「万馬券」ですよ(爆笑)

>平気で日本に対して蔑称を使いたがる礼儀知らず国家
なんせ「東方無礼」の国家ですから。

投稿: なか | 2005/11/26 19:00

This write up is nice. Ill post in my blog and translate it in French.

投稿: Grace | 2014/01/23 21:28

אתר עם מידע על מעטפות, הזמנות לחתונה, מעטפות והזמנות לבר מצווה מומלץ!

投稿: Madeline | 2014/02/20 20:46

You can really feel the best excellent with arms promptly while you touch alouis vuitton uk

投稿: Taylor | 2014/03/24 03:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83916/7327057

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘つきを顕彰する国韓国:

« インデアンカレーとの邂逅 | トップページ | 一体怒られるのはどっちなのか? »