« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

日本ハ崩壊シツツアリ

先日から、自民党内部で郵政問題と並んで大騒ぎしている問題の一つに「人権擁護法」法案の件があります。自民党内ではある実力者が強引に幕引きをしようとして逆にまとまらなくなっていたり。引退した野中と同じく影響力が無くなってきているのに気が付いていない道化なんでしょうね。
まぁ、それはともかく、現在法案として審議寸前にあるこの法案、実は2回目の上程なんですが、今回は前回よりもさらに激しい反対の嵐が吹き荒れています。
ブログ「Irregular Expression」より

正直、今のようにネット上にて嵐の如き状況になっていなければ見逃してしまっていたかも知れません。でも、この法案が「一体誰の為に作られようとしているのか?」を考えるとどうしても我々の為に作られようとしている様には思えない、いや、我々を取り締まる為に作られる法律にしか見えないのです。そして、良識であるはずの国会議員、マスゴミの一部は案の定この法案を必死に通そうとしゃかりきになっています。その上での先の某政治家の暴走がある訳で。 最近はどうも政党というものがいわゆる「ポリティカル・パーティー」ではなく、選挙区の折り合いでまとまっている様なふざけた状況にあり、同じ政党にいながら言ってる事、やってる事が正反対な議員が多くの党で多く見られる様になりました。自民党しかり、民主党しかり。政党人はそろそろ襟を正し、自分の信念は何だったのか、もう一度考え直してから所属政党を入り直していただきたい。
そういった状況を踏まえつつ、スイス政府が国民の為に発行し配布している「民間防衛」という本をご紹介したい。この本は結構有名なので知ってる方はとっくに知ってる事と思います。 この本をひもといた上で先の状況を見ると、これは日本が非常に危機的な状況にあるのでは?と思われると思います。国内の敵が如何にして我が国を崩壊させ、侵略に屈する様にし向けるか、その例にあまりに合致している所が多いのです。その点ではいつもやり玉に挙がる韓国はただ反日で盛り上がっているだけで侵略の動きでは無い様に感じます。が、中国は国内の左翼勢力と密接にリンクして巧妙な作戦を行っている様に見えます。ゆめゆめ怠りない様に気を付けましょう。彼らは耳に聞こえやすい平和的な言葉で懐柔しようとしますが、それは逆に平和を遠ざける事に繋がる事を理解しなければならないでしょう。日本の平和と独立を維持しようとするならば、今こそ自分の周りの動きに十分注意をし、問題行動に対しては言論を通じて我々の意志を明確に発信して行きたいと思う私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手が回らないぃぃぃ

いやー、もう静岡SHSまで1ヶ月無い所まで来てしまいました。
今の所、自分のホームチームと同時に1/72合同チームに参加する事になっているんですが、なかなかテンションが上がらなくて困ってます・・・・ここの所、どうも戦車作っちゃうんですよねぇ、それも1/35とか1/48の。中身を作らなくても良いって所が不精者化してきた自分の琴線にかかる様で。 それでも、目の前には1/700艦艇が2隻も途中に。とにかく手を付けまくった挙げ句に自爆、っていう行動パターンが多くなって来ている昨今、もう少し計画的に製作したい物ではあるんですが・・・・・もう生活環境、リズムから変えて行かないと無理っぽい気もちらほら。嗚呼負け犬モード(爆)
いいんだいいんだ、静岡は酒呑みに行く所だもーん(゜O゜)☆\(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイン

最近、ワインにはまりつつある私ですが、地元を離れる事があるとすぐ酒屋を探す行動を取る様になってしまい、内心苦笑してます。 まぁ、元々ビンボーなワタクシですので、そんなに高いワインなどホイホイ買える訳ではないのですが、うまそうなワインとの出会いがないかどうか、やっぱり足繁く探してしまう訳で・・・・先日、某宴会の席で某参加者の方から「みほりさんが最近ワインに凝ってるのは女性を引っかける為ですかぁ~?」との鋭い指摘を受けてしまいましたが、すいません、それだけの甲斐性があったら良かったのにと自分でも反省する所です(自爆)
ここの所、松戸にて2000円ちょっとのシャンベルタンを、隣町の酒屋でドイツの赤とコート・デュ・ローヌの赤を立て続けに購入。昨日買った二本は全部で3000円ちょっとだったからまぁ大したこと無いんですが。今の所はとにかく「ブドウの品種毎の味を見よう」という方針で行ってまして、ボルドーのカベルネ・ソーヴィニヨン、ブルゴーニュのピノ・ノワール、コート・デュ・ローヌのシラー、ラングドックのグルナッシュ、ボージョレーのガメイ、ラインヘッセンのリースリングなど、試している最中です。(イタリア、チリ、カリフォルニアなどは後手に回ってます) 今の所、リースリングのドイツワイン、ガメイがお気に入りになってきています。昨日買ったシラーの赤はまだなので、もしかしたら変わるかも?ボルドーワインは高いヴィンテージなら考えなくてもうまいんですが、安めのは飲み方をいろいろ試さないとうまくならない時があって面倒なんですよねぇ・・・開けてすぐ飲める場合もあれば開けて2~3日経ってからうまく感じるヤツもあったり。やっぱりワインは生き物ですねぇ。
私の酒の飲み方は基本的に話の潤滑油としてなので、宴会に隠して持っていく事が結構あったりするんですが(爆)宴会の席で飲まされる方々、そういう訳なのでどうかご容赦を(^_^;)

あ、もしここ読んでる方でお薦めのワインありましたら教えて下さい。買える様な値段なら試してみたいです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

本末転倒な自爆

毎度の事ですが、またぞろ韓国国会にこんな法案が出されるそうです。

与野党議員27人、韓日基本条約の破棄要求

 

ヨルリン・ウリ党の金元雄(キム・ウォンウン)議員など、与野党議員27人は韓国と日本が65年締結した「韓日基本条約および協定」を「屈辱的な条約」と位置づけ、再交渉を求める決議案を21日国会に提出した。

 決議案には▲韓日両国政府が関連文書をすべて公開する▲日本が植民地支配に謝罪し、韓日合併が無効であることを明らかにする▲慰安婦、強制徴用をはじめとする人権侵害および加害事実の公開と被害者への賠償要求が盛り込まれている。

 決議案の内容を見ると
・日韓基本条約の詳しい条文を今まで隠して来たのは韓国側だったんじゃない?
・「韓日合併が無効であることを明らかにする」って、それじゃ今は「日韓併合は有効」だって認めてるんじゃん。
・「人権侵害および加害事実の公開」って、それは被害者という人々が出すべきものじゃないの?我々は無罪だって言ってるんだから。
 かように国会がアフォの集まりである事は日本も大して変わりませんが、こうまでアフォさを振りまくと国際社会の目が気になるもんですけどねぇ・・・・・かの国には「自分が間違っているかも」という視点・思考が抜け落ちているんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一応、分かってるのね(笑)

自分とこの大統領がいかに恥ずかしい話をしているか、報道機関も分かっている様で・・・・


これで何で支持率上がるの?反日なら何でも良いのか韓国人?(;´Д⊂)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

感情で法を曲げる国

KWATさんのブログにて紹介されていた記事です。

親日財産還収法、成立は時間の問題

 李完用(イ・ワニョン)、宋秉畯(ソン・ビョンジュン)など、親日反民族行為者とその子孫の財産を没収し、独立功労者とその子孫に与えるという「親日反民族行為者財産還収特別法」の成立可能性が高くなった。

 しかし、過去の行為によって現在の権利を侵害できないという「遡及立法禁止の原則」違反など、違憲をめぐる論争と財産の没収対象と選定の基準をめぐり論争は続いている。

 国会・法制司法委員会は19日、全体会議を開き財産還収法を法案審査小委員会に付託した。賛否を問う討論は事実上なかった。

 唯一討論に出たハンナラ党の張?碩(チャン・ユンソク)議員も「望ましい法」と述べ、財産の没収対象者をどのように決めるかという補足策が必要だという旨の問題を提起した。

 ヨルリン・ウリ党の (チェ・ヨンギュ)議員は「違憲をめぐる議論を避けるため、没収対象者範囲の縮小を検討する予定」と答えた。

 ウリ党の崔龍圭、民主労働党の?會燦(ノ・フェチャン)議員など与野党の議員169人が提出した同法案は法制司法委員会さえ通過すれば、国会本会議は無難に通過するものと見られる。

鄭佑相(チョン・ウサン)記者

 恐るべき報復法の制定が間近に迫ってきた、という事ですね。普通、民主主義国家に於いては過去に対する法的遡及は報復を招く恐れがある為、新しい法律には適用されないという常識があります。 しかし、韓国ではそんな常識はお構いなし、反日の「錦の御旗」さえあれば選良の集まる国会ですらその点に疑問が呈されないという感情優先民族である事を露呈してしまいました。これが通るならば、反日でありさえすれば過去の事例に対して報復優先の法律案成立に何の支障もありません。憲法さえケンチャナヨ状態ですから。
 常識ある日本人の皆さん、どうか韓国にはお近づきになりません様に。後でどんな法律作られて因縁付けられるか分からないですから・・・・・(;つД`) モウイヤダ コンナクニ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本音とタテマエ

続いて2発目。

中国にて反日デモ、もとい反日暴動が3週続いて続発しておる昨今ですが、この様な記事がありました。

指導権狙い日本「悪者」に 米紙が中国批判評論

 18日付の米紙ワシントン・ポストは中国での反日デモに関連し、歴史問題に正面から向き合おうとしていないのは中国であり、中国はアジアの指導権を握ろうとして日本を「悪者に仕立てている」とするフレッド・ハイアット論説委員長(元東京特派員)の署名評論を掲載した。

 評論は「中国の都合のいい物忘れ」との見出しで、日本の教科書における南京大虐殺の扱いが問題なら、「毛沢東の狂気の大躍進」で起きた飢饉(ききん)で3000万人が犠牲になったとされることや、「1979年のベトナム侵攻」などを教科書に記載しない中国に問題はないのかと批判した。

 さらに、日本では歴史認識問題で「延々と開かれた論議」がなされ、靖国問題でも賛否両論があり、教科書も選択可能と指摘。中国では「歴史(叙述)は1種類しか許されず」、それは共産党が決めていると日本を擁護した。(共同)

 この辺はさんざん2ちゃんねるのハングル板や東アジア+板、極東板で語られた意見ですね。とうとうその意見がワシントン・ポスト紙の論説委員長と同じになったか、と感慨深い気持ちです。とにかく、民主主義で無い国や自由主義のはずなのに違った意見を言うと言論界や学会から抹殺され安全すら脅かされる国は国際社会一般の常識としての「自由主義、民主主義」が存在しない統制社会である訳です。とにかく、自国・自政権の安定の為に日本を犠牲にするのはもうやめていただきたい。いくら日本人の民度が高く、相手の低民度な行動をマネしてはいけないと言っていても相手にこっちの思いを理解してもらうには同じ目線で行動するしか無いのか、と思わせる事になってしまいます。日本人の忍耐の限度の範囲内で納めて欲しいものです。

 まぁ、それに合わせた訳ではないでしょうが、中国のダブスタの最新の例です。

中国の地元当局が損害賠償表明

 中国で起きた一連の反日デモについて、中国政府は日中外相会談などで日本に対する謝罪と賠償を拒否しているものの、地元当局が損害賠償を行う意向を示すケースが出始めていることが19日までに明らかになった。

 北京の日中関係筋は「中国側による事実上の謝罪表明」と分析。中央政府は賠償を拒否して国内外に対日強硬姿勢を誇示しつつ、地方政府が賠償に応じて日本側の反発をかわすことで経済面でのマイナス影響を極力避ける狙いがあるとみられる。

 上海市当局は、16日の反日デモで破壊された複数の日本料理店に対し、損害賠償を行う意向を表明。北京の日本大使館に対しても、北京市当局が、9日にデモ隊が破壊した窓ガラスの補償を申し入れてきたという。(共同)

 国家レベルではメンツが邪魔して出来ないから、地方レベルで出来る賠償だけしとけ、という事なんでしょう。多分、この報道は中国国内ではされないか、かなり遅くなってから自国に都合の良い説明をつけて発表という事になるでしょうな。あくまで謝罪する気はない様です。 そうですか、それなら日本も最近の在日中国公館に対する嫌がらせ事件は全て個人のやった事で政府が関与したものではありませんので、謝罪も賠償もいたしません、と言いましょうか(・∀・)ニヤニヤ あぁ、ダブルスタンダード極まれり、ですなぁ・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あんたはどこの政治家だ

正直、産経に載ったこの記事を読んで情けなくなりました。

【反日デモ 私はこうみる】日中協会会長(元自治相)・野田毅氏

 今回の一連のデモは、官製デモという見方があるが、実際は(中国政府が)強く規制しなかったということだ。コントロールできる範囲と思っていたのだろう。しかし、中国の底流に反日、嫌日の流れが強いということは、冷静に見るべきだ。愛国教育が抗日に結びついた部分もあるが、それだけがすべてではない。

 中国には日本は真剣に戦前のことを反省していないという認識がある。日本人からすれば、何度も謝罪しており、何べん謝れば済むのかといういらだちがある。対日戦略の材料として使っているのではという見方さえある。これに対し、彼らは、日本はうわべでは謝っていても真剣に反省していないと思っている。

 その象徴が靖国神社参拝問題だ。われわれ日本人にすれば、靖国神社は戦没者を慰霊するお社で主役は戦没者、二百五十万英霊だ。ところが、中国の多くの国民は、靖国神社はA級戦犯を祀(まつ)っている社だと思っている。その認識が正しいか正しくないかは別にして、そこに大きなギャップがある。これは認識の違いであって、お前が間違っていると言い合っても現実に溝は埋まらない。

 日中の国交正常化の原点は、「先の大戦の責任はA級戦犯にあり、一般の国民には責任はない」という理屈で中国が戦後賠償を放棄したことだ。だから、首相の靖国参拝は中国から見ると、A級戦犯の名誉を回復し顕彰しようとするばかりか、日本が国交正常化の原点を否定しようとしているように見えるのだ。

 これに対し日本には、A級戦犯の扱いも含めて、日本の論理がある。中国政府も、逆に日本国民がなぜ、靖国参拝を支持するのかを知る必要がある。双方のリーダーが、それぞれの言い分を頭において対応することが必要だ。

 現在の状態が続けば、日本にも反中、嫌中が広がり、中国にとって明らかにマイナスだ。当面、中国政府はデモを抑制する方向にいくだろう。今後は、愛国教育で日本の悪い面ばかり教えるのではなく、戦後六十年間の日本のいい部分も教えてもらわないとならない。

 実は、中国政権内部にもそろそろ、江沢民(前国家主席)時代の愛国教育などのやり方から変えていこうという新思考がある。しかし、日本から変えてくれと言われて変えることはできない。日本が中国から言われて変えられないのと同じだ。中国政権内部の新思考の人たちが動けるようにしなければならない。首相の靖国参拝は、そういう動きを妨げている。

 中国は確実に変わっていく。日本も長期的戦略をもって外交をやるべきだ。自国の利益を最終的に実現することが外交であり、自分の言いたいことや、やりたいことだけをやるのが外交ではない。(談)


 のだ・たけし 昭和16年生まれ。東京大学法学部卒業、大蔵省入省。47年、衆院初当選。経済企画政務次官、通産政務次官を経て、平成元年に建設相。経済企画庁長官、自治相・国家公安委員長を歴任。当選11回。日中協会会長。

 結局は中国政府の意見を肯定しているだけです。これが日本の保守政治家のセリフなんでしょうか?さっさと自民党から出ていって社民党にでも行って欲しいものです。いや、民主党の西村真悟氏とトレードすべきでしょう(苦笑)民主党にはなぜか西村氏の様な愛国議員と岡崎トミ子の様な売国議員が一緒にいるという不可思議な所があり、日本憲政史の大きな謎です(笑) それはともかく、日中協会の会長を勤めるには中国のスポークスマンをも勤めないといけないという一項でもあるのでしょうか?それとも女あてがわれて写真撮られたりしてるのでしょうか?(爆)この手は昔ソビエトが北朝鮮留学生に対して行い成果を上げた事もあり、橋本元首相などにも有効な古典的かつ有効な手です・・・・・情けないけど_| ̄|○
 彼には靖国問題などが真の原因で反日になっているのではなく、中国政府が靖国問題などの都合のいい所だけをつまんで抜き出して殊更問題視して煽って今日の状況に持って行っている事を分かっていない様です。(都合の悪い所は全て報道しませんので、日本の対応はほとんど知られていません)

 現在、マッチーが心を改めた様に見える外務省と共に中国政府と戦っている様ですが、こういう輩や「冷静に」としか言わない現職首相をバックにどこまで正論を貫けるのか、興味深く見守る所です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ワイバーンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

えー、本日ようやく紆余曲折ありながらも我が家にモノクロームのちうごく製ウェストランド・ワイバーンがやってまいりました。本当は一昨日購入していたんですが、間抜けにもその晩に行われた艦船モデラー飲み会の席で忘れてきてしまい(自爆)ようやく本日保護していただいてた方から渡していただきました。ありがとうございます、あんけんさん。
しかし、正直言って大きい機体ですね。1/72のはずなのに何かそんな感じがしないです。逆に、主翼がやたら小さく感じ、主翼と水平尾翼を間違えそうになる位でした(^_^;)部品数は結構多いんですが、それ以上に大きい箱(苦笑)トラペスタンダードと言えばそれまでなのですが、相変わらず大らかだなぁ。パーツしか見ていない段階ですが、見た所それほど悪い所は無さそうです。ひとまず安心。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

蒔いた種は自分で刈り取れ

先日、日本人留学生が中国で襲われた件について、ただの反日馬鹿の絡みによるものだけかと思っていましたら、実は大きな根っこが見えてきました。

「日本人は死ね」と殴打 上海の邦人留学生が証言

 北京で大規模デモが起きた9日に上海市で日本人留学生が殴られた事件で、被害を受けた留学生(22)=滋賀県草津市=らが14日、共同通信社の取材に応じ、容疑者の中国人が「日本人は死ね」などと、反日感情をあらわにしてビール瓶やいすで何度も殴りつけたと証言した。事件を処理した複数の警官まで「小日本(日本人の蔑称(べっしょう))」などと、留学生をののしる嫌がらせをしたという。

 留学生らによると、公安当局は事情聴取の際、「殴ったのが1人なら簡単だ。2人なら中国と日本の関係に影響する」と事実を曲げて証言するよう迫った。公安当局は、中国人女性をめぐる留学生と容疑者の三角関係のトラブルとして事件を処理していた。

 取材に応じたのは、留学生のほか、事件が起きたバーの女性店員ら。

 証言によると、9日夜、容疑者の男ら中国人6人がバーで、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りの問題や日中戦争を話題にしながら「日本人を次に見たら、殴ってやる」などと話していた。入店した日本人、韓国人ら留学生10人が「日本人か韓国人か」と聞かれ、留学生が「日本人だ」と答えると、いきなり、ビール瓶やジョッキで何度も頭部を殴った。

 生命の危険を感じた留学生が店の外へ出た後も、いすを持ち出すなどして暴行。警察が駆け付けるまで暴行は続いたが、警官らは現場に残っていた容疑者を直ちに拘束しなかった。

 その後、留学生らを事情聴取して病院に運ぶ際も、ののしるだけでなく、車のスピードを意図的に速めたり遅くしたりして、ニヤニヤ笑いかけるなど、嫌がらせを続けたという。(共同)

 ふざけてますね。もし日本でこんな事する警官が報道されたら「愛国的」と賛辞を受ける以前に「差別的」「人権無視」と非難の嵐ですよ?それが普通の世界的常識ですよ?こんな事が通用するのは極東三馬鹿だけではないでしょうか。これはただの傷害事件ではありません。日本政府は日本国の尊厳を賭けて中国政府に公式謝罪と担当者に対する行政処分を行わせる様抗議すべきでしょう。日本が中国に気兼ねする必要はありません。これらは全て中国が自ら蒔いた種です。自分で責任を持って刈り取っていただきましょう。どこぞの外交部高官の様に「中国には責任無し」などと言わせない様にお願いします。>外務省 戦争しなくてもそれに代わる手段はいくらでもある事を思い知らせてやった方が今後の日中関係の為になりますから。

 まぁ、それでも飽き足らずに「世界の声」を持ち出して来たら、この話を引き合いに出してあげましょう。

過去にはこだわらない 歴史問題で豪首相

 オーストラリアのハワード首相は14日、日本人と中国人の記者団との会見で、第2次大戦をめぐる日本の歴史問題について「歴史は否定できないが、歴史に支配されて現在と将来についてまひするべきではない」とし、過去にこだわらない姿勢を強調した。

 首相は「起きたことはよく知っているし、戦争で苦しんだわが国の人たちの感情も理解している」とする一方で、「私は未来を見ている人間だ。60年がたち、日本は非常に貴重な友人になった」とも述べた。

 さらに「われわれは(日中)両国と良好な関係にあるが、互いの関係をどうするべきかを他の国に言うつもりはない」と語り、18日からの日中歴訪の際に両国の仲介役を務める意思がないことを明らかにした。(共同)


 あの「交戦国」であったオーストラリアの首相ですらこの様な発言で日本を擁護している現実を反日主義者(国内の連中も含めて)はもっと理解すべきでしょう。このまま未来永劫反日のままでいる事が自国の為なのか、を。
しかし、この会見で中国人記者の失望した顔が見てみたかった気がします。ついでに朝日新聞の記者がどんな誘導質問をしたか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あんたが言うな

いやはや、とうとう国連常任理事国としての矜持すら失われて来ているみたいですね、中国は。

大使館投石被害に陳謝なし 中国外務省が会見「デモは日本政府への不満」

 中国外務省の秦剛・副報道局長は12日の定例会見で、中国国内で相次いだ反日デモについて「日本人に対してではなく、日本政府の歴史問題に対する誤った態度について不満を表したものだ」と言明。「いまの(日中の)局面は、日本側に原因がある」とあらためて強調し、日本側がデモ隊の投石で大使館などが受けた被害への賠償請求を求めていることについても「日本側の要求には留意している」と述べるにとどめ、陳謝は避けた。

あそこまで見え見えの官民合同暴動をやっておいて「日本に責任」とは恐れ入ります。

中国首相「日本政府は深い反省を」

 PTI通信によると、インドを訪れている中国の温家宝首相は12日、ニューデリーで記者団に対し、中国国内で反日デモが相次いだことを受けて「アジアの人々の強い(拒否)反応を受け、日本政府は深く反省するはずだ」と述べ、日本政府に歴史問題での対応を改めるよう求めた。一連の反日デモについて中国首脳がコメントしたのは初めて。

 温首相は「日本による侵略は中国、アジア、さらに世界で大きな苦痛と苦難を負わせた。中日関係の核となる問題は日本が歴史に真正面から向き合わなければならないということだ」と強調した。

 また「歴史を尊重して過去の歴史の責任を取り、アジアと世界の人々の信頼を勝ち取った国だけが国際社会で大きな責務を負うことができる」と日本の国連安全保障理事会常任理事国入りにも条件を付けた。(共同)


この発言が中国の真意でしょうね。「我々がやらせました」という。「日本人には強圧的に出ておけば勝手に反省して金出すアルよ。」ってなもんなんでしょう。でもね、「あんたらが言うな」。どっちが反省すべきなんだよ。アメリカ大使館を襲った時は賠償しておいて、日本大使館の時は無しかよ。ダブスタも極まれり、ですな。大体、自分達が過去の歴史の責任を取った事あるのかと。中国と日本、どっちが信頼されているのかアジア各国で世論調査やってみればいい。少なくとも中国よりは信頼されていると思うよ。(韓国はアウトオブ眼中)

以前、同様に大使館を襲われたアメリカはこう言っています。

米当局者が反日デモを批判 「話し合いによる解決を」

 米国務省当局者は12日、中国で相次いだ反日デモについて「いかなる論争があるにせよ、外国政府の施設や人員に対する暴力は正当化できない」と語り、日本大使館への投石などにエスカレートした抗議行動を批判した。

 同当局者は「中国には外交官と外国政府の施設を保護する責任がある」と指摘。「中国は日本の外交官や外交施設、企業、日本人居住者を保護するための措置を講ずるべきだ」と述べ、中国政府に適切な対応を求めた。

 また「話し合いによる解決」が望ましいと語り、日中両政府間の対話を促した。(共同)

さすがは以前襲われたことがある先輩、グッジョブな意見です。在中公館の保護が出来ない国に常任理事国の資格は無い、と言わせていただきますよ、中国。 今日の産経では今回の中国の対応を「アジア唯一の常任理事国という立場を固守する為の行動」と解説しており、とにかく自国のプライドを守る為なら何でも有り、というなりふり構わない行動はいずれ自分の首を絞める事になるでしょう。これに対して一歩も退かない対応が日本政府に求められます。どうか官邸主導でお願いしますよ、外相。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

台湾からの謎の荷物

一部の方はご存じかと思いますが、以前より我が松戸迷才会は台湾の「台湾迷彩会」と友好関係にあります。似た名前の縁もありますが、幸いにも会長の徐さんや王さんが日本語に堪能な所に助けられている次第です。
今日、我が家に台湾から小包が到着しました。以前から台湾の模型雑誌「高手」の編集顧問である黄さんや迷彩会会員の張さん、王さんと相互に模型を送り合っている関係から「あぁ、またどなたか送っていただいたのかなぁ?最近こっちから送ってないから悪いなぁ」などと思いながら宛名ラベルを見たら・・・・・記憶に無いお名前でした(爆)いやー、全く以て失礼な話です(反省)邱若龍さんというお名前なのですが、お手紙も無く、どういった所で知り合った方なのか分からないのです・・・・一緒に貼ってあった私の住所はどうも昔に手製で作った名刺の拡大コピーの様で、もしかしたら昔台湾に1/50ホーネットを持って行った時に関係した方なのかも知れません。 で、中身はと言うとトランペッターの1/32アベンジャー・・・・・実は今、作っている最中の品でしたorz
こういう場合、果たして品物をそのままもらって良いものなのか、ちょっと悩んでいます  (゚д゚;) もらうにしても、お礼状はやっぱり中国語にしないといけないのかなぁ、とか。まさか「あなたの事覚えていないんですが、ありがとう」とは書けないよなぁ・・・・・・(核爆)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

これが民度なんですかねぇ

中国首相 津波被災支援で小泉首相を揶揄

香港メディアによると、中国の温家宝首相は9日、訪問先のスリランカで、インド洋大津波の被災者支援に関連して小泉純一郎首相を名指しで揶揄(やゆ)した。

温首相は中国大使館職員や現地の華僑を前にあいさつし、今年1月にジャカルタで開かれた被災国支援緊急首脳会議にふれ、「私は専用機で16トンの支援物資を運んだ」と紹介。さらに、「日本の小泉首相は飛行機2機で来ていたが、恐らく1箱の支援物資も運んでいなかっただろう」と述べた。

正直、これが一国の、それも国連常任理事国の首相が口にするセリフじゃないですね。これで一体何が言いたいのだろう?と首を傾げたくなります。中国からの支援物資はデカデカと「中国」のロゴが入りまくっている「ひも付き宣伝」援助のくせに、さらに輪をかけて「我が国は首相自ら援助物資を運んでいるアル。どうだ、小日本より偉いアル」と言ってる・・・・・・どこまで自画自賛が好きなんでしょう?今のタイミングでそんな事言ってるのなら、中国本土で頻発中の反日暴動に対する反省のセリフなど全く信用出来るものではありませんよ。ただでさえ、駐日大使や外交部報道官が日本人の気持ちを逆撫でしまくるセリフを吐きっ放しなのに。
朝鮮半島もそうですが、所謂「極東三馬鹿」はそんなに日本人から嫌われたいんでしょうか?聖徳太子の時代から「和を以て尊しと為す」日本人としては非常に悲しい事ではあるのですが、差し伸べた手を相手から振り払われた場合、こっちが折れる必要は無いと思います。最近は町村外相(通称マッチー)が音頭を取っているのか、外務省が一方的に弱腰を見せなくなってきましたが、今後とも宮沢・河野・野中の様な馬鹿政治家の影響を受ける事無く是々非々の対応をしていってもらいたいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今週に入って東京は天候の良さも相まって桜が満開状態になっていました。もし桜の花粉で花粉症起こす人がいたなら間違いなく1本位切り倒されている位盛大です(苦笑)毎年この時期は「日本人に生まれて良かったなぁ・・・・・」としみじみ思う季節です。桜の花の淡い桃色が日本人としてのメンタリティを呼び起こすのでしょうか、満開の桜を見ると感傷的になってしまう私です。特に、今日など家の前の地面一面が桜の花びらで覆われていて、さながら桃色の絨毯のごとき光景でした。なんか、「ええなぁ・・・・(メルヘン)」状態でした(^_^;)
ただ、今日のこの強風でかなり花が散りだしており、今日が花見の最終日と言って間違いない感じです。この「花見」という習慣も日本人ならではの風流を感じさせます。まぁ、最近はただ騒ぐだけの口実ですが('A`)

なんか、風に舞う桜の花びらを見て「あぁ・・・・リアル「Kanon」エンディングロールだぁ・・・・・」と思ったのは私だけでは無いはずだ(自爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ちょっと助かった話

先に書いた話の関連ですが、イタミヤのウォーバード1/72ヘルキャットのキャノピーはなんと本家イタレリ版からずっと-3と-5でキャノピーを入れ間違っているんだそうです(爆)早速確認取ったら・・・・ホントでした('A`) イタリアのユーザーってクレーム付けない優等生ばかりなんでしょうか?それともそんなの気にしないぬるい製作が基本なんでしょうか?他社へのOEMをするに当たってそういうミスの修正すらしない会社ってのはどういうものかと・・・・まぁ、そのミスに気が付かずに出荷させてるタミヤもタミヤな訳ですけど。タミヤにたれ込んだら修正されるかなぁ?
まぁ、それはともかく、たまたまレベル版の-5を持っていた私はキャノピーの入れ替えだけで難を逃れる事が出来ました。一時はバキュームのキャノピーも考えましたんで、ちょっと助かりました。 そんだけですが、こんな事でもありがたいヘタレモデラーなもんですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋葉原買い出し紀行

本日、久しぶりに秋葉原に模型その他を買い出しに行きました。多分1週間以上ブランク空いたかな。
ケイワン、YSを回ってタミヤの1/72ヘルキャット、1/48ドイツ兵セットにドラゴンの1/144UH-60L2機セットを購入。あとは食玩関係で仮想兵器4と世界の艦船、ウィングクラブを2つずつ購入してきました。

タミヤのヘルキャットは皆さんご存じの通りイタレリの品ですが、F6F-3と言っていながらキャノピーが-5仕様なのは致命的('A`) 折角デカールにFAAを入れてくれたのに・・・・非常に残念でした。ドラゴンのUH-60は食玩のM-1戦車と組み合わせてやりたいと思った結果。いつ着手するかは正直未定・・・・そんなのばっかだな(自爆)
で、食玩関係の購入結果ですが・・・・仮想兵器は2つともE-75 orz 世界の艦船はバウアー(前回出た)とミール潜航艇。そしてウィングクラブはこれまたなんと2つとも彩雲  _| ̄|○ なんか、運命の神様に弄ばれております。ヘルキャットが欲しかったウィングクラブ、M3が欲しかった仮想兵器、ガトー級&ウィスキー級が欲しかった世界の艦船、それぞれ希望にかすりもしなかったのが悲劇的(;´Д⊂) もうE-75はいらないよー。これでもう3、4個あるよぅ。

もう寝よう。明日になれば何か変わるかも知れない。希望だけは持ち続けよう。無駄かも知れないが(爆)   

| | コメント (3) | トラックバック (0)

近くの敵、遠くの味方

ここ数日、韓国の首相や国連大使が正面から日本を敵視した発言を繰り返しています。
私は今まで韓国に対してはただ「嫌い」なだけでした。一応、竹島侵略とか李承晩ラインにおける暴虐行為など、許し難い行動もありますが、外交から見れば六カ国協議の一員でもあり、敵にしてはこちらが不利になりかねない、と思うからです。

しかし、韓国政府のこれらの発言は日本国に対する許し難い敵対行動と言わねばならないでしょう。3月1日の大統領による北朝鮮の日本人拉致に対する擁護発言もあり、もう堪忍袋の緒が切れました。

私ははっきりと韓国を「敵」と見なします。

そして、台湾を味方としたい。同じく日本に併合された2つの国の現在がこれほどまでに正反対になった原因を調べると論文がいくつか書けそうなテーマかも知れません。しかし、もう遅い。日本が国連常任理事国になった後、韓国はそれまでの自らの態度を呪うがいい。

過激な発言になってしまいましたが、それだけ私の怒りが大きなものと理解して下さい>読んだ方々

| | コメント (7) | トラックバック (1)

四月一日

はい、本日は四月一日。いわゆる「エイプリルフール」ですね。多分、今日一日限定でいろんなサイトがウソつきまくっているんじゃないかと思う訳ですが、残念ながら我がブログではそういう事はやってられません。泊まり明けで疲れてるんですよね。つーか、元々ウソのつけない人間ですから。

以上の文章からウソの部分を抜き出せ(配点20点)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »