« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

なんとかなるかケーニヒ

今日、艦船模型専門通販会社フリートネットに注文していたHPモデルの1/700ガレージキット「WWⅠドイツ戦艦ケーニヒ」が届きました。実は、最近HPモデルのキットを立て続けに3つ買っているんですが、なんとそれまでの2つは前部欠品商品でした(爆)最初の一つは某潜水艦店の特価品だったので元々ノークレーム品という事で文句言えなかったんですが(それでも高いキットだった・・・・)、某趣味駅店で買った2つ目は店に相談すればいいものの、店員の一人にちと面倒な人がいるもんで(爆)早々に諦め(オイオイ)そして、今回のケーニヒでとうとうまともな品が手に入ったという訳で(;´Д⊂)ナガカッタ

何で今頃ケーニヒなのか、なんですが、実は以前に出たロシアICMの1/350ケーニヒを持っていまして、そいつを組もうと思った所、前マストのトップ形状がおかしい事に気が付いたんです。ただ、正確な形についてはどうにも図面が無い。写真を見る限りキットが間違っている事は確か。でも、平面図が無いので正しい形状も分からない。という訳で完全にお手上げ状態だった訳です。しかし、今回1/700とは言え、本場ドイツ製のキットなら何とかしているだろうと思い購入に踏み切った次第。高い解決策だったこと(^_^;) まぁ、ほぼ正確な形状が確認出来たので良しとします(キットが正しいとして、ですが)

あとは、いつ1/350のキットを組むか、だけど・・・・・・そんな場所あるのか?(自問自答)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フライト19の事実

皆さんも「バミューダ海域の謎」の話はご存じでしょう?軍オタなら真っ先にアベンジャー雷撃機編隊の消失事件が頭に浮かぶ事でしょう。
今日、ちょっとアキュレイトミニチュアのHPを覗いてみたんです。最近になってTBM-3Dのキットを出していたもんですから。会社自体の復活は知っていたんですが、1/48SB2Uビンディケーターが最初の復活作だと思っていたもんですから、ちょっと驚いた訳で。で、TBM-3Dのページを見た所、エンタープライズが搭載していたVT(N)-90の機体は当然だったんですが、同時に「フロリダ州NASフォートローダーデイルのフライト19」の表示を見てビックリ。確かフライト19ってバミューダで消失したアベンジャー編隊じゃない。機体の塗装の特定って出来ていたんだ、と感心しながら他のページを見て行くとアクセサリーにフライト19の編隊機デカールまで(爆)そこで知ったのですが、どうやらこの訓練編隊は編隊長機がTBM-3D、その他の4機がTBM-1Cだったんですね。混成編成とは知りませんでした。
普通、捜索レーダー装備の雷撃機が消失するなんてやっぱりどこかで人知の及ばない力が働いたんじゃ、と思うでしょう。しかし、これまたあるページで知ったんですが、編隊長機のコンパスが2つとも壊れていたんだそうな(爆)普通そんな機体で洋上飛行しないと思うんですが・・・・・戦争が終わった直後で気が緩んでいたんでしょうか。また、天候は少し悪かったらしく、経験豊富なパイロットは編隊長の中尉のみ。しかも編隊長はローダーデイルに来て2週間しか経っていなかったそう。なんか、遭難すべくして遭難していた様です。
まぁ、それはそれとして、遭難編隊の機体を全て揃えられるってのはアメリカ的割り切り方なんでしょうか?日本じゃあまり考えられない気もしますが。不謹慎ではありますがちょっと作ってみたくなってしまった私でした(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工作船

P3240085実は、明日までなんですが松戸迷才会が地元の国土交通省建設技術展示館(建設おもしろテクノ館)にて小展示を行っていたりします。まぁ、設営に行けなかったもんで持っていった完成品の中身は知らなかったんですが、新作は無いだろうと思っていた訳です。 しかし、先日例会通知が届き、その中で佐竹会員の新作が展示してある、とあってこれは驚き(爆)早速、今日行ってきた訳で。
最近、艦船にも造詣が深くなってきている佐竹会員ですが、今回は話題の北朝鮮工作船を子船と共に1/72にて完全再現!いやー、今回も流石でした。多分、5月のSHSでお披露目するんじゃないかな、とか言ってみたり。(展示会まで出し惜しみする様な人じゃないもんで(^_^;))

| | コメント (1) | トラックバック (0)

24耐コミケスペシャル

本日、いわゆる「コミケ」と言われる同人誌即売会「コミックマーケット」の特別版「コミケスペシャル」が行われました。コミケスペシャルは今回で4回目ですが、毎回いつもと違う、前回と違うコミケをやるという趣旨で行われるそうで、今回はなんと「24時間耐久コミケ」と銘打って今日の午前零時から24時間でコミケをやるという暴挙(笑)をやってしまった訳です。
私はかれこれ10年以上、会場が今の有明ビッグサイトではなく幕張メッセ、晴海国際展示場、浜松町貿易センターの頃からの参加者でして、ここの所参加してない回がありますが、とりあえず現役コミケ参加者だったりする訳で。今日は朝から仕事だったんですが、必死に早引けまでかまして(爆)夕方からの2部に途中から参加してきました。一応、5年に一度の縁起物という事で(^_^;)
普通、コミケというのは朝11時から夕方4時位の5~6時間の開催なのですが、今回は朝8時開始の1部、夕方4時開始の2部構成になっており、参加者も総入れ替えという前代未聞のハードなイベントになりました。(さすがに深夜開始という暴挙には出られなかった様で)普通のコミケなら仕事が入った時点で参加を諦める事になるのですが、今回は仕事終わって日が落ちてから参加という普通のイベントでは考えられない事が出来てしまいました。そう、考えられないという点では、「大人のコミケ」というのでしょうか、今まで見た事が無い「バー」が出来ていてビックリ。チャージ料まで取るバーでドンペリは出るわ、日本酒ワインを振る舞うわと「これ、本当にコミケか?」という感じ。私も一杯500円で日本酒「死神」(笑)を飲んできました。一杯ひっかけて会場を回るといつもなら整然と同人誌売ってるだけの会場は至る所で大騒ぎの企画が盛りだくさん。終了間際に始まったメイドカフェ撤収現場での衣装争奪ジャンケン合戦につい勢いで参加してしまいました(自爆)まぁ、負けましたが・・・・Σ(゚д゚)オイオイ
今回は同人誌を買う、というよりはコミケというイベントに参加する、という感じの強いコミケでした。まぁ、これで話のタネが出来たなぁ、と思う私。いや、たった2時間半でしたが十分楽しかったコミケでした。またやらないかなぁ・・・・・スタッフ殺す様な話だからやらないだろうなぁ・・・・・

あ、ちなみに、成果として戦艦シャルンホルストの武装に関する考察本とかアメリカ独立戦争のサラトガの戦い解説本などを買ってきました。昔は平気でエロ同人誌買ってたんだけど、なんか興味湧かないんですよね・・・・もう枯れちゃったのか?オレ(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高手よりの便り

今日、台湾の模型雑誌「模型高手」より、ムック6集が送られて来ました。編集顧問の台湾迷彩会メンバー黄先生ありがとうございます(って、ここ読んで無いだろうに(^_^;))
内容は、今まで高手誌が行ってきた模型イベント「高手杯」の4年間の記録を集めたものです。同じ所でやっているので、どう変わって行ったか良くわかるのが面白い所でした。まだ模型人口が少ないのか、場所に比べて作品数が少ない感じを受けるんですが、それが返って個々の作品を見るのに助かっています。ヨーロッパのイベントの展示がやたら凝っているのに対し、割とあっさりの日本的な作り方が共感を覚えたりして(笑)たまに日本人も参加してたりするので、機会があったら参加して笑い物になってみても一興かなとか(オイ)年に2回(3月と9月)催されるので、一度参加の仕方を聞いておこうと思ったり。個人的には台湾はとっても親しみのある国なので、再度行ってみたい所なのですよ。(せめて英語くらい出来ておけば、と思うのが後の祭り・・・・)
いつか、フェイクモデルを台湾に広めに行こう!(爆笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最後の巡回

私がネットの掲示板というものに入ったのはもう10年以上前の事。Nifty-serveのフォーラムに入ったのが最初でした。(同時に吉岡平のファン掲示板にも入っていましたが)最初はワープロ通信でしたが、96年から自動巡回ソフト「Nifterm」を使って接続から切断まで自動でやってもらえる様になりました。Niftyでは今でも模型フォーラムのメンバーとの付き合いがあり、Niftermフォーラムでは旅行まで行った位はまりましたねぇ。(遠い目)
そんなNifty-serve(現@nifty)パソコン通信ですが、昨日の夜最後の巡回フォーラムがリードオンリーになってしまいました。今日からはNiftermもメールソフトとして残り少ない役目に就く事になります。なんだか、はまりまくった昔を思い出してちょっと寂しい気がします。これも時代の流れなんでしょうけど・・・
当時からの付き合いは多分これからも続くでしょう。でも、楽しかった当時はもう帰って来ないんですよねぇ・・・すっかりジジィモードになってしまいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり運が無い

昨日、仕事が終わった足で秋葉原のYSへ。
先に書いた食玩関係の希望した品が手に入らないかと思い、雪辱戦のつもりで行ったのだが・・・・行った先でローレライは売り切れ Σ(゚д゚lll)ガーン 仕方なく仮想兵器の方を一つ購入。
で、その足で同じ階のボークスへ行ったんですが、そこでWTMを2つ購入。T-80が欲しかったんです・・・・今までにレオパルド以外出た事が無い私ですが(爆) そして、そこでもローレライが無かったので無駄金使うよりは、とレンタルスペースのフリマを見てみたんです。するとガトー級、フレッチャー級、シュルクーフがそこそこリーズナブルな値段で。早速購入、打ち止め。こうなるとUボートも21型よりもⅦ型かⅨ型が欲しくなりますよ>タカラ世界の艦船

帰りにメシ食いながら開けてみたんですが、仮想兵器は4号ラングが出て一安心。(本当はリー/グラントが欲しいんですが・・・)で、WTMを開けたら2個ともレオパルド(自爆)「レオパルド長者」の自称は未だ崩れず・・・いやだこんな自称_| ̄|○ まぁ、ローレライの艦艇の出来が良かった事を素直に喜ぼう。


そう言えば、私は良くワンフェスでWTM関係のキットを買ったりするのですが、完成品関係で結構お世話になった「夢のカグツチノ公国」のWTM原型師太田氏が亡くなってしまったそうで。驚くと共に大変残念。フォードトラックをいつか買おうと思っていたんですが・・・・・ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

運が良いのか悪いのか

先日、仮想兵器とローレライの食玩(お菓子ないけど)をそれぞれ一つずつ買ったんです。仮想の方はE-75以外なら何でも、ローレライはガトー級潜水艦かフレッチャー級駆逐艦が出たらいいなぁ、と思っていたんです。しかし、前者はそのE-75が、後者はたった一つしか入っていない海龍(爆 なんか、とっても虚しくなったのはここだけの話です・・・
これって、運がいいんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安芸製作所のガレキ

昨日、秋葉原のイエローサブマリンにて安芸製作所の1/72ブラックバーン・ファイアブランドを購入。7875円なり。

このキット、今までに船では1/700護衛空母サンガモン、戦車では1/72九五式軽戦車の傑作レジンキットを出していた安芸製作所が最後に飛行機モデルを出した、という所なのですが、今までのキットと遜色無い傑作キットでした。この値段で中身見ないで買う私も私ですが、それは全てこのメーカーに対する信頼が高ければこそ、です。
飛行機のレジンキットは通常キャノピーがバキュームフォームで出来ていますが、このキットは何と透明レジン。それもキャノピー開状態と閉状態を作り分けられるインジェクションキット顔負けの構成。更に普通ならエッチングパーツでクリアーする極薄パーツも全てレジン。一切のエッチング無し。また、エンジンパーツが精密におごられていますので何とカウリングの一部までクリアーレジンで見える様に。ホイールはゴムパーツ。ふ、普通じゃない・・・・(爆)私、同じスケールでVALOMのファイアブランド(液冷タイプ)も持っているんですが、なんか「比べてごめんなさい」って感じです(^_^;)レジンキットと簡易インジェクション、本来は比べる相手では無いのかも知れませんが、それでも安芸のキットはその成形の薄さ、美しさが際立ち、なんか文句付ける所がデカール位しかありません。(ちょっと一昔前のロシアキットみたいな印刷なんですよね・・・・大丈夫かな?)

同時にタミヤの1/48ヘッツアーも買って来たんですが、なんか相手が悪かったみたい(苦笑)

| | コメント (213) | トラックバック (0)

眠い・・・

ちょっとご無沙汰してしまいました。

今週は私の仕事では珍しく、一回も泊まりの仕事が無いという勤務なのですが、逆に体が慣れていないせいか日中眠くなります。つーかだるいです。人間、体に悪いサイクルでも慣れてしまえば人間の体はそれに合わせてしまうものですが、それを壊そうとすると結構体の反動がある様で。そして、来週はまたいつもの体勢に戻ってまた体が辛くなる、と。やっぱりジジイになりつつあるんでしょうか?順応力が落ちてきている気がする今日この頃です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ボーリング

と言っても地面を掘削していたわけではありません(当たり前)
昨日、ウチの会の例会をボーリング場でやるという珍しい事になりました。11人集まり、みんなそれなりにブランクが大きかったのですが、それまでに取った杵柄の違いでしょうか、結構差が出まくりました(^_^;) ちなみに、ワタクシは11人中ペケから3番目(;´Д`) 2ゲームやって1ゲームも100越えられなかったッス。なぜか10フレで必ずストライクを取る変なパターンまで(爆) ちなみにトップは我が会長でした。
ゲームが終わってから、今度は同じ建物の中にあるしゃぶしゃぶ屋で宴会だったのですが、いつもなら高齢化の進む我が会のメンバーは食が細いんですが、本日は体使ったせいか、やたら食欲旺盛(笑)全て食い尽くして帰りましたとさ(^_^;) たまにはこういう例会もいいねぇ、と好評だった例会でした・・・・股関節がちと痛い(自爆)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

正直な話

私はどちらかと言えば思想的に右派であり、ナショナリストです。自分としては世界的には中道だと思っているんですが、日本では十分に右派と取られるでしょう。
そんな私が暗い気持ちになったのは、次の記事を読んだせいです。
>http://www.sankei.co.jp/news/050301/kok068.htm(直リン防止の為、わざとリンクしてません)
韓国大統領がまたもや日本に対して謝罪と賠償を要求した、という話です。もはや、私はあの国に、いや、あの半島に期待と友好を持つ事をあきらめました。今までに金大中、盧武鉉の二人の大統領が「過去の歴史は問題にしない」と明確に言い放ったにも関わらず、前言を撤回した発言を繰り返す。過去に植民地の宗主国が謝罪と賠償をしたケースがあったのか、と言えば寡聞にして聞いた事が無い。それでも日本は謝罪も賠償もしている(もっとも、朝鮮はいわゆる植民地とは言えないのだが)。それでも大統領は日本を糾弾し、あまつさえ北朝鮮の拉致に対して擁護まで始める始末。こんな隣国と友好を結べるはずが無い、と悲観する私はどこか間違っているでしょうか?韓流などと言って韓国ブームまで起こしている日本のどこを押せば反韓の素地があるんでしょう?全ては過去にこだわり、終いには歴史さえ捏造して我が国の国土を侵略さえしている国のせいではないのか?そう思わざるを得ません。ここを読んでいらっしゃる方々の中には韓国の方々に友達を持つ方も多いかと思います。でも、あえてそういう方々には友人達に日本人にこういう考え方を持つ者がいる、と言ってやって下さい。そして、願わくば日本という国自体が朝鮮の言う様な非道い過去を持った国では無い事を知ってください。
中国本土もそうですが、朝鮮半島との間の真の友好にはあと一世紀は必要な気がしてきました・・・・。下手すると余計こじれているかも知れませんが(嘆息)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

最後の一隻

PA220023昨日、世界の艦船「誌」を買ってきたんですが(あくまで浴玩ではない)、その中で海自練習艦隊所属の練習艦「あきぐも」が退役したとの記事があり、残る「くも」型護衛艦は一隻になってしまったそうです。 このブログの本来自画像が入るべき場所にある画像はその「最後の一隻」護衛艦ゆうぐもの姿だったりします。
実は私、護衛艦の中ではたちがぜ型ミサイル護衛艦やたかつき型護衛艦と並んでくも型護衛艦が好きだったりします。一昨年でしたか、呉に行った時も練習艦隊の艦が見たかったんですが、全部出払っていて悔しい思いをしたものですが、海自観艦式にて(素人目に)物凄い波浪の中を突き進むゆうぐもを何枚も撮影して溜飲を下げた事があり、その時の画像がそれだったりするのです。小さい画像になってしまいましたが、結構かっこいいと自画自賛してます(笑) 今は大湊地方隊の艦なので東京在住の私には普段まず見られない艦となってしまってますが、1/700と言わずいつかはニチモの1/200を改造してその姿を残してやりたいと思う私です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »