トップページ | 2005年3月 »

ミンダナオ会展示会

にかこつけて飲もうという企画に昨日行ってきました(オイ)
まぁ、冗談は置いといて、今年のミンダナオ会のテーマは英国海軍だったので、元々ロイヤルネービー好きな私としては一も二もなく行って来た訳で。今回の発起人は防大の偉い方の桜と錨氏で、私&「RNの偉い人」KUBOやん!氏、toshi氏、「WTMの偉い人」岡本氏に現地で捕まえたピットロードT氏を交えて6人で下北沢の町に繰り出した訳です。当然、これだけのメンツが揃うと艦船模型の話で盛り上がるんですが、これまた当然の如く海自の濃い話に突入してしまう訳でして。今回は未遂とは言え、如何にして退役艦から記念品をかっさらうかというあまりにも危ない話まで飛びだし、まぁ艦船マニアが船の近くにいたらやっぱり考えちゃうよなぁという結果(^_^;)考えるだけなら無罪ですよね(オイオイ)
それにしても、今回のミンダナオ会展示会はいつも通りの数が揃い、1/700中心の会としてはバイタリティ溢れる勢いを相変わらず維持している会という感を改めて強く感じました。普通中だるみしてもおかしくないんですけども。今回は戦艦の卓の威風堂々さに感動。停泊観艦式ってのはこういう艦の間を走るんなら生きるよなぁ、と実感。やっぱり海自は今までの移動観艦式を続けて下さい。(誰に言ってるんだか)

今日で2月も終わり。そろそろ春が近付いてきます。同時に黄色い悪魔も山から飛んできます・・・・該当の方々、どうぞお大事に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はじめてのドイツワイン

昨日、たまたま入ったお店でドイツワインが580円で売っていたのでつい購入。泊まり明けにも関わらず、つい開けて味を見てしまいました(^_^;)
ラインケラーの2000年物でしたが、個人的に気に入りました。元々甘めのワインが多いドイツワインですが、これもその例に違わず甘めのワインです。ただ、貴腐ワインの様なこってりした甘さではなく、すっきりとした甘さで好きになれました。これならデザートワインと言わずそのまま普通に飲めそうです。おいしかったので、普通ならグラス1杯の所を2杯空けてしまいました(苦笑) しかし、そうなると前に買ったシュタインベルガーのカビネットを飲んでみたくなるのが人情。これはさっさとビスマルクを完成させよという天の思し召しなのでしょうか?┐(´ー`)┌オイオイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲のむこう、約束の場所

以前から買っておいたんですが、「ほしのこえ」の作者 新海誠の最新作「雲のむこう、約束の場所」をDVDで見ました。
結論から言うと、おじさんになってしまった世代の私にはとっても良い作品でした。舞台は日本が本州と北海道で分断されているもう一つの世界。青森側で生活している中学生3人と北海道側にある巨大な塔。彼らはいつかその塔まで行こうと自作の飛行機を作り続ける・・・・それらが最終的に世界を動かすドラマに収斂していくのですが、映像的には「エヴァンゲリオン」を彷彿とさせる感覚。もうあの表現方法は一つのスタンダードになってしまった感がありますね。って見てない人おいてけぼりですいません。でも、一度見たらあの映像はそういう感じを持つと思います。だんだんお金と人を使える様になっていくと同時に作品としての技術も上がっています。でも、そのセンスは変わらないのがある意味安心だったり。なんか、じーんと来ちゃうんですよねぇ、新海さんの作品って。繊細な世界なんですよね。物語の内容についてはここ参考に。
http://www.kumonomukou.com/story.html
同時に天門氏の音楽も良いです。物語にズバリマッチしてます。サントラ買いに行かなきゃ。まるでチャップリンの如き殆ど担当を今回もやっている新海氏ですが、さすがに音楽までは無理だった様で、「ほしのこえ」の時も音楽のみ天門氏に任せていましたね。今回、キャラデザインを人に任せてしまった新海氏ですが、あまり違和感無くて助かったです。
メインメカとして出てくる自作飛行機「ヴェラシーラ」。どうも、どういう飛行機なのか非常にわかりにくい機体ではあるんですが、まるでジャック・ルータンの飛行機の如くきれいなデザインです。
しかし、これだけ良い作品だとわかっていたら劇場公開の時に見ておくんだったなぁ。そう、この作品は去年劇場公開されていたんです。なんか宣伝とかしないからなぁ。まだまだアングラという事でしょうか、製作が大手でなかったらその存在すら気がつかないかも知れないってのはなんか残念と言うか勿体ない気がします。

もし良かったら一見をお薦めするアニメ映画です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

靖国神社参拝記

昨日は健康診断だったと前の記事に書きましたが、その後時間が余ったので15時頃から病院裏手の靖国神社へ行ってみる事にしました。以前、1回だけ行った事はあるんですが、遊就館には行った事が無かったもので。

まずは本殿に参拝。意外に拝む人がいなかったのでちょっと目立つかも。大学で剣道教わっておいて良かった。

遊就館は2階建てのかなり凄い建物で、ほとんど博物館と言っていい佇まいを見せていました。但し、あくまで戦没者を慰霊し、国防に殉じた人々を顕彰する為の施設ですので内容はそれに準じて作ってあります。左の人が見たら「戦争賛美だ!」と騒ぐ事必至かも。個人的な意見としてはこうして日本が独立国として存在するのも全て過去に日本の為と自分をなげうって戦った人々のお陰と思っていますので、個々の戦いの是非はともかく戦没者の尊さは変わらない、と思っています。
展示は古墳時代から近代に至る日本の戦いの歴史を解説し、最後に大展示場にて大型兵器の実物&模型が展示してあります。今まで知ってる様で知らなかった事もいろいろ知る事が出来、その点でも為になりました。例えば、開戦の年の11月28日にハルゼー提督が部下の空母エンタープライズ艦長に「貴艦の行動は戦時下である」旨の命令書を交付しており、開戦10日前にデフコン1を発令していた事。それで日本をだまし討ちだと非難するのはどうかと思う訳です。
まぁ、それはともかくとしまして、やっぱりミリタリーおたくとしましてはそれなりに近代の兵器を見たがる訳でして、ニューギニアから回収した高射砲2門やサイパンからの97式中戦車など目を惹く物がてんこ盛りでした。眼福。ただ、97式などはもしかしたらこの中で戦死した兵士がいるのかも、と思うと喜んでばかりもいられない訳で。飛行機モデラーとしては零戦、彗星の復元の凄さにも感心し、その大きさを実感。97式も意外に大きいと思いました。ただ、塗りがおもちゃっぽくなっていたのはいただけませんでしたが。履帯がライトグレイなんですもん。 あと、大きさで驚いたのは海軍の25ミリ機銃。航空用20ミリ機銃と比較してかなり大きく、まるで大砲の如き感じが。こんなものを一人で振り回して高速移動の敵機を撃ち落とすのはかなり至難の技だったろうと思いました。
海軍の展示は基本的に模型が中心になる訳ですが、今回ようやく伝説のTSMC製1/48翔鶴を見る事が出来ました。さすがにあまり動かさなかった事もあるんでしょうか、とても良い程度を維持しており、その製作レベルの高さも十分に堪能出来ました。ウチのホーネットは結構酷使してるもんでオーバーホールが必要かも知れないです。
そんなこんなで閉館まで2時間かけて参観してきましたが、それでも終盤は時間切れの観がありました。機会があればもう一度参観してみたいと思った次第でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインの飲み方

では、気を取り直して書き出しますか。

今日は職場の健康診断があったので飯田橋まで出かけてきました。休日出勤みたいなもんです(違うだろ)
で、帰りに入谷のステーキ屋さんに夕飯食いに。ずいぶん遠回りだこと('A`)  で、前から試してみたかった事を試してみました(結果的には試す事になった、と言った方が正しい)。実は昨日、ファミレスでカリフォルニアワインで世界最大の生産量を誇るというフランジアの赤をハンバーグと共にいただいていました。で、今日は同じ赤をステーキでいただきました。違っているのはワインの温度。赤は普通常温位で飲むものだそうですが、今日のステーキ屋ではそれを冷やして出してきました。飲んだ後で思ったのは「カリフォルニアワインでもこういう飲み方すればうまいもんだ」って事。実は、昨日飲んだ時はあんまりうまくないかな、なんて感じていたんです。でも、ステーキ屋の肉料理ならどうかなと思って赤頼んでみたんですけど、正解だった訳で。うれしい誤算でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱力

今、長文を書いていたんですが、ミスして全部パーにしちゃったんでまた気が向いたら書きます(自爆)

高い授業料だった・・・・_| ̄|○

| | コメント (1) | トラックバック (0)

眠い一日

いやはや、昨日の疲れが抜けないのと、睡眠時間が累積で大した時間になっていないのが積み重なってどうにも眠いです。さすがに書店で立ち読みしながら意識失いかけたってのはいけないな(爆)その危うい所から脱したきっかけが隣で立ち読みはじめたヤロウのまるですえた新巻シャケの様な体臭だったってのが悲しかったです(;´Д⊂)催涙ガスかっての。
やっぱり昨日の今日なもんで、戦利品の中身チェックを開始したり。袖が気泡で半分無くなっていたり、パーツが入ってなかったりするキットを見つけてちょっと鬱。アマチュアの造形祭典なんだからこの程度は想定内なんですが、宝くじ(並の確率)にあたってしまうと悲しいものがあるなぁ。無理を承知でパーツ交換の連絡取ってみるかなぁ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢のあとさき

P2200071ええと、一応ワンフェスから帰ってきました。参加された知り合いの皆さん、お疲れさまでした。
今回、企業の食玩ブースを対面のエリアに押し込めたからなのでしょうか、会場突入が開場40分後位になったにも関わらず、なんか修羅場が続いていませんでした(苦笑)もう峠は越えてしまったのかな?と萎える心を奮い起こしつつ近場の目的地を目指すとなんか「買える」じゃありませんか?!そこから先はもう物欲の赴くままに(自爆)結局、体力が尽きてベースキャンプ(オイ)の赤とんぼワークスへ帰って来たのは終了1時間前の4時頃。それまでは知り合いのブースでお話したり、落ち穂拾いしまくっていたり。写真撮りを後回しにしていたツケがたたり、あまり撮影は出来ませんでした。
そうこうして、結局買ったキットは大小20個程。約10万ちょいの散財でした(爆)ベースキャンプの本田氏からは笑われてしまいましたが、そうです、私は期待を裏切らないのです(オイオイ)写真は戦果の一つです。マリゾ提督向けかも(笑)1/700戦艦富士です。
お会いした人の中には去年の夏以来の方もいまして、それなりに無事を確かめ合うイベントでもありました。近場では@nifty模型フォーラム残党組とか(^_^;)遠い所ではなに戦のつぁぎ青木氏などと顔を合わせた次第で。
さぁ、明日からはまた仕事の日々です。昨日まで夜中の仕事をしていたのに、今日から3日間朝早い仕事です・・・・なんか、体壊す早道みたいな勤務だ・・・・・OTL

| | コメント (1) | トラックバック (0)

天気予報のバカ

今、有明にいます。別に有明海にムツゴロウを見に来ている訳ではありません(w ワンフェスの一般入場の待機列に並んでいる所です。 10時開場なのに、今は9時そこそこ。それでも列の長さは半端じゃないです。挙げ句の果てに雨まで降ってきました。確率10%のはずなのに・・・気象庁の嘘つきぃ(爆)雨は何とかなったみたいですが、これから寒さとの戦いになりそうです・・・まだ1時間、濡れた体が冷たいです・・・050220_084801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死刑と国民

いや、固い話ですいません。
内閣府の調査で、国民の8割以上が死刑容認派だという結果が出たそうですが。日本人の大多数が重罪人の更正に期待していない、という事でしょうな。ある意味今の日本人の正常な一面を見た気がします。
日本人が重罪人の更正を信じ、期待出来ていれば「何も死刑にまでしなくても」という意識が働くでしょう。しかし、現実には重罪を犯した前科ある者が服役後もしくは仮釈放中に再度重罪を犯したケースがあまりに多くなって来ていろ訳で。これでは普通の感覚を持った人なら何らかの危機感を持ってもおかしくありません。まぁ、それ以前に社会への帰属意識を破壊されて個人主義が蔓延している今の日本では、モラルなどという個人主義に反するものを大事にしようなどとは思わない人が各世代の区別無くかなり多くなっていますし、自己の欲望のみを至上のものとする意識を変革しない限りこの先凶悪犯罪は増えこそすれ、減る事は決して無いでしょう。自らを守る意識は常に持っておく必要がありますね。社会に頼るなどという事はもはや愚かだという時代は到来してしまっているのです。悲しい事ではありますが。
という訳で、今を生きている私も含めた日本人全体で個人と社会との関わり合いをもう少し意識していくべきで、そうしてこそモラルが生きると思う私なのでした。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

目の前のワンフェス

さて、今度の日曜日はワンダーフェスティバル。いわゆるガレージキットの一大トレードショーと言いますか。日本全国から個人、企業各レベルからいろんなジャンルの造形作品・商品が集まる訳で。最近はワンフェスをショーケースとして、ワールドホビーフェス(WHF)で買う、というパターンの所もあったりしますが、やっぱり年2回のワンフェスも模型を趣味とする者として外せない訳です。
ただ、現実問題として元々ガレージキットは個人の少数生産が基本であり、人気のディーラーには客が殺到して30分保たずに完売なんてケースもざらだったり。争奪戦は回を追う毎に激しくなるのが現実だったり。
どうも、今回は私はお客として一般入場する事になりそうな訳ですが、まぁ、マターリと知り合いと同窓会して情報交換し、次回のワンフェスに備える準備としたいと思う次第で。デジカメの用意はしっかりしとかないと。ストロボはトレぺ付けた方が良いような気がする。何か掘り出し物、残ってないかな・・・・・(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

艦船模型スペシャル新刊

昨日、出勤の前に秋葉原へ行って来たんですが、モデルアート増刊の艦船模型スペシャルの新刊「金剛型」が出ていたのですかさずゲット。大戦中の日本戦艦の中では一番古く、一番かっこよく、一番戦歴があるにもかかわらず、キットに恵まれないタイプなのですが、今回の艦スペはなかなか読みでがある好編集だと思いました。各艦の個別の違いを模型製作の観点から解説してくれていますし、最高だったのは船体ハセガワ、上構ニチモ30センチという意表を突いた作例。使えるとは聞いていましたが、実際あそこまで違和感無い組み上がりは製作者の腕もありましょうが、驚くばかり。製作意欲を湧かせてくれる本でした。しばらくはこれで楽しめそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

今朝の地震

今朝、関東地方でちょっと強めの地震がありました。最大で震度5弱、ウチの所は震度4だったんですが、ちょうど仕事の真っ最中に揺れ始めたもんで文字通り「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!」って感じ(笑)縦型余震が長めに始まって、それから横揺れが来たもんですから、とうとう来るべきものが来たのか?と驚きましたよ。すかさず仕事場のテレビつけたり(爆)家に帰ってみると一部ストック模型の崩落がありました・・・・先日のモデルアートにあったライター河野氏の震災対策記事が脳裏に浮かぶ浮かぶ。
さて、今晩もまた仕事ゆえ、そろそろ寝るとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金銭感覚

幸い(?)な事に今の所独り者やってる身としては、稼ぐお金の使い道を勝手に決められるもんですから、どうも趣味にどんどん流れていってしまう訳でして。いかんなぁとは思うんですが、昔から夏休みの宿題をギリギリになってやっていた性格を今になって変えられる訳も無く(苦笑)
それにしても、模型の趣味をやっていると金銭感覚が妙な歪み方してる事に気が付きます。(お前だけだというツッコミは却下します)インジェクションキット、それも飛行機キットに5000円以上出すのには絶対嫌だ!という拒否感が働くのに、艦船の1/700ガレージキットに1万円出すのは抵抗無かったり。冷静に考えると下ごしらえや製作に結構手間かかるのに、どうしてそんな金額をポンと出せるのか、自分の事なのに結構納得行く説明が出来なかったり。やっぱりガレージキットは高くてもおかしくない、という意識がそうさせるのかなぁ。でも、最近では安芸製作所の1/72ファイアブランド艦載攻撃機が7800円だったかの割には驚異の出来で割安感バッチリらしいです(まだ買えてないんです(;´Д⊂))。ま、風俗行きまくるよりはずっと安上がりで良いのかもね。

今日から4日間、ナイトシフトのお仕事してきます。夜9時~朝8時、帰ったその日の夜また出勤という土方のおっちゃんと同じパターンですね。これでも公務員ですので(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘い話

なにわ戦車隊の楽八首相閣下(wの戦闘日誌にて日本特有とも言うべき本日の悪習慣について憤慨していらっしゃいましたが、それに関係してちと甘めの話を。
とは言っても酒から離れられないのが私だったり(^_^;) 最近買う様になったワインですが、好みのせいで割と甘いワインを買ってしまいます。実は今開けているワインはフランスの貴腐ワインだったりして。いやー、甘い甘い。でも、この種類のワインは喉越しを楽しんではいけない、むしろ口の中で味わうもんですね。お金に余裕が出たらリューセックとかディケムとか行ってみたいなぁ。 今度買ったグルジアワインもどっちかと言うと甘め。ただ、ヤルタ会談にも出されたらしく、かの宰相チャーチルやスターリンが絶賛、愛飲していたそうなので、結構甘いワイン好きな権力者はいたんですね。
我が迷才会では洋酒と言うとどうもスピリッツ系がメインでリキュール系は人気が無いんですが、人と一緒に飲むのが好きな私としては5月のSHSにでもどれか1本持っていこうかなぁとか考えてます。さすがに会場では開けられませんが(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また買っちゃったよorz

すいません、ちょっと前に反省する様な事書いたばっかりなんですが、またワイン買っちゃいました(自爆)今度は初めて手を出したドイツワイン。シュタインベルガー・カビネットの2001年物。まぁ、壮絶に安かったもんで(^_^;)
シュタインベルガーは鉄血宰相ビスマルクのお気に入りワインだそうで、多分トロッケンの様な辛口を飲んでいたんでしょうけど、元々甘口が多い様で今回のカビネットもそこそこ甘いらしいです。(本当はシューペートレーゼが欲しかったんですが(;´Д`))いずれ、1/700ビスマルクが完成した暁に開けてやろうかと計画中。いつになるやら(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TeamAmerica 良い!(w

いや~、今「2ちゃんねる」の東アジアニュース+で紹介されていたんだけど、アメリカにて去年10月公開された映画「TeamAmerica」がとってもいい!(爆笑) 「サウスパーク」のスタッフが作っているという、サンダーバードを彷彿とさせる人形劇ですが、サンダーバードと違って「世界警察」のTeamAmericaがテロリストと戦うというアメリカ人の戦意高揚映画といった趣です(オイオイ) 雰囲気がとっても懐かしい感じなのですが、それにも増して敵のボスが金正日ってのが最高に笑えます!
http://www.teamamerica.com/
難しい事考えず、脊髄反射で笑ってしまえばいい映画ですね。あぁ、見てみたい。まだ日本での公開予定が無いのが残念ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒の話

多分、ここ読んでる方はほぼ全員知ってると思いますが、ワタクシは千葉の「松戸迷才会」という模型同好会の会員だったりします。会はスケール物中心の会ではありますが、ほぼ飛行機メインと言っていい会です。まぁ、発端がTSMC会員だった会長が作った会な訳でさもありなんという気もします。 で、迷才会は飛行機モデルの伝統ある会という評判の他に「松戸酩酊会」の二つ名をいただく位飲んべえが多い会という評判もあったりします(爆)ご多分に漏れず、ワタクシめもやはり酒はたしなむ訳でして、自分ではそうは思わないのですが、そこそこ強いらしいです。そんな私は今までほとんど宴会でしか酒を飲まない習慣だったんですが、最近になってどうもワインをいただく様になってしまいました。つい先日飲んだフランスはボルドーのカリュアド・ラフィット・ロートシルト2001があまりにおいしかったもんで・・・・2本目を追加発注しちゃったり(自爆)さらには、グルジアのキンズマラウリなんかも発注してしまい、飲む方は一人なのに何やってるんだか、と思う事しきり。どうも、オークションや輸入模型を前にした時と同じ心理状態になる様で、「今買わなかったら次手に入る保証はない!」という強迫観念がどこからともなく出てくるらしいです(笑)悪い癖だとは分かっているんですが、なかなかやめられない様で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そう言えば

書くの忘れていましたが、本日はワタクシめの誕生日だったりします。ですが、不要キットなどのプレゼントは結構ですので皆さんお気になさらず(オイオイ)一応、バースの背番号だったりします。なんだか、長いこと惰性で生きてきた様な気がする・・・・・(;つД`)
昨日、いや本日の宴会の場にて静岡の某エッチング技術者氏(笑)も同じ誕生日である事が発覚。同い年という訳ではありませんが、何となく固い握手なんぞをしてみたり。きうち氏共々無事静岡にお帰りになりましたでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やってみてわかる事

朝帰りの後、ようやく起きたみほりです。
起き抜けでいきなりカレー作ってナン食ってたりします(w ナンでそんな事するかなぁ(;´Д`)(お約束のギャグ)

さて、ようやく自分でもこうしてブログなんかを書き始めたりする様になった訳ですが、ブログ作る前は「日記もまともに書けないヤツが書くネタあるんかい?」と思っていた訳で。でも、今は逆に「人に読ませるのが前提だとネタってそこいら中にころがっているもんだなぁ」って気がしてます。ただ、それを如何にして人に読ませる文章にするか、そこがセンスなんでしょうね。今後はそのセンスを磨く事を第一にしてみたいと思う次第。

一応、模型を中心にしたブログのはずなので(自爆)模型製作の現状をちょっと書いてみましょう。
今年の会の課題「32」に対応したキットとして1/32の喇叭アベンジャー(側面バブルキャノピー絞り試行錯誤中)、1/48でRAF32SQのスピットⅧ&Ⅸを。あとばお氏の静岡参加チームに参戦すべく1/72のコルセア&ヘルキャット(コルセアのみ製作中)とか、ちょっと血迷って手を付けてしまった1/700青島ビスマルクとか。 本当は途中の品はいくらでもあったりするんですが(自爆)それ並べてると自分でも製作意欲が削がれていきそうなのでorz
5月の静岡SHSまでには1/722機とスピット1機位は何とかしたいと思う今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いきなり朝帰り

昨晩は艦船モデラー有志の遅い新年会を新橋のバドワイザーカーニバルでやりました。まぁ、なんか以前に来た時と違って狭くなっていたり、他に客がいなかったり、随分と寂れた感じでした。 ただ、2次会からが本調子となり、バンガード工場のロートシルト氏と静岡のきうち氏が合流してからはもう盛り上がる(笑)結局場所を移しつつ始発まで粘ってしまいました。朝帰りは久しぶりだなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

携帯からこんにちは

書き込めるかどうかテスト

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さぁ、始めてみようか

という訳で、ある意味発作的にブログを作ってみた訳です。
あまり日常的に人とのつき合いを持っていない身としては、こういう所で「一応生きてますよー」という生存証明をしておかないと死んでるんだか生きてるんだか分からないなんて事になりそうなので(自爆)

ここでは、模型関係を中心にほとんど日記みたいな話が並びます(と思う)ので、「お前の話はつまらん!」と思われる方はどうぞお帰り下さい(おぉ、挑発的!)

まだ、作ってみたばかりなので、これからしばらくは改装しまくる可能性がありますが、どうかご容赦いただきたく。それでは、よろしくお願いします。>>各位

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年3月 »