« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

身近にある4.5インチ

 私、昔から疑問に思っている事があります。

 現用英海軍の駆逐艦の主砲口径がどうして4.5インチという中途半端な口径なのか、という事です。メートル法に直してもぴったりした数字にはならず、なんでこんな数字にしたのか、今以て答えが出ていません。まぁ、こういう問題は専門のHPに任せるとしましょう(無責任)

 ただ、こんな数字は英海軍だけのものかと思ったら、なんと身近な所にあったりしたんです。 そう、それは「トイレットペーパーの幅」なんです。4.5インチはメートル法では11.4センチ。(ちなみに5インチは12.7センチ)もし見られる方はお宅にあるトイレットペーパーの要目を見てみて下さい。驚く無かれ11.4センチになっていると思います。
 これまたどうしてこんな数字にしたのか、今の所は分かりません。JIS規格になっているのか、見た所皆同じ数字です。どなたか、この奇妙な符合の理由をご存じの方は教えてやって下さい。

【7/1補記】すいません、大戦中の英軍駆逐艦の主砲の4.7インチと戦後英軍駆逐艦、フリゲイト用の4.5インチとごっちゃにしてしまい、4.7インチを11.4センチとしてしまいました。正しくは4.5インチが11.4センチです。謹んで本文を訂正させていただきました。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

中国に響く軍艦マーチ

幼稚園「軍艦マーチ」流し非難、園児「この曲好き」 (中国情報局NEWS)

  広東(カントン)省・広州(こうしゅう)市の幼稚園が、園児の毎朝の行進時の音楽として「軍艦マーチ」を流していたことが、かつて抗日戦争に参加した老人から指摘された。教育局の指示により、この幼稚園は使用曲を差し替えた。園児たちは、軍艦マーチについて「この曲、好きだよ」などと話しているという。

  軍艦マーチを流したのは康城幼稚園。この幼稚園の責任者は「抗日戦争は、私の生まれる前のことだったので、知らなかった」「使用したCDは、正規版として販売されていたものだった」などと説明している。

  園児たちは「この曲、好きだよ」「いい曲だ」などと話しているが、保護者たちは「幼いだけに、悪い影響が出るのではないか」などと心配しているという。

  中国のマスコミは、軍艦マーチを「第二次世界大戦期の、悪名高い日本海軍の軍歌。日本の民間では親しまれ続けている。最近になり、日本の海上自衛隊が、出港時に必ず演奏する曲目に指定した」などと紹介している。

  軍艦マーチの正式名称は「軍艦行進曲」。作曲されたのは、第二次世界大戦中ではなく、明治30(1897)年。ただし、その後にさまざまな編曲が試みられている。音楽的には、日本的なメロディを用いつつ、西洋音楽のマーチの技法を完全に消化して作曲されているとの評価がある。

  なお、海上自衛隊広報部では「出港時に演奏するような規則ができたという事実はない」と説明している。

 前提無しで教えれば旧海軍の象徴みたいな軍艦マーチすら「いい曲」「好きな曲」になるって寸法。一体どう聞けば「悪い影響が出る」のか、是非中国の教育関係者にお伺いしたいものですな。中国共産党の一党独裁体制に悪い影響が出る、と素直に言っていただければ納得しますけれども(笑)
 しかし、そこまで紹介したくせに海自広報部の否定コメントまで載せる所がなかなかですな、中国情報局。とにかく歪曲捏造したデータで国民を洗脳してる事を図らずも暴露しちゃった訳ですなぁ。。゚( ゚^∀^゚)゚。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ (この会社、中国人元留学生の社長が興したそうですが、なぜか日本名名乗ってます)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ネットからの出馬

 むわー、昨日は艦船モデラー有志が14人も集まって宴会やってたんですが、結局家に着いたのが朝5時という・・・・若くないのに朝帰りなんかいかんよなぁm( __ __ )m

 一昨日から東京は都議選が始まり至る所からギャーギャーと候補者の絶叫が聞こえてくる訳で。朝帰りの身には暑さと相まって堪える堪える(;´Д⊂) それはまぁいいとして、立候補者受付日になって突然巨大匿名掲示板として有名な「2ちゃんねる」から「人権擁護法案反対」を旗印に立候補された方がいて一部では祭り状態になっております。(選挙男というハンドルネームを使っておられます)
 立候補するにはタダで出られる訳でもなく(供託金が60万もかかるそう)選挙後の身の振り方とかいろいろあるでしょうからかなりの決断だったと思います。以前、2ちゃんねるでは中国大使館花束抗議OFFがいつの間にか左翼プロ市民に乗っ取られて中国グッジョブOFFにすり替えられそうになった事があり、今回もどこまで信じていいのか、正直情報が足りません。しかし、ただのネタに60万円を出せる人はそうそういないでしょう。私は選挙男氏を信じてみたいと思います。
 詳しい話は「wochimushaの日記」を参照されると良いと思います。(自主規制中)

 しかし、とうとうネット掲示板から立候補者が現れる様になったという事は今後の政治の一つのエポックメイキングになったのではないか、と思います。今までは政党公認であれ、無所属であれ何らかの利益団体の中から現れるという形だったと思います。しかし、今回は良くも悪くも「それまで全く顔も知らない名前も知らない不特定多数の集まりの中から出てきた」訳で、たった一つ「人権擁護法案反対」の一点だけでまとまって立候補に至ったという事実は今まで無かった新しい日本の選挙、政治を切り開く事になるかも知れません。このブログで紹介する、という事もある意味新しいIT時代の政治形態を示すものかも知れません。当選するかどうかは別として、今回の選挙男氏の行動に敬意を表します。

【28日追記、変更】
 すいません、どうもこういうブログでさえ下手すると公職選挙法(と言うより警察)の関係?から候補者の名前をそのままズバリ出してしまう事は危険な可能性があるので、一部修正させていただきました。とにかく、条文の解釈自体が時代遅れかつ不明瞭で、同時に警察のガサ入れは投票後にいきなり来るそうなので今やってる事が違法かどうかもはっきりしないので自主規制をかけるしか無いという大政党にしか有利でない「とにかく金のかかる選挙制度」を奨励する選挙法を尊重せざるを得ません。「目黒区で一番年下の候補者」と言い換えさせていただいて・・・・これでも捕まるかなぁ?オレ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

これはいかがなもんだろうか?

 先日、韓国で起きた陸軍兵士の発砲殺人事件の合同告別式が行われたそうです。

 これはその時の写真なのですが・・・・・
20050625093959

 遺体を扱う兵士がみんなマスク着けて作業してるのはどうなのかなぁ、と思う私。なんか汚いものをいじっている、そんな感じに見えて仕方がない。衛生面の関係とかで参列者全員がマスク着用を義務付けられている、とか言うのなら納得するけど、兵士以外は皆マスクしていない所を見ると(別写真にて確認済み)死亡した兵士達に対する礼ってものが無いと言うか。それとも、マスクしなきゃいかん程臭いが酷くなっている、という事なのだろうか?だとしたら軍&軍病院の処置は最低だって事ですな。

 生きてるうちは上官からいじめられる、死んでは失礼な扱い、これじゃ、皆徴兵されたがらない訳だ・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水不足

今日、東京もとうとう気温30度を超えたそうです。確かに暑かったです。今日は昼頃上野界隈をウロウロしていたんですが、日陰に入ると多少は暑さが和らぐんで日陰探しながら歩いてました(苦笑)

そんなこんなで今日のニュースを見ていたら、夏の長期予報が出ていました。概ね気温も降水量も平年並みという事ですが、水不足が改善しない、という一節があって驚き。早速ぐぐってみると、東京の水源地は利根川、荒川、多摩川の各水系水源地とも貯水率7割を切っていました。利根川の一部貯水池は25%しか無いという所もあり、正直情報が無かった事に驚く私。

こういう情報はなるべく早めに目に付く所に出して注意喚起をしないと、水が無くなってから耐えろって言われるより個々に対策が取れるのではないか、と思う訳で。喉元過ぎれば熱さ忘れる、とは昔の人の言葉。良く言ったもんだと思いますが、今後なるべく水の使い方に気を付けたい、と思う次第です。

| | コメント (17) | トラックバック (1)

気力が保たない・・・・

 さっき、週間天気予報を見てきました。

 24日からずっと最高気温32度の予報・・・・・・_| ̄|○  あの、まだ6月ですよね?
25日は夜から飲みに行く予定なのですが・・・・・・・・こりゃまたビールがうまそうだ(棒読み)

 もうなんか、仕事する気力無くなりそうです。洗濯機フル稼働の予感・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

大和に乗ろう

戦艦大和 実物大セット公開

 映画「男たちの大和/YAMATO」のロケのため尾道市向島町の日立造船向島西工場につくられた戦艦「大和」の実物大セットが、7月17日から来年3月末まで一般公開されることになった。「映画のまち」尾道で制作された日本映画史上に残る大規模なセットだけに、地元の関係者は観光客増に期待を寄せている。  セットは長さ約190メートル、高さ最大15メートル、幅約40メートルで、東映が約6億円を投じてつくった。艦橋から艦首までの前部を鉄骨やベニヤ板などで再現しており、主砲なども迫力がある。  セットを使ったロケは今年3月26日から始まり、今月4日に終了。市や観光協会、商工会議所、東映などで「大和ロケセット公開推進委員会」(会長=川﨑育造・尾道観光協会長)が設立され、公開を決めた。  公開は午前9時~午後6時(10~3月は午後4時まで)。入場料は大人500円、子ども300円で、工場正門からセットまでの750メートルは無料のシャトルバスを運行する。毎週木曜日と年末(12月29~31日)は休み。

 やるとは思っていたが・・・・・呉の海事歴史科学館とセットで行く人が増えるだろうな。オレもいつ行くかマジに考えようっと(自爆) コスプレ撮影は可能でせうかねぇ?(オイオイ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地方議会を見直した

 今まで、自分の居住地を含めて地方議員なんてものはドロドロの利権まみれのエセ名士やプロ市民ばかりだと思っていたのですが、最近になって東京、荒川区議会の小坂英二議員の様なしっかりした議員もいる事を知りました。

 各地のブログで紹介されているのですが、19日に行われた人権擁護法案反対の集会に弁士として参加し、「弱者という名の強者」の存在を挙げ、そういう勢力に日本が牛耳られてしまう危険性を力説しておられます。
(詳しくはリンク先へ)

 氏は荒川区という小さな区のたった1600人強の得票で当選した無所属議員です。寄って立つ基盤は非常に弱いものがあります。しかし、今回多くのブログで紹介された事は小坂議員の正しさを世に伝える大きな力になるでしょう。既にこういう点は今のマスゴミには期待出来ない所です。どうでもいいエンターティメントに割く紙面はあってもこういう正論を載せる気は無い様で。現状では北朝鮮系と思われる勢力からの脅迫も受け始めているそうですし(断定は出来ませんが)、若干32才の小坂議員に続く第2第3の小坂議員が地方議会から生まれてくる事を切に期待する所です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

これだけは推進希望(笑)

危険国への入国を禁止へ、旅券法改正を推進

【ソウル20日聯合】外交通商部は20日、テロや伝染病感染などの危険性が高い危険国に入国することを制限する内容で旅券法の改正を推進していると明らかにした。現行制度上、危険国への入国を制限する効率的な手段がないことから、国民の生命と身体を保護する目的で、海外旅行の自由を一部制限することになる。危険国への入国期間は旅券の効力を停止し、密航取締法に従って処罰できる方策も具体化しており、旅券法改正案を9月の定期国会に上程する計画だ。ただ、海外旅行の自由を制限するのは国民の基本権侵害にもつながることから、法改正はさまざまな議論を呼びそうだ。
 昨年6月に金鮮一(キム・ソンイル)さんがイラクで拉致・殺害されてからも、布教活動やボランティアを理由に危険国に入国するケースが相次いでおり、安全問題への関心は高まっている。

 成立の暁には是非とも日本を該当地域に認定していただきたいと切に希望するものでございます。

 と韓国大使館にメールしてあげたいけど、また読まずにポイされちゃうんだろうな(憐憫笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鋼鉄の墓標

 最近、チタデル製1/35三式中戦車改(長砲身75ミリ+増加装甲)を作っているのですが、そこそこ形になってきたので一度カーキを吹いてみる事に。P6190110


 いやー、このシルエット、まさに松本零士の「鋼鉄の墓標」に出てくる四式中戦車そのものですねぇ。なんか異様にかっこいい。日本戦車とは思えない位(爆)まぁ、それでもM4シャーマンにはどの程度戦えたのか非常に未知数な性能なので、マス効果で押してくるシャーマンに簡単に負けてしまうだろう事が容易に想像出来てしまう訳で。それでも、かっこ良さだけはシャーマンに負けないものがあるな、と一人悦に浸っている訳です。何とか今月中にあげてしまいたいなぁ。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

いやはや失敗

 本日、久しぶりにアキバへ出動。2ちゃんに書き込まれた「ハセガワからの三笠出荷メール」の真偽を確認するため。歯医者にて差し歯2本も入れたくせに、それでも行ってくる所がやっぱりモデラー(笑)

 ケイワンが一番安いので、真っ先にそっちに行ったらあと3つしかありませんでした(と言うより予約分がレジ横に山と積まれていて通常販売に廻す分が少なかっただけだろうと推察)。速攻で台湾に送る分を含めて2つゲット。前にSHSで拝見していたので期待を裏切らない事は確認済み。ただ、これをいつ作るかが問題なだけで(自爆)

 それにしても、ワタ氏のHP掲示板で26日なんて書いてしまって失敗したなぁ。ピンバイスのHP情報を鵜呑みにしてしまった自分が悪いんだけど。

 ケイワンでは同時にエフトイズの双発機コレクションも1個購入。あそこの食玩は中に何が入っているか、書かれているのをすっかり失念。いきなり何も見ないで買ったらライトニングでした(笑)まぁセーフ。本当はモスキートが欲しかった訳だが。しかし、今回は国籍マークがデカールでユーザーに貼らせるタイプだったのはちと驚き。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

近況

 ここんとこ、なんか対反日ブログと化してきている現状にちと哀しさを感じてきてもいるので、たまにはくだらん近況なんかも書いてみたりして。

 久しぶりに自家製の餃子なんかを40個も作ってみたり。ウチの餃子は結構特異なアンでして、挽肉以外にはニラしか入っていません(正確には調味料&つなぎの片栗粉があるけど)。キャベツ、白菜はウチの場合外道扱いされますので(苦笑)結構味が独特だったりします。でも、子供の頃から食ってるもんで、たまーに禁断症状が出るんですよね(^_^;)

 某所にてエクストラデカール新作の話題で盛り上がる。コレコレの2種類。RAFの試作攻撃機TSR.2のフェイクデカールなんですが、かなり遊び心が入っていてフェイクモデラーの魂が揺さぶられます(苦笑)対応キットのエアフィックスのが今秋発売の限定生産キットなのでどうやって入手しておこうか、そっちの方が問題になりそう。

 秋頃に台湾へ行くかも知れない事に。良く考えてみたら昔作ったパスポートはとっくに期限切れ。早急に動かないと間に合わなくなるかも、とまずは身分証明書としての住基カード作りから始めました(自爆)今年になって職場の職員証がなぜか廃止になってしまい、免許持ってない私は保険証だけではちと苦しいので、仕方無く。さて、今度は戸籍謄本取って来ないとなぁ。

 最近飲んだ豪州ブラウンブラザースのマスカットワイン(甘口)がなかなかうまい。同じ会社のドライマスカットは結構きつかったんですが、甘いのはすっきりしていてとても良い。ドイツワインのリースリングとも違ったうまさかも。 ロートシルトのポーイヤック・レゼルブをいただくが、やっぱりロートシルトは辛いね。元々そういうワインを作るシャトーだけど、カリュアドクラスになるとマジうまいと思うから、やっぱり慣れない初心者には難しいワインなのかも。カベルネ・ソーヴィニヨン種やピノ・ノワール種のワインは総じて慣れないなぁ。フランスならガメィ種やシラー種、グルナッシュ種のワインが割と好きな私。そろそろグルジアのワインも開けたいなぁ・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とうとう笑い者のノムヒョン

うーん、ドイツで無視されまくったばかりだと言うのに、またやりましたか隣の飯島酋長w

盧大統領とブッシュ大統領、日本について対話(韓国:中央日報)

盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は11日(日本時間)ワシントンで行われた韓米首脳会談で、ブッシュ大統領と対日懸案問題について深く議論したものと明らかになった。

盧大統領はこの日、ホワイトハウスオーバルオフィスで午前の会談を終え、昼食会場に移動、1時間5分間、昼食会談を行った。主要テーマは北東アジア情勢と南北関係だった。

しかし会談時間の相当部分を対日関係に対する説明に割愛したと、ソウルのある外交消息筋が14日、伝えた。

ブッシュ大統領がまず話を切り出した。ブッシュ大統領が席に座るやいなや「日本と仲良くするのがいいのではないのか?」とさりげなく尋ねた。これに対し盧大統領は3つ話をしたという。▽小泉純一郎首相が靖国神社を参拝してはならない▽過去史に対する歪曲(わいきょく)をこれ以上してはならない▽何より独島(トクト、日本名:竹島)問題でこれ以上問題を大きくしてはいけない--などだ。

盧大統領は「われわれは韓日間の未来を問題視するのではない。ただ日本が過去の問題に対してこうしてはいけないと話しただけだ」と付け加えた。

するとブッシュ大統領は「小泉首相にも、今私に話したように率直に話してみたのか」と尋ねると、盧大統領は「まだしていない」と答えたという。

これにブッシュ大統領は「一度そのように話してみてはどうか」と韓日両首脳が向かい合って虚心坦懐に対話をしてみることを勧めたということだ。

少ししてブッシュ大統領が再び話し始めた。「いずれにせよ小泉首相と盧大統領の説明は少し食い違っているようだ」と話を切り出した。すると盧大統領が即座に「小泉首相と私が習った歴史教科書の内容が互いに違うようなんです」と答えると、座中に爆笑がどっと起こったという。

この消息筋は「盧大統領がこのように答弁した後、ブッシュ大統領はこれ以上韓日関係について尋ねなかった」と伝えた。

朴信洪記者

 あんまり突っ込み所が多くて強調だらけになってしまいましたが(爆)

 わざわざアメリカまで行って、1時間の食事会談の殆どを対日問題に使ってくるバカがどこにいるのかと。今の時期、どう見たって6カ国協議の問題を最優先すべきだろうに。今度の小泉首相との会談ならいざ知らず、ブッシュ大統領にそんな事訴えてどうするんだっての。南北朝鮮問題に対する当事者意識が無いのかね、この酋長は。
 さらに、ブッシュから「あんたも自分の主張を見直してみたら?」とやんわりと言われているのに気が付かず、「日本の教科書と中身が違う」などと答えてるんだもん、米側の笑いは殆ど苦笑だったんだろうなぁ。アメリカ政府の官僚ならそれぞれの国の歴史教科書の表現が食い違っているのは先刻ご承知な話だから。
 更には日本に対して「こうしてはならないと言った」ですか。まるで「ゲンメイしました」と言った某宗主国様の外相の如き態度ですな。そういう態度が内政干渉だって事に気が付いていないのか、この酋長は。

 そして、最後にはブッシュがこの件について尋ねなくなった・・・・・「ダメだコリア」って心境でしょうな(苦笑)とにかく、表だって表明はしませんが、米国務省は独自に日韓両国の言い分を調査してると思います(下手したらCIAも動員してる)。その上での手打ち仲介の申し出を振り払ったんですから、ブッシュのメンツを潰した事は間違いないでしょう。

 そろそろ、先日アメリカのローレス国防次官補が「同盟変えたい時はいつでも言ってくれ」と言った事、本当になるかもと覚悟を決めておいた方が良いかも知れませんよ、我が日本も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の歴史今昔

【主張】歴史共同研究 中国にも実証重視を貫け(産経)

 日韓歴史共同研究の報告書が公表され、日韓双方の学者の歴史に対する見方や考え方の違いが明確になった。

 最大の相違点は、日本の学者が実証的な研究を重んじているのに対し、韓国の学者の研究が政治的な主張から脱却できていない点だ。韓国併合や日本の朝鮮統治、戦後の日韓国交正常化などをめぐり、両国の学者の見解はことごとく対立し、その両論が報告書に併記されたことは興味深い。

 日本側の学者が韓国側の主張に引きずられず、日韓併合条約が合法的に成立したことや、日本統治が朝鮮半島に「豊かな大衆消費社会」をもたらしたことなどを堂々と主張したことは、評価されてよいだろう。

 真の歴史共同研究というものは、双方の社会が成熟し、言論や学問の自由が十分に認められた状態でなければ意味がない。韓国は民主国家であり、日本の統治を客観的に評価しようという動きも芽生えているが、それを許容する雰囲気は醸成されていない。

 金完燮(キムワンソプ)氏の『親日派のための弁明』は、韓国で青少年有害図書に指定されたままだ。戦前の日本統治が戦後の韓国の経済成長に影響を与えたとする米国の学者、C・J・エッカート氏の『日本帝国の申し子』は、日本で反響を呼んでいるが、韓国語訳はない。

 近く、第二期の日韓歴史共同研究が始まるが、日本側は今後も、こうした韓国の学問状況を把握し、安易な歴史認識の共有は避けるべきだ。

 先の日中外相会談で、日中歴史共同研究についても、日中両国が前向きに検討することで合意した。中国は日本や韓国と異なり、共産党独裁国家である。中国共産党の意に反した歴史観は一切、認められていない。政治的宣伝のためには、歴史的事実までねじ曲げようという国である。

 日中共同研究が実現すれば、日韓共同研究のとき以上に激しい対立が予想される。日本側は日韓共同研究の時のように、「南京大虐殺三十万人」など中国側主張の問題点を学問的に指摘していくことが重要である。そのための適切な人選が求められる。

 中国は学問の独立に敬意を払う国とは到底言いがたい。日本側はそのことを十分承知したうえで、あくまで実証研究重視の姿勢を貫くべきだ。

 元々、中国の歴史は「勝者が作る」ものなので、ある程度はどうしても後を継いだ王朝の正当性プロパガンダ色を承知しながら読まねばならない所があるのですが。それでも中国古代の歴史家達の「事実を伝えよう」とする努力には頭が下がります。 ちなみに、過去の「史記」から始まる中国各王朝の正史は全部で24史。「明史」までです。「清はどうした?」と思われる方、いると思いますが、実は清の正史は現在まで完成していません。中華民国の袁世凱が作らせたのですが、歴代正史の例に倣わずに清朝滅亡後すぐに編纂を始めさせてしまった事や多くの官僚、知識人を動員した為にまとまりに欠け、校正も中国自身の混乱のあおりを受けて殆ど行われず、現在まで正史とは言えないまま「清史稿」という名前で準正史扱いを受けています。
 なら、「今なら中華人民共和国が事業を継いで清史を完成させればいいじゃない」と思うでしょう。それは社会主義の中国には無理です。中国共産党には絶対王制を客観的に史学として判断する事は不可能なのです。それは自らのイデオロギーを否定してしまう可能性すらあります。そして、もし中国共産党が自らの存在と絶対王制を矛盾せずに批判した場合、世界の中国史研究者はそれを清の正史とは認めないでしょう。それは単なる共産主義、社会主義のプロパガンダ文書に他ならないからです。一応、それを分かっているからでしょうか、今現在中国は清史の再編纂事業に手を付けていません。ある意味幸いな事です。
 上の引用文にもある様に、今の中国は「政治的宣伝のためには、歴史的事実までねじ曲げようという国」です。今後、中国の共産党体制が打倒され、真に民主的かつ自由な意見交換が可能になった暁には清史が完成し、正史25史が完成するのかも知れません。そうなったら、世界の歴史捏造国家の筆頭は朝鮮半島になる事必定ですけどね・・・・・そういう国が隣に3カ国もある不幸を呪いたくなる今日この頃です_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (1)

同じ事書いてるのにねぇ

またもや、自民党の老害 古賀元幹事長がいらん事始めました。
政治介入すべきでない、新追悼施設反対 靖国参拝で日本遺族会 (産経)

 日本遺族会(会長・古賀誠自民党元幹事長)は11日、都内で幹部会を開き、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「遺族会の悲願で有り難いが、並行して英霊が静かに休まることが一番大事だ。近隣諸国に配慮し、理解してもらうことが必要だ」との見解をまとめた。

 遺族会の見解は、このほか(1)靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯の分祀(ぶんし)の問題については政治が介入すべきではない(2)靖国神社が唯一の英霊の慰霊の施設で、新たな追悼施設の建設には反対する-ことも盛り込んだ。

 幹部会は、首相の靖国神社の参拝に対してさまざまな議論が出ていることから、意見統一を図るため開かれた。古賀氏のほか尾辻秀久厚生労働相、水落敏栄参院議員ら遺族会の幹部が出席した。

 古賀氏は今月2日の自民党堀内派総会で、首相の靖国参拝をめぐり「一番大切なことは(英霊が)心静かに休まること。近隣諸国を『内政干渉だ、けしからん』と言うだけで済むのか。それぞれの立場にある人たちの発言は近隣諸国にも気配りは必要だし、思いやりも外交に必要」と発言しており、今回の遺族会の見解も古賀氏の考えに沿って策定された。

 小泉首相は首相就任前の2001年の自民党総裁選で、日本遺族会に対し、首相になれば靖国を公式参拝する意向を伝え、その後「公約」となった。(共同)

 しかし、これを毎日が伝えるとこうなります。

靖国参拝:
遺族会「近隣諸国への配慮」求める異例の見解

 

日本遺族会(会長・古賀誠自民党元幹事長)は11日、東京都内で幹部会を開き、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「遺族会の悲願としてありがたいが、英霊が静かに休まることが大事だ。近隣諸国に配慮し、理解してもらうことが必要だ」との見解をまとめた。遺族会はこれまで、首相の靖国参拝実現を活動の最重点項目に掲げてきたが、これと同時に中国、韓国などへの配慮を求める異例の見解となった。

 幹部会ではこのほか、(1)A級戦犯の分祀(ぶんし)問題に政治は介入すべきでない(2)靖国神社に代わる追悼施設の建設には引き続き反対する--ことも確認した。関係者によると、幹部会は靖国参拝問題が政治・外交問題に発展したことを受け、古賀氏が呼びかけたという。

 小泉首相は01年の自民党総裁選で、遺族会に対し「首相に就任すれば靖国神社を公式参拝する」との意向を示し、その後「公約」になった。遺族会が近隣諸国への配慮を求めたことで、首相の参拝継続方針に影響を与える可能性もある。

 古賀氏は2日の自民党堀内派総会などで、首相の靖国参拝が遺族会の活動目標との認識を強調しつつ「単に『(中国側の)内政干渉だ』というだけで議論を進めていくのは危険。お互いの国の立場に対する思いやりを必要としている」などと述べていた。

 日本遺族会は戦没者遺族の全国組織で、1947年に創設された。会員は約100万世帯で、自民党の有力支持団体の一つでもある。【平元英治】

 ◇解説 遺族の苦渋の思い反映、首相への影響避けられず

 小泉純一郎首相の靖国神社参拝をめぐり、日本遺族会が中国や韓国など近隣諸国への配慮を求める見解をまとめたことで、首相の参拝継続は一段と厳しさを増すことになった。戦没者遺族でつくる遺族会は靖国参拝問題の「当事者」でもあり、参拝継続の意向を示している首相の判断に影響は避けられない。

 戦後60年が経過し、日本遺族会も戦没者の親の世代が亡くなり、活動の主体は兄弟や子供の世代に移りつつある。国の内外で波紋を投げかける首相の靖国参拝をめぐり、慎重論も出始めており、近年、首相の靖国参拝について、参拝する日や参拝方式など形式にはこだわらない方針で運動を展開してきてもいた。

 今回の見解は、首相の靖国参拝に感謝の意向を表明しつつも、「(英霊が)心静かに休まる」(古賀誠会長)という鎮魂に力点が置かれたのが特徴だ。遺族会内には「小泉首相の参拝は英霊のためになるのかとの疑問も出ている」(幹部)との指摘もあり、外交問題に発展した参拝問題に対する遺族の苦渋の思いを反映したものになった。

 小泉首相は01年4月の自民党総裁選出馬の際、遺族会幹部に電話し、「私が総裁になったら、必ず8月15日に靖国神社を参拝します」と伝えた。これまで首相の靖国参拝を心情面から「二人三脚」で支えてきた遺族会の変化は、軽くはない。首相はより重い判断を迫られることになった。【中村篤志】

 毎日はいわゆる「プチ朝日」な位置付けをされている新聞ですんで、さすがと言うか何と言うか。まぁやっぱり朝日と同じレベルの事を書いてくるなぁと思ってみたり。
 しかし、同じ事柄の事を書いているはずなのに、こうも受け取り方が変わってしまうってのはやっぱり「物事は一つのソースからだけでは判断してはならない」という事を物語っている様で。私もいわゆる「ネットウヨ」の一人らしいんで、そういう所は是非とも公平にソースをあたった上で判断して行きたいと思う次第です。間違っても自分の考えにそぐわないソース、情報は「全て捏造、妄言ニダ!」と脊髄反射で否定しない様に(苦笑)

 それにしても、なんかここの所いやに媚中議員が動きを見せ始めています。中国共産党本部から活動開始指令でも出たんでしょうか?(爆)公安調査庁は聖域無しに調査をして公平な対応をしていただきたいと思う次第。敵はオウムや中核派だけじゃないぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

資料無いもんだねぇ、スワロフ

先日買ったイースタンエクスプレスの1/350クニャージ・スワロフの為に一応チェック出来るものはチェックしておこう、と思いネットを検索してみたんですが・・・・・これがまた、見つからないもんですね。考えてみれば、この艦は1904年9月に竣工後、10月には極東への大遠征に出動してしまった訳で、たった1ヶ月じゃ写真も残る訳無かった様で。検索しても引っかかるのは模型ばっかりなんですよね。1/350作るのに1/700を参考に出来る訳も無し(爆)
ここん所、本来ならフネカンにミラージュの1/400ポーランド駆逐艦で行こうと思っていた計画を根底で覆しそうになっている訳で、そうするとそんなに必死に作り込まなくても構わないとも思うんですが、煙突の低さに対応すべくアクリルパイプ買ってきてみたりしてますので、完全無改造とは行かなくなってしまった罠(自爆)それにしても、なんであんなに低いんだろうか、キットの煙突。それ以前にどうして風当たりの強そうな船ばかり造ろうとするかオレ。 まぁいいや、誰かハセガワの三笠作って来てくれれば(←他力本願)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マッチーは偉大な釣り師(笑)

いやぁ、以前やり玉に挙げた媚中売国奴議員の野田氏ですが、またまた愉快な対応をしてくれました。

<野田元自治相>外相の「中国にゴマする人」発言に不快感

 

野田毅元自治相は7日の自民党総務会で、町村外相が野田氏を念頭に「無用に中国に行ってゴマする人がいるから日中関係はおかしくなる」と批判したことについて「外交には冷静さが必要だ。感情を表に出した外交は必ず失敗する」と不快感を示した。野田氏は先に訪中し、曽慶紅国家副主席らと靖国問題などについて会談した。
(毎日新聞)

いやはや、わざわざ町村外相が名前をぼかしてあげているのに、敢えて自分の事だと手を挙げて下さいました。その潔さだけは誉めてあげましょう(苦笑)しかし、訪中時の報道についてはちょっと調べれば分かるウソに簡単に引っかかってみたり、相変わらずの媚中さにあきれるばかり。どっちかと言えば「あんたが冷静になれよ」と突っ込んであげたくなる位(笑)こういう人でないと日中協会の会長は勤まらないんでしょうか?そんな協会なら無くしてしまった方がよほど日本の為だと思うのですが。
次回の総選挙では、是非とも選挙区の皆様には過去の節操のない政党渡り歩きと媚中を理解していただき、候補者の交代を訴えられます様お願いする次第でございます。 そして、最後に「マッチーGJ!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

これをジョークにはしたくない

正直、こんな事を今考えなきゃいけないって事が情けない話です。

武力攻撃に備え、隠岐全島民の本土避難…島根県が検討

 島根県が、武力攻撃や大規模テロなどに備えた国民保護法に基づいて作成する「県国民保護計画」に、有事の際は隠岐諸島の全島民約2万4000人の本土への避難を盛り込むよう検討していることが7日、わかった。

 国の基本指針で、離島からの避難は「可能な限り、全住民の避難を視野に入れた体制を整備しておく」とされていることから、全島民避難の検討が必要と判断した。

 同諸島は本土の北約70キロにあり、主に大小4つの島、4町村からなる。本土への移送方法は、国とも協議して数年がかりで決めるが、大量輸送が可能な船での避難が現実的という。

 対馬や五島列島などを抱える長崎県も全島避難を視野にした計画作りを進めている。
(読売新聞)

これ、完全に対韓国対策ですよね。中央政府の脳内お花畑状態に対して地方自治体はこれ程までの危機感を持っている、という事です。最近、竹島のみならず、対馬まで自国領土を広言して憚らない韓国に対し、最悪のケースを常に考え、自国民の安全を第一とした対策は素晴らしいものです。願わくば、防衛庁との緊密な防衛対策もリンクして欲しいものですが。ちなみに、これらの島々の中で陸自が駐屯しているのは対馬だけです。今後、韓国がどこ向けに建造しているのか分からない強襲揚陸艦の配備も注目、警戒して行きたい所です。

もはや、韓国は同盟国ではありませんので・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/350スワロフ ゲット!

 本当は韓国密漁船事件関係で怒り心頭な訳なのですが、冷静にクールダウンせねばと思い無理矢理模型ネタへゴー(爆)

 昨日、仕事明けにバウマン経由で日本に入った(らしい)イースタンエクスプレスの1/350ロシア戦艦クニャージ・スワロフを求めて出撃してきました。
 正直、ここの所暑くなってきた事もあり、仕事場で結構な汗かいたもんだから体力の残量も残り少なく、なるべく体力を使わない様にとアキバ方面の模型屋3軒を回る事に。しかし、トップのケイワンでタミヤの1/700フッド入りE級駆逐艦(笑)をゲットした他は戦果無し。かなり疲れる。しかし、ここまで来て成果無しで帰れる程大人でも無い(オイオイ)私はネットで4~5日も前に入ったと書かれていた門仲のピンバイスへ行く事に決定。アキバでメシ食った後に東西線で門前仲町へ。 門仲に着くとどうも雨は強くなっていく一方。しかし、そばの川辺が枝垂れ桜の散策路となっており、格好の傘代わりとなって風情を楽しみながらお店へ。残念ながら本日も店員猫バジル君とはお会い出来なかったが、スワロフは無事発見し速攻で保護!ボロジノとどっちがいいかな、とか考える暇さえありませんでした(爆)結構残っているもんだなぁ、とか思ったり。

 中身は見えない船体内部などに彫刻機の刃の跡が残っていたり、金型の磨きが足りない?所もあったりしますが、概ね何とかなりそうな予感。まぁ、直前に買ったKPの英駆逐艦が最悪でしたからねぇ(^_^;)そのまま作ってしまっても良いんですが、水密をきちんとした上で8月のフネカンに出してみたら面白いかなぁ、とか思う自分ガイル(自爆)S-1だったら船体工事は最小限で済みますし。実際に走るスワロフを拝めるチャンスを作ってもみたいし。ううむ、どうしようかなぁ。ちなみに、フネカンのサイトはこちら

| | コメント (8) | トラックバック (0)

腐っていく自民党

なんか、こんな時間の更新していると「一体いつ寝ているの?」と思われそうですが、昼間寝ておりますので大丈夫です(多分)

さて、今日も今日とてストレスの溜まる報道だらけでなんか日本人をやめたくなる様な情けなさで一杯になってきます。その原因を作って下さるのが日本政界で唯一とも言える保守政権党である自民党。

まずは、同じ連立政権党ではありますが、言わずと知れたカルト宗教政党「公明党」が支持母体「創価学会」名誉会長の方針であります所の「韓国べったり」な所を発揮して同じ宗教団体でもある靖国神社への攻撃を強めております。

国立追悼施設、公明が調査費要求へ…対中改善図る
 

公明党は2日、靖国神社に代わる国立戦没者追悼施設の建設について、2006年度予算案に調査費を計上するよう、政府に求める方針を固めた。

 小泉首相の靖国神社参拝に中国などが強く反発していることから、追悼施設の建設を関係改善の足がかりとしたい考えだ。近く同党幹部が政府に直接伝える見通しだ。

 追悼施設建設を巡っては、2002年に福田官房長官(当時)の私的懇談会が、国立・無宗教の追悼・平和祈念施設が必要だとする報告書をまとめたが、自民党内で反対論が根強く、棚上げ状態になっている。公明党は以前から、建設調査費を計上すべきだと主張していた。

 しかし、首相の靖国神社参拝に関する発言などを理由に、中国の呉儀副首相が首相との会談をキャンセルするなど、日中関係が急激に悪化していることから、政府に直接、計上を求めることにした。

 公明党は与党の一員だが、靖国問題では首相の立場と異なることを明確に示す狙いもある。

 神崎代表は1日の記者会見で、「首相は靖国神社参拝を自粛すべきだ。中長期的には国立の追悼施設をつくることが重要だと考えている」と強調した。

まぁ、相手がそういう宗教政党ですから、こういう態度を示すのはよーく分かっております。(そんな政党が連立政権内にいる自体がおかしい事ではありますが(;´Д⊂))問題なのは、それを肯定する自民党の古株がかなり存在する、という事実です。

「内政干渉だ」では済まない…靖国参拝で古賀氏

 日本遺族会会長を務める自民党の古賀誠・元幹事長は2日、堀内派の総会で、小泉首相の靖国神社参拝について「『近隣諸国はけしからん、内政干渉だ』というだけで済むのか。立場のある人の発言は、近隣諸国への気配り、外国への思いやりが必要だ」と述べ、中国、韓国などの国民感情などに配慮するよう求めた。

 また、久間総務会長は2日、記者団に対し、靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されていることについて、「戦争に至った行政の責任者に首相が頭を下げるのはどうかなと思う」と述べた。

 一方、亀井静香・元政調会長は同日の亀井派総会で「分祀を求めるということは、中国の歴史認識に同調するということだ」と述べ、一部にあるA級戦犯の分祀論を批判した。

日本遺族会会長という職にいる政治家がその遺族の神経を逆撫でする発言を平気でする。遺族の感情よりも中韓政府の意向を優先ですかそうですか。挙げ句の果てには防衛庁長官も務めた事がある自民党総務会長が「結果として負ける戦争を始めてしまった」行政、軍事の責任者に頭を下げたくないなどと言う始末。それじゃ、あなたは将来同じように評価されなくなった場合、死体にむち打ちする様に非難されても良いのか、と言いたいですな。それをしないのが日本の良い気風だったのではないのか?
何も間違った事をした事実に対する研究批評を封じ込めよう、とは思いません。今回の問題はそれを超えた日本の歴史風土、精神の問題だと思うのです。そういう所まで他国に迎合する事は日本人の精神を売り払う事になります。それをいい年こいた政治家が目先の利益だけで動いている。情けない限りです。

更には、昨今さんざんその内容の杜撰さ、危うさが指摘され批判されている「人権擁護法」案に対しても自民党はこんな事やってます。

反対派要求に対し与謝野氏ゼロ回答…人権擁護法案

 自民党の与謝野政調会長は2日、人権擁護法案の政府原案に反対している同党議連「真の人権擁護を考える懇談会」の平沼赳夫会長と党本部で会談し、同懇談会が提示していた政府原案見直し案に対する見解を伝えた。

 同懇談会が特に問題としている〈1〉人権侵害の定義が不明確〈2〉人権委員会の権限が強大――の2点の修正については事実上のゼロ回答で、細部の部分修正に応じる程度にとどめた。

 このため、同懇談会は、与謝野氏の見解について「とてものめるものではない」との判断で一致、引き続き与謝野氏との協議を重ねることを確認した。

この法案について、もし自分が対象になったら、とは考えないんでしょうか?>推進派 あまりに恣意的な運用が簡単に出来てしまう、戦前の治安維持法よりも恐ろしい運用が容易に想像出来てしまうのに、どうして「自分だけは関係ない」と思えるんでしょう? 最近、外交で得点を挙げている、と言われる小泉首相ですが、こんな三役しか党内に置けない自民党総裁では全て帳消しと言わざるを得ません。と言うかあんたちゃんと党内を見てるか?と聞きたくなります。責任者として党内をまとめろよ>小泉総裁

日本の政界では、民主党があの体たらくで最早政権を取れると思っているのは自分だけ状態であり、期待なぞ皆無という国民にとって悲劇的な状況にあって唯一縋らざるを得ない政党が自民党なのですが、その自民党すら末期的状況を呈し始めた事は悲劇を通り越して喜劇としか言いようが無いのかも知れません。韓国、中国の政治を笑っていられる状態など、腐った政党しか持たない日本人にはとっくに無い事を再認識せざるを得ない今日この頃です・・・・・・_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いい加減にしろ韓国

もうなんか、いつの間にか嫌韓ブログと化してしまいかけているこのブログですが(溜息)

韓国漁船、保安官乗せ逃走 対馬沖、巡視艇が追跡

 長崎県・対馬沖の日本海で5月31日から6月1日にかけて、日本の排他的経済水域(EEZ)内での違法操業の疑いがある韓国漁船が、立ち入り検査をしようとした日本の海上保安官2人を乗せたまま韓国のEEZ内に逃走した。韓国海洋警察庁も出動したが、現場で捜査をめぐり日韓の当局が対立し、2日未明になってもにらみ合いが続いた。

 国際法上の捜査権があるとして船長の現行犯逮捕を主張する日本側に対し、韓国側は自国での調査を主張。外交ルートでの協議が続けられた。

 第7管区海上保安本部(北九州)によると、31日午後11時半ごろ、対馬の北東約50キロで、対馬海上保安部の巡視艇「たつぐも」が、アナゴ漁をする韓国漁船「シンプン」(10人乗り組み)を発見、立ち入り検査をしようと近づいたところ、漁船は逃走した。

 約10分後、海上保安官2人が乗り込んで停船させたが、保安官を乗せたまま再び逃走。約2時間後の1日午前1時55分ごろ、漁船は対馬の北東約60キロの韓国のEEZ内の公海上で、海保の要請で出動した韓国海洋警察庁の警備艦に自ら接触、止まった。保安官2人は巡視艇に戻った。

 海保によると、漁船に乗り込む際に保安官1人が海に転落、巡視艇に救助された。保安官2人は漁船の乗組員に羽交い締めにされたり体当たりされたりしたという。一方、韓国の聯合ニュースは保安官との小競り合いで韓国人1人が頭にけがをしたと伝えた。

 同日午後6時前、漁船の船長は韓国側の警備艦に移った。海保は漁業法違反(立ち入り検査忌避)での船長の現行犯逮捕と船体引き渡しを要求したが、韓国側は船長の身柄引き渡しを拒否。現場海域では、漁船をはさんだ形で両国の船が停泊した状態が続いた。

 韓国の潘基文外交通商相は1日午後、同国を訪問中の逢沢一郎外務副大臣との会談で、韓国側が事実関係を調査するとし、日本側に現場から離れるよう要請。漁船に違法行為があった場合は必要な措置を講じるとした。(共同)

 とにかく、韓国は日本にイニシアチブを取られたくない、という一心で抵抗しているんでしょうが、国際法の元で決着をつけるのが国際海洋法を遵守するべき国際国家のあるべき姿なんじゃないでしょうか?韓国政府が犯罪者をかばう姿勢を見せるのは北朝鮮をかばう所からも想定の範囲内ではありましたが、これを通されるのなら、日本は今後、こういう案件に対しては真っ先に銃撃加えて足を止めてから臨検、という態度に出なければいけない事になるでしょう。悲しい事ではありますが、人の国の権利を尊重出来ない国家が隣にある事をこそ悲しまなければならないでしょう。李承晩ラインは未だ有効なのか・・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »