« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

模型と酒の話題

 ここらで、このブログの本来のお題である「模型と酒」の話を。

 昨日、仕事が終わった足でアキバへ。書店へも行くつもりがあったので黄色潜水艦へ。(その前にDVDチェックしに行っていたりして)

 まずは出たばっかりのピットロード1/700「ワリヤーグ」とタミヤの1/48「パンターG」を。どっちも出来は大体分かっていたので速攻購入。ワリヤーグは早くエッチングパーツが供給される事を願ったりして。パンターは初期型から後期型まで大体のタイプをフォロー出来る様で、塗装例が限定される事も無さそうで助かります。
 あと、スーパースケールデカールで48のアベンジャー「フライト19編隊」用デカールが出ていたので飛びつく私(w 全5機のデカールと簡単な解説はいつものスパスケデフォ。あの編隊、5機中3機の乗員が海兵隊だったんですね。初めて知りました。

 そして、数日前にはフリートネットさんからコンブリックの1/700「英戦艦エリン」とレジアマリーナの1/700「伊戦艦アンドレア・ドリア」を購入。ある意味エリンは勢いでしたが、アンドレア・ドリアはとうとう入ったか、という感じで。ちょっと前にポーランドの本でアンドレア・ドリアの図面本を買っていたのも後押し。ちょっと作りにくそうなキットではありますが、何とかなりそう。どっちかと言えばエリンの方が作りやすそうに見えるのはレジンの色とかのせいでしょうか?


 最近、いただいているワインを紹介。
kyohou-b
 近くのスーパーの酒売り場で見つけたのが蒼龍葡萄酒という会社の2005年新酒「巨峰ロゼ」。会社の名前に大きくよろめいてしまったのもありますが(笑) 酸化防止剤無添加という点が非常に興味ありました。外国からの輸入ワインはほぼ全て酸化防止剤の硫化塩とかが入っていますが(ウクライナのマサンドラは無添加だそうですが、ポートワインの様なフォーティファイドワイン(酒精強化ワイン)であるからかも知れません)日本産の場合はそういうものを入れなくても大丈夫という事らしいです。味はやはり新酒だけに非常にフルーティ。甘みもあってかなり気に入りました。ただ、その甘み故にどんな食事にも合わせる、というのは無理っぽいですね。酸化防止剤がダメな某艦長にもお勧めできそうな(苦笑)
 
 
 
 
0452-67084
 そして、最後はチリはコンチャイ・ト・ロの「サンライズ・カルメネール2003」。サンライズと言うとチリワインではかなりお馴染みで、同じメーカーのフロンテラと並んでコンビニでも買えるワインの一つでもあります。 でも、今回試したのはその中でも最近ラインナップに入ったカルメネール種のワイン。何でも、フランス・ボルドー起源のブドウなんだそうですが、チリに持ち込まれた後に起きたフィロキセラという害虫の世界的大発生によって元のボルドーはほぼ全滅したそうで、今ではチリにしか残っていない木なんだそうです。今まではメルローと混同されていたんだそうですが、ようやくカルメネールだけで作れる様になったらしいです。基本的にここのワインはそんなに重くないんですが、カルメネールもその例に漏れずフルボディとは違った軽さを感じさせてくれました。ただ、酸味をあまり感じず、個人的には良かったかなと。機会があったらもう一度試してみたいですね。フロンテラのカルメネールもあるそうなので、どう違うかこっちも試してみたい気が。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

これも自爆と言うのでしょうか

MS「韓国からウィンドウズ事業撤収することも」

米国マイクロソフト(MS)社が韓国公正取引委員会の調査と関連し、韓国からウィンドウズ事業を撤収することもできると述べたとダウ・ジョーンズが28日、報道した。

ダウ・ジョーンズによるとMSは証券取引委員会(SEC)に提出した四半期報告書で「韓国の公正委がわれわれにコードをとり除くとか韓国市場に合わせて特化されたウィンドウズを再設計することを要求することもあり得る」としたことを明らかにした。

MSはまた「この場合、韓国市場からウィンドウズ事業を撤収する、または新しいバージョンの発売開始を延期させる必要があり得る」と付け加えた。

MSは最近、リアルネットワークスに7億6千100万ドルを支払ってウィンドウズメディアプレーヤーをセット販売したことなどをめぐる訴訟を解決している。しかし韓国の公正委は12日、MSを申告したリアルネットウワークスがMSと合意して申告を取り下げたが、現在進行されているMSに対する会議の審議を続けると明らかにした。

公正委は現在MSがコンピューター運営体制(OS)であるウィンドウズに動画再生プログラムである「メディアプレーヤー」とインターネットチャットプログラムである「メッセンジャー」をセットで売り、市場支配力を乱用した疑いに対して調査している。

 あんまりわがまま言ってると、日本みたいに聞いてくれる国や組織なんてそうそう無いんだからこういう反応されちゃうんだよ。マイクロソフトもそんなに偉そうな事言える事ばかりしてる訳じゃないけど、パクリ&コピー大国韓国に対してはやっぱりでっかい釘刺しまくっておこうって思うんでしょうね。個人的にはそのまま事業を撤収して韓国国民が一斉火病状態ってのを見てみたいです(オイ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログの値段

 先日、「How Much Is My Blog Worth?」というサイトを見つけました。

 文字通り「私のブログの値段はいくら?」というもの。こういうのには目がないワタクシ、早速やってみましたとさ。


 How Much Is My Blog Worth?
 Your blog, spitfire.air-nifty.com/seizon/, is worth $5,080.86

 たった5000ドルでしたかorz 日本円にして587,195円。ま、まともに反特亜ブログにも成り切っていない様なブログですので、これでもまぁ良い方なのかも。ブログ持ちの方、ものは試しですのでやってみてはいかが?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

誰か暴走を止めてくれ

大仁田:大仁田参院議員 衆院“乱入”

大仁田参議VS杉村衆議 自民党の大仁田厚参院議員が25日、衆院本会議に“乱入”する計画を明かした。大仁田氏は杉村太蔵衆院議員の教育係に名乗りを上げ、武部勤幹事長に直訴するなどしたが、杉村氏とはまだ会えていない。大仁田氏は武部幹事長、杉村氏との3者会談を25日に行う方向だったが、実現しなかった。「本会議に行けば杉村氏と会える。あいさつの大切さを教えたい」と語った

 「あいさつの大切さを教えたい」って、大学の応援団かっての。それよりも参院議員が衆院本会議に無許可で乗り込む方が無礼だろうに。そろそろ、自民党執行部も「話題性だけじゃダメだ」って事に気が付いてもらいたいもんです。議員には「知性」と「品性」がどっちも必要なんです。安い金払って議員にしてる訳じゃないんですから。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

身の程知らずも大概に その2

「靖国参拝続けば、韓日両国の友好増進はない」

 政府が潘基文(パン・ギムン)外交部長官の訪日を決定したのは、事実上の「最後通牒」を伝えるためと見られる。日本が侵略の歴史を美化し、靖国神社に代わる追悼施設建設の約束を守らないなどといった態度を続けるなら、今後形式的な外交チャンネルを除き、政府間での両国関係発展に向けた措置はこれ以上取らないという意味だ。  実際このような状況になれば、韓日国交樹立(65年)以来、初めての事態となる。

◆ 小泉首相に事実上のPNG宣言
 外交の世界には「忌避人物」「非友好的人物」を意味するPNG(persona non grata)という言葉がある。違法または非友好的行為を行なった時、「これ以上外交関係を続けられない」と宣言するものだ。通常は国内に駐在する外交官に対して行われ、国外退去処分とする。
 政府の今回の決定は、事実上日本の小泉首相に、そのPNG宣言でもしてやりたいという考えが反映されているものと見られる。数回にわたる要請と警告にもかかわらず、依然として靖国神社を参拜するのは、「韓日関係の発展にこれ以上興味がないという意味と何が違うのか」と政府関係者らは指摘している。

◆ 外交会談を通じて警告
 政府の高位関係者によると、潘長官は今回の訪問で、日本側に適切な措置を要求する方針だ。小泉首相の靖国神社参拜の中断、代替追悼施設の約束履行などが優先事項だ。政府関係者が述べている状況と態度の変化とは、これらを指すものと見られる。
 また、潘長官は外交的に強い表現を用いて日本に警告する考えだという。早い話が、「このままでは、これ以上の首脳会議の継続は不透明という遠回りな表現になるだろう」という意味だ。外交長官のこうした言葉は、一般人の言葉に変えれば「謝って適切な措置を取らなければ、あなたとの関係は終わり」という意味も同然だ。

◆ 韓日関係の冷え込みが予想
 韓国政府が強硬な立場をストレートに通知した後、日本側がどのように反応するのかが注目される。小泉首相にとっては、有権者との約束のため靖国に関する立場は変え難い。代替追悼施設に関しても、日本政府は世論調査の結果も公表していないほど消極的だ。どういう選択を行うのかが注目される。
 両国関係が最悪の状況に走れば、経済交流に影響を及ぼす可能性もある。韓流ブームなどによりかつて無く良好な民間交流にも悪影響が懸念される。
 来年9月に小泉首相の任期が終わるとしても、その次の政権と相性が合うとは限らない。かえって、さらに強硬派である安倍晋三議員のような人物が、次期首相の本命といわれているほどだ。まかり間違えば、韓日関係が長期にわたり冷え込む可能性もある。

 「会ってやらないニダ!」と大口叩いたパン・ギムン長官があっさりと白旗上げた件について、記事捏造が得意の韓国マスゴミが何か言い出しました。「最後通牒」だの、「ペルソナ・ノン・グラータ」だのとよくもまぁ言えたもんだ。隣の未だ交戦状態の世襲独裁国家指導者には未だにそんな口叩けない連中が何言ってるんだか。
 正直、一度「国交断絶ニダ!」とやっていただけないものか。一夜にして経済が壊滅する事確実なんだけどねぇ・・・・・(0゚・∀・)ワクワクテカテカ

 それにしても、言いたい放題捏造し放題だねぇ。別に日本が靖国の代替施設を作る事を「約束した」なんて事実は無いし(検討するとは言っただろうけど)、「あなたとの関係は終わり」とか。後悔しない事を祈りますよ、朝鮮日報さん。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

身の程知らずも大概に その1

竹島問題で3通目の書簡 韓国の市議会から島根県に (産経)

 「対馬の日」条例を制定した韓国・馬山市議会の河文植(ハ・ムンシク)議長から「竹島の日」条例を制定した島根県議会の倉井毅(くらい・つよし)議長あてに、話し合いを求める三通目の書簡が25日までに届いた。

 倉井議長は過去2回、話し合いを拒否する文書を郵送したが「会う考えがないことに変わりない」として今回は返信しないという。

 書簡は10月6日付で「馬山市議会との話し合いを通じて双方の立場を確認し、問題を解決してこそ(県との断交を宣言した)韓国・慶尚北道との問題を解決できる」などと書かれていた。

 ここまでこじれさせておいて、何が話し合いなんだか。今更話し合いをしようと言うなら、まずは国際司法裁判所でやってくれ。話はそれからだ。

 それにしても島根県議会(*^ー゚)b グッジョブ!!  やっぱり漁民からの突き上げがあるんだろうな・・・・それに引き替え鳥取は・・・・・・orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大島大使は韓国人じゃない

新任の駐韓日本大使の任務は「静かな韓日関係」(朝鮮日報)

 大島正太郎駐韓日本大使に与えられた任務は「静かな韓日関係」の実現だ。

 前任の高野紀元大使は、「竹島(独島(トクト))は歴史的にも法的にも日本の領土」と発言し、物議を醸した。もちろん高野大使の発言は、独島に対する日本政府の基本的立場だ。しかし、大島大使の韓国赴任が高野大使の発言に対する韓国側の反発のためであることがわかっているだけに、赴任後、大島大使が果たすべき役割は、最初からはっきりしている。

 中国と対立している日本は、外交戦略上なるべく韓国を味方に取り込もうとする努力を前面に出している。このため、日本政界の右翼性向の人物も、中国に対して声を荒らげて批判しても、韓国に対する批判は自制する傾向が強い。日本では、中国との摩擦を引き起こしている東シナ海問題は連日取り上げられるが、独島に関する話はあまり聞かれない。

 大島大使の最初の任務は、日本のこのような韓国に対する慎重なアプローチを原状復帰させることだ。

 赴任後、大島大使は独立記念館、西大門(ソデムムン)独立公園、タプゴル公園などを訪問した。全てが、韓国と日本の暗い過去を象徴するところだ。韓国とは、これまで特に縁がなかったため、大島大使の周辺からは大使が「歴史の勉強」をしているという話も聞かれた。大島大使は、「現場で感じたことを積極的に外交活動に反映するつもり」という見解も明らかにした。

 もちろん、大島大使には民間レベルで活性化している韓日交流を一段とレベルアップさせるという積極的な役目も与えられている。歴史問題をめぐる政治的摩擦とは裏腹に、民間では韓流などの影響で韓日関係がかつて無く活発な状況であるためだ。

 一体、大島駐韓大使はどこの国の大使なんでしょうか(w 朝鮮日報、あんたはどこの国の新聞だ。勝手に人の国の大使閣下に命令してるんじゃない。( ゚Д゚)ゴルァ!! それにしても、相変わらずの対日傲慢さ。朝鮮日報は今日も正常運転です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

悪かったら謝ろう

 先日、根室沖で日本の漁船がコンテナ船に衝突され、死者7人を出して沈没した事件は覚えておられる方は多いと思います。

根室漁船転覆:コンテナ船長ら3人逮捕 イスラエル警察

 【エルサレム樋口直樹】北海道根室沖でサンマ棒受け網漁船「第3新生丸」が転覆し乗組員7人が死亡した事故で、イスラエル警察は23日深夜(日本時間24日朝)、新生丸に衝突したイスラエル船籍の大型コンテナ船「ジム・アジア」船長、モシェ・ベンダビド容疑者とセルビア・モンテネグロ人の2等航海士、ブルガリア人の見張り番の計3人を過失致死と救援義務違反の疑いで逮捕した。事故原因の究明に加え、「当て逃げ」疑惑の解明も急ぐ方針だ。

 警察当局は同日朝から船長や乗組員ら5人を拘束し事情を聴いていたが、うち2人を釈放。逮捕された3人のうち船長は保釈金を支払い自宅軟禁処分となった。2等航海士と見張り番は自国へ戻って捜査権限が及ばなくなる恐れがあるため、身柄の拘束を続けることになった。

 事故当時、就寝中の船長に代わって艦橋などにいた2等航海士と見張り番は、他船との衝突の危険を知らせる警報が作動したにもかかわらず必要な措置を講じていなかった。イスラエル放送によると、船長らは警察に対し「衝突には気付かなかった」と供述しているという。

 コンテナ船を所有する海運会社「ジム」のオフェル会長は23日、毎日新聞に対し「運輸省の事故調査とは別になぜ警察が介入してきたのか分からない。我が社やジム・アジアの乗組員が事故に関する情報を隠匿していると疑っているのかもしれないが、我々はこれまでも調査に協力してきたし、今後もそうするつもりだ」と語った。

 今までの日本近海で起きた海難事故の処理としては画期的な対応ではないでしょうか、今回のイスラエルの対応は。今まで、私などは外国人は「謝らないのが常識」などと理解していた訳ですが、一度自分達に責があると判断したらちゃんとけじめをつけようとする、今回のイスラエル政府の対応でかなり見直しました。

 それにつけても、反対に怒りがこみ上げるのが韓国政府&船会社の対応。このサイトを見れば思い出してもらえると思いますが、過去にあった重大海難事件で後始末をまともにやってもらえたケースなど、ほとんどありません。今回のイスラエル船の場合、責任問題は仕方ないとしても会社の責任者がかなり早期に根室に飛んで謝罪している訳で、韓国船会社の様に「逃げも隠れもしない。落ち着いてから話し合う」などと言い放ち、未だに謝罪していない事と比較したいと思う訳です。

 これまた「民度の違い」なんでしょうか・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (1)

無防備都市の恐ろしさ

 恒例の「恐ろしさ」シリーズです(自爆)

 皆さんは「まんが『無防備マン』が行く!」というサイトをご存じでしょうか? いやまぁ、お決まりの左翼系ガチガチのサイトなんですが、どうもイデオロギー前面押し出しではなかなか食いついてくれないと思ったのか、女子供に食いつきやすい「反戦」から柔らかく攻めているサイトです。まずは先方の主張をご覧あれ。

 「無防備都市」。非常に心動かされる単語です。近代史を歴史を学んだ方には「44年パリ」などが挙げられると思います。「パリは燃えているか」ですね。実際、ドイツ軍は総統の徹底抗戦・破壊命令が出ていたにも関わらず、その命令に反して無防備都市宣言を行い、パリ市街は今もその歴史的価値を維持している訳です。

 しかし、このサイトの主張はどう考えても浅過ぎる。本当に政治や歴史を精査して考えたのか?と聞きたくなる位「ザル」です。

 無防備マン(笑)の言い分を聞いてみましょう。
 彼は無防備都市の根拠にジュネーブ条約の第1追加議定書第59条2項を挙げています。下に書いておきます。

 紛争当事国の適当な当局は、軍隊が接触している地帯の付近又はその中にある居住地で敵対する紛争当事国による占領のために解放されているものを、無防備地域と宣言することができる。無防備地域は、次のすべての条件を満たさなければならない。

(a)すべての戦闘員が撤退しており並びにすべての移動可能な兵器及び軍用設備が撤去されていること。

(b)固定された軍事施設の敵対的な使用が行われないこと。

(c)当局又は住民により敵対行為が行われないこと。

(d)軍事行動を支援する活動が行われないこと。

 初めに書いておきますが、ジュネーブ条約は基本的に「国対国」の条約です。そして、この条約は「交戦状態にある国家間の戦争行動に対する規範を定めたもの」です。ついでに言うと具体的な罰則などありはしません。当たり前ですが(w
 それを踏まえた上で書くと、無防備都市とはまず「相手国による占領」を基礎としています。これは既に売国としか言えない宣言ですね。理由無き開放。最初から「占領してくれ」と言う態度。喜んで占領軍がやってきますね。件のサイトでは「もし、攻める側がこの無防備地域宣言をしている地域としていない地域ならどっちを攻撃すると思う?」「そりゃ・・・宣言していない地域です。」と言わしめていますが、普通の軍隊ならば無防備であろうが無かろうが戦争の勝利により有利な地域への侵攻を行うのが普通なのではないでしょうか?(それ以前に抵抗の無い都市を無血占領する方がよっぽど楽だと思わないのでしょうか?この作者氏は)
 そして、無防備都市に対してはあくまで占領軍による「組織的命令による攻撃」に対して規制しようとしているだけで、個々の兵士による無秩序な無法に対しては直接言及していません(ジュネーブ条約本文での言及はありますが、拘束力はありません)。少なくとも旧ユーゴスラビア等を見る限り、そんな事を気にする兵士が皆無ではない事を指摘しておきましょう(治安を維持するもしないも占領軍次第、という訳です)。また、もしそういう状況になっても市民の占領軍に対する抵抗は(c)項に違反する為に禁止されている、という訳です。市民を守れない無防備宣言なのです。実際、過去の戦争に於いても無防備都市宣言を出して成功した所は元々敵の領土であった都市から撤退する場合が殆どであり、逆にドイツのドレスデンは重要な交通の要地だった為に米英空軍の戦略爆撃を一昼夜に亘って受け、公式には35000人、一説には13万人が亡くなっているのです。如何に無防備都市が空しいか、お分かりになりますでしょうか?

 そして、ジュネーブ条約は交戦国同士の条約です。つまり、「日本がどこかの国と戦争状態になって初めて生きる条約」なのです。戦争が始まってもいない状態で無防備都市宣言とは一体何なのでしょうか?それこそ「無意味」です。また、無防備都市宣言は基本的に国が宣言するものです(条約を締結しているのは国ですから)。それゆえ、自治体が無防備宣言を国に要請する、という事はあり得ますが、自治体が勝手に無防備宣言をする事は認められません。
 首相官邸HPにはこうあります。

【日本政府公式見解】
「ジュネーヴ諸条約の第一追加議定書においては,敵対する紛争当事国による占領のために開放し,特別な保護を受ける地域として「無防備地域」の規定が置かれていますが,その宣言は,当該地域の防衛に責任を有する当局,すなわち我が国においては,国において行われるべきものであり,地方公共団体がこの条約の「無防備地域」の宣言を行うことはできません」

 それゆえ、勝手に「無防備都市地域」とやらをつなぎ合わせて世界から軍隊を無くそう、などと言うプロセスは最初から無茶苦茶だと言う事です。(大体、交戦法規を元に戦争放棄を考えるという道筋自体が矛盾しまくり)

 まぁ、鎧の下に見える本音は「反政府、反自衛隊」というだけなんでしょうが、あまりにも軍事的基本を見ていなさ過ぎる意見の開陳に我慢出来なくなった訳で。マンガ自体もまるで初期の「サザエさん」の様に古臭い絵柄。決して今の時代の絵では無いでしょう。こんなマンガを将来的に売ろうって考えてる自体が甘過ぎ。コミケ参加の同人作家の方がもっと厳しい選別を経ているぞ(w 今は対反日ブロガー達のおもちゃ扱いされているサイトですが、まかり間違ってあらぬ影響を持たないとも限りませんので、敢えて取り上げてみました。
 

| | コメント (20) | トラックバック (2)

私は首相の靖国神社参拝に賛成です

 まず、日本のマスゴミの報道内容の多くが先日の大阪高裁の判決「傍論」のみを取り上げて違憲だの、日本人「有識者」や「市民」は反対してるだのと世論誘導しまくっていますので、一ブロガーとしてはっきりと意見をぶち上げておきます。

 私は一日本国民として日本国首相の靖国神社参拝に原則として賛成です。

 もし、首相がはっきりとどこぞの悪代官の如き一方的な侵略を目指し、戦意高揚せんが為の参拝とか言うのであればともかく、今回の小泉首相の様な「戦没者慰霊の為」というものであれば私は現在の日本の礎として命を落とされた明治維新以後の戦没者の皆様に対する日本国の最高責任者(本当は天皇陛下にも御参拝いただきたい所ですが)の慰霊を賞賛すれど非難など全く出来ません。

 良く反対派が引き合いに出すものとして「A級戦犯を合祀しているからいけない」というものがありますが、占領時代に占領国による法的根拠のない法廷にて事後法の「平和に対する罪」という訳の分からない罪で裁かれて刑死した人々について、刑を執行された後までその罪を引きずる必要は無く、日本の国会でも昭和28年、当時の社会党までが中心となって戦犯の国内での犯罪者適用はされない、と決められています。また、31~33年までにサンフランシスコ講和条約締結国11カ国の同意を得てA~C級の全ての戦犯が赦免、釈放されています。とっくに罪は償われているのです。(ちなみに、特定アジアは講和条約にはノータッチ、つまり関係していません。従って戦犯に対してどうこう言う権利もありません)

 また、「戦犯は戦死者ではない」という意見もありますが、拘留中に亡くなった戦犯に対しては昭和27年に「公務死」と認定されており、国の為に亡くなった殉難者の慰霊を行う靖国神社に祀るのに何の不都合も無いのです。

 さて、一体今回の首相による靖国神社参拝を非難する連中とはどういうメンツなのでしょうか。
ちょっとだけ挙げてみますと・・・・

●中華人民共和国
 参拝当日、王毅駐日大使が、「きょうは(有人宇宙船)神舟6号が成功裏に帰還した日であり、世界各国と中国人民が共に祝賀していた。小泉首相の行為は中国全人民に対する重大な挑発である」と非難コメントを出していますが、はっきり言って「言いがかりも甚だしい」です。
 中国の宇宙船がいつ帰って来ようが、そんなものは日本には全く関係ない話です。それとも何か、中国は日本国の催事を全て中国様の都合に合わせろとおっしゃるのか?全くバカげた話です。大体、A級戦犯を分離したところで今までの非難が無くなるとは一言も明言していません。(それ以前に宇宙船を打ち上げられたのは日本のODAのお陰と感謝してみろ、と言いたい)

●大韓民国
 世界に冠たるウリナライズムマンセー国家。毎度の事ながら国旗食いオヤジが出動して来ましたが、単にキモイだけ。大体、日本と戦争してもいない国がなぜ日本の戦没者慰霊の方法にイチャモンつけて来られるのか、その根拠が不思議です。その点からも韓国と我が日本との意志疎通は不可能と思われます。とにかく、捏造&虚言癖の数々は世界を圧しています。

●民主党
 先程「ジャスコ」岡田氏より代わった前原党首、安全保障関係で「おや?」と思わせる現実的発言をしたかと思ったら、A級戦犯に関して「内外で被害者を出した戦争の責任を負うけじめが必要。死後は神仏になるという考えもあるが、政治は結果責任であり、現役政治家の甘えにつながる。人生を終えても責任を取り続けるからこそ、国民の負託を受けている」と政治家の責任を永久なものとし、死刑判決を受けて刑死しても免責されないと指摘。これでは菅元代表は頭丸めてお遍路なんかやっても無駄、という事になりますね。また、選挙における「禊ぎ」も決して許されないという事ですね。まるで法治国家の議員とは思えない発言をしてくれました。

●社民党
 親中、親北のアフォ政党。
 先日、先の議員時代に起こした歳費不正使用事件で辞職したはずの「執行猶予犯」辻元清美氏は某所のフェミ集会で女性自慰用バイブレーターにサインしてオークションなんぞをやらかして国会議員の品位を下げまくった挙げ句にこう述べました。
「国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」(週刊新潮より)
 さすがは日本人より特定アジアを優先する政党。恐るべき発言です。こういう人を「売国奴」と言うべきなんでしょうね。
 その彼女が衆議院議長「江の傭兵」氏に対して靖国神社参拝に関する「質問主意書」を提出しました。以下の通りです。

小泉純一郎内閣総理大臣の二〇〇五年一〇月一七日における靖国神社参拝に関する質問主意書

小泉首相は二〇〇五年一〇月一七日、東京・九段の靖国神社を参拝した。小泉首相の靖国神社参拝についてはアジア各国から批判が相次ぎ、外交問題に発展しており、これは日本の国益あるいは、日本国民の安全を著しく侵す虞れがあると考えられ、小泉首相の靖国神社参拝の意味を内外に明確にする必要がある。 
 従って、次の事項について質問する。
一 二〇〇五年一〇月一七日の小泉純一郎内閣総理大臣による靖国神社参拝は、「内閣総理大臣」としての公式参拝か、答えられたい。

二 二〇〇一年に小泉純一郎内閣総理大臣が公約として掲げた靖国神社参拝は、公的な行為として行うことを約したものと理解してよいか。

三 二〇〇五年九月三〇日の大阪高裁靖国参拝訴訟控訴審判決において、小泉内閣総理大臣の靖国神社参拝は違憲と判断されているが、これを内閣総理大臣は司法府の判断として尊重するのか。

四 二〇〇五年一〇月一七日、在中国、韓国の日本国大使館が各国の在留邦人に対し、注意喚起を促した事実があるか。この決定は小泉内閣総理大臣の靖国神社参拝と関連しているのか。

五 関連があるのなら、内閣総理大臣が、公的か私的かを問わず、その行為によって多くの国民の安全に影響する事態を引き起こしたことについての小泉内閣総理大臣の責任の有無を問う。

六 関連がないのなら、どのような理由で四に示すような行為を行ったのか。

七 靖国神社が一般参拝者向けに発行しているパンフレット(二〇〇五年七月配布のもの)では、同神社に合祀されているA級戦犯について「形ばかりの裁判によって一方的に〝戦争犯罪人〟という、ぬれぎぬを着せられ」と明記している。この事実を小泉内閣総理大臣は認識しているか。

八 認識した上での参拝ならば私的、公的を問わず、右記の主張を肯定したことにならないか。
 
九 小泉内閣総理大臣は、国会にて「適切に判断する」という答弁を繰り返しているが、今回の靖国神社参拝は適切な判断であると考えるか。
 右質問する。


 以上です。まぁ、一体どの面下げてこんな質問できるのか、って位偉そうです。ツッコミ所満点と言っても過言ではありませんね。大体、「アジア各国」と言っても特定アジア「しか」反対の声は無く、台湾では前総統の李登輝氏が「けっこうなこと」と賛意まで示してくれています。櫻井よしこ氏ではありませんが「あなたの言うアジアとはどこの国の事かしら?」と聞きたい位。さらに、上記の様に「国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。」と明言している人が「その行為によって多くの国民の安全に影響する事態を引き起こしたことについての小泉内閣総理大臣の責任の有無を問う。」とはどういう事か。まずは自分の発言に責任を持ってからほざいていただきたいものだ。(大体、自国にに滞在する外国人の安全確保はその国が責任を持つべきもの。中国、韓国滞在の日本人に対する安全確保は中韓両国の責任であり、日本政府の責任ではありません)
 是非とも、次回の選挙では比例区でも復活出来ない様にして下さい>大阪の皆様

●反日マスゴミ
 特筆しておきたいのは老舗の「朝日新聞」「毎日新聞」「日本経済新聞」「中日新聞」と新進著しい「東京新聞」。電波系(笑)では「TBS」「テレビ朝日」そして天下の「NHK」。通信社では「共同通信」。
 近頃では東京新聞が飛ばしまくっています。まるで電波並の中国様べったり。まるで人民日報の如き。そして、都合の悪い事件はスルーという方向ではNHKが最右翼。「報道のNHK」が泣いています。ここの所、叩かれまくっているせいか、朝日新聞の電波出力が衰えている様にも見えますが、NHKは同じ様に叩かれていながらも全く反省の色無し。仕方ないので視聴契約を打ち切る方針で。いろいろ大変みたいだけど、やってみます。(実際、テレビが壊れてて見られないんですけどね)

 今は日本人の意識改革の転機、とも言うべき時期なのかも知れません。それゆえ、敵も捏造電波を飛ばしまくっているのかも知れません。しかし、日本人が「世界市民」等ではなく、「日本国民」を選ぶのなら、守るべき正論は例え特定アジアとの仲が険悪になろうとも守ろうではありませんか。世界は彼ら3カ国だけでは無いのですから。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ドラゴンⅣ号E型の恐ろしさ

 15日、出たばっかりの新製品「ドラゴン1/35Ⅳ号戦車E型」を買ってきたのですが、なかなか箱を開けられずようやく中を見る事ができました。まぁ、内容はすでにプララジショーにて拝見してはいたのですが・・・・

 部品数が多すぎる(爆)
 いや、まぁ、箱の深さがやけにあるなぁ、とは思ったんですよ。しかし、このランナー数と部品点数は異様です。最近の超絶AFVキットに慣れているモデラー以外は最初にそこで製作意欲をごっそり持って行かれそうです(苦笑)説明書を見てわかったんですが、このキット結構内部も作ってるんですね。Ⅳ号は砲塔ハッチとかから結構中が見えてしまう戦車ではあるんですが、このキットはそれを見越してか砲塔内部をかなり作り込んでます。バスケットまで作ってあるのでなんかバンダイ48キットを思い出してしまいますね(笑)あぁ、思い出のパンサーG型。
 それ以外にも転輪パーツの分割の多さ(マジに本物を意識してませんか?)、誰もそこまで必要としてないだろ?と言いたくなりそうなギヤケース内部とか「これでもか!」と言わんばかりのエッチングパーツの多さなど、こりゃ半年かけても終わらないぞという感じがありあり。ヘタレモデラーのオレには荷が重すぎるかも。(もう敗北宣言)
 なんか、下手が作ったらキットに申し訳が立たない、そんな気にすらなってきてしまうプレッシャーみたいなものを感じてしまいますねぇ。いやはや、タミヤと純粋に同じ比較は出来ないのですが、今のドラゴンの実力には素直に驚かざるを得ないですね。あとは申し訳無いけどさっさとディストリビューターとしてのハセガワとは手を切ってもっとまともな業者と提携すべきでしょうね・・・・値段ふっかけ過ぎ。ピットロードもそうだけど、手数料で稼ぐ様なあこぎな事はしない方が評判良く出来ますがねぇ。

 ちなみに、最近のドラゴンの得意技「3in1」ですが、今回の3in1はベーシックタイプ、増加装甲タイプ、DAK(アフリカ軍団)タイプの3つでした。3in1と言うほどのタイプ分けかなぁ?とも思うんですけどね。

 基本的にⅣ号戦車はマイフェイバリットな戦車なので、何とかモノにしてやりたいと思っております。しかし、未だ自分の基本的戦車工作手順が定まっていないだけに、どうやって、どこから手を付けてやればいいか、悩む期間は長そうです・・・・・(これで三つ星のDも長期塩漬け決定かな(爆))

| | コメント (2) | トラックバック (0)

在日反日ネットワークの恐ろしさ

 昨日のエントリーに書きました韓国レポート本「韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理」ですが、なんと韓国SBSテレビは発売前だと言うのに実物を持っていました!多分、見本品ではないかと言われていますが、印刷労組の中にはかなりの左翼シンパがいるらしいので(一部には拉致事件にも深く関わっているらしいとの話も)刷り上がった商品が非合法に持ち出された可能性も捨て切れません。しかし、少なくともこの本が北朝鮮を非難している訳でも無く、左翼が動く理由もありません。可能性としては印刷会社内の在日が動いたのではないか、とも思える訳です。まぁ、見本品が在日経由で横流しされた可能性と五分五分でしょうが。それにしても、日本人より早く現物を入手するとは何というネットワークでしょうか。その点はあきれるほどの凄さを感じます。

 また、ここ数日話題となっています朝鮮総連系傘下団体が薬事法違反で逮捕、家宅捜査を大々的に受けた事件ですが、何と薬事法違反でありながら警視庁公安部が捜査を行っているのです。もはや朝鮮総連に対する捜査レベルが対国家犯罪レベルで行われている、という証明でしょう。それにしても、捜索にあたってちゃんと令状を提示しているにも関わらず、30分も捜査を妨害した挙げ句の果てに警察の強制突入で捜索が始まるという順法精神の無さ。更には外で相変わらずの抗議。暴れるバカ多数。こんな連中を映して報道してくれた放送局にはある意味感謝です。これを見た普通の日本人は「違法な薬を作って売っていた連中を捜査するのにこんな無法な暴れ方をする外国人連中が身近にいるのか」と再認識された事でしょう。今回の捜索は薬事法違反のみに留まらず、朝鮮総連が行ってきた数々の違法行為(拉致、薬物密輸など)の一角にメスを入れる事になるのか、そこに注目したい所です。(まぁ、スパイ組織が当たり前の捜索でボロを出す様な事は普通無いでしょうけど)

 日本に潜む南北朝鮮の反日ネットワーク。非常に危険なネットワークを抱える日本が有事の際にどうなるのか、考えただけで憂鬱になります。(朝日新聞なら「だが心配のしすぎではないか」と言う所でしょうが、あいにくそんな楽観的な見方はもはや出来ない体になってしまいました)一部のブログでも意見が出てきていますが、朝鮮総連の破防法適用、日本を敵視する在日半島人の本国帰国を私も是非進めて欲しいと考えます。何より、ここは我々日本人の国「日本国」なのですから。反日活動を推し進める外国人に特別在留許可など与える必要性は全く無いと強く訴えたいです。

 それにつけても、今回の朝鮮総連捜索の件について、国営放送たるNHKがほとんどスルーしているという実体が明らかにされつつあります。全国11カ所も同時に行われ、上記の様に生活安全部ではなく公安部が行うという異例さでも取り上げるニュースバリューは充分あるのに、なんとNHKの電話での回答は「ニュースバリューが無いから」だそうで。では他局は一体何を以てこれほど取り上げるのでしょうか?何かの力が裏で動いているのではないか、そう見られてもおかしくない状況です。今のままではNHKの再建は不可能だと私はあきらめつつあります。丁度テレビも壊れているし、今度受信契約を取り消して来ようと思います。どなたか契約の取り消し方ご存じでしょうか?(苦笑)

 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

死ぬ気で住まなきゃいかんのか

 いやほんと、韓国で思った事をそのまま口にするのには命がけでやらないといけない様ですねぇ・・・・


 当ブログのリンクにもあります「今だからこそ・・・ 韓国斬り!!」ですが、今現在管理者からの入場パス制限がかかって入れない状態になっております。実は今度、この「在韓日本人から見た韓国の実体」を報告するという非常にありがたいブログが書籍化される事になり、近日「韓国人につけるクスリ ―韓国・自覚症状なしのウリナライズムの病理」という題名で出版されます。されるんです。まだ出てないんです。

 しかし、なんと日本で日本人向けに出版されるはずの本について韓国の大手マスコミがこぞって韓国向けにのみ大々的な否定的報道を始めました。その結果、管理人christopher氏はブログを緊急閉鎖する羽目に陥ってしまいました。以下はchristopher(中岡龍馬)氏が自分の所を閉鎖してしまったが故に関連ブログのコメント欄に書き込んだ声明文です。

管理人様

「今だからこそ・・・ 韓国斬り!!」の管理人、「韓国人につけるクスリ」の中岡でございます。突然の緊急閉鎖により日頃お世話になっておりました皆様がたに挨拶が当ブログ上でできませんでしたので、コメント欄をお借り致しましてご挨拶させて頂きます。

当ブログ書籍「クスリ」が、先日韓国のテレビニュースや韓国版朝鮮日報、Naverのトップ、daum、トケビニュース、その他のネットニュースで大々的に取り扱われました。内容を読んでみますと当ブログの情報は個人の偏見にみち、捏造と歪曲だらけだといういつもの論調でした。

テレビニュースは私も見ましたが、酷い放送の仕方です。重要なポイントは全て飛ばし、韓国人の怒りが反応しやすい部分だけを大きく強調している報道でした。過程やデータ、韓国新聞からの引用部分などは意図的に全て無視されています。

この歪曲された報道により韓国に住む身としましては保身の為に潜らざるを得なくなりました。ブログ自体は緊急閉鎖によりとりあえず管理人権限で私しか入れないようにしております。

現在は当然ですが復帰のメドなどは全くなく、状況によってはこのまま消え去る可能性も十分にございます。

管理人様にはお世話になりましたことをここにお礼申し上げます。

 なんと、管理人氏は「保身の為に潜らざるを得ない」状況になってしまったという事なのです。再度言いましょう。まだこの本は出版されていません。日本人ですら本自体を拝んだ事は無いのです。確かにブログの再構成書籍化ですのでブログを見れば中身はほぼ分かります。しかし、上記の様に韓国マスコミは「日本人が見た韓国の現状」を容認する事が出来ずに「嫌韓流」の時の様に一方的に反発する事に終始した結果、管理人はブログを閉鎖し、リアルに隠れる事を余儀なくされているのです。
 これを日本に当てはめてみましょう。もし、在日が「韓国人が見た日本の現状」という内容の本を出したとします。日本人の反応はどうでしょうか?日本人の取る大方の反応は「はいはいわろすわろす」ではないでしょうか?何と言うか、相手にせず華麗にスルーすると言うか。少なくとも大手マスコミが揃って批判的なキャンペーンを張って読者を煽り、ブログのアドレスまで公開してしまう様な報道はしないでしょう。それに対して、韓国人は何とリアルに危害を加えかねない状況に追い込んでいるのです。これだけを見ても日本と韓国の民度の違いがはっきりしてしまったと思う訳です。

 「ペンは剣よりも強し」と古人はのたまいましたが、どうやら韓国では剣の方が強い様です。いや、マスコミが作る世論、というペンの方が強いのかな?日本でも朝日・毎日新聞やNHK・TBSの様なろくでもないマスコミがはびこっている訳ですが、韓国でも一度マスコミを粛正しないと新しい時代はやって来ない様です。 現在、韓国に在住されているchristopher氏を含む在韓日本人の無事を心より祈る次第です。(まるでテロリストに拉致された人質へのメッセージになってしまいました・・・・)

PS.この本、Amazonの予約を含むトップセラーで15日現在第3位をキープしております。さすがに韓国のバカさ加減に怒っているブロガーやネット市民が行動を起こした様です。私も購入しようと思っています。

| | コメント (374) | トラックバック (2)

昨日はいろいろありました

 昨日はまたもやエントリー4連発・・・・はおいといて。

 昨日は出だしから波乱でした。

 朝の4時頃から我が家の前を数回連続で暴走族が通過(# ゚Д゚) ムッキー 同じ連中が繰り返し来ているらしく、寝ていられない。さすがにこの時間だからパトカーが来ているとしてもサイレンを鳴らさなかったのかも知れませんが、パトカーのサイレンが無いと「取り締まってない」感じがして悲しいです。勝手ですねぇ。 しかし、まだいたんだなぁ暴走もとい珍走族。

 9時から近くの病院にてMRI検査。初めてだったので何となく緊張。前もっていろいろ教わってはいたのですが、30分ほど身じろぎせずに機銃掃射やディーゼル船での航行を楽しみました(動作音がまるでそんな感じに聞こえる大音響なのです)。終わった後はなんだかちょっとふらつく感じ。強磁気はそれなりに影響してきたのかな、と思ったり。これで右腕の痛み&痺れの原因が分かると良いのだけれど。

 夕飯はむきがれいのムニエルをモメサンのメルローと一緒にいただく。さすがにバター+白身魚と赤ワインは相性良いです。前回それ程うまいと思わなかったモメサンがうまいと感じました。赤は料理を選ぶなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中央日報ネタその4

それでは、最後その4です。

「独島防御のため3000トン級潜水艦を保有すべき」


「独島(ドクト、日本名・竹島)を守るには3000トン級の潜水艦が必要だ」。

国会国防委員会所属の朴振(パク・ジン)ハンナラ党議員が、国防部に対する国政監査最終日の11日に出した「潜水艦資料集」(52ページ)でこのように主張した。

朴議員は資料集で「中国や日本、ロシアなど韓半島周辺国が3000トン級以上の潜水艦戦力を増強している」とし、「韓国にとっても‘選択と集中’という側面で、隠密性と戦闘力が高い潜水艦が効果的な戦略手段になる」と強調した。

独島防御のほか、マレー半島南海岸までの海上輸送路を保護するための潜水艦が必要、という。 この場合、原子力推進または大気非依存型推進(AIP)の3000トン級潜水艦3隻が必要だと、朴議員は強調した。

AIP体系は艦内に貯蔵された圧縮酸素を利用して発電機を作動させたり、化学反応で生成された電気エネルギーで潜水艦のスクリューを動かす新しい推進方式で、潜水時間も一般潜水艦に比べて3-4倍長くなる。

資料集はこのほか、潜水艦の歴史、周辺国の現況、AIP体系または原子力推進潜水艦の原理・特徴などを要約している。

 独島防衛キタ━( ´∀`)σ)*゚ー゚)σ)・ω・)σ)´ー`)σ)・∀・)σ)´_ゝ`)σ)`Д´)σ)´Д`)━!!

 この議員、海自や中国、ロシアがなぜそういう潜水艦を保有しているのか、という所まで考えた事が無い様です。もし、竹島を韓国の立場で防衛しようと考えるなら、今韓国が保有している209型潜水艦(約1200トン)の待ち伏せ運用で十分です(現在、214型AIP潜水艦を3隻発注中)。そして、韓国がマレーシアまでのシーレーン独力防衛を考えた場合、そんな状況では韓国の未来は無いと言えましょう。少なくとも日米中台と険悪な状態もしくは戦争状態という状況は韓国が選択してはならないシナリオのはずですし、そんな状況を潜水艦で何とかなるはずも無い訳で。たかが日本海で活動する程度の海軍に大型潜水艦が必要あるはずも無いんです。

 しかし、自分で書いてて気になったのは「韓国海軍が209型9隻+214型AIP潜水艦3隻を竹島防衛に充てた場合」。少なくとも209型3隻+214型はハープーンを持ち、ディーゼル潜水艦の特徴を最大限に発揮してくる訳で、最大18隻程度の日本潜水艦で対抗するのは骨が折れるかも知れないです。(その分、艦載ヘリ&P-3Cがカバーするはずですが)おおすみ型揚陸艦3隻を十分護衛し切れるのか、あまり余裕は無いかも知れませんね。

 まぁ、ここまで来ると今更日本の論理的な指摘に耳を貸せない韓国の哀れさが一層際だってしまいますね。李承晩の残した負の遺産が如何に大きかったか、良くわかります。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

中央日報ネタその3

続いてその3です。

山林庁、日本が「創地改名」した39カ所の実名探しに

日本統治時代に変更された全国の山の名前が、本来の名前となって戻ることになった。

山林庁は昨年10月から「山の実名探し」キャンペーンを展開し、国民から提案された山の名前39件を訂正、該当自治団体に伝えたと9日、明らかにした。

山の名前は市、郡、区および市、道地名委員会審議を経て、建設交通部傘下中央地名委員会を通過すれば確定する。

国民提案した人の大部分が、郷土史学者や該当地域の公務員であることからそのまま受け入れられるものとみられる。

代表的な事例は鶏龍山(ケリョンサン)と俗離山(ソクリサン)の最高峰である「天皇峰(チョンファンボン)」。本来は天王峰(チョンワンボン)だったが、日本が、日本の天皇を意味する「皇」の字に変えたものだ。

ソウル江北(カンブック)区と京畿道高陽(キョンギド・コヤン)市の境界にある白雲台(ペクウンデ)も当初、白雲峰(ペクウンボン)だったが変更された。「峰」とは違い「台」は、山のふもとをながめられるように人工的に作った平たい土地を意味する。

日本は民族の精気を抹殺するために「創氏改名」と同じように、このような「創地改名」をしたものと山林庁は説明している。

 韓国がまた新たな罪名を作って下さいました(爆笑) 「創地改名」ですって。なんと日本は土地まで作ってしまったんですか(爆)漢字を良く分からないで使うからこんな間違った言葉を作ってしまう訳で。こんな所にも漢字を捨てたウリナラマンセーの弊害が出ています。

 ま、それはともかく、最後の2行。もはや笑うしかありません。

                  アヒャヒャヒャヒャ! ヘ(゚∀゚ヘ)(ノ゚∀゚)ノ ヒャヒャヒャヒャ !

 一国の政府、それもIT先進国を吹聴する国が言うセリフじゃありませんな。当時の朝鮮総督が荒俣宏ならやりかねないかも知れませんが(w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中央日報ネタその2

それでは、ネタその2です。

親日派・李完用が偉大な書道家?

国際交流財団が、同財団のオフィシャルサイトに、日本植民支配時代(1910~45)に学部大臣を務めていて、乙巳五賊(乙巳条約に賛成した5人のこと)の一人である李完用(イ・ワンヨン)を「韓国の偉大なる書道家」と紹介したことが、11日明らかになり、物議をかもしている。

国会・統一外交通商委員会がこの日行った外交通商部(外交部)への国政監査で、野党ハンナラ党・朴啓東(パク・ケドン)議員は「国際交流財団のオフィシャルサイト『Arts of Korea』に李完用の書道作品が掲載されてある」と指摘した。 同サイトは李完用の書道作品を紹介し「親日行為とは異なって、同氏は書道に優れていて、書道家として活動し、朝鮮(チョソン)総督府が開催した朝鮮美術展覧会の審査委員を務めたりもした」と紹介した。

同サイト・英語版は「当代の偉大なる書道家」と褒め称えている。朴議員は続いて「同財団が170万ドル(約2億円)を支援した米サンフランシスコ・東洋博物館の韓国室にも、李完用の作品が展示されてある」とし、外交部・潘基文(パン・キムン)長官に早急な是正を求めた。同財団は、朴議員が指摘した後、関連内容を削除した。

 この手の問題には与党ヨルリンウリ党でも野党ハンナラ党でも関係無しなんですが、とにかく何か悪い事した人はその業績の全てを抹消しないと気が済まないらしいです。特に日本関係は。

 もう何と言うか、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」を地で行ってますよね。日本と名が付いていれば非難の対象。攻撃しても免罪符付き。そのくせ、日本が韓流ブームになると大喜び。憎いはずの日本へ文化輸出だと大騒ぎ。日本へも平気でやってきて犯罪しまくって帰って行く。

 せめて、李完用の業績と真意だけはわかってやれよ、って言いたい私だったりします。そして、日本へのストーキングはやめてくれ、と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中央日報ネタその1

えー、なんか韓国は中央日報がやたらネタになる記事を載せまくっているので(w 敢えて釣られてやろうかと。

千法務「姜禎求教授を書類送検せよ」指揮権発動し波紋

千正培(チョン・ジョンベ)法務部長官が12日、国家保安法違反疑惑で捜査を受けている姜禎求(カン・ジョング、59、東国大社会学科)教授事件に対して指揮権を発動、書類送検(不拘束任意捜査)するよう金鍾彬(キム・ジョンビン)検察総長に指示した。

法務部長官が検察総長に対する指揮権を公式発動したのは憲政史上初の保安法改廃問題と保革対立および第一線検事らの反発など、波紋が予想される。

今回の指揮権発動は10~11日、李炳浣(イ・ビョンワン)大統領秘書室長と文喜相(ムン・ヒサン)開かれたウリ党議長が「姜教授拘束不可」意見を表明した後に出てきたことから青瓦台(チョンワデ、大統領府)と事前に連絡をとっていたものとみられている。

姜教授の事件とは「朝鮮戦争は北朝鮮が試みた統一戦争」という過激な親北発言で物議をかもしたというもの。

千長官はこの日、検察総長に送った2枚の「捜査指揮書」で「韓国憲法では国民の身体の自由を基本権と規定して最大限保障しており、刑事訴訟法には憲法精神がそのまま受け継がれ、証拠隠滅および逃走の恐れがある場合にのみ被疑者および被告人を拘束することにしている」と明らかにした。

千長官は引き続き「このような精神と基本原則は公安事件に対しても同じように適用されなければならない」とし「姜教授に対しては憲法と法律が定めた拘束理由を充足したとは断定しにくいので、不拘束で捜査するよう第一線の検察を指揮してほしい」と付け加えた。

検事らは「検察の捜査権を萎縮させられる」として大きく反発しているとともに「国家の存立を害する保安法違反者に対して法務部長官が出るのは捜査権侵害の前例になり得る」と指摘した。

 さぁ、早速韓国政府がダブスタを発揮し始めました。先日、「日本が普通なのか?」というエントリーを立てましたが、それに対する官邸側の反応という訳です。「憲政史上初」の「法務部長官が検察総長に対する指揮権を公式発動する」挙が何と自国の存在に密接に関わる話で、今も現実に駐留する米軍あっての平和でありながら、その米軍を完全否定する研究者を庇う韓国政府。

 それに引き替え、雑誌「正論」に「日韓併合は不幸中の幸い」と親日的な寄稿で物議をかもした韓昇助教授に対しては誰も同じ理由で擁護する事も無い。韓教授の発言の方がよっぽど理論的な内容であったにも関わらず、です。韓教授を非難したある団体はこう言いました。「いくら自由民主国家といえども、国と民族を抑圧した日本の植民地支配を美化する自由まで保障することはできない」。今回の姜教授の発言は韓国という国と民族を抑圧し、今も北朝鮮及び拉致した各国国民の権利を抑圧し続けている北朝鮮を擁護、美化しているのではないのでしょうか?

 今の韓国は総二枚舌国家と言っても過言では無さそうです。君子危うきに近寄らず・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本が普通なのか?

 これは果たして日本の方が正しいのか?それとも韓国の方が正しいのか?なんか良く分からなくなってきました。

警察、検察に「姜教授逮捕」の意見示す

ソウル警察庁は、10日「韓国戦争(1950~53)は北朝鮮が試みた統一戦争」だと主張した東国(トングク)大社会学科教授・姜禎求(カン・ジョング、60)容疑者に、国家保安法上の称揚・鼓舞罪(第7条1項)などを適用し逮捕する方針を決め、捜査資料を検察に提出した、と伝えた。

許准栄(ホ・ジュンヨン)警察庁長は「学問の自由など社会的に多様な意見がありうるが、警察は実定法違反について判断した」とし「検察の指揮のもと法的措置を取る計画」だと説明した。最高検関係者は「逮捕については、『学問の自由』や『国家存立への脅威』の軽重に基づき、週内に結論付ける」と話した。

姜容疑者は7月、インターネットのコラムで「韓国戦争は、後三国時代に甄萱(キョンフォン)と弓裔(クンイェ)、王建(ワン・コン)が、三韓統一という大義のため戦争を行ったのと同じく、北朝鮮指導部が試みた統一戦争」だとし、市民団体によって告発された。

同容疑者は、続いて先月30日、ソウル大で行われたセミナーで「韓米同盟は反民族的で反統一的かつ隷属的」であり「1946年、朝鮮(チョソン、韓国)の人々は、共産主義を資本主義よりはるかに好んでいた」というなどの見解を示した。

 また、別の日の記事では

 姜容疑者はこの日、ソウル玉仁洞(オクインドン)にある保安分室(警察庁が捜査のために設けた分室)で「思想をめぐる議論ではなく、理性的な論証を通じて歴史に接近すべき」との見方を明らかにした。

 とも。

 日本では戦後から延々と共産、社会党などが上記の如き利敵行為など有り余る位やってきています。見方を変えれば一部の在日も反日という利敵行為をあからさまに行っていた、と言えます。しかし、今に至るまでこの様な法律は制定されず、今も私から見ればとても日本人とは思えない様な利敵行為を繰り替えず日本人が後を絶ちません。
 韓国も最近の宥和政策から今になってようやく姜教授の口を閉じさせようとしていますが、ある意味社会防衛の為に言論の自由をも奪う法律が存在し、効力のあるものとなっている社会でもあります。

 果たして、最近の東アジアは非常に緊張し始めており、今までの様な「なぁなぁ」の空気ではもはややって行けない状況になりつつあります。社会の中に無秩序に外国人が大量に混じり、それらが反日活動を行い始める状況が生まれてもおかしくない昨今の日本。そろそろ今回の韓国の様に社会防衛を最優先とする法律の必要性を感じる私ですが・・・・下手をするとさじ加減だけで反対派を葬れる恐るべき「人権擁護法」の様な法律にもなりかねない。日本人が早急に「社会」というものを我が物と考えるセンスが必要と思う今日この頃です。

 しかし、この教授も良くまぁ言ったもんですなぁ。「理性的な論証を通じて歴史に接近すべき」と言うなら日本の併合時代も同様に理性的な論証を通じて検証して欲しいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

原寸大の威力

 はい、昨日のエントリー予告の通り、本日は尾道の日立造船向島工場にある「大和映画セット」を拝みに行ってきました。

 しかし、広島から呉は良いとして、呉から尾道って遠いですねぇ。約2時間かかりました。
 本日は天気も良く、朝は気温もそれほど高く無かったのでジャケット羽織りながら現地へ向かった訳ですが、尾道はさすがにそこそこの暑さとなっていました。 いやはや、向島に着いていきなり場内シャトルバス乗車待ちの長い行列orz 100メートル以上はありましたねぇ。こんなもの、軍オタや海軍ファンのじーさんとかばっかりじゃないかと思っていたんですが、さすがは連休中、パンピーの皆さんも大挙来られていた様で。ちと甘かったか。

 最近サバゲーで行くせいか、操業停止して放置された工場ってのはお馴染みになってきてるんですが、ここもそんな工場の雰囲気が。確か廃止になってるんでしたっけ。そのせいで場内に関わらずシャトルバスなんてものが走ってる訳ですが。(途中で勝手に迷い込んで事故起こされたらかなわないでしょうから)

PA090160 で、そこを過ぎるとご本尊が(笑)まずは艦首の御紋章を拝観した後にチケット売り場へ。そこを通過すると左舷舷門から艦橋脇の甲板へ。主砲群左舷~艦首~主砲群右舷~艦橋前~左舷機銃群というルートを通って行く訳ですが、感想としては

・思ったよりも下部高角砲と舷側張り出し機銃との間隔が狭かったですね。本当にこの場所に副砲の15㎝砲塔があったのかと思う位。(まぁ、高角砲を撤去すればスペース空くんでしょうけど)
・現代の軍艦と比べてとにかく「背が高い」って気がしました。セットは艦橋下部の司令塔までしかありませんが、護衛艦ではその辺までで艦橋構造物が終わってますし。
・舷側張り出し機銃が全部同じタイプだったのが残念。これも仕方無いですけどね。
・二番主砲バーベット基部の小張り出しまでちゃんと再現してる所は素直に感心。
・錨鎖、無かった様な気が・・・・
・二番主砲、砲身が重いのか先端に支柱を付けて支えてました。(それでも微妙に中央の砲身がずれてましたが)
・正直、左舷から右舷への直通ルートがあると幅をもっと実感できた気がします。(ある事はあるが狭いのでスタスタ歩いていられない)
・これもまた仕方ない事ですが、上から眺め下ろせないのも残念と言えば残念。演技指導に行かれた某一佐殿が羨ましい(苦笑)

 最後に最後部からセットの内側のがらんどうを拝んでから(笑)降りる訳ですが、セットが組まれているドックは2万トン級の船の造修用として使われていたものだそうで、そのドックでも大和の後部副砲手前までしか作れなかった事を考えると当時の日本でも大和以上の巨大艦を建造するのは不可能だった様な気がします。実際、英海軍がドックの大きさ問題から空母、戦艦を大きく出来なかった例もありますし。良くまぁ長崎、呉、横須賀の3カ所にこんな大きな戦艦を建造出来るドックを作ったもんだと。(横須賀のドックは今なお米空母の造修に活躍していますが)

 見学が終わった後は食堂でカレー食ってバスに乗って帰る訳ですが、バス待ってる間に前に並んでいた親子連れの紙袋の中に売店で売っていた1/700大和&武蔵のキットを見つけて思わず「グッジョブ!」と心の中で叫んでいたのは私です(笑)無塗装でもいい、是非完成させてやってくれい。

 そんなこんなでようやく大和三昧の週末は終わり。明日は仕事~orz 休みてぇよぉ・・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今日は1/10

 今日は中国地方作戦の2日目。広島から呉に移って「大和ミュージアム」を見学して来ました。

PA080212 いやはや、入っていきなりのメインイベント登場でした。屋内最初の展示物が目玉の1/10戦艦大和。いやー、拝んじゃいますね。まさに巨大。まだ公開してから半年程度しか経っていないせいもあるんでしょうけど、新品同様の破損が無い模型ってやっぱり良いですねぇ。視線も水面下から急降下爆撃機の視点までかなり広範囲に見られるのが嬉しいですね。モデラーとしては視点って結構大事だと思うんで。
 

 
 
PA080178 奥に入ると今度は海軍の各種兵器類の実物展示が。飛行機モデラーでもある私、ついつい零戦62型を撮りまくっておる訳です。しかし、どうも翼の復元が下手な様で、機銃付近で下面にまでふくれた翼断面&捻り下げが表現されていないのは全く以て困ったものです。 他には特殊潜航艇海竜などもあり、それなりに感心して見てました。 

 
PA080222 で、呉は海上自衛隊基地がある訳ですから、当然ながら沖合の海自艦艇も眺められるという事で。画像は沖泊まりの揚陸艦おおすみ&くにさきですが、何だか呉鎮守府に憩う連合艦隊機動部隊空母、なんて感じに見えません?

 さて、明日は尾道へ出て1/1とご対面する予定です。さて、どうなる事やら。
                                  

| | コメント (4) | トラックバック (1)

松戸迷才会西へ

 という訳で年輩の特撮ファンの皆さんこんにちは(謎)

 昨日は広島にいながら名物のカキもお好み焼きもつけ麺も食わずに7時から4,5時間延々と飲んでました(自爆) いや、事前に調べていたお店が大当たりしちゃったもんで、そこから離れられなかったと言うのが真相ですけど。銀川町界隈の様子を肌で感じてまいりました(笑)

 広島に到着してから、一瞬宮島へ行こうか、という声が出たんですが、着いてすぐ日没になりかねなかったんで却下。原爆ドームに参ってから広島城~銀川町という変則ルート観光をしてきました。(一体何やってるんだ?って感じですな←お前が言うな)

 さすがに盛り上がってしまったお陰で酒量が多く、ちょっと早めに切り上げさせてもらったのが深夜1時頃。本日はこれから呉に向かいます。1/10大和拝んで来ますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

週末は大和三昧

 えーと、本日より日曜日までの3日間、広島から尾道方面をうろついてまいります。9日が大阪にてソリッドモデル合同例会なんですが、7日は広島で迷才会メンバーと宴会(笑)、8日はメンバー全員で呉にて大和ミュージアム見学、そこでワタクシだけ分離し、9日は尾道の原寸大大和セットへ行く予定となっております。

 果たして毎度の通り体が保つのか、最近は心配になってしまう位のヘタレ体力の持ち主でございますが、なんとか艦船ちゃん魂にて頑張ってみたいと思う所存でございます。

 心残りは大阪素通りって事ですかねぇ。あぁインディアンのカレーを食べてみたかった・・・・・orz

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ドイツ!ドイツ!ジャーマン!

 えーと、本日4本目のエントリー。もっと平均してネタ割り振ればいいと皆さん思われるでしょうが、ワタクシという人間はどうもそういう事が出来ない(ネタ覚えていられない)ので、もう「思いついたらすぐエントリー」という訳で。ほんとすいません (。・x・)ゝ

 今回は珍しく(w 酒の話。

A72
 つい先日、気楽に飲める白ワインが切れたので(赤はまだまだあったりする・・・・モメサンのメルローも開けたけど、ちと辛いかな)近くのワインセラー設置の酒屋へ行ってみた所、ドイツワインでなかなかお値打ちっぽいのがあったので(1500円位)一本購入。

 名前は「ブルクライヤー シュロスカペレ カビネット(アーデルスエック家)」 青いボトルがおしゃれな感じで、普通のQBAより一級上のドイツワインをこの値段でなら、と思った次第。甘さもそれ程強く無い様なので、これまた近くで買ってきたアイスバイン(豚の骨付きすね肉を塩ゆでしたもの)と一緒にいただく。本当はザウアークラウト(ドイツ風キャベツピクルス)も付け合わせた方がおいしいんだけど、残念入手間に合わず。

 いつものラインガウ製リースリング種ワインと違い、今回のはナーエ製ファーバーレーベ種ワインだったりするんですが、うん、なかなかいけますね。あんまり甘いと食中酒にはならないんですが、先日飲んだグルジアのトゥヴィシと同じくほどほど&すっきりした甘みでアイスバインの食も進みます。

 たまにはドイツズブズブの日もいいかな、なんて思ってしまいました。今度はイタリアワインでも買ってきてパスタと一緒に「イタリアズブズブの日」でもやってみようか。(食の分野では「今度はイタ公抜きでやろうぜ」という訳にはいかんのです(爆))

| | コメント (7) | トラックバック (0)

対馬の自衛隊グッジョブ!

陸海空自、小銃携行し市中行進 対馬(長崎新聞)


 対馬市厳原町の陸上自衛隊対馬駐屯地(川井修一司令)は二日、市内で創立二十五周年記念行事を開き、海上、航空両自衛隊と合同で市中行進を実施した。県内外の部隊から隊員二百三十人、車両三十五台が参加。迫撃砲やミサイルを装備した特殊車両が厳原町の中心市街地約三百メートルをパレードした。

 市中行進には、小銃を携行した同駐屯地対馬警備隊、海自対馬防備隊(美津島町)、空自第一九警戒隊(上対馬町)の各隊のほか、▽竹松駐屯地(大村市)第七高射特科群の地対空誘導ミサイル「ホーク」▽小倉駐屯地(福岡県)第四〇普通科連隊の一二〇ミリ迫撃砲▽久留米駐屯地(同)第四高射特科大隊の近距離地対空誘導弾▽目達原駐屯地(佐賀県)第四飛行隊のヘリコプター二機―も参加した。

 パレードの沿道には「自衛隊が大好き」と書かれた横断幕が掲げられるなど、市民はおおむね“歓迎ムード”。一般開放された駐屯地では、子どもたちが戦闘車両に登るなどしていた。

 一方、駐屯地近くに住む主婦は「銃声や爆発音が数日前から住宅地に響いていた。きょうは駐屯地から煙が上がっていた。戦争みたいで怖い」と感想。通り掛かった韓国人旅行者は、険しい表情で物々しい戦闘車両の写真を撮っていた。

 対馬駐屯の3自衛隊が合同で市中を記念行進。昔、東京でも陸自観閲式は神宮の絵画館前や国立競技場で昭和48年まで行われていましたが、交通事情の悪化などで朝霞駐屯地へ引っ込んでしまってからはなかなかお目にかかれない状態になっています。それだけに、今や韓国があからさまに「対馬の日」を制定し、領土奪取の意向を隠さない対馬で自衛隊がプレゼンスをはっきりと誇示する市中行進は非常に良い事だと思います。個人的には74式か90式戦車を一両位運び込んで来ても良かったんじゃないのかなぁ、とか思ったり。海自の揚陸艦とペアで有事の際の揚陸訓練も兼ねてやれば一石二鳥。今回投入されたSAMや重迫撃砲は間違いなく有事に真っ先に投入される火器ですから。

 いつもは敢えて存在感を消そうと躍起になる自衛隊ですが、そろそろ思考のコペルニクス的転換を行ってくれるものと期待してしまいます。

 そうそう、険しい表情で写真撮ってた韓国人旅行者くん、是非とも自衛隊が領土保全にやる気を出している事を本国に伝えてくれたまえよ。ついでに戦争みたいと怖がってる自称近くの主婦、もし戦争が起きて韓国が攻めてきた場合、自衛隊がいなかったらそのまま家を追い出されてしまう事を忘れないでくれたまえ。連中はウリナラにチョパーリが住んでいる事なんて耐えられる訳が無いんだから。良くて日本本土へ強制退去、悪ければ総員ジェノサイド(エスニック・クレンジング)だぞ。旧ユーゴを思い出す様に。

 しかし、都政も石原閣下なのだから、是非とも一度くらいは陸自観閲式を都内で復活させて欲しいもんです。パリ祭の仏軍行進だってやってる位だし、ロンドン市内もバッキンガム宮からの衛兵行進を毎度続けている訳ですから、決してやってやれない事は無いんじゃないかなぁ?有明方面の埋め立て地でもそれなりに場所ありそうだし。市中行進プリーズ!(w

| | コメント (7) | トラックバック (1)

とうとう来たかエロトラバ(w

 今、記事のトラックバック返信をしていたんですが、ついでに過去のエントリーについてもチェックした所、「ウェルカム・トゥ・トンマクゴル」になんと3つもほぼ同時にエロトラックバックが付いていました(爆)

 反特定アジアネタのブログでは良くある事なのですが、彼らに不都合なエントリーに絨毯爆撃の如くエロサイトへのトラックバックが付きまくる事があります。知ってる人はそれを見てそのエントリーが特定アジアにとって脅威かどうかを判断する基準の一つとしている訳なんですが(自爆ですね)、とうとう場末のこんなチラシの裏ブログにまでエロトラバ貼りに来る様になったんですねぇ。ちょっとだけおいちゃん感動しちゃったよ(w ちょっとは反特定アジア世論に貢献出来ていたんだなぁ。(じーん)

 まぁ、今後も「模型と酒の話題を中心に、出来るだけネット世論に貢献」していきたいと思う次第で。

 あ、エロトラバは全て削除しましたのでご安心下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

自分の立ち位置

Meine Sache ~マイネ・ザッヘ~ というブログがあります。そこのエントリーに「世界一小さな政治クイズ」というのが紹介されていました。

 そのクイズとは、1969年に作られた「右翼左翼というカテゴリーに囚われない政治的な自分の位置を知る為のクイズ」なんだそうな。面白そうなので、やってみる事にしました。(皆さんもどうぞ。ちなみにリンクはココから。英語のページですので、分からない人は上記エントリーを参照しながらやると良いでしょう)

 その結果、私の政治的位置は「左寄りの中間主義者」だそうな。自分でも常々「決して無茶なナショナリストではない」と思っていましたが、こうまではっきりと結果を突きつけられると清々しいですね(笑)

 しかし、そんな私のいつもの意見は日本のいわゆる「サヨク」からは「ネット右翼」と定義されてしまいます。一体、右翼左翼の定義とはどうなってしまっているのでしょうか?非常に困ってしまう私がここにいたりして。まぁ、サヨク(サヨ)と呼ばれる人達も私から見れば決して資本主義、自由主義の枠を壊そうと必死に画策している風には見えず、むしろ今の体制の利点を最大限に享受しつつ、「反日」という売国的思想で統一されている、と言っても過言では無い気がします。もはや、反日は共産主義に代わるイデオロギーなのではないか?とすら考えてしまうのです。
 私の考察など非常にぬるいので、全く参考にならないでしょう。でも、今後は右翼と呼ばれた際に「私は中間主義者だ!」と答えてみる事にしましょう。脱右翼宣言ですかね(苦笑)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あまり人の事は言えないけどね・・・

 最近の朝日新聞による記事捏造問題がクローズアップされて以来、日本もあまり人の事を非難する事が道義的に出来なくなってしまって非常に悲しいのですが・・・・・

 また韓国の新聞がやってくれました。今日も東亜日報は正常運転の様です(爆)

「あしたのジョー」の巨匠、千葉徹也氏が来韓 (東亜日報)


日本マンガの巨匠、千葉徹也氏(66)を知っているかと聞くと、多くの人が首を傾げる。しかし『ハリケーン・ジョー』(『明日のジョー』の韓国版名)といえば、直ちに「ああ、あのボクシングマンガ」と言って納得する。変わった髪の毛、素敵な口笛を吹いてにっこりと笑う反抗児、ファイトにあふれるボクシングの実力まで、「ヤブキジョー」はマンガが好きの人なら一度は見たキャラクターだ。

このマンガはアニメーションにも作られ、1990年代の初めに韓国で『挑戦者ハリケーン』というタイトルで人気放映された。同アニメの原題は『あしたのジョー』。少年院出身のジョーが社会の冷遇の中でも手ごわい相手と戦いながら、ボクシングチャンピオンを目指す過程を描いている。同作品は1960年代、日本の全共闘世代たちに最も多くの影響を与えたマンガで、当時の時代精神を代弁するという評価まで受けた。


原作者の千葉徹也氏と1日、第8回富川(ブチョン)国際マンガフェスティバルで会った。


「韓国に来たのは今回が6回目です。李賢世(イ・ヒョンセ)、金ドンファなど優秀な韓国作家らを思い出します。特に最近読んだ『純情物語』(カンプルの純情マンガ日本版)が印象的でした。線のないインターネットマンガで絵本を見ているようでした。感性より感覚が先に進む日本マンガには見られない、純粋さが残っているという感じも受けました」


「韓流」について聞くと、千葉徹也氏は「韓国へ行くという話をしたら、ガールフレンドたちが連れて行ってくれと大騷ぎだった」と笑った。


韓流を卑下する内容を記して問題になった日本マンガ『嫌韓流』(7月発売)についても聞いてみた。


「そのマンガについてはよく分からないが、韓国文化を悪く話してはならないと思います。日本には多様な文化が共存しており、日本人の血は中国、韓半島、アジア国家がそれぞれ4分の1で、残り4分の1だけが日本原住民です。文化を尊重して交流しなければなりません。その本はそういうことをよく分かっていない人が書いたようです。日本の作家を代表して謝罪します

 もうね、何だか分からないけど、書いてある事が本当ならばこりゃかなりの思いこみで話しているんじゃないのかなぁ、って思っちゃう訳ですよ。どうして「韓国文化を悪く話してはならないと思います」なのか?(悪い所を悪いと言って何が悪いのか?)「残り4分の1だけが日本原住民です」って、日本の原住民って何?(元々人種的に完全独自な訳じゃないし)終いにゃ日本の漫画家を勝手に代表して「よく知らない」マンガについて謝っちゃうし。ちばてつやってそんなにおかしい人だったのか?ってこれ読んだら思っちゃう訳ですよ。

 しかし、実際はまるで違っていました。以下はちばてつやプロのHPに出た声明文です。

東亜日報の報道について

このたび韓国を訪問し、国際イベントに日本人の一員として参加した際の新聞記事の内容につきまして、誤解を招く表現がありましたので、事実関係と補足をさせていただきます。

まず、東亜日報から取材を受けたことは間違いありませんが、「嫌韓流」という作品について、そのインタビューの席上で質問された事実はありません。
また、その記述の中に「日本の漫画家を代表して謝罪します」という表現がありますが、当然そのようなことを言う権限などありませんし、事実話しておりません。

この様なことが起こった原因として考えられるのは、滞在期間中に当該の質問を受けた、ただ一度の機会があり、それが取材としてではなく、文化交流の一環として講演をした際、ファンから質問を受ける趣向での時間帯に、一ファンからの質問として「嫌韓流」についての感想を問われたことがあり、その応対の部分的な引用をされたのではないかということです。
それに対しての回答内容は大筋、「その作品については読んだことが無いので、回答できないけれども、もし質問者が言うように一方的な視点の下に描かれたマンガ作品が、韓国の人々と文化を誹謗中傷するだけの内容で、韓国の人々の気持ちを傷つけているということが事実だとしたら、本当に残念なことだと思います。失礼しました。」という、質問者の心情と、仮定の話を前提としたものです。

しかし、どのような事情があったにせよ、公の場で行う発言には、今まで以上に慎重な対応をすることが必要なのだと反省し、戒めにしていく所存です。

このように、混乱を招く取材方法に対しては、今回のホスト国である韓国の事務局を通して、厳重に抗議するとともに、その対応を確認しているところです。
引き続き東亜日報には、韓国の事務局を通して誠実なる対応を求めてまいります
が、この舞台となったイベントは相互交流を目的としているものであることを考慮し、今回の発表をもってご報告と変えさせていただきます。

また、最後になりましたが、ホスト国である韓国の事務局の方々の迅速な対応、そして、このイベント自体が、とても友情にあふれた素晴らしいものであったことも、深い感謝の気持ちとともに記しておきます。

図らずも、日本のファンの方々をお騒がせしたことについて、心からお詫び申し上げるとともに、以上のような事情を踏まえ、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

有限会社ちばてつやプロダクション

 結局は記事内容はまたもや捏造されていた、という訳です。
 それっぽい内容の「仮定の話」を別の機会に話してはいたが、インタビューの中では一切具体的に話した事は無かった。それなのに東亜日報は勝手に記事内容を作り上げてしまっていたという訳です。まぁ!なんて朝日新聞の報道に似ているのかしら?(苦笑)さすがは朝日新聞のHPとリンクしている報道機関だけはあります。
 ちばてつやプロ側の声明と比較すると、「日本人の血は中国、韓半島、アジア国家がそれぞれ4分の1で、残り4分の1だけが日本原住民です。」なんて話は一切無い。つまりは東亜日報の記者がそう考えていただけ、って事になります。なんか学問的裏付けが全く無さそうな引用で胡散臭さバリバリなんですけどね。やっぱり、って感じです。

 しかし、そろそろ韓国マスコミの対日本ストーカー姿勢は改めて欲しいもんです。「日本」という単語が出てきただけで脊髄反射して反日になる姿勢をオピニオンリーダーとして率先して反省して欲しい、そう強く思う次第です。(いえ、日本の大手マスコミにも十分あてはまる内容なんですけどね・・・・)


| | コメント (7) | トラックバック (2)

頭では分かってるんだろうな・・・

 お隣の異常に日本離れ出来ないお国、マスコミが本当にナショナリズム煽る事しか知らないのかと思っていたら、実はこんな事も考えていたりして驚き。

36年間の植民地時代も、半島を統一できなかったことも米国のせいとは(朝鮮日報・社説)
 

ヨルリン・ウリ党の金元雄(キム・ウォンウン)議員が、駐米大使館への国政監査で「米国が日本の朝鮮半島支配を認めた1905年の桂・タフト協定から不幸が始まった」とし、「国際法上、重大な犯罪行為であるこの協定について、米国に抗議して謝罪を要求しなければならない。韓米関係における過去の清算が必要だ」と述べた。

 1905年、東京で締結された桂・タフト協定は、米国と日本が、日本の朝鮮半島支配と米国のフィリピン支配を双方が了解した合意だ。協定の当時、朝鮮半島はすでに日清戦争と日露戦争で相次いで勝利を収めた日本の影響圏の下にあった。協定について米国の責任を問わなければならない、という主張は、「米国は日本と戦争をしてでも、朝鮮半島に介入しなければならなかった」という意味も同然だ。この場合、帝国主義時代に植民地支配された国々は、侵略国だけではなく、影響圏を分かち合い殖民地支配を相互に認め合った他の列強に対しても過去の清算を要求しなければならない。国際社会の常識では理解に苦しむ論理だ。

 政府与党の周辺では、桂・タフト協定を朝鮮半島の不幸の元凶とする声を耳にすることは珍しくない。南北分断ももとを辿ればその発端がこの協定にある、という主張も出ている。今年7月、金議員を含めた11人の議員は、米国と日本に対して桂・タフト協定の破棄と謝罪を促す決議案を国会に提出した。

 こういった歴史観を持っている人々は、朝鮮半島の赤化統一を阻止するため朝鮮戦争に米国が参戦したことについても不満を持ち、それゆえマッカーサーの銅像を撤去しなければならない、と主張している。駐米大使館の国政監査が終わった後、他の議員は全員、朝鮮戦争参戦碑に参拜したが、金議員一人だけ欠席したことも、こういう認識を持っているためであろう。

 米国が日本による朝鮮半島殖民地支配に目をつぶり積極的に介入しなかったことも過ちであり、 米国が北朝鮮の南侵に目をつぶらず介入したことも過ちなら、それこそすべてが米国のせいだという主張だ。いかに国内で反米が“損をしないスローガン”であり、米国を“袋叩き”すれば拍手をもらえるご時世といえども、こういう主張をあからさまに行えば、国際社会が韓国という国にどのような視線を向けるのか1度考えて見る必要がある。

 正直、「お前が言うな」的正論をぶちかまして来ている朝鮮日報です。が、これを日本側の政治家、論客が口にしようものなら「妄言だ!」「非道な植民地支配を反省していない!謝罪と賠償を(ry」となるんでしょうけど┐(´д`)┌

 歴史は全ての人間に平等です。もし、明治維新の頃までに朝鮮が清国からの影響を脱し、日本より先に近代化を成功させていたら、歴史は今とは全く違っているでしょう。そして、そういう歴史を実際に成功させる事も当時の朝鮮人達がそのつもりだったら決して不可能では無かったはずです。 しかし、先に書いた様に歴史は全ての人間に平等です。朝鮮人は自ら日本より先んじて成功する事を選択せず、強国の間で右往左往した挙げ句の果てに日本への併合を選択せざるを得なくなった訳です。平等が故に努力しない民族に成功を与えなかったのです。
 なのに、今の韓国・北朝鮮はその責任を無責任に放棄し、帝国主義時代であれば武力併合すら可能でありながら、朝鮮を平和裏に併合した日本に対してその責任と有りもしない賠償を要求して今に至ります。私に言わせればこの事すら「国際社会の常識では理解に苦しむ論理」だと思うのですけど。そして、韓国人のおかしな所はアメリカに対してならこの様な反省も出来るのですが、こと日本に対しては同じ話であっても許す事は以ての外になるのです。もはや理性の外で判断しているとしか思えない所です。

 今や、韓国は「歴史の建て直し」というスローガンの元、自国の歴史の捏造というやってはならない事を国家レベルで推進している非常識国家(民族)です。彼らが今後、自国の歴史の悪かった点も併せて直視し、受け入れる事が出来るようになった時、初めて日本人との和解も始まると思います。が、私が生きている間に予想されるのは逆に武力紛争が起きる可能性の方でしょうね・・・・・ やはり、日本は韓国をも特定アジアとして仮想敵国の扱いとする必要がありそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日は暑かったね

 とうとう10月になってしまいました。
 我が松戸迷才会の展示会は11月12,13日ですが、課題の作品がまだ何も出来ていない体たらく。やばい。どうしよう(自業自得)

 まぁ、それはともかく、昨日の東京は暑かったです。夏の様な暑さでは無いのですが、暑いものは暑い。明けの仕事が終わってアキバへ出動。ラジオ会館へ行き黄色潜水艦&K-BOOKSをうろつき回った挙げ句、アソビットまで徘徊してタミヤの1/48Ⅳ号戦車J型&M10駆逐戦車を購入。大きさもさる事ながら1400円程度で戦車が買えるのはちとありがたいかも。初心者をはめるには丁度いい大きさ&出来なのかも。(それほど売れの勢いは見えませんでしたが)K-BOOKSではようやく今頃コミック版月姫の2巻購入。自分的には作画担当の選択に成功した例の一つだと思ってます。

 で、昼も過ぎて上野のスパゲッティ屋「カプリ」に行くつもりで歩いたら・・・・あの店が日曜日定休だった事をすっかり忘れていた俺ガイルorz 仕方なく、アメ横から上野界隈を歩いてようやく聚楽3階のビアレストランへ。1050円でランチバイキング。暑さで無性にビールが飲みたくなっていた私、地下のライオンに行こうかとも思ったんですが、そっちはさすがビアホール、ビールがやたら高いのでそっちはやめて3階で中ジョッキをあおってました(笑)食い物の内容は別に大した物、種類も無く、また来るかどうかも分からない感じですが(消費税OFF券もらったけど、50円引き程度で行こうとは思わないねぇ)まぁ、ジョッキをあおれた事だけは助かったかも。無性に飲みたくなる時があるだけにビールはあなどれません(謎)

 さて、今晩も夜からまた泊まりの仕事です。週末の関西方面出撃まで体を労らなきゃ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »